累計相談数 30,000 件超
累計サイト訪問数 800 万人超
※2019年8月現在

《山口》債務整理・借金減額を得意とする弁護士・司法書士一覧

弁護士・司法書士
を検索する
表示する事務所を選択する
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
1 件の 債務整理・借金減額を得意とする 弁護士・司法書士が該当しました
115件を表示

【中国エリア対応】弁護士法人 東京スカイ法律事務所 Link_icon

現在営業中

山口県対応
弁護士
  • Sys_tel_icon電話相談可能
  • Sys_fee_icon初回の面談相談無料
  • Sys_cal_icon休日の相談可能
Icon_train2 最寄駅:JR線・東京駅・八重洲南口出口徒歩4分 東京メトロ銀座線・京橋駅徒歩2分 都営浅草線・宝町駅徒歩4分
Icon_location2 東京都中央区八重洲2-5-8日宝八重洲ビル5階
Icon_calender2 定休日: 無休
【ご相談料0円|当日・夜間・休日相談可能】【全国の相談に対応】借金の解決方法は1つではありません。なかには家や車を残したまま解決へ乗りだせる方法もございます。経験豊富な弁護士へまずはご相談ください!
Tel_icon 通話料無料! お問合せはコチラから
電話番号を表示
※電話での問合せはコチラ

平日 :9:00〜21:00

土曜 :9:00〜21:00

日曜 :9:00〜21:00

祝祭日:9:00〜21:00

Mail_form_btn
山口県のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
1 件の 債務整理・借金減額を得意とする 弁護士・司法書士が該当しました
115件を表示

山口県の一世帯あたりの借金は514万円で全国平均を大きく下回る


2014年に実施された全国消費実態調査では、山口県の一世帯当たりの負債残高は514万円で47都道府県中39位に位置しており、全国平均の700万円を大幅に下回りました。

 

1位の東京都とは433万円もの差が開いており、都市部と地方の経済状況のギャップや、山口県民の慎重なお金の使い方が表面化した数値といえるでしょう。

 

中国地方の他県と比較してみると、以下の通りとなります。

 

・1位:岡山県 637万円
・2位:広島県 568万円
・3位:鳥取県 527万円
・4位:山口県 514万円
・5位:島根県 406万円

 

全国順位同様、山口県は下位に位置づける結果となりました。


1位の岡山県からは123万円も下回っており、同じ中国地方内でもお金の使い方に差があることがわかります。

 

山口県民の借金は457万円の住宅購入費用が底上げ

山口県民の負債残高514万円のうち、89%にあたる457万円が住宅購入に関わる負債です。

 

この割合は、全国的にみても中国地方内でみても、決して大きな割合ではありませんが、いずれにせよ、山口県民の家計を圧迫する大きな要因であることに、変わりはありません。

 

中国地方内の順位は、負債残高全体と同じく4位に位置づけています。

 

・1位:岡山県 603万円
・2位:広島県 515万円
・3位:鳥取県 469万円
・4位:山口県 457万円
・5位:島根県 336万円

 

 

広島県民の貯蓄額は1,284万円で全国13位


続いて、広島県民の貯蓄額をみてみると、1,284万円で全国13位となっています。負債残高が全国平均を下回っている分が、貯蓄額に反映された格好です。

 

内訳をみてみると、銀行等:594万円、生命保険等:323万円、郵便局:252万円、株式・投資信託:80万円、金銭信託・貸付信託・その他:27万円、債券・公社債投資信託:7万円となっており、貯蓄額の半分近くは銀行等にもっていることがわかりました。

 

 

山口県民は年収676万円に対して消費割合が大きい


山口県民の年収は676万円で全国29位に位置づけています。全国平均の706万円からは30万円下回り、中国地方内ではワースト2位となりました。

 

・1位:島根県 699万円
・2位:鳥取県 683万円
・3位:広島県 679万円
・4位:山口県 676万円
・5位:岡山県 657万円

 

そして、年収に対する消費割合を示す平均消費性向をみてみると、山口県は80.6%で全国7位です。
全国平均の78.4%を上回り、中国地方内でも1位と上位を記録しています。

 

この数値が高くなるほど、収入に対しての消費が大きくなるため、家計状況は厳しいことが懸念されます。

 

しかし、山口県の場合は、貯蓄額が全国平均上回っているため、将来を見越し計画的に貯蓄に回している可能性も考えられます。

 

山口県の自己破産者に関する情報

以下では、日本弁護士連合会・消費者問題対策委員会から公表された「2014年破産事件及び個人再生事件記録調査」における無作為に選出された20人の情報を見ていきます。

 

本資料を見ると、20人中14人が給与生活者で、正社員・非正規社員として、企業に務めていることがわかりました。割合は70%にのぼり、全国平均の54%を大幅に上回っています。

 

正社員、非正規社員のほかには、無職:3人、年金生活者:2人、生活保護受給者:1人と続いており、自営業・自由業の自己破産者はいませんでした。

 

 

山口県で無作為に選出された自己破産20人の破産理由で最多を占めるのは、生活苦・低所得となっており、企業で働き給料が得られていたものの、低賃金により苦しい生活を強いられていた方が多いことが、垣間見える結果となりました。

山口県の自己破産者は全員が弁護士へ依頼している


山口県で無作為に選出された自己破産者20人は、全員が破産手続きを弁護士へ依頼しています。

自己破産手続きは、債務者本人がおこなえますが、専門家である弁護士に依頼する方が確実でスムーズに手続きを行うことが可能です。

 

また、免責申立結果をみてみると、免責許可が得られ借金が免除されたのが16人、取り下げが3人、死亡終了が1人となっており、必ずしも全員に免責が許可される訳ではないことがわかります。

山口県で債務整理・借金減額が得意な弁護士・司法書士をお探しの方へ


山口県で、借金の減額や自己破産を検討されている方は、まず弁護士事務所や司法書士事務所へ相談しましょう。

 

借金問題の解決には、法律知識がある専門家のサポートが欠かせないからです。

 

専門家に相談することはハードルが高く、不安に思う方もいるかもしれませんが、今後のアドバイスを受けるだけでも、あなたの心は軽くなるはずです。