借金で悩む女性の体験談|収入を増やす前に債務整理すべき理由

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
Pixta_26878407_s

 

いつの間にか膨らんだ借金が返済できない…

リボ払いの返済をしているが、残高が一向に減らない…

返済しても減らない借金に不安を抱えていませんか
? 近年では様々な事情から借金を抱えてしまう女性も少なくありません。

 

借金は、現在返済できていたとしても、できるだけ早く完済してしまうことがベストです。また、普段通りの日常を送りながら借金を返済することも可能です

 

ここでは借金問題を放置することによって発生するリスクと解決方法について、簡単にご紹介いたします。

 

誰にも言えない借金でお悩みのあなたへ

女性の借金は特に、誰にも相談できる一人で抱え込んでしまうケースがほとんどです。

つらい借金は、債務整理で解決できます。まず早い段階で弁護士司法書士といった借金問題の解決が得意な専門家に依頼することが解決への近道です

 

専門家への依頼では、以下のようなことが望めます。

  1. 業者との関係を断ち切れる
  2. 催促・取り立てを最短即日で止められる
  3. あなたに最適な債務整理を提案してくれる
  4. 過払い金が見つかる可能性がある
  5. 将来分の利息をカットできる
  6. 返済計画を一緒に考えてくれる

借金原因は問いません。ひとりで悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。

 

無料相談できるの弁護士・司法書士一覧

休日・19時以降の相談に対応できる事務所を多数掲載!

※相談=依頼ではありません

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【実録】借金に悩んだ女性の体験談|借金しやすいのはこんな人

ここでは、借金を抱えてしまい、悩んだ女性の体験談を紹介します。また、借金をしやすい女性の特徴をご紹介します。

【体験談】買い物依存症で借金地獄に…

どこにでもいる主婦である私が借金を抱えた原因は、ストレスからの買い物依存症でした

 

きっかけは結婚していない友人たちが自由におしゃれしたり、旅行したりするのがうらやましくて、生活費からこっそり洋服を買ってしまったことです。

 

 

それから衝動買いをしたり、飲み会に参加したり、歯止めが利かなくなってしまい、とうとうカードローンに手を出してしまいました。簡単にお金が引き出せるので、罪悪感もな繰り返してしまい、気づいたら返済できないほどの金額に…

 

最後は夫に気づかれて、協力の元返済を浪費を辞め、生活を切り詰めながら返済しています。

【体験談】生活苦からの借り入れで抜け出せない借金ループに…

私の借金の原因は生活費の補てんでした

 

低収入や子供の養育費から、毎月生活費が苦しく、返せるだろうと思いカードローンに手を出してしまったのです。家のローンもあり、返済できず「返済のために借金をする」という借金ループに…

 

気付いたら2,000万円近くまで膨れていて、債務整理で300万円まで減らすことに成功しましたが…。

借金しやすい女性の特徴とは?

借金をしてしまう人聞くと、計画性がなくだらしのない人というイメージを思うかもしれません。しかし、必ずそのような人とは限りません。

 

 

真面目で責任感の強い人が、「生活が苦しいけど親に頼りたくない」という気持ちからカードローンなどに手を出してしまう人もいます。

 

また、体験談のようにストレスから買い物依存症になってしまい、借金をしてしまう人も女性では特に珍しくありません。

 

ただし傾向としては、派手好き・見栄っ張り・ストレスが溜まりやすい・周囲に頼れる人がいないといった特徴が挙げられます。

 

借金を放置する3つのリスク

返済の目途が立っていない借金があるにも関わらず、そのまま放置しておくのは危険です。

 

まだ返済できるし…」「債務整理するとカードが使えなくなる」と放置するとどうなるのか、3つのリスクについてご紹介します。

1:利息で借金はどんどん増えて行く

借金の恐ろしい部分は、いくら借りたのかという点ではありません。実際の問題は、「利息」にあるのです。

 

もし、年率15%で100万円を借りたとした場合、1年後には100万円の借金がいくらになっているでしょうか。正解は115万円です

 

つまり、放置していると最初に借りた金額より多く返済しなくてはなりません。これによって、初めに借りた金額がドンドン膨らんでいき、ついには借金返済のために借金をするような状況に陥ってしまう人も多くいます。

2:夫にバレる機会が多くなる

借金の返済を滞ってしまった場合、はじめてのことであれば金融業者も債務者本人へ電話する程度で済みます。

 

しかし、連絡がつかなくなったり、常習的に返済が滞るようになれば、自宅に連絡がきたり、借金返済を求める郵便物が送付されたりするようになります。

 

これによって、内緒にしていた借金問題を夫や両親に知られてしまったというケースが少なくありません。キチンとした対応をとっていれば、周囲の人に気づかれず問題を解決することができたと考えると、借金を放置することに何のメリットも無いということを理解いただけるかと思います。

3:精神的な負担になっていく

問題を解決せず、放置し続けるということは、一時的にストレスから解放されますが、結果的には自分の首を自分で締めることになります

 

いつ借金のことをパートナーや両親に知られてしまうのか分からないという恐怖感、返済しなければならないと頭では分かっていても現実的にどうしようもないという焦りにも似た感情、こうした思いは非常に大きな精神的な負担となります。

 

収入を増やす前に債務整理を検討すべき理由

借金返済するために、バイトを掛け持ちして稼ぐ」などとにかくお金を稼ぐことに必死になってしまう人もいますが、それでは肉体的な負担が多くなってしまいます。

 

無理なく借金を返済するのであれば、まず債務整理することがおすすめです。ここでは、債務整理を検討すべき理由についてご紹介します。

根本的な借金問題解決には債務整理が最適だから

収入がいくらあっても利息が増えるのは止まらないため、一括で返済できるようなお金を稼がない限り、根本的な問題解決には至りません

 

だからこそ、債務整理を利用することで問題解決を図ることこそが、いまの悩みから脱出できる最善の方法といえます。債務整理とは、債権者と直接交渉をしたり、裁判所での手続きを通して借金を減額・免除して貰ったりする行為です

 

借金の負担を軽くする方法として「おまとめローン」をはじめとした借金の一本化をよく聞きますが、結局は一括されて大きく膨らんだ元本について利息を払い続けなければなりません。そのため、このような方法も根本的に借金問題を解決したとはいえないでしょう。

 

一方、債務整理を行えば、任意整理の場合は利息の返済がカットなどが期待できますし、法的整理の場合は利息だけでなく債務元金そのものが大幅に圧縮されることが期待できます(破産の場合は免責されて借金自体がなくなります。)。

債務整理は収入や性別に関係無く利用できる

当然のことですが、債務整理は女性だから利用できないといったことは一切ありません。性別に関係なく、借金に困った人であれば誰もが行えます。

 

債務整理の具体的な方法としては、任意整理・個人再生・自己破産などが挙げられます。任意整理は債権者との直接交渉、個人再生・自己破産は裁判所で行う法的手続です。

基本的に周囲に知られることがない

債務整理を行ったことを周囲の人に知られることは基本ありません

また、弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば、金融機関や裁判所から自宅に郵便物が届くことはなくなりますし、電話がかかってくるということもありません。

専門家を通して行えば、取り立てを止めることができる

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すれば、債権者からの取立はなくなります。弁護士などの専門家は依頼を受けた時点で、金融業者に対して「受任通知書」という文書を送付します。

 

同通知を送付された金融業者は、以後、本人に対して直接的な取立行為ができなくなります。取立を止めることができるのも、債務整理のメリットです。

返済の見通しを立てることができる

次の返済日までに利息分だけでも支払えるかどうかで悩んでいる状態で、返済の見通しを立てることは非常に困難です。だからこそ、債務整理を行うことで利息返済という悩みから解放され、返済の見通しを立てることが可能になるのです

 

実際、任意整理や個人再生を行う場合は、借金をいくら減らすかという話だけではなく、どういった返済計画を履行していくのかが焦点となります。

 

こうした話ができるのも、債務整理をしているからに他なりません。少しでも返済できるという将来を見据えた方が、精神的にも楽になることができます。

 

債務整理するまでの流れ

債務整理の流れは一般的に、以下のような流れで進みます。

1:お近くの弁護士・司法書士を探す

借金問題は周囲に打ち明けにくく、一人で悩みを抱えてしまいがちですが、それは精神に大きな負担をかけてしまっています。そのような悩みこそ、秘密を厳守してくれる弁護士・司法書士に相談しましょう。

 

また、債務整理の手続きには法律の専門知識や債権者との交渉を乗り切るだけのノウハウを持ち合わせておく必要があるため、債務者本人の独力だけでは難しい場面が多々あります。だからこそ、債務整理を検討する際は専門家に相談することがおすすめしています。

2:電話・メールで相談する

直接、弁護士や司法書士に連絡することが躊躇われるという場合には、まずメールで問い合わせてみましょう。その時の対応の仕方などによって、相談するべきかどうなのか、信頼できるのかをチェックしてみると良いでしょう。

 

問い合わせた際、具体的にいくら借金があるのか、いつから借入をしているのか、現在の収入はいくらほどなのかを問われる場合があります。その場合に備えて、事前に受け答えができるよう、準備をしておくと良いでしょう。

 

3:事務所を訪問して本格的な相談をする

本格的な相談は、実際に事務所を訪問して行うことが重要です。事務所にて直接相談を行う際には、詳細な資料を見ながら話を聞くことができますし、これからどういった方法で借金問題を解決していくのかイメージすることが簡単にできます。また、電話やメールでは発生しがちなコミュニケーションの齟齬を防止することも可能です。

 

4:依頼する

直接、顔と顔を突き合わせて話をした結果、この先生なら信頼できると確信を持てた場合、そのまま依頼へとプロセスは進行します。そして、弁護士や司法書士は依頼を受けた時点で「受任通知書」を金融業者らに向けて送付するため、以後の取立行為は一切ストップします。

 

依頼にあたっては、今後どのような手続きをとっていくのか、その日取りや費用の面を詳細に詰めていくことになります。

 

債務整理に不安を感じている方へ

費用以外にも債務整理にさまざま不安を感じているかと思います。なかなか踏み出しにくいでしょう。そんな人はまず、女性によくある質問を確認しましょう。

 

よくある質問を確認する≫

 

まとめ

借金の返済が苦しいと感じたら、我慢してはいけません。すぐに弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。早期の段階であれば、周囲に借金の存在を知られることなく、平穏に問題を解決できる可能性があります。

 

しかし、もし借金をそのまま放置してしまうと、雪だるま式に増え続ける利息によって、膨大な金額の借金を背負うことになってしまいます。そうなると、選択できる債務整理の方法も限られてきてしまいます。

 

精神的、肉体的な負担から解放されるためにも、まずはお近くの弁護士・司法書士にご相談ください。一人で悩みを抱え込むのではなく、問題の根本的な解決を目指していきましょう。

 

誰にも言えない借金でお悩みのあなたへ

女性の借金は特に、誰にも相談できる一人で抱え込んでしまうケースがほとんどです。

つらい借金は、債務整理で解決できます。まず早い段階で弁護士司法書士といった借金問題の解決が得意な専門家に依頼することが解決への近道です

 

専門家への依頼では、以下のようなことが望めます。

  1. 業者との関係を断ち切れる
  2. 催促・取り立てを最短即日で止められる
  3. あなたに最適な債務整理を提案してくれる
  4. 過払い金が見つかる可能性がある
  5. 将来分の利息をカットできる
  6. 返済計画を一緒に考えてくれる

借金原因は問いません。ひとりで悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。

 

無料相談できるの弁護士・司法書士一覧

休日・19時以降の相談に対応できる事務所を多数掲載!

※相談=依頼ではありません

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
借金問題に関する人気コラム
借金問題に関する新着コラム
  • 借金が200万を超える場合、完済のためには計画立てた上で返済手続きを進める必要があります。しかし、なかには自力完済が困難なケースもあり、そのような場合は債務整理などにて負担軽減できます。この記事では、借金が200万ある場合に取るべき対応を解説します。
  • ご自身もしくは家族・恋人に2000万円の借金があっても悲観することはありません。正しい手続きを踏むことで、計画的に借金を返すことも夢ではないのです。この記事では、借金2000万円を返済する2つの方法についてご紹介します。
  • 自分の都合で作ってしまった借金は、家族に言えないものです。しかし、そのような借金を放置しておくと、家族関係にヒビが入ってしまったり離婚のきっかけになったりします。しかしご安心ください。家族に言えないままでも、借金問題を解決できる可能性があります。
  • 借金問題は早いうちに対処しておかなければ、家庭崩壊へと繋がる危険性もあります。自力での完済が難しい場合は、速やかに債務整理を行うのが良いでしょう。この記事では、「自分の借金で家庭が崩壊しそう」「家族の借金で家庭が崩壊しそう」な場合にできることをご紹介します。