公開日:2019.12.11  更新日:2021.3.29

個人再生でローンがある車の引き上げを回避する方法|名義変更とその注意点

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
Kojin saisei 163
注目
個人再生でお急ぎの方へ
Cta ballon icon
何度でも
相談無料
Vertical line
Cta bill icon
後払い
分割払いOK
Vertical line
Cta calender icon
夜間・土日
相談OK
個人再生の無料相談先を探す
Cta magnifying glass icon
個人再生の
無料相談先を探す
※一部事務所により対応が異なる場合があります

個人再生(こじんさいせい)とは、住宅ローンを除く借金の総額が5,000万円以下の債務者が、借金の20%を3年で分割返済をすると、残りの80%は免除される制度です。

裁判所を介して借金の減額を行い、残りの返済額を返済する計画を立てるための手続きを行うことで借金を大幅に減額することができます。

しかし「個人再生をすると車を手放すことになる」とよく言われています。

今回の記事ではその真相に迫ると共に、「個人再生はしても絶対に車を手放したくない」という人のためのただ一つの方法を記述していきます。

車や家を残しながら、借金を減額したい方へ

車もマイホームも守りつつ、借金を減額したいなら、とるべき法的手段は「個人再生」となります。

個人再生の手続きについては、まず弁護士への無料相談で教えてもらいましょう。

車を残せるか不安な方は

個人再生の専門家への無料相談がおすすめです

個人再生は自己破産と違い車やマイホームを残しつつ借金を減額できる可能性のある債務整理です。

ただ、個人再生には利用条件などが設けられていますので、早い段階で借金問題の解決が得意な弁護士に依頼することが解決への近道です

弁護士への依頼では、以下のようなことが望めます。

  1. 家や車を残せるか、専門家の視点で正しく判断してくれる
  2. 借金がどのくらい減額できそうか計算してくれる
  3. 将来分の利息をカットできて返済の負担を減らすことができる
  4. 返済計画を一緒に考えてくれて心強い
  5. 裁判所の手続きを一任できてラク
  6. 最短即日で、業者からの催促を止めてもらえるので、不安な日々から解放される

借金原因は問われませんので、ひとりで悩まず、気軽に専門家に相談してみましょう。

個人再生でローンがある車を保持することは困難

結論から、ローンが残っている車を手放さずに個人再生を行うことは限りなく不可能となります。

その理由と、個人再生の概要も含めて以下で詳しく記述していきましょう。

個人再生の概要

個人再生は、自己破産と同じように裁判所に申し立てを行いますが、自己破産のようにすべての借金を免除してもらうのではなく、借金を大幅に免除してもらい、任意整理のように長期の分割払いにしてもらうという制度です。(原則として債務が5分の1に減額され、3~5年で支払いをします。)

自己破産と任意整理のいいとこ取りをしたような制度と思われるかもしれませんが、メリットもあれば当然デメリットもあります。

個人再生のメリット

  • 借金の大幅な減額ができる
  • 自己破産でも借金が免除されない人でも利用可能
  • 特定の資格職業が消滅しない
  • マイホームなど財産が残せる
  • 貸金業者からの取立て行為が原則なくなる

個人再生のデメリット

  • 手続きが複雑で手間と時間と費用もかかる
  • 住宅ローン以外のすべての借金が対象になってしまう
  • 保証人には請求が行く
  • 官報に掲載される
  • ヤミ金から連絡が来る場合がある
  • 借り入れが今後5年~10年できない

個人再生の利用条件

  • 個人であること
  • 住宅ローン以外の借金総額が5,000万円以下であること
  • 継続して収入を得る見込みがあること
  • 原則として3年間で、法律で定められた最低弁済額か、保有している財産の現在の合計額(清算価値といいます)のいずれか多い方の金額を支払うことができること
  • 債権者数の2分の1以上の反対がなく、かつ反対した債権者の債権額の合計が全債権額の2分の1を超えていないこと

冒頭でも記述しましたが、個人再生は借金を減らして返済するというものになるので、継続的な収入があることと借金総額が5,000万円以下であるという条件をクリアしなければなりません。

個人再生が保有する車にもたらす影響

個人再生を行ったからと言っても、その後完全に返済義務がなくなるわけではありません。個人再生での返済額は、申し立てる際の資産によって決まりますが、車も申告する資産に含まれます。これにより、個人再生後の返済額にも影響が出てきます。

車を残せるかどうかの線引きはローンがあるかないか

ローンがない場合

個人再生のメリットは、全ての財産を手放さなくてもいいという点です。ですので、車のローン返済が完了していた場合は、車を手放す必要はありません。

ローンがある場合

車のローンが残っている場合、車の所有権があるかどうかで車を残すことができるかが変わってきます。

所有者がローン会社の場合は個人再生を行うと車は引き上げられる

車のローンは信託会社のローンを利用することもあるでしょうが、その場合、ローン会社が車を担保にしていることが多いです。

その場合、個人再生によってローンの回収が困難だと判断されると、車が引き上げられることもあります。

所有者が自身の場合は車を残すことが出来る

一方、銀行などの車のローンを利用している場合は、ご自身に車の所有権があることが多く、ローンの担保にもなっていません。

担保に入っていなければ通常の資産と同じ扱いですので、自動車ローンの返済を停止したとしても、自動車の売却では必須ではなくなります。

この“所有権が誰にあるか”が車を残すことが出来るか否かの肝になります。詳しくは次項で解説していきましょう。

本気で、借金を減額したい方

車もマイホームも守りつつ、借金を減額したいなら、とるべき法的手段は「個人再生」となります。

個人再生の手続きについては、まず弁護士への無料相談で教えてもらいましょう。

ローンがある車を手放さずに済むたった一つの方法

前述したように、原則ローンがある車はそのままの状態では手放すことになってしまいます。ただ、そうならない為に「名義変更」という方法があります。

名義変更

お伝えのように、個人再生で車を引き上げられる可能性は、ローン会社が所有権を持っており、ローンの返済が不可能だと判断された場合です。

ローンの名義人変更も法的な問題はありません。ただ、名義変更後のローン返済が滞れば、新たな名義人の信用情報を傷つけることになりかねません。きちんと返済の目途を立てた上で名義変更を行います。

車を残す上での注意点

高価な車だと財産と認識される

車を保有し続けることで、個人再生後の返済額が上がってきます。例えば、500万円の高価な車を保有していたとして、そのまま個人再生をしてしまうと、原則的に返済額も500万円以上となってきます。

そうなると、返済も難しくなってくるかと思いますので、返済額に影響が出てくるほどの高価な車は手放してしまったほうがいいケースも多いです。

プロからの指示を仰ぐべき

何よりも個人再生の場合は、何が財産となりどのくらいの額が免除されるのか、個人差があります。どうしても守りたいものがあり、それでも負担は軽くしたいという場合は、やはり専門家から意見を聞きながら手続きを行ったほうが得策と言えるでしょう。

個人再生後に再度車を保持できるまで5年かかる

個人再生を行った人は今後、車を保持することは出来るのでしょうか?その点についても以下で見ていきましょう。

信用情報機関による事故情報の掲載期間

一般的に、個人再生を行ったことで信用情報機関に事故情報が掲載されてしまった場合5年間は保存されることになり、その間は車のローン組む以外に新規の借り入れやクレジットカードの発行も出来ません。

このような措置が取られるのは、個人再生後の場合は借金の免責を受けていることになるので、金融機関としては再び同じように貸し出しをして損害を受けるリスクを考えるからです。

ローンを組める可能性

個人再生後、最低でも3年は経過した段階で、審査条件が比較的緩い消費者金融系の自動車ローンであれば条件によって貸し出しを考慮してくれることもあります。借入金が無く収入や勤続年数などで問題がないなど、ある程度信用を積み重ねていれば、可能性は高くなります。

一括購入、譲渡ならば車の所持は可能

ローンを組むということは「借金をする」ということと同義語です。したがって、債務整理を行った人は借りたお金を返せない人とみなされ、車のローンを再度組むことが困難になるのです。

しかし、一括購入であれば借金をすることにはならないので、問題なく所持することが可能です。人からの譲渡も同様の理由で、問題なく所持することが可能です。

本気で、借金を減額したい方

車もマイホームも守りつつ、借金を減額したいなら、とるべき法的手段は「個人再生」となります。

個人再生の手続きについては、まず弁護士への無料相談で教えてもらいましょう。

個人再生を迅速的確に行うには専門家の力が不可欠

前述したように、個人再生の手続きは非常に複雑であり、再生委員や裁判官との面談等も多い為、自分一人で全てを完了させるのは困難と言えます。

専門家に依頼をして迅速に、且つ適格に進める為にも、専門家に依頼した場合の費用や探し方などを以下にまとめていきます。

専門家に依頼した際の費用

専門家に依頼をするのであれば、弁護士か司法書士を選ぶことを推奨します。また、司法書士では手続き上行えることが弁護士と比較して限られているので、多少費用が高くなったとしても弁護士へ依頼するほうが良いでしょう。

弁護士に依頼した際の費用

申立費用およそ20万円+報酬として30万円~50万円程度が相場となっています。

合計すると40万円~70万円程度が必要という計算になります。

司法書士に依頼した際の費用

司法書士は書類作成しかできませんので費用は下がる傾向にあります。

実費と合計すると40万円~50万円程度が必要という計算になります。

自分で行う際の費用

自分で個人再生を申し立てる場合は、申し立て費用のみになりますが、その内訳は以下のようになっています。

収入印紙代 1万円
官報掲載費用 1万2,000円程度
郵便切手代 1,600円+債権者数×2×120円
個人再生委員への報酬(東京地裁の場合) およそ25万円

上記の合計でおよそ20万円程度がかかる計算になります。

個人再生が得意な専門家の探し方

初回の無料相談を行っている事務所が多くあります。そういった事務所への無料相談を何回か行い、その時のフィーリングを大切にしましょう。ただ話をきくのではなく、親身になってくれるかどうかも重要です。

また、以下も専門家を選定する際のポイントとして頭に入れておくと良いでしょう。

  • 案件の中でも債務整理、特に個人再生を解決できるだけの経験とノウハウ、交渉術があるか
  • 過去に解決済みの個人再生の案件実績が多くあるか
  • 費用を事前に明確にしてくれるか
  • 法律に疎い人間でもわかりやすい言葉で説明をしてくれるか
  • 契約書をきちんと作ってくれるか

まとめ

終わりになりますが、ローンのある車を保持することは、まずは債務者にとってはとても贅沢品であるという自覚を持ちましょう。

よほどの理由がない限りは、個人再生時は車をローン会社に返却し、原付バイクや安い中古車、または自転車などで代替することを検討してください。それでもどうしても…という人のみ名義変更を行うようにしましょう。

個人再生に関する基礎知識

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 
 債務整理ナビでは、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
Office info 202112161523 17881 w220 【全国対応】北千住支店 アディーレ法律事務所

【全国60拠点以上】【法律相談実績70万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
Office info 202108101809 45791 w220 弁護士法人二見・山田総合法律事務所

請求取り立て支払いSTOP】◆住宅ローンで家計が苦しい支払いが延滞している借金が増え続けている自宅を失いたくない収入減で返済できない◆分割払い◎LINE予約でスムーズ借金トラブルの実績多数の弁護士

事務所詳細を見る
Office info 202109211051 41501 w220 【住宅は残して解決!】川西・大沢法律事務所

秘密厳守】弁護士歴20年以上◆裁判所から破産管財人として選任経験豊富◆家族に知られたくない/自宅や財産を失いたくない/生命保険・学資保険を解約したくない方お任せを◆分割払い可◆お気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険をご存知ですか?

いつ起きるかわからない法的トラブル。弁護士費用の準備はできていますか?

答えがNoの方、ベンナビ弁護士保険が役立ちます。

Cta_merci

弁護士への依頼費用は数十万~数百万円かかりますが、ベンナビ弁護士保険(月2,950円)に加入しておくことで、弁護士費用の補償が受けられます。

  • 保険料は1日あたり約96円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

補償対象となる家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月590円(2,950円÷5人)。労働問題、ネット誹謗中傷、近隣トラブルなど様々な法的トラブルに対応しています。

補償内容、付帯サービスをまとめた資料の請求はWEBから。

ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

個人再生に関する新着コラム

個人再生に関する人気コラム

個人再生の関連コラム

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。