更新日:

デビットカードは自己破産後も使える!特徴やメリット・クレカとの比較

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
デビットカードは自己破産後も使える!特徴やメリット・クレカとの比較

デビットカードとは、カード決済をした瞬間に銀行口座から即座に引き落としが完了するカードのことで、後払いではないクレジットカードと言って良いでしょう。CMなどでもやっている為、なじみのあるものであると言えますが、その仕組みを理解できている人は少ないようです。

というのも、海外と比べ日本ではデビットカードの普及率が飛躍的に伸びないのが現状です。しかし、後払いではないぶん安全であることは間違いなく、使いすぎて借金するリスクがないという点はやはり多くの人に知ってもらいたいものです。今回の記事では、そんなデビットカードについて詳しく解説していきます。

借金問題を弁護士や司法書士に依頼するメリット

  • 「生活が苦しく借金を減らしたい」
  • 「業者からの取り立てで精神的に追い込まれている」

そんな時は、弁護士や司法書士など借金問題の専門家に依頼することをオススメします。また専門家への依頼には、以下のようなメリットがあります。

  1. 貸金業者からの督促・取り立てを最短即日で止められるので不安な日々から脱却できる
  2. 借金を減額・整理するための適切な方法を提示してくれるので借金問題を効果的に解決できる
  3. 手続き上の書類作成などを代行してもらえてラク
  4. 過払い金の調査をしてもらえて、うまくいけば借金が貯金になる

【ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)】では、お住まいの地域や相談内容に合わせて弁護士/司法書士を探すことができます。

相談料が無料の事務所も多数掲載していますので、まずは気軽に相談してみましょう!

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
債務整理に強い弁護士を探す

デビットカードの三大特徴

クレジットカードを持つ

まずはデビットカードの特徴を以下に解説していきます。

海外でも使えてネットショッピングも可能

デビットカードは海外の加盟店でクレジットカードと同様の使用法で買い物が出来るだけでなく、VISAマーク、PLUSマークのあるATMで利用ができます。キャッシング(借入)にならないので、借入利息はかかりません。(ただし、所定の利用手数料はかかります。)

ネットショッピングをする際にも、クレジットカードの番号を入力するのと同様に、デビットカードの番号を入力することで支払いが可能です。

現金代わりに使えるが使いすぎの心配がない

借り入れを行うわけではなく自身の口座のお金を使用するので、利息が発生して借金をするリスクはなく、利用限度額が設定できるので、気づかずに大金を使っていたという心配がありません。

クレジットカードをもてない人でも使える

カード発行の審査がないので、債務整理後の人や学生やシニアでも使えるカードとして多くの人が利用しています。中でも債務整理後の人にとっては非常にありがたいアイテムとなっていますので、この点についての詳細は本記事の後の項目で記述していきましょう。

デビットカードとクレジットカードの違い

使用方法がほぼ同じために混同されることが多いデビットカードとクレジットカードですが、ここでその違いを解説していきます。

クレジットカードのリスクがデビットカードにはない

大きく異なる点ですが、デビットカードは自身の口座から支払い、クレジットカードはカード会社を通して支払います。クレジットカードで支払いをした場合もどのみち最終的には自身の口座から引き落とされることになるので結局お金の出処は同じです。

しかし、後払い=借金をすることになるので、借金のリスクを避けたがる現金主義の人は特にデビットカードを好んで利用しています。つまりは、現金払いを行うか、後払いを行うかの違いになるわけです。

クレジットカードとデビットカードの比較

わかりやすく表に様々な事項の比較をまとめました。

比較項目 クレジットカード デビットカード
年会費 年会費無料~十万円以上のもの 年会費無料~高くても数千円程度が主
利用限度額 数万円~数百万円以上まで、カードによる 自身の銀行口座の残高の範囲内
支払い方法 一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどがある 一括払いのみ
支払いのタイミング 次月以降の支払い日に引き落としがかかる 使用したタイミングでその都度引き落とされる
海外での利用 可能 可能
ポイントの獲得 獲得しやすい 獲得しにくい
発行の際の審査 審査有り 審査無し
入会可能な年齢 18歳以上(高校生を除く) 16歳以上(高校生を含む)
無職の人の発行 不可能なことが多い 作成可能
任意整理、自己破産を行った人の発行 不可能が多い 作成可能
クレジットヒストリー 利用の都度作られる 作られない
サービスの充実度 サービスが多く充実している カードによるが、クレジットカードよりもサービスは充実していない
盗難保険 付いている 付いている
返金 可能 可能
Amazonや楽天市場での支払い 可能 可能
利用時間 365日24時間使用可能なものが大半 土日夜間、深夜は使えない
発行元 クレジットカード会社 銀行

デビットカードは国内でそれほど普及していない

海外ではデビットカードのシェア率は高いですが、日本国内ではまだまだクレジットカードが主流で、それほど多くの種類のデビットカードは発行されていません。それではここで、国内で発行されるデビットカードの種類を解説していきましょう。

国際三大ブランドは「VISA」「JCB」「銀聯(ぎんれん)」

国際ブランドのデビットカードは、クレジットカードと同じように世界中の加盟店で利用することが出来ます。国際三大ブランドとも言えるデビットカードは、「VISA」「JCB」「銀聯(ぎんれん)」で、銀聯ブランドのデビットカードの発行は「中国銀行東京支店銀聯デビットカード」のみとなっており、発行枚数は他のブランドと比べると少なく、実質的にはVISAのほぼ独占状態と言っても過言ではありません。

VISAデビットカードの種類一覧表

VISAは世界シェア率ナンバーワンの国際ブランドでありVISA加盟店は多く存在するので、国内はもちろん海外で利用するのも全く問題なく便利です。そんなVISAデビッドカードの種類を以下の表にまとめました。

発行銀行 カード名称
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ-VISAデビット
ジャパンネット銀行 JNBカードレスVISAデビット
楽天銀行 楽天銀行VISAデビットカード
スルガ銀行 SURUGA VISAデビットカード
りそな銀行 りそなVISAデビットカード
埼玉りそな銀行 りそなVISAデビットカード
あおぞら銀行 あおぞらキャッシュカード・プラス
イオン銀行 イオンデビットカード
近畿大阪銀行 近畿大阪デビットカード

上記のVISAデビットカードが発行されています。銀行が発行するので、キャッシュカードと一体化しているデビットカードを申し込むことが出来るので、ATMで口座への入金とショップでのカード決済が1枚のカードで完了出来るのはとても便利です。JCBブランドも存在しますが、扱っている銀行が4社と少ないのが現状です。

デビットカードのメリット・デメリットまとめ

以下に、前述したものも含めてデビットカードのメリットとデメリットを簡単にまとめました。尚、発行している銀行によっては、サービスが若干異なる場合があります。

デビットカードのメリット

現金不要で国内、海外で買い物が出来る

チャージをしたり混雑したATMでお金を引き出したりする手間もなくなり、国内海外問わず加盟店であれば買い物が出来ます。

銀行残高以上に買い物で使えないので使いすぎを抑止できる

利用可能額=「銀行口座の残高」となるので、使いすぎず計画的な利用が出来ます。

クレジットカードを持てない人でも持てる

年齢の制限が低く、債務整理後、債務整理中の人でも所持が可能です。

ネット通販で使いやすい

インターネット上での買い物もデビットカードに対応しているお店であれば支払いを行えます。

口座残高が明白、お金の管理が楽

利用ごとに履歴が残るので、日々の支払いもいつ・いくら使ったかが一目でわかります。インターネットで利用履歴が確認できるので、自然と家計簿代わりになります。

デビットカードのデメリット

ETCカードが作れない

デビットカードの場合は、利用する瞬間に銀行口座の中身をチェックする仕組みなので、後払いのETCカードだと対応出来ません。

ポイントの付与が無いか低い

デビットカードにはキャッシュバックやポイント還元制を導入している場合がありますが(楽天銀行:1,000円で2ポイント、りそな銀行:200円で1マイルなど)、クレジットカードに比べてデビットカードのポイント還元特典は極端に少ないのが特徴です。

まだデビットカードに対応していないお店が多い

普及率が伸びない為か、クレジットカードの支払いはOKでもデビットカードの支払いはNGというお店が未だにあります。

生命保険料や一部電子マネー購入には利用出来ない

生命保険料はクレジット払いもまだ一般的ではなく、デビッドカードの支払いで対応可能なところも極端に少ないのが現状です。また、電子マネーは前払い、デビットカードは即時引き落としという支払いタイミングの違いがある為に、利用が出来ません。

分割払いが出来ない

口座から即時引き落としが特徴のデビットカードでは、分割払いが出来ません。2回目以降の支払い時に口座にお金があるかどうかは、支払い時点では確認しようがない為です。

落とした時や盗まれた時の手続きが面倒

必ず支店窓口に本人が出向くことと

  • 通帳(通帳取引のとき)

  • お届印

  • 本人であることを確認できる資料(運転免許証、住民基本台帳カード(写真付き)等)

  • Visaデビットカード再発行手数料1,080円(生体認証付きをご利用のお客さまは、2,160円)

上記の持ち物が必須になります。また、手続きには1週間~10日前後の時間がかかります。

デビットカードの所持に向いている人まとめ

以下に、デビットカードの所持に向いているケースをまとめました。

  1. 1:16歳~18歳の高校生

  2. 2:自制がきかずにお金を使い過ぎてしまう人

  3. 3:後払いの仕組みが嫌な人

  4. 4:クレジットカードが作れない、審査に不安がある人

勿論、現在クレジットカードをもっている人にも有効で、毎月決めた分だけ入れておけば、使いすぎる心配もなく賢く買い物ができるでしょう。

債務整理中や債務整理後の人ならデビットカードは便利

任意整理、個人再生、自己破産を行うと、それが“事故情報”として信用機関に登録されます。この情報が抹消されるまでに一定期間かかりますが、抹消まではクレジットカードを所持することが出来なくなります。

【関連記事】
事故情報の正しい知識と知っておくべきガイドラインまとめ
ブラックリストに載る理由と消し方|ブラックリストの全知識

この際一番困るのは、「緊急の入り用などで持ち合わせがない時」「インターネットショッピングの支払い時」でしょう。しかしデビットカードであれば事故情報が掲載されている人でも所持することが出来るので、実に便利なアイテムであると言えます。

債務整理を行った人がクレジットカードを作成出来ない理由

クレジットカードを使用して買い物をした場合、その代金はクレジットカード会社が支払い、次月にその金額分が銀行から引き落とされるという仕組みになっています。

ですから、債務整理を行ったという情報はクレジットカード会社からは「支払い能力がない」とみなされ、カードの発行に規制がかかってしまうのです。デビットカードは自身の口座からお金を引き出しているだけに過ぎないので、クレジットカード会社は何のリスクも負わずに済みます。

見た目はクレジットカードとほぼ同じ

デビットカードはクレジットカードに見た目が酷似しているという点も、債務整理後の人にとってはありがたいことです。ちょっとした支払いの際に財布からカードを取り出しても何も怪しまれることはありませんし、いちいちお金を下ろす必要もありません。現金のみを持ち歩かなくてはならない不便さはだいぶ軽減されます。

債務整理後に「もう借金はしたくない」という思いから、レシートを捨てずに持ち帰り家計簿をつけ始めたという人も多いですが、デビットカードは明細を携帯電話から閲覧することが出来るので、いつどこで使ったかも完璧に把握することが出来ます。

デビットカードの申込み方法

デビットカードを作りたいと思われた人は、以下の手順で簡単に作ることが出来ます。

  • 1.銀行に口座開設の申込みをする
  • 2.銀行から郵送されてくる書類に捺印、署名などをして返送する
  • 3.銀行から口座開設完了の郵便が送られてくるので、手順に従って口座にログインする
  • 4.ログイン画面からVISAデビットカードを申し込む

支払いを行いたい時にカードを出す、という使い方は同じですが、両者は全く異なる決済手段である為に、デビットカードはクレジットカードの代替は出来ず、クレジットカードもまたデビットカードを代替出来るものでもありません。

まとめ

デビットカードしか所持出来ないという人を除き、それぞれの場面や状況に合わせて使い分けを行うのが賢い方法だと言えるでしょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
債務整理に強い弁護士を探す

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 
 ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)では、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
Office info 202206101545 19741 w220 【全国対応】立川支店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
Office info 202206101545 19741 w220 【全国対応】池袋本店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
Office info 202302061444 17711 w220 【全国対応】町田支店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険をご存知ですか?

いつ起きるかわからない法的トラブル。弁護士費用の準備はできていますか?

答えがNoの方、ベンナビ弁護士保険が役立ちます。

Cta_merci

弁護士への依頼費用は数十万~数百万円かかりますが、ベンナビ弁護士保険(月2,950円)に加入しておくことで、弁護士費用の補償が受けられます。

  • 保険料は1日あたり約96円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

補償対象となる家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月590円(2,950円÷5人)。労働問題、ネット誹謗中傷、近隣トラブルなど様々な法的トラブルに対応しています。

補償内容、付帯サービスをまとめた資料の請求はWEBから。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

その他に関する新着コラム

その他に関する人気コラム

その他の関連コラム

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたをベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)の弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事はベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)に掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。