更新日:

借金苦から脱出するための4つの方法と解決のためのヒント

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
借金苦から脱出するための4つの方法と解決のためのヒント
注目
借金減額でお急ぎの方へ
Cta ballon icon
何度でも
相談無料
Vertical line
Cta bill icon
後払い
分割払いOK
Vertical line
Cta calender icon
夜間・土日
相談OK
借金減額の無料相談先を探す
Cta magnifying glass icon
借金減額の
無料相談先を探す
※一部事務所により対応が異なる場合があります

借金苦から逃れる為に自殺をする人の数は、内閣府が作成した「自殺統計」によると平成23年の自殺者数は3万651人、そのうち「債務関係:多重債務・連帯保証債務・借金の取り立て」による自殺は、正確な数値は把握できませんが、大きな割合を占めているのがわかると思います。

借金苦

引用元:自殺統計の分析 – 内閣府

いくら借金が高額になっているとはいえ、自殺をして命を絶つことは愚かな事ですし、そんな事をしなくても借金苦から脱出する事は難しいことではありません。そこで今回は、借金苦から逃れて、生活を立て直す為にできることをご紹介していこうと思います。

借金問題を弁護士や司法書士に依頼するメリット

  • 「生活が苦しく借金を減らしたい」
  • 「業者からの取り立てで精神的に追い込まれている」

そんな時は、弁護士や司法書士など借金問題の専門家に依頼することをオススメします。また専門家への依頼には、以下のようなメリットがあります。

  1. 貸金業者からの督促・取り立てを最短即日で止められるので不安な日々から脱却できる
  2. 借金を減額・整理するための適切な方法を提示してくれるので借金問題を効果的に解決できる
  3. 手続き上の書類作成などを代行してもらえてラク
  4. 過払い金の調査をしてもらえて、うまくいけば借金が貯金になる

【ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)】では、お住まいの地域や相談内容に合わせて弁護士/司法書士を探すことができます。

相談料が無料の事務所も多数掲載していますので、まずは気軽に相談してみましょう!

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
債務整理に強い弁護士を探す

借金苦に陥る主な原因

いったいどうして借金苦に陥ってしまうのか、まずはそのあたりの原因を探っていきましょう。

借金を作る最も多い理由は「ギャンブル」

買物や旅行、趣味への投資など、対象は様々ありますが、最も金額が大きく、しかも癖になってやめられないものはギャンブルです。最初は少ない小遣いがちょっとでも増えれば良いかと始めた競馬やパチンコが癖になり、いつの間にか100万円以上の借金ができていた。という話はよく聞きます。

ちょっとした気のゆるみから始めたことが、結果的に大きな借金へと繋がっていきます。

【関連記事】
ギャンブル依存症の実態とギャンブル依存症を克服する方法
パチンコでの借金の恐ろしさとパチンコ依存から抜け出す方法

買い物依存症になっている

あたまの中は常に「何を買うか」でいっぱいになっている可能性もあります。ストレスの溜まりやすいと言われる現代社会で、少しでもストレス発散を行う女性にありがちな借金苦ですね。クレジットカードの過度な使いすぎの原因の多くは、この買い物依存症です。

【関連記事】
買い物依存症になる原因と対処法|依存症の借金を減らす方法

遊びにお金を使いすぎている

度を超えた交際費やキャバクラ通いなど、遊ぶお金を作る為に数社からカードローンを利用しているケースもあります。

副業で儲けようとしたが失敗する

FXや株などの投資を行おうとしたものの、運用に失敗して逆に多額の借金を背負う事になってしまったケースです。特に株は資金以上の金額を動かそうとして失敗するのが借金の最も大きな理由です。

【関連記事】
FX破産はありえない?FXでの借金を減らす為にできる事
株式投資に失敗する3つの特徴と失敗を回避する方法まとめ

借金苦に悩む人の実例やブログ

それではこちらでは、借金苦で困っている方のブログや実例などを紹介していきます。借金苦で悩んでいるのはあなた一人ではありません。人と比較して優越をつけるのは健全なことではありませんが、同じ状況で困っている人を知ることで励みにもなるかもしれません。
                     

「隠れ貧乏主婦の借金返済ブログ」

パチンコにはまってしまい、夫の貯金にまで内緒で手を付け、最大300万円の借金を背負ってしまった主婦のブログです。現在も借金返済中ですが、主婦ならではの節約術などの内容が多くなっています。

参照▶「隠れ貧乏主婦の借金返済ブログ

「30歳無職の借金1000万円返済ブログ」

30歳の無職の男性が数々のギャンブルやマルチ商法にハマって作ってしまった借金1000万円を返済していくブログです。ブログ中では、現在(2016年10月)借金が550万円まで減っているとのことです。今年中には完済すると一番初めの投稿で宣言していますが、いかがなるものでしょうか。

参照▶「30歳無職の借金1000万円返済ブログ

「世界の終わりをもう一度」ブログ

パチスロで作ってしまった借金を返済するまでの流れを記した個人ブログです。コメントが付くことも多く、共感者が多いことが伺えます。残念ながら、最近ブログは休止してしまったみたいですが、過去の投稿は参考になると思います。

参照▶「世界の終わりをもう一度

「事業失敗で借金3000万円 借金苦で夜逃げしたい」Yahoo!知恵袋

事業失敗で借金3000万円ができ、さらにその後詐欺被害にも遭い合計4000万円の借金を背負ってしまった方の質問。回答は一般に方がしているので、あまり信用しすぎるのは良くありませんが、夜逃げは現代においてあまり有効な手立てではありません。しかし、このように大きく膨れ上がった借金でも解決できる可能性はゼロではありません。

参照▶「事業失敗で借金3000万円 借金苦で夜逃げしたい

借金苦が生活に与える6つの悪影響

次に、借金苦による生活の逼迫がどのような影響を与えるのかを見てきましょう。

様々な支払いの滞納が起こる

借金の返済をしていると、住宅ローン、家賃、保険料、携帯料金、各種税金の滞納が起きる事になります。滞納をしたからといってすぐに何かが起きるわけではありませんが、支払いが遅れる事で「損害遅延金」が付加されますし、あまりにも放っておくと給料の差し押さえといったリスクが高まります。

【関連記事】
家賃や税金に滞納を早期解決すべき理由と滞納を解決する方法
督促状と催告書の違い|督促状が届いた方の正しい対処法
給料差し押さえの実態と給料差し押さえの正しい回避・対処法

うつ病になる

借金がなかなか減らない現実にうつ病を発症してしまうケースもあります。働かなければいけないとは思うがなかなか思うように体が動かず、結局仕事ができずに生活費のための借金をしてしまうという悪循環に苦しむ可能性もあります。

一度始めたギャンブルが止められない

大学時代にハマったパチンコやパチスロなどのギャンブがやめられず、やめようやめようと思っても、気がつくと習慣のようにパチンコ台の前にいるケース。

大学の学費も使ってしまったり、ギャンブルをするために複数の消費者金融から借り入れを行った結果、返済も滞っているという状況も考えられます。

借金の取り立てに苛まれる

返済がストップしていると、当然ですが催促の嵐が始まります。借入先が複数あれば、毎日どこかしらの業者から催促の連絡が入ることになります。携帯は着信拒否にしていても、家の固定電話に鬼の電話がかかってきます。

  • 「借りたお金を返せないなんて最低」
  • 「訴える」 など

返済を求めているのか、ただ文句を言いたいのか分からくなるほどの文句を言われるかもしれません。

【関連記事】借金の取り立てに足して債務者が取るべき3つの解決方法

夜逃げをしたくなるケースも出てくる

度重なる催促の電話や督促状の手紙が届き続けていると、家族で夜逃げをしたくなるケースも考えられます。詳しい内容は「夜逃げで借金は踏み倒せる?|夜逃げの方法とリスク徹底解説」でお話ししますが、夜逃げは相当高いリスクを背負う事になります。

夜逃げのデメリットは数々ありますが、一言で言うとこれまでの生活をすべて失うことになります。引っ越しによって環境が変わるのは当然ですが、人とのこれまでの縁も切れるも同然です。再出発をするというと聞こえはいいですが、これまで築き上げてきたものをすべて捨てなければならないのです。
引用元:夜逃げのデメリット

夫婦関係の悪化と離婚の原因

借金苦は誰だって嫌です。ストレスも溜まりますし、いつになれば完済するのかわからない不安な生活に妻も家を出て行く可能性があります。最悪の場合、それまで優しかった性格も突然冷たくなり、最終的に離婚に発展する可能性もゼロではありません。

参考:離婚時の借金問題|離婚後に借金を引き継がない4つの方法


このように、借金苦によって訪れる影響は様々あります。すでにどうすることもできない借金を抱えている方は、一度弁護士や司法書士などの借金問題解決の専門家に相談してみましょう。無料相談が可能な事務所がほとんどですので、以下のリンクから相談してみましょう。
 

▶▶債務整理が得意な弁護士・司法書士に相談する
 

借金苦でもやってはいけない4つの事

このように様々な悪影響が及んでくる借金苦ですし、既に何かしらの悪影響が出ていることもあるでしょう。借金苦から逃れるために、安易な行動を起こしてしまう人もいます。しかし、こちらで挙げる4つの方法は根本的な解決にはなりませんので絶対にしないようにして下さい。

自殺

まずは冒頭でもご説明しましたが、借金苦で自殺をしてしまう人が多いのですが、借金を残して自らの命を絶ってしまうことは絶対にやめてください。借金で自殺をしても返済義務は相続されることになったり、保証人へと請求が行きます。

家族を悲しませることにもなり、困らせることにもなります。また「生命保険を掛けて自殺すれば借金返済の足しになる」と考えている人もいるかもしれません。保健会社との契約内容にもよりますが、自殺に対する保険金給付の可能性は低いと言えます。借金苦で自殺は絶対にしないでください。

夜逃げ|借金の時効成立を狙う

借金の取り立てや時効成立を狙うために夜逃げを考えている人がいるかもしれません。夜逃げや借金の時効成立は簡単には成功しません。夜逃げの場合、一か所に住み続けることは難しいので、仕事や住居を転々としなくてはなりません。家族がいれば甚大な悪影響を与えるでしょう。

借金の時効成立は5~10年です。その間、債権者からの催促から逃れ続けなくてはなりませんし、債権者が時効ストップの方法を取ってくれば、そこからまた時効がカウントされますので、成功率は極めて低いです。

【関連記事】
夜逃げで借金は踏み倒せない?合法的に借金を免れる方法
借金の時効が成立する条件|時効成立までの流れと手順

ギャンブルなどで取り返し

借金を返すためにギャンブルなどで一攫千金を狙っている方もやめてください。結論を言えば、ギャンブルなどは店側が儲かる仕組みになっていますし、そのような一発逆転思考がある方は、詐欺被害などにも遭いやすくなります。

今ある借金が大きくても、コツコツと返していくか、法律を味方につけて返していくことをおすすめします。ギャンブルで作った借金をギャンブルで返そうとする考えは、ギャンブル依存症の疑いもあります。以下のコラムもご覧ください。

【関連記事】
ギャンブル依存症の実態とギャンブル依存症を克服する方法
パチンコでの借金の恐ろしさとパチンコ依存から抜け出す方法

多重債務や闇金からの借り入れ

今目の前にある借金を返すために、新たな金融機関から借り入れをしてしまう人もいます。「多重債務者」です。多重債務者のほとんどが、雪だるま式に借金が増えていき、結局自分を苦しめてしまいます。

また借金をしすぎていて、既に正式な貸金業者から借り入れができなくなっている人もいるかもしれません。そのような方が考えてしまうのが、闇金(違法貸金業者)からの借り入れです。闇金も違法な金利や取り立てでさらにあなたを苦しめることになります。絶対に他を出さないようにして下さい。

【関連記事】
多重債務者の地獄のような実態と末路|多重債務の解決法
闇金の全て|闇金の手口と絶対にお金を借りてはいけない理由


いくら借金で苦しくても以上の方法は取らないようにして下さい。必ず借金を減らす方法はあります。法律でも借金苦で自殺しない為の借金減額制度がありますので、法律に詳しい弁護士・司法書士に相談してください。
 

▶▶債務整理が得意な弁護士・司法書士に相談する
 

借金苦を綺麗に解消したいなら債務整理を検討

もし借金苦で生活が苦しい状態であれば債務整理を行う事で借金の大幅な減額、あるいはチャラにすることができます。債務整理で借金を減らすには主に4つの方法があります。

任意整理

任意整理は債務整理手続きのひとつで、裁判所が関与しない手続きとされています。弁護士や司法書士が債務者の代理人として貸金業者と交渉し、毎月無理のない範囲で返済していくためのもので、債務整理の中で最もよく利用されています。
参考:任意整理のデメリットとメリットの正しい知識まとめ

個人再生

個人再生は多重債務者の再生計画を図りながら、借金の減額していく方法で、裁判所の認可が降りれば原則5分の1まで減額が可能になります。
参考:個人再生を利用する手順と借金を大幅に減らす完全ガイド

特定調停

特定調停は自己破産や個人民事再生と同様、債務整理の方法の1つで、支払い不能になる恐れのある債務者を、経済的に立ち直らせることを目的としています。
参考:特定調停を行うメリットやデメリットなどの基礎知識まとめ

自己破産

裁判所に破産申立書を提出し、免責許可をもらうことで借金を免除するための手続きです。裁判所が申し立てた人の収入や借金の額を考慮し「この人は支払い不能状態である」と判断した場合に、返済が免除される手続きです。借金はほぼ全て無くなるというメリットがありますが、一定のデメリットも存在します。
参考:自己破産とは|自己破産の方法と破産後の生活の完全ガイド

債務整理は借金問題が得意な専門家に相談しよう

債務整理は裁判所を通して行われる場合が多い為、専門家を頼る事をおすすめしていますが、どんな専門家に依頼するべきかをご紹介していきます。

専門家に依頼するメリット

債務整理を弁護士などの専門家に頼む場合、以下のようなメリットがあります。

手続きの手間が省ける

依頼者が非常に面倒だと感じるのが各種手続きです。「この手続き書はこの書き方でいいのか?」「このやり方でいいのか?」など、様々な不安があるかと思いますが、専門家に依頼することで、そういった不安は解消する事が出来ます。

債権者からの取り立てが止む

受任した後は,債権者との対応は、弁護士が代理人として行うことになるので、自宅や職場になどに直接連絡が来たり、請求されたりすることはなくなります。つまり「取り立てをされる」ということがなくなります。

弁護士と司法書士のどちらに依頼すべきか

平成15年の司法書士法改正によって、司法書士にも140万円以下の借金に関する交渉権と訴額140万円以下の訴訟代理権が認められた為、司法書士でも債務整理の手続きを行うことができます。

しかし、過払い金請求の場合は、過払金が140万円を超える場合には、司法書士は扱うことはできませんので、弁護士を選ばれる方が良いでしょう。

借金問題を得意とする弁護士の選び方

借金問題の解決実績が多い

法律事務所といっても案件の幅は広く専門分野は分かれます。そのため大手の金融機関への訴訟経験のある事務所や、債務整理の実績のある事務所を選びましょう。

弁護士や司法書士の所属が多い

債務整理は事務作業が多く業務に含まれるため、事務員の比重が重くなります。そのため弁護士や司法書士が多い事務所の方が、問題の処理が早く借金問題の早期解決に繋がります。また、債務整理が得意な弁護士を選ぶ方法として、以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】
債務整理が得意な弁護士の選び方と知っておきたい弁護士費用


【ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)】では、債務整理が得意な弁護士や司法書士を掲載しています。無料で気軽に相談できる事務所ばかりですので、専門家探しの一環として以下のリンクから専門家検索をご活用下さい。
 

▶▶債務整理が得意な弁護士・司法書士に相談する
 

まとめ

借金苦を少しでも早く解決し、新たなスタートを切る為の参考にして頂ければと思います。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
債務整理に強い弁護士を探す

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 
 ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)では、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
Office info 202304280957 79061 w220 【解決実績も掲載中!】窪田総合法律事務所

借金のご相談は何度でも無料!】【法人破産にも対応】経営が苦しいと感じる経営者の方はご相談を。返済に追われ、生活ができない/督促が来てしまったなど、個人の方からのご相談も歓迎◎【依頼後は最短即日で督促が止まります!】

事務所詳細を見る
Office info 202209301654 71431 w220 【自己破産なら】岡田総合法律事務所

【ご相談は何度でも無料】【分割払可】債務整理のデメリットが不安で、依頼を迷っていませんか?借金でお困りの方は早期にご相談ください!丁寧に説明した上で、依頼者様に最善の方法をご提案します。

事務所詳細を見る
Office info 202002251729 25311 w220 弁護士法人ガーディアン法律事務所

【秘密厳守の法律相談/初回相談無料】【分割払いOK】【借金総額200万円以上の方へ】毎月返済がつらい方、自己破産を迷っている方、ご相談下さい。1万件以上の破産・再生事件を担当した弁護士が味方になります。

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険をご存知ですか?

いつ起きるかわからない法的トラブル。弁護士費用の準備はできていますか?

答えがNoの方、ベンナビ弁護士保険が役立ちます。

Cta_merci

弁護士への依頼費用は数十万~数百万円かかりますが、ベンナビ弁護士保険(月2,950円)に加入しておくことで、弁護士費用の補償が受けられます。

  • 保険料は1日あたり約96円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

補償対象となる家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月590円(2,950円÷5人)。労働問題、ネット誹謗中傷、近隣トラブルなど様々な法的トラブルに対応しています。

補償内容、付帯サービスをまとめた資料の請求はWEBから。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

借金問題に関する新着コラム

借金問題に関する人気コラム

借金問題の関連コラム

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたをベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)の弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事はベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)に掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。