更新日:

個人再生が会社にバレる4パターンとバレない4つの(解決)方法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
個人再生が会社にバレる4パターンとバレない4つの(解決)方法
注目
個人再生でお急ぎの方へ
Cta ballon icon
何度でも
相談無料
Vertical line
Cta bill icon
後払い
分割払いOK
Vertical line
Cta calender icon
夜間・土日
相談OK
個人再生の無料相談先を探す
Cta magnifying glass icon
個人再生の
無料相談先を探す
※一部事務所により対応が異なる場合があります

個人再生したら会社にバレるんじゃないか…

バレたらクビになったり、なにか処分を受けたりするんじゃないかと不安です…

このような事を懸念して、個人再生や債務整理をためらう人は多くいます。

できれば家族にも内緒で行いたいのが本音ではないでしょうか。

基本的に債務整理には会社や周囲への通知義務がないため、通知されてバレるということはありません

ただし、状況によってはバレる可能性があります。

この記事では、個人再生が会社にバレる4つのパターンやバレた後にどうなるのかについてご紹介します。

【必見!!】会社にバレずに個人再生したい方

会社にバレたくない…。そのようなことでお悩みの方は、早い段階で債務整理問題が得意な弁護士への依頼がおすすめです。

弁護士への依頼では、以下のようなことが望めます。

  • 会社にバレないような配慮、言い訳を考えてくれる
  • 個人再生手続きを任せられる
  • 手続きにかかる期間を短縮できる
  • 再生計画案の作成に助言がもらえる
  • 裁判所への出頭する必要がなくなる
  • 再生計画案が認可されやすくなる
  • 万が一バレて会社から不当な扱いを受けたときに法で対抗できる

弁護士には守秘義務があります(弁護士法第23条)。

従ってあなたの相談が外部に漏れる心配はありません。

初回相談が無料の弁護士事務所も多数掲載しているので、まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
個人再生に強い弁護士を探す

個人再生が会社にバレる4つのパターン

ここでは、個人再生がバレてしまうのは、主に以下の4つのパターンです。

会社にバレる4つのパターン

状況を詳しくご紹介します。

1:個人再生することを社内の人に相談してしまった

借金問題で頭を悩ませた時、ついつい他の人に相談してしまうこともあるでしょう。

しかし、本当に信頼できる人に相談しなければ、借金で苦しんでいることや個人再生などの債務整理を検討していることが周りに知られてしまいます。

特に、職場で噂好きな人がいる場合は、あっという間に広まってしまう可能性も否定できません。

2:会社に書類作成を依頼した際に理由を聞かれて慌てて答えてしまった

個人再生を行う際、まだ退職金を受け取っていなくとも、裁判所から退職金見込額を明らかにするよう求められることがあります。

この場合、会社に依頼して退職金見込額がどれくらいあるのかを証明する「退職金見込額証明書」を作成してもらうのが通常です。

この作成依頼の際に、作成理由を正確に答えれば、当然、会社に個人再生や借金がバレてしまいます。

そのため、例えばこのような書類はローン審査でも求められることがあるので、「●●のローン審査に必要」と伝えることはあり得ます

3:会社から借金をしていた

会社から借金をしている場合は残念ですが、隠すことはできません

個人再生をすることになれば、裁判所から債権者へ「再生手続開始決定の通知」が送られます。

これにより、債務者が個人再生を行うことが会社に確実に知られてしまうからです。

4:たまたま官報を見られてしまった

個人再生を行うと、金融事故情報として官報に掲載されます。

基本的に3回(手続きの開始決定時、書面決議時、認可決定時)は、あなたの氏名や住所などの情報が掲載されることになります。

会社関係者が官報を読んでいて、偶然あなたに関する情報を見つける、という可能性もありえます。

しかし、官報を定期的に読んでいる人はかなり限定されている上、後方に記載されている個人再生・自己破産者の情報までわざわざ読む人は少ないでしょう。

【実際の掲載記事】

官報

(引用:インターネット官報)

個人再生が会社にバレないようにするには?

個人再生を会社に知られたくないのであれば、以下の点に注意するようにしましょう。

会社の誰にも相談しない

絶対に周りの人に話さないと確信できるほど、信頼している方がいるのであれば話が別ですが、借金問題というデリケートな話を会社の人に話すのは控えた方がよいでしょう。

個人再生をするほど借金を抱えていることが知られてしまうと、少なくとも、周りからのあなたの評価は低下しかねません。

相談するとしても、家族や信頼できる友人、弁護士・司法書士などに限るべきです。

何か聞かれた時の説明を考えておく

「退職金見込額証明書」の作成を会社に依頼した際、理由を尋ねられたときに備えて、予め説明を考えておくようにしましょう。

例えば、住宅ローンや教育ローンを組む際の与信審査で必要になった、と説明しましょう。

実際、ローンを組む際に金融機関から提出を求められることもあるので、怪しまれる危険性は少ないといえます。

会社が金融機関にわざわざ確認することもないので、一番無難な説明といえるでしょう。

弁護士に手続きを依頼する

個人再生の手続きでは、裁判官との面談(「審尋(しんじん)」という)を行うため、裁判所に出頭しなければならないこともあります。

しかし、審尋は平日に行われることが多く、審尋が複数回行われることもあるので、その度に会社を休まなくてはなりません。

そうなると、会社から理由を尋ねられ、結局会社にバレてしまうことになりかねません。

審尋は代理人による出頭でも可能であるため、弁護士に依頼して、代理人として代わりに出頭してもらうようにしましょう

会社から借り入れがある人は任意整理を検討する

「会社からお金を借りている人は、債務整理をすれば確実にバレる」というわけではありません。

個人再生や自己破産などを行えば、確実に知られてしまいますが、任意整理を行えば、整理する対象を選択できるため、会社にバレることなく債務整理をすることも可能です。

ただし、任意整理は、個人再生や自己破産と比べると借金の減少幅が小さいので、多額の借金を抱えている場合は、個人再生等を検討せざるを得ないでしょう。

個人再生が会社にバレたらクビになる?

個人再生をすることが会社にバレてしまったところで、クビになることも不当な扱いを受けることもありません。

以下で解説します。

会社にバレてもクビにならない理由

労働契約法16条は、

  1. 客観的に合理的な理由を欠き
  2. 社会通念上相当であると認められない解雇

を無効としています。

そして、債務整理をしたことだけでは、上記解雇要件は直ちに充足されないため、基本的に解雇は無効となります。

同様に、債務整理をしたことのみを理由に、減給処分等の懲戒処分を行うことも基本的にはできません(裁判例としては、大阪地堺支判平成22年5月14日平20(ワ)1739などを参照)。

不当に解雇や処分を受けたら?

債務整理をしたことのみを理由に、解雇や不当な処分を行った場合は、その効力は争う余地があります。

また、このような解雇や不当な処分がされたことで、何らかの損害が発生したときは、会社に対して損害賠償などを求めることもできる場合があります。

個人再生して会社に影響が出るケース

ただし、個人再生をすることで会社に悪影響を及ぼす場合は、個人再生をしたことを理由とする解雇・処分が有効と認められる可能性もあります。

例えば、自己破産したことで金銭管理能力に不信を持たれて、経理などの金銭を扱う部署に勤めている場合他の部署に異動させられる可能性がないとは言い切れません。

個人再生を家族に隠すことは可能?

個人再生をすることを家族にも話したくない、という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、個人再生は、あなたや、あなたの家族に大きな影響を及ぼす重大事項です

家族に隠すのではなく、あらかじめ話をしておくことが大切かもしれません。

どうしても知られたくない場合は弁護士等に依頼して、家族に知られずに手続きを進める方法を相談してください。

個人再生のデメリットはあるか?どう手続きを進めるのか?確認しよう

まずは、お近くの弁護士・司法書士事務所に次の4点を無料相談して、個人再生すべきか確認しましょう。

・具体的にどんなデメリットがあるか?
・どうやって手続きを進めるのか?
・費用はいくらぐらいかかるのか?
・そもそも個人再生できるか?あなたに合っているか?

当サイト債務整理ナビでは、個人再生や借金問題の解決が得意なお近くの事務所を簡単に探すことができます。借金問題が得意な事務所のみを掲載しているので、どの事務所に相談してもOKです。

まずは、以下からお住まいの都道府県を選んで、無料相談しましょう。今すぐにお話できない方はメールがおすすめです。

もちろんあなたの都合やプライバシーを配慮しますので、安心して相談してください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
個人再生に強い弁護士を探す

まとめ

結論として、個人再生を行うことが会社にバレてしまうことは少ないといえますが、仮にバレてしまっても、直ちにペナルティーを受けるわけではありません。

また、後でトラブルになることを避けるため、個人再生を行う場合は事前に家族に伝える方がよいでしょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
個人再生に強い弁護士を探す

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 
 ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)では、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
Office info 202006091352 28791 w220 【八王子】弁護士法人ガーディアン法律事務所

【自己破産/法人破産】【相談実績約10,000件】【秘密厳守の法律相談/初回相談無料】【借金総額200万円以上の方】返済義務を無くしたい・自己破産を迷っている方、ご相談下さい。経験豊富な弁護士がお力となります

事務所詳細を見る
Office info 202302061444 17711 w220 【全国対応】北千住支店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
Office info 202206101545 19741 w220 【全国対応】立川支店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険をご存知ですか?

いつ起きるかわからない法的トラブル。弁護士費用の準備はできていますか?

答えがNoの方、ベンナビ弁護士保険が役立ちます。

Cta_merci

弁護士への依頼費用は数十万~数百万円かかりますが、ベンナビ弁護士保険(月2,950円)に加入しておくことで、弁護士費用の補償が受けられます。

  • 保険料は1日あたり約96円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

補償対象となる家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月590円(2,950円÷5人)。労働問題、ネット誹謗中傷、近隣トラブルなど様々な法的トラブルに対応しています。

補償内容、付帯サービスをまとめた資料の請求はWEBから。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

個人再生に関する新着コラム

個人再生に関する人気コラム

個人再生の関連コラム

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたをベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)の弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事はベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)に掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。