> 
 > 
 > 
多重債務者とは?|多重債務に陥る人の特徴と借金苦の解決法4つ
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

多重債務者とは?|多重債務に陥る人の特徴と借金苦の解決法4つ

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Aefa206e584a156d25de3951f84283da-728x404

多重債務者(たじゅうさいむしゃ)とは、2件以上の、消費者金融事業者あるいはクレジットカードなどのキャッシングの利用による借り入れがある人のことです。

この多重債務者数は2008年3月末の時点で117万人余りが存在すると金融庁が発表しましたが、平成2010年に貸金業法が改正され、年収の3分の1を超える新たな借り入れが不可能になった為に、借り入れを行う人が減少したことで必然的に多重債務者自体も減少傾向にあります。

 


サラ金利用者1400万人。5件以上借入れ230万人。
自己破産18万4000人。経済生活苦による自殺7800人。
引用元:改正貸金業法関連資料(PDF形式:581KB)

多重債務者は、改正貸金業法の施行や多重債務問題改善プログラム等に基づく取組みにより、ピーク時の約 180 万人から約 12 万人79(2016 年3月)へと大きく減少している。
引用元:平成27事務年度金融レポート

しかし未だに政府の思惑通りには減少しておらず、多重債務者は地獄のような日々を送っているのが現状です。今回の記事ではそんな多重債務者について、そうならない為の知識として、また、多重債務に陥ってしまった際の解決法としてまとめていきましょう。
 

借金問題を弁護士や司法書士に依頼するメリット

  • 「生活が苦しく借金を減らしたい」
  • 「業者からの取り立てで精神的に追い込まれている」

そんな時は、弁護士や司法書士など借金問題の専門家に依頼することをオススメします。また専門家への依頼には、以下のようなメリットがあります。

  1. 貸金業者からの督促がストップする
  2. 借金を減額/整理するための適切な方法を提示してくれる
  3. 手続き上の書類作成などを代行してもらえる
  4. 過払い金があるかどうか調査してもらえる

【債務整理ナビ】では、お住まいの地域や相談内容から弁護士/司法書士を探すことができます。

相談料が無料の事務所も多数掲載していますので、まずは気軽に相談してみましょう!

 

 

 


 

多重債務者の特徴と現状

元多重債務者は「どれほど働けども借金が減らず、生きていることが地獄だった」と語ります。そんな生き地獄とも言える多重債務者の実態を以下に記述していきます。
 

多重債務者とはどういった状態の人か?

冒頭でも記述したように、多重債務者とは2社以上から多くの借金を抱えて金銭的に困窮している人のことを示しています。多重債務者は一般的な生活をしている人と比べると、経済力は比べものにならないほど低いと言えるでしょう。以下には、そんな多重債務者の実態をまとめました。
 

複数の金融機関から借り入れを行なっている

お伝えしたように、2社以上の金融機関から借り入れを行なっている人を多重債務者と言います。借入先が1社のみで収まらないということは、ひとつの金融機関の借り入れ上限を超えているほどの大きな借金をしているか、返済が滞っていることが考えられます。
 

金利を返すことで頭がいっぱい

多重債務者の多くは複数の金融機関に対する金利を返すことで精一杯になっていることが多いです。例えば、年利15%の金融機関3社から100万円をそれぞれ借りていたとしましょう。合計300万円です。
 
この場合、月の1社あたりの利息は1万2,500円です。3社合計で3万7,500円になります。利息だけで毎月3万7,500円を払わなくてはなりません。ここから別に借金の返済があります。しかし、金利を払うことにいっぱいいっぱいで借金を返せず、いつまでたっても借金が減りません。
 
【関連記事】
金利とは|利息や年利の計算方法とグレーゾーン金利への対策
 

返済のために他の金融機関からお金を借りる

金利しか払えない状態だと、借金は一向に返せませんので、しばらくすると金融機関から期限の利益喪失や差し押さえなどの通達が届きます。そうなってしまうと、困ってしまうので借金を返すために別の金融機関から新たな借り入れをしてしまいます。
 
結局、新たな借入先の借金を返せるはずもなく、雪だるま式に借金は膨らんでいきます。
 
【関連記事】
差し押さえにより起こりうるリスクとその対処法
期限の利益の仕組みと期限の利益を喪失した場合の対処法
 

闇金から借り入れを行なってしまう

後述しますが、金融機関からの借入額が大きくなると、「総量規制」によって正式な金融機関から借り入れができなくなります。また、1社でも返済が大幅に遅れ信用情報に載ってしまうと、こちらも金融機関から新たな借り入れができなくなります。
 
それでも多重債務者は、返済のためのお金が必要です。そして、ついには闇金と言われる違法な貸金業者から借り入れを行なってしまうのです。闇金業者は貸し付けのハードルは低いものの、法外な金利を取っていて、多重債務者をさらに苦しめます。
 
【関連記事】
総量規制とは|総量規制の概要と総量規制対象外
ブラックリストに載る理由と消し方|ブラックリストの全知識
 
▶闇金についてのコラム
闇金の全て|闇金の手口と絶対にお金を借りてはいけない理由
ソフト闇金とは|ソフト闇金の実態と巧妙な手口
090金融の手口と実態|被害を最小限に抑える方法
 

多重債務者になることで起こり得る社会的影響

上記の結果、多重債務者には以下のような社会的影響が及んでくると考えられます。
 

生活面への影響|十分な生活を送れない

まず、そもそもですが多重債務者は、給料日がきて給料が入ってもそれをすぐに借金の返済に充てる必要があります。したがって、食べたいものを食べたり、趣味にお金を費やしたりということが行えません。何よりも「借金返済」を第一にして動かねばならないので、徐々に人間としての楽しみが失われていきます。これは地味に精神的な負担になってきます。
 
【関連記事】
生活苦から抜け出す為に今日からできる生活の見直し方法
 

生活への影響|督促状や催促の通知が毎日のように来る

多重債務で借金返済が遅れると、督促・催告の通知が毎日のように届きます。催促や取り立てに関しては貸金業法によってある程度制限されていますが、それでも複数社から借り入れをしている多重債務者は、毎日のように催促されて精神的に疲弊していきます。
 
【関連記事】
借金の取り立てに対して債務者が取るべき3つの解決方法
 

家族への影響|家族に借金を知られ後ろめたさが増す

多重債務をしていることは極力周りには知られたくないと思いますが、毎日のように届く督促状などが原因で家族に知られることが多いです。多重債務をしていることで家族への後ろめたさが増してきます。
 
【関連記事】
親の借金は子供が返さなくて良い|親の借金を減らす方法
夫の借金が発覚する理由と夫の借金を確認したらやるべき事
 

仕事への影響|職場内での関係性も悪くなる

悪徳金融から借金をしてしまい、その取り立ての電話が自宅だけでなく職場にもかかってきた、というケースもあります。また、給料差し押さえをされても会社に借金が知られてしまいます。

会社にとっては迷惑になりますし、「借金を膨らませたけれど返済できていない人」という噂は社内にも広がり、人事担当の耳にも入ることになります。取り立ての電話のせいで会社をクビになった、という事例も存在するのです。
 
【関連記事】
給料差し押さえの実態と旧絵用差し押さえの正しい回避・対処法
闇金の取り立てから1秒でも早く解放されるためのたった1つの方法
 

精神面の影響|夜逃げや自殺を考えるようになった

このように精神的に追い詰められ、夜逃げ蒸発、果ては自殺を考えるようになってしまう人も大勢います。事実、経済問題(借金)は自殺の理由の第二位に位置しているとてもシビアな問題なのです。
 
【参考】
借金苦で自殺しても遺族は救われない|自殺せず解決する方法
 

多重債務者は減少傾向

このような多重債務者ですが、実は近年減少傾向にあります。もっとも大きい理由として、総量規制による貸し付けの制限です。

総量規制とは、2010年に設けられた貸金業法による貸し付けの制限で、借り入れをする人の年収の1/3以上の金額を貸し付けできなくなる制度です。総量規制によって2010年以降の多重債務者は減少していきました。
 
確かに正式な貸金業者からの多重債務者は減りましたが、一方でどこからも貸してもらえず、闇金に手を出してしまう人も出してしまったという背景があります。
 


このように多重債務に陥ってしまうと、悲惨な末路が待っています。すぐに借金問題解決のプロの相談してみることをおすすめします。借金の状況によっては、法的に借金を減額することも十分可能です。無料相談が可能な事務所がほとんどですので、以下から相談してみて下さい。

多重債務に陥る典型的なパターンと陥りやすい人の特徴

一体どのような経緯で多重債務に陥ってしまうのでしょうか?また、どのような人が多重債務者になりやすいのでしょうか?ここで解説していきましょう。
 

多重債務に陥るパターン

上記でご説明した、雪だるま式に借金が増えていく自転車操業型が多重債務者には多いのですが、その他にも別の要因で多重債務に陥る人がいます。
 

自転車操業型

理由はギャンブル、恋人への見栄、保証人になったなど様々ですが、キャッシングを繰り返すと返済額が増え、当然段々と月の返済が困難になります。
 
そうすると徐々に返済が滞り、延滞すると催促の連絡が入るようになり、手持ちのお金では返済できない場合やむを得ず返済のための借り入れをまた新たに行うようになってしまいます。このように、借金の返済を借金でまかなうような状態のことを自転車操業状態と言います。
 

リストラ・生活苦

突然のリストラや給料減額などにより収入が減ってしまい、生活費の足しにとキャッシングすると、返済や借り入れが困難になります。非常事態で一時的にキャッシングするだけならやむを得ませんが、根本的な改善をせずその場しのぎが継続して行われるようになると前述した自転車操業状態にまで発展してしまいます。
 

第三者からの被害型

名義貸しをしてしまったり、他人の保証人になってしまったり、第三者の借金のために多重債務に陥るケースも少なからず存在しています。
 

悪徳金融被害型

悪徳業者は、どうしてもお金が欲しい人の心をくすぐるような謳い文句で多重債務者を惹きつけ、違法な金利での貸付を行います。俗に闇金(やみきん)、ソフト闇金などと言われており、手を出してしまうと借金が一気に膨れ上がってしまいます。
 

多重債務に陥りやすい人の特徴

このように非常に恐ろしい末路が待っている多重債務者ですが、どのような人が多重債務者に陥りやすいのでしょうか。当てはまる項目があれば、少し考え方を変えてみてもいいかもしれません。
 

自制心が弱い人

自制心とは、自分をコントロールすることですが、自制心が弱い人は多重債務に陥りやすい傾向にあります。例えば、会社で嫌なことがあるとすぐに転職を繰り返したり、お金が無いのに趣味やギャンブルに浪費をしてしまったりしてしまいます。
 
「〇〇ができたら趣味にお金を使う」「毎月1万円は必ず貯金に回す」などと、一度自分に対してルールを作ってみると徐々に自制心が強くなっていけます。
 

目先の行動を起こしてしまう楽天的な人

ついつい目先の行動を起こしてしまう人も多重債務に陥りやすい傾向にあります。金融機関からの借り入れなどはまさにそれで、お金を借りることでこの先どうなるかを考えずに借りてしまう人が多いのではないでしょうか。
 
行動を起こす前に、この行動を起こすことでどうなるのかを客観的にとらえる癖をつけていくことで、多重債務をすることがどれほど苦しい事かが分かってくるでしょう。
 

逃げ癖がある人

上記と関連していますが、辛いことがあると逃げる癖がある方も多重債務に陥りやすいです。多重債務で最も多い、自転車操業型の人は、目先の借金から逃げるために他から借り入れをしてしまいます。
 
逃げる前に、長期的にどのような解決策を取っていくことが最善なのかを考える癖をつけることで、安易に目先の金融機関から借り入れを繰り返すことは少なくなってくるでしょう。
 

人とのコミュニケーションが苦手な人

人とのコミュニケーションが苦手だと、借金問題などの人に話したくない内容は自分一人で抱えてしまいます。結果的に、借金は膨れ上がりどうしようもできない状況に陥ってしまう人も多いです。
 
借金問題などの辛い問題は、一人で抱え込まずに家族や友人に対して心を開いてみて下さい。もしかしたら、別の角度で解決方法を提案してくれることもあるでしょう。
 


すでに多重債務に陥っている方は、自分だけの力で挽回は難しいと言えます。一度借金問題解決のプロに相談してみて下さい。法的に借金を減らしていく方法があるかもしれません。無料相談が可能な事務所がほとんどですので、以下から相談してみて下さい。
 

 

 

多重債務を抱えていてもお金を借りたい場合

精神衛生上良くない、悪徳業者に狙われるなど、多重債務者が抱えるリスクに関しては前述した通りです。それでもどうしてもお金を借りたい場合、一体どのようにしたら良いのでしょうか?以下にまとめました。
 

基本的にはどこも貸してくれない

借りたお金の返済が不履行になったり、延滞してしまったりすると、個人信用情報センターのブラック情報に登録されてしまいます。一度登録されてしまうと、最低でも5年間は抹消されませんので、その間、消費者金融などの金融機関ではお金を借りることが出来ません。また、上記でご説明した総量規制によって借り入れができないケースもあります。
 

闇金からの借り入れには注意

通常の金融機関からは借り入れはできませんが、それを狙って違法な金融機関が貸し付けをして来ようとします。確かにどこからもお金を借りれない状況からしてみればありがたい存在かもしれませんが、よくよく考えると法外な金利であなたの財政はさらに蝕まれてしまいます。
 
上記で、逃げ癖がある方は多重債務に陥りやすいと述べましたが、目先の借金返済が苦しくても絶対に闇金に手を出さないようにして下さい。度々申していますが、借金返済の専門家にすぐに相談することをおすすめします。
 

おまとめローンなら可能性はゼロではない

債務を一本化するおまとめローンという手段であれば、無担保では主に銀行や信用金庫、有担保ではその他金融機関が提供しており、可能性は高くはないですが0%ではありません。借り入れ件数を少しでも減らせれば、金利も安くなりますし毎月の返済も楽になります。
  
≪おまとめローンの主な提供会社≫
 
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・オリックス
・アコム
・イオン銀行
・楽天銀行
 

おまとめローンの選定基準

毎月の利息分を軽くすることで返済を楽にすることが、おまとめローンを利用する目的なので、せっかく借り入れ先を一本に絞っても金利が今より高くては意味がありません。必ず、金利が今よりも安くなるか否かをチェックしましょう。
 

デメリットも多いので利用には注意

返済先を一本に絞れる、金利が安くなるといったメリットがある反面、
 
・総債務額が増える
・利用後に過払い金請求ができなくなる
・金利が安くならないケースもある
 
上記のようなデメリットもあります。
 
【関連記事】
おまとめローンのデメリットとキャッシング一本化のリスク
 


結論を言うと、多重債務者が新たに借り入れを行なうことは難しいと言えます。それでも借金の催促は待ってくれません。今ある借金を減らす為に借金問題解決の専門家に相談してみましょう。無料相談が可能な事務所がほとんどですので、まずは相談してみて下さい。
 

 

 

 

多重債務者となった人が債務整理で借金を解決する方法

違法業者からお金を借りて一時的に返済を行ってもその場しのぎで自分の首を絞めるだけであり、おまとめローンを利用しても返済義務がなくなるわけではありません。一番の策はやはり【法的に解決に借金問題を解決に向かわせること】でしょう。それこそが債務整理です。詳細を以下にまとめていきましょう。
 

過払い金請求

過去(2010年の改正貸金業法施行前)に払い過ぎていた利息の返還請求を行うことが出来る制度です。ただし、誰でも過払い金の請求ができるわけではありません。当時高い金利でお金を貸していた消費者金融、カード会社から借り入れを行っていた人が対象となります。
 
▶「過払い金請求|メリットや返還請求方法・専門家選びの全知識
 

任意整理

任意整理とは、裁判所を通さずに債務者(借金をしている人)と債権者(お金を貸した人)が法律に基づいて話し合いをして、和解を進めていく方法です。この任意整理を専門家に依頼することで、本人の代わりに交渉、借金の減額手続きを全て行ってもらえます。

裁判所を通さないので、借金の原因は結果には影響しません。手続きをする債権者を選べる反面、借金を減額した債権者を一件ずつ交渉しなければいけないため手続きが非常に面倒です。
 
任意整理の場合ほとんど減らないケースもあれば、上手くいけば借金がゼロになることもあります。また、場合によっては、お金が戻ってくるケースもあります。かなり振れ幅が大きいのが任意整理の特徴です。
 
▶「任意整理を有利に進めるために知っておきたい6つのこと
 

個人再生

住宅ローンを除く借金の総額が5,000万円以下の債務者が、借金の20%(最低100万円)を3年で分割返済をすると、残りの80%は免除される、という制度です。借金に悩まされている人の再生を図るという観点から、個人再生と呼ばれています。

また、個人再生の手続きは借金を減らすだけでなく、住宅を守ることが出来るという特徴があります。裁判所を介して、借金の減額を行い残りの返済額を返済する計画を立てるための手続きです。(返済期間は3年)任意整理と比べ、借金を大幅に減額することができます。
 
▶「個人再生で借金を大幅に減らす手順と失敗しない為の注意点
 

自己破産

自己破産とは、所有している財産(持ち家や車等)を処分しても返済のメドが立たないことを裁判所に認めてもらい、借金をゼロにしてもらう制度であり、借金返済がどうしても困難なときに利用する最終手段です。

自己破産をした場合には、官報(国が発行している新聞)に氏名が掲載され、数年間は自動融資カードローンを含むローン全般やクレジットカード、及びカードによるキャッシングが利用できなくなります。

自己破産のデメリットに関してはしっかりと把握しておいた方が良いでしょう。
▶「自己破産とは|自己破産の方法と破産後の生活完全ガイド
 

自分に合った債務整理選びの判断基準

債務整理による損得は、債務者の返済能力に依存します。以下を目安に検討しつつ、一番確実なのは法律の専門家に相談することでしょう。
 

2010年までに借り入れを行っていた場合の解決法:過払い金請求

定期的な収入がある場合の解決法:個人再生

裁判所を通さずに解決したい場合の解決法:任意整理

定期的な収入がない場合の解決法:自己破産

 

債務整理のどのような効果があり、どのようなメリット・デメリットがあるのかをより詳しく知りたい方は以下のコラムもご覧いただければと思います。

【関連記事】
債務整理とは|債務整理の4つの方法とメリットとデメリット
 


実際にどの債務整理が自分に合っているのかを詳しく知りたい方は、債務整理の専門家に直接相談することをおすすめします。借り入れ状況などを簡単に伝えることで、明確な答えが得られるでしょう。無料相談が可能な事務所がほとんどですので、以下から相談してみて下さい。
 

 

 

 

まとめ

最終段階に来た多重債務者はホームレスになり、哀れな末路を迎えると言われています。そうならない為にも、もし今現在借り入れ先が2社以上あり火の車状態なのであれば、一刻も早く債務整理を行うことを検討しましょう。

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

借金問題に関する新着コラム

借金問題に関する人気のコラム


借金問題コラム一覧へ戻る