買い物依存症になる原因と対処法|依存症の借金を減らす方法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
%e8%b2%b7%e3%81%84%e7%89%a9%e4%be%9d%e5%ad%98%e7%97%87%e3%81%bf   %e8%87%aa%e5%8b%95%e4%bf%9d%e5%ad%98%e6%b8%88%e3%81%bf

「買い物がやめられず、お金がないにも関わらずカードを切ってしまった」

「借金をしても買い物がやめられない」

 

このような事に該当する人は買い物依存症かもしれません。この記事では買い物依存症になってしまった人ができる対処法や、借金を作ってしまった人の解決法をご紹介します。

買い物依存症の診断チェック

まずは、自分がどのくらい買い物依存症の特徴に該当するのか、チェックしましょう。『買い物依存症チェックリスト』を用意しましたので以下の11項目に◯か☓で答えてみてください。

 

  1. 不安なことやイライラ感が募ると、買い物で解消する
  2. 人が持っている旬なアイテムを見ると自分もすぐに欲しくなる
  3. ウィンドウショッピングのつもりがウィンドウショッピングにならない(買ってしまう)
  4. 店員の待遇の良さが快感になっている
  5. いい物を人よりも安く買うことができた時に快感を覚える
  6. クレジットカードを必要以上に持っている
  7. ポイントが貯まるからといってクレジットカードを使うことが多い
  8. 一日でも買い物をしなかった日がない
  9. 買うだけ買って後悔することが多い
  10. これを読んでいる今も「あれが欲しい」と考えている
  11. 部屋に不要なものが散らかっている

 

上記11項目の中で

 

  • 【◯が7個以上】既に買い物依存症に近い状態であると言えます。

  • 【◯が3個~6個】いつ買い物依存のスイッチが入ってもおかしくありません。

  • 【◯が0個~2個】現時点では計画的に買い物が行えていると言えます。

 

買い物が好きという人と、買い物依存症は全くの別物です。

買い物好きの人は、目的のものを買うために何かを我慢してお金を蓄えて買っている一方、買い物依存症の人の場合は、何かを我慢しているわけではなく、ほしいものをその時の欲求だけで買ってしまって、不安や寂しさやイライラなどの精神的ストレスを抑える状態になってしまっているのです。

 

買い物依存症に陥る原因

買い物依存症を治療する方法を考えるためには、その前に買い物依存症に陥る原因を知る事が必要です。そこで、まずは一般的にどうして買い物依存症になってしまうのかその原因を探っていきます。

 

ストレスがたまりやすい社会傾向

ストレスの多い日本社会と言われておりますが、実は買い物依存症とストレスの関係性は非常に高く、ストレスを溜め込む人ほど、ストレスのはけ口として買い物に走りがちです。ITの発展により、現代社会人に求められる水準は引き上がり、その割に真面目に働いても報酬が満足いかないということが多々あります。

 

人口はそれほど増えていないにも関わらず、世界経済の一旦を担う経済大国として、ひと昔前の何百倍もの生産性を求められているわけですから、ストレス耐性のない人にとっては辛い世の中であると感じることも多々あるでしょう。

 

クレジットカード、キャッシングの利便性の上昇

クレジットカードやキャッシングは、以前よりも付加価値が増え、各社が競争のために様々なメリットを前に出してきています。また、利用者は「お金を使っている」という認識が現金に比べると低くなってしまいます。

 

結果、各会社のサービスの特徴にあわせて数枚所持するというスタイルが普及してきており、手持ちがなくても支払える環境が整いやすい状態であると言えます。上手に使えば大変便利なアイテムも、使い方を間違え乱用すると後悔のもととなってしまいます。

 

インターネットの発達で買い物が便利になった

クレジットカードと関連して、買い物が便利になったことが買い物依存症を助長している原因とも考えられます。特に、インターネットでの買い物は近年著しく発展し、当たり前になってきました。

 

インターネットで、何回かクリックをして、口座情報やクレジット情報を入力すれば、家にいながら簡単に買い物ができてしまいます。ネットサーフィンでかわいい物やカッコいいものを見つけたらそのまま購入カートに進みやすいように各サイトは設計されています。

 

買い物依存症が原因で作った借金を返済する手引き

買い物でできてしまった借金を返済するのに、周囲に頼るのは心情的に難しいかと思います。ここでは、自身で確実に借金を返済するための手引きを紹介します。

 

金利に注目して賢く返済する

例えば現在、「クレジットカードのキャッシングローン30万円」「自動車ローン100万円」「住宅ローン3000万円」の3つの借金があるとします。そして、ボーナス100万円が入ってきました。(現在ボーナス払いにしている買い物はなく、何に使っても良いお金とします。)

さて、上記3つのうちどれから返済していくでしょうか?

  • キャッシングローンを全額返済して、残り70万円を自動車ローンにあてる

  • 自動車ローンを全額返済して終わらせる

  • 住宅ローンの一部の返済にあてる

 

ここで注目すべきは、各金額ではなく金利です。およそ、住宅ローンは金利3%、自動車ローンは5%、キャッシングローンの金利は15%くらいです。この場合、まず金利の一番高いキャッシングローンを全額返済するのが最も賢い選択です。

 

ちょうど100万円で全額返済できるという理由から、②の自動車ローンを選択してしまいがちですが、15%という高い金利のついた借金をできるだけ早く完済し、本来払うはずだった15%の金利をなくすことのほうが大切です。

 

買い物依存症が原因で作った借金を返済する債務整理法3つ

任意整理(にんいせいり)

業者との話し合いによって、将来分の利息をカットしたり毎月の返済額を調整したり、無理のない返済を実現させるための手続きです。

 

債務整理の中で最も簡易的で周囲に一番バレずらく、制約もほとんどありません。収入があり、最長5年(60回)で借金を分割した場合に返済できる人が利用できます。

 

 

個人再生(こじんさいせい)

裁判所に今後の返済計画を提出し、認めてもらうことで、借金の総額を最大90%減額できる手続きです。その後、3年で返済することを求められますので、継続的な収入がある人が利用できます。

 

 

自己破産(じこはさん)

財産を借金返済にあて、それでも返済できなかった部分に関して、返済義務を失くすことができる手続きです。収入がない、返済できる見込みがまったくない人が利用できます。

 

一定の財産は残せますが、家や車を残すことはほとんどできませんので、ご注意ください。

債務整理に不安を感じている方へ

費用以外にも債務整理にさまざま不安を感じているかと思います。なかなか踏み出しにくいでしょう。そんな人はまず、女性によくある質問を確認しましょう。

 

よくある質問を確認する≫

 

買い物依存症に陥りやすい人の特徴

買い物がしやすい世の中になったことが、買い物依存症の人を増やしている原因ではありますが、買い物依存症になりやすい人とそうでない人の違いがあります。では、どのような人が買い物依存症になりやすいのでしょうか?

 

女性が買い物依存症になりやすい

まず大前提として、女性が買い物依存症になりやすい傾向にあります。買い物依存症ではないにせよ、趣味が「ショッピング」という女性は多く、上記の原因で買い物依存症に陥ってしまうようなケースもあります。

 

一方でパチンコや競馬などのギャンブル依存症には、男性の割合が多くなっています。

 

真面目すぎる性格

買い物依存症になる原因の多くが精神的な問題から起因していて、買い物依存症になりやすい人の特徴として責任感が強く真面目な人が挙げられます。うつ病になる人、自殺をする人に真面目な性格の人が多いですが、その性格が仇となり自分の本心をあまり口に出すことができないでしょう。

 

周りに辛い顔を見せられない分、買い物へ依存することで少しでも鬱憤を解消しようとするのです。

 

虚栄心が人一倍強い

また、買い物依存症になりやすい人の特徴として、劣等感が強く虚栄心が強い傾向があります。つい周りによく見られたいと思うため、ブランド物のカバンや洋服や高級車など、自分の身の丈に合わないものでも無理して買い物してしまいがちです。

 

自分に自信がない

そして、買い物依存症になる人の多くが自分に自信がありません。自分に自信がない人の多くが、周りの顔色を見ることが癖になっておりますが、知らず知らずの内に満たされない孤独を抱えております。少しでも寂しさを埋めるために、買い物へ依存してしまうのです。

債務整理に不安を感じている方へ

費用以外にも債務整理にさまざま不安を感じているかと思います。なかなか踏み出しにくいでしょう。そんな人はまず、女性によくある質問を確認しましょう。

 

よくある質問を確認する≫

 

買い物依存症を克服するための治療法・改善方法 

このように誰にでも起こり得る買い物依存症ですが、“依存症”とあるだけあって、放っていても勝手に治るものでもありません。

 

改善方法などをまとめたので、参考にしてみてください。

 

家計簿を作成する

買い物依存症を自力で克服できそうな方にはまず、家計簿をつける習慣を身に着けることをお勧めします。買い物依存症の方には、どれだけお金を使っているのか把握されていない方が多いです。それを知るためにもまずは家計簿をつけることがおすすめです。

 

お金を貯める癖をつける

買い物依存症の方は、余ったお金があっても買い物に使ってしまいます。「余ったお金なんだから自由に使っていいじゃん」と思いますが、買い物依存症はどんどんエスカレートすることもあります。まずは毎月少しでもいいので貯金をしていく癖をつけましょう。

 

定期預金を利用する

でも、どうしてもお金を貯める自信がない方は定期預金を利用してみましょう。定期預金とは、一度、貯金したお金を一定期間、引き落とすことができない貯金制度であり、貯金が苦手な人が貯金をする上で最適な制度です。

 

クレジットカードを使わない

クレジットカードなどで買い物が多い方は、思い切ってクレジットカードを使わなくすることも対策の一つです。クレジットカードはどうしても利用額がわからず、上限以内であればいくらでも使えてしまうため、買い物依存症に陥りやすくなっています。買い物依存症の種をつぶしていくことも大事です

 

ストレスのはけ口を見つける

買い物依存症を克服するためには、なるべくストレスを抱えこまないよう買い物以外でのストレス解消法を探す必要があります。

 

自律神経を整える

ストレスを増やさないためにも、ストレスに対する免疫を作るべきであり、まずは自律神経を整えることです。自律神経を整える方法としては、規則正しい生活を送ることと、栄養バランスが取れた食事を心がけることがよくあげられます。

しかしながら、人によっては仕事の都合でなかなか実現できない人もいると思いますが、そういった人はなるべく質の良い睡眠を取れるように工夫しましょう。

質の良い睡眠を取るためには、血液の循環を良くすることですが、そのためにはヨガやストレッチを習慣にする、日頃から湯船につかるようにする、また首、手首、足首は冷やさないようにすることをオススメします。

 

日記やブログを作成する

またストレスを抱え込まないことと同時に、ストレスのはけ口を見つけることも大切です。趣味に没頭することをオススメする方も多いですが、そう簡単に没頭できる趣味は見つかるものではありません。

そのため、日記やブログをまずは作成してみることをオススメします。記事の内容としては、現在、自分が感じていることをありのままに書いてみてください。感情を文字に起こすだけでも、自分自身へのカウンセリングになるのでストレスを軽減させる上でも効果的です。

 

インターネットでショッピングページを開かない

最近はネットショップの品揃えが豊富で、インターネットで買えないものはないと言っても過言ではありません。これまでの検索履歴から関連商品を表示してくる広告もとても多いです。

ネットオークションに至っても、本来の価格よりも低価格で購入できる嬉しさや、競り落とせるかどうかのスリルが快感となり、普通の買い物よりも依存しやすいという特徴があります。

極論ですが、そういったページを「見ない」ことで買い物をしてしまう衝動は抑えられます。新商品などへの好奇心、購買意欲を視覚からシャットアウトすることはとても有効です。

 

買うものを極端に我慢しなくても良い

またいくら買い物依存症の方は生活水準を下げるべきだといっても、倹約のし過ぎは、精神衛生上よくありません。節約や貯金を長続きさせるためにも、本来の意味で買い物依存症を克服するためにも適度に買い物を楽しむことは必要です。

もちろん使いすぎは良くないので、お金は、価値のあるものやサービスに対してはしっかりと使い、価値のないものやサービスに対しては使わない、というルールを設けましょう。具体的には、普段使うお金の使いかたによって「投資」と「消費」と「浪費」の3種類に分けます。

 

  • 買ったものが、払った以上の価値がある=投資

  • 買ったものが、払った額と同じ価値がある=消費

  • 買ったものが、払った額以下の価値しかない=浪費

 

お金の「浪費」を減らし、「投資」を増やすことを意識して買い物することが大切です。例えば、同じ洋服でも買ったのにタンスに眠りっぱなしならば「浪費」です。でも、仮にその洋服を着て素敵な男性に「今日の服かわいいね」なんて言われれば、嬉しい気持ちを手に入れたという価値があります。

買ったものをきちんと使って価値を見出せるのであればそれは「投資」「消費」でしょう。

 

カウンセリングを受ける

買い物依存症は、精神疾患の一つでもありますので、専門家に任せることが一番です。どこにカウンセリングを受けに行くかというと、「精神科」や「心療内科」の医療機関です。

 

また、保健所でも依存症に関する相談を受け付けています。どこの病院に頼ればよいのかわからない人や、「買い物依存症かな?」と不安を感じた人におすすめです。

 

債務整理で借金を大幅に減額できる可能性があります。

債務整理とは、借金返済を続けるのが難しい方のための、法律で認められた救済制度です。

消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのリボ払いなどの借金を大幅に減額することができます。

実際に借金はいくらぐらい減る?

実際に支払いがどのぐらい減るのかというと
例えば、金利18%で150万円を借りていて、毎月4万円を返済している場合

 

【減額前】
月々の返済額:4万円
利息を含む総返済額:217万円
※小額でも追加で借入した場合、総返済額はもっと増えます。

 

【減額後】
月々の返済額:2.5万円
利息を含む総返済額:150万円

 

月々の返済額は1.5万円、総返済額は67万円も減らすことができます。

 

ちなみに、上で紹介した【減額前】の利息を含む総返済額217万円は、毎月きっちり返済して、追加での借入を一切行わない場合の金額です。

 

毎月返済しながらも、ついついお金が足りなくなって、少ない金額でも追加で借りてしまうことがありませんか?

 

その場合は、完済までもっとお金がかかりますし、そもそも完済できずに利息を払い続けるなんてことになりかねないので、減額できる金額(利息分)はもっと増えます。

 

債務整理にもいくつか種類がある

債務整理にもいくつか方法があって、上の減額例は『任意整理』という方法を利用した場合の例です。

 

『任意整理』は、あなたの代わりに弁護士や司法書士が金融期間と交渉して、今後支払う利息をカットして、元本の金額だけを返済できるようにする手続きです。交渉によっては利息だけでなく、元本の金額の一部を減額してもらえることもあります。

 

『任意整理』の他にも、収入が大きく減ったり、働けなくなった方には、借金の総額を8割ほど減らせる『個人再生』借金をゼロにする『自己破産』等の方法もあります。

 

どの方法でも弁護士や司法書士があなたの代わりに手続きをしてくれるので、面倒な手間や複雑な手続きはありません。

 

あなたの状況に応じて、ベストな方法を選ぶ必要があります。自分で判断するのは難しいと思いますので、債務整理・借金問題が得意な弁護士・司法書士に相談して、あなたに最も合う方法を見つけましょう。

 

費用はかかるが、損することはない

債務整理の手続きは弁護士・司法書士に依頼することになりますが、依頼費用がかかります。

 

費用がかかると戸惑ってしまうと思いますが、借金が減った金額以上に依頼費用がかかることはありませんので、あなたが損することはありません。

 

また依頼する前に費用がいくらかかるか提示されるので、その金額を確認した上で依頼するかどうか決めることができます。

 

今手持ちのお金がなくて費用が払えなくても、分割払いや後払いに対応している事務所がほとんどですので、その点も安心してください。

 

まずはお近くの事務所に無料相談しよう

まずは、お近くの事務所に以下3点を無料相談して、債務整理すべきか確認してみましょう。

 

・借金を減額できるか?いくら減らせるか?
・どの債務整理の方法が一番合うのか?
・費用はいくらぐらいかかるのか?

 

当サイト債務整理ナビでは、全国の事務所からお近くの事務所を簡単に探すことができます。借金問題の解決が得意な事務所のみを掲載しているので、どの事務所に相談してもOKです。

 

まずは、以下からお住まいの都道府県を選んで、無料相談しましょう。今すぐにお話できない方はメールがおすすめです。

 

もちろんあなたの都合やプライバシーを配慮しますので、安心して相談してください。

 

まとめ

自分自身が「買い物依存症を治療して、借金に悩まされずにゆとりある生活を送る!」という高い意思を持つことも大切ですが、もし周囲の人間のサポートが得られれば、自分が買い物依存症であることを告白してサポートを要請してみましょう。

ボランティアで行われる自助グループもあるので、同じ経験を持つ人たちのサポートによって必ず治療できる方法があることも知っておきましょう。

【借金減額】今すぐ督促電話をとめて、返済期日を伸ばし、負担を大幅に減らす方法!

借金をしていてプレッシャーに感じるのは支払い期日ですよね。

もし滞納してしまったら督促状が家に届いて家族にバレる、電話が会社までくるのではないか。

そんな辛い思いをしていませんか?

でもご安心ください。

督促から解放される方法、債務整理ならいますぐ請求をストップし、借金を減額することができます。

弁護士費用保険をご存知ですか?

いつ起きるかわからない法的トラブル。弁護士費用の準備はできていますか?

答えがNoの方、弁護士費用保険メルシーが役立ちます。

Cta_merci

弁護士への依頼費用は数十万~数百万円かかりますが、弁護士費用保険メルシー(月2,500円)に加入しておくことで、弁護士費用の補償が受けられます。

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

補償対象となる家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月500円(2,500円÷5人)。労働問題、ネット誹謗中傷、近隣トラブルなど様々な法的トラブルに対応しています。

補償内容、付帯サービスをまとめた資料の請求はWEBから。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
借金問題に関する人気コラム
借金問題に関する新着コラム