更新日:

ホストへの借金・ツケを返済する2つの方法!債務整理で完済できる?

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
注目
借金減額でお急ぎの方へ
Cta ballon icon
何度でも
相談無料
Vertical line
Cta bill icon
後払い
分割払いOK
Vertical line
Cta calender icon
夜間・土日
相談OK
借金減額の無料相談先を探す
Cta magnifying glass icon
借金減額の
無料相談先を探す
※一部事務所により対応が異なる場合があります

ホストに通いがやめられず、気づいたときには未収金やツケが数十万から数百万円まで膨れてしまうケースも珍しくありません。

ホストクラブで先日60万未収しました。月末までに払わないと行けないんですが用意出来ずにこまってます…

身分証のコピーと住所と名前をだいぶ前にかかされてます(;_;)

飛んだらどうなりますかあ…

【引用】ホストクラブで先日60万円未収しました-Yahoo!知恵袋

私は毎月自分の給料の半分を未収の返済に回しています。毎月ちゃんと支払いしています。にも関わらず、元彼が30万入れて欲しいと行ってきました。正直無理です。

無理と伝えても彼は「消費者金融でも闇金でも借りたらええやん。なんならお前の親に言うて払ってもらってもええし、今挙げたものが無理やったら俺の知り合いの店でお前が働けよ」と言われました。

私は働くしか無いのでしょうか。

【引用】ホストで130万の未収をしてしまいました-Yahoo!知恵袋

自力で返済が難しい場合、無理に風俗などの仕事を始めて返済する必要はありません

また、「親に言って払ってもらう」と言われても、親が保証人になっていない限り取立ては法律で規制されています。

この記事では、ホストにハマってしまい借金ができた場合の対処法や家族がホストで借金を作ってしまった場合の支払義務などについて紹介します。

借金問題でお悩みの方へ

ホストへの借金が原因で、自力で解決するのが困難になった方は、弁護士に相談・依頼することをおすすめします。

弁護士に相談・依頼するメリットは下記の通りです。

 

  • 自分の状況に合った借金の解決策を教えてくれる
  • 債権者との交渉を任せることができる
  • 無理な要求(風俗での労働の強要・親へ請求するなどの脅し)に対処することができる など

 

ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)には、借金問題の解決が得意な弁護士事務所を多数掲載しております。

初回相談が無料のところもあるので、まずはあなたのお悩みをにご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
債務整理に強い弁護士を探す
この記事に記載の情報は2023年11月10日時点のものです

ホストでできたツケ・借金の返済方法

「ホストへの借金が100万円を超えて、分割払いでも返済の目処が立たない…」そんな状況の場合には、債務整理を検討してみましょう。

債務整理とは、債務者の借金返済の負担を減らして、再スタートを切るための債務処理です。債務整理には複数の方法がありますが、ホストクラブでの借金には以下2通りの手続きが有効かと思われます。

債務整理

個人再生

借金を減額して3〜5年の分割払いで返済を行う

自己破産

抱えている借金をすべて免除する

ここでは、債務整理がどのような制度なのかについて確認をしておきましょう。

借金を大幅減額して分割払いに|個人再生

個人再生とは、裁判所を通じて借金を減額してもらえる制度のことです。『小規模個人再生』と『給与所得者等再生』の2種類の手続きがあり、どの手続きの対象に該当するかによって減額される借金の金額が変わります。

小規模個人再生による減額

借金:0〜100万円

0円へ減額

借金:100万円以上500万円未満

100万円へ減額

借金:500万円以上1,500万円未満

借金総額の5分の1へ減額

借金:1,500万円以上3,000万円未満

300万円へ減額

借金:3,000万円以上5,000万円未満

借金総額の10分の1へ減額

給与所得者等再生による減額

小規模個人再生の減額と手取りの給料2年分の合計額を比較して、多い方の金額を適用。

(例)借金が360万円で2年分の手取り給料の合計額が250万円の場合には、小規模個人再生を適用した場合の100万円より金額が多いので、借金は250万円に減額される。

分割方法は、3年から5年の期間での支払い期限に沿って決定することになります。

基本的には、会社勤めで一定の収入がある場合には給与所得者等再生の選択が可能です。そうでない場合(例えば個人事業主やアルバイトで生計を立てている場合)には給与所得者等再生の選択は難しく、小規模個人再生を選択するのが通常でしょう。

これらの再生手続は法的な手続きであるため、専門家の力を借りるのが得策です。裁判所の許可を得たり、債権者の民主的同意を得たりといろいろな手続きを適切に行う必要があるため、法的知識のない素人だけで行うのは至難の技です。

そのため、個人再生を検討したい方は、弁護士に相談しましょう。

▶「個人再生を得意とする弁護士事務所を探す

ツケ払いも債務整理の対象になる

「ツケ払い」は利用料金についての借金であるため、債務整理の対象になります。法的手続である自己破産手続・個人再生の手続きも「ツケ払い」の債務整理方法として利用可能です。

債務整理の中には、「任意整理」という債権者(お金を貸している側)と交渉し減額したり返済期限を延ばしてもらう方法もあります。

1番簡易な手続きですが、いい加減な経営をしているホストクラブの場合、必ずしも任意整理の申入れに誠実に対応してもらえるとは限りません。

そのため、きっちり処理したいのであれば自己破産や個人再生などの法的手続を検討するべきでしょう。

借金をすべて帳消しにする|自己破産

自己破産とは、裁判所を通じて非免責債権を除くすべての借金を帳消しにしてもらえる制度のことです。一定限度の財産以外のすべての財産を手放す必要がありますが、それと引き換えに、抱えている借金を0にできます。

法律ではホストのような、豪遊が原因での借金は自己破産で免責される対象ではないとされていますが、実務的には、そのような場合であっても、裁判所の裁量により免責が認められるケースがほとんどです。

ホストによる借金での自己破産を検討する場合には、まず弁護士に相談をしてみてください。

▶「自己破産を得意とする弁護士事務所を探す

ホストの借金を自己破産する場合の注意点

ホストクラブにハマって借金を作った場合に債務整理を行う場合どのようなリスクがあるのでしょうか。

自己破産では免責が認められない可能性がある

自己破産手続が終了すると、破産者の借金は免責されるのが通常です。

しかし、自己破産手続はどんな場合にも借金の免責を認めているわけではなく、破産者に破産法に規定される問題事由がある場合には免責が許可されない場合があります。このような問題事由を免責不許可事由と呼びます。

免責不許可事由のひとつに「浪費…をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと」があります。そのため、ホストクラブに過剰な費用を支出し、結果的に返済できないような借金を負ってしまったという場合には、浪費による過大な債務という免責不許可事由を認める余地があります。

悪質でない場合は「裁量免責」により許可される可能性が高い

では、免責不許可事由があるような場合には、絶対に免責は認められないのかというとそんなことはありません。実務的には免責不許可事由があったとしてもよほど悪質なものでなければ、裁判官の裁量により免責を認めています。これを「裁量免責」と呼びます。

したがって、現実には、自己破産手続を適切に進めている限り、ホストクラブでの借入れについても免責を受けられることがほとんどです。

しかし、前回同じ理由で自己破産をした人間が今回も同様の理由で自己破産を申し立てたという場合や過去7年以内に自己破産経験があるような場合には免責が許可されない可能性は相当高くなりますので、二度目はないということを十分に留意しましょう

管財事件となり時間や費用がかかることもある

自己破産手続には同時廃止事件管財事件があります。

同時廃止事件は破産者の財産状況に特段の問題がない場合に管財人を選任することなく迅速な処理が行われる事件です。ほとんどの破産事件は同時廃止事件で処理されています。

他方、破産者の財産状況に問題がある場合には慎重な処理が必要であるとして管財人が選任され、相応の調査が実施されます。この場合、同時廃止事件より時間も費用もかかります。

ホストクラブにハマってし借金を作ったような免責不許可事由がある場合には、免責の可否について慎重な検討を要するとして、管財事件で処理される可能性があります

なお、管財事件には少額管財事件と通常管財事件がありますが、弁護士に依頼して自己破産手続を行っている場合には基本的には少額管財事件となり、通常管財事件よりは費用負担は軽くなります(それでも予納金として20万円程度が必要となるなど、同時廃止事件に比べて費用はかかります)。

債務整理によくある誤解

債権整理を行うとブラックリストに登録されるというデメリットがあります。また世間からの印象もよくないので、債務整理を行うことに抵抗を感じてしまうかもしれません。

しかし、債権整理による生活への影響は、一般的に認識されているイメージよりも小さいです。むしろ返せない借金を負ったまま生活を続けるほうが、債務整理をしないよりもずっと苦しい状況になるかと思われます。

債務整理後の生活に大きな制限はかからない

選挙権がなくなったりアパートを追い出されたりなど、債務整理にはマイナスの印象が強いですが、大半は誤解です。クレジットカードの作成・利用やローンが組めなくなるだけで、任意整理や個人再生であれば生活に大きな制限がかかることはありません。

債務整理によくある誤解
  • アパートを追い出される
  • 電気と水道が止められる
  • 携帯電話を使えなくなる
  • 海外旅行ができなくなる
  • 運転免許が取り消しになる
  • 年金が将来もらえなくなる
  • 選挙権がなくなる
  • 仕事をクビになる

ただし、自己破産の場合、免責が下りるまで一定の職業に対し職業制限がおりますので、ご注意ください。

債務整理したことや借金が家族・会社にバレない

債務整理をしたとしても、家族や会社にそのことがバレる可能性は低く、一人暮らしをしている場合や会社に給料差押えがされていない状況であればほとんどバレることはありません。

裁判官や手続きを依頼する弁護士には守秘義務があるので、あなたが周囲に相談をしない限りは誰かに知られることはほぼないかと思われます。

ただし、ホスト絡みの借金以外に連帯保証人がいる借金もある場合には、連帯保証人があなたに変わって借金を返済することになるので、誰にも知られないというわけにはいきません。連帯保証人がいる場合には、事前にしっかり相談をしておきましょう。

ホストで借金をした人が絶対にしてはいけない3つのこと

ホストで借金をしてしまった人が絶対にしてはいけない3つのことをご紹介します。

1:過度に自分を責めない

ホストは客がお店から離れられないよう、わざとお店に未収を作らせるよう仕向けていることもあります。

あなたが払えないとわかっていながら、高いシャンパンを入れてほしいと言ったり何度も来ることを要求する場合もあるでしょう。

もちろんそれを断りきれなかったことは反省する必要がありますが、返せないとわかっていながらツケを見過ごすホストにも人道的な責任はあります。

過度に自分を責めることは精神的によくありません。

解決方法はありますので、自分を過度に責め自殺を考えたり、自暴自棄になったりして、無茶な返済を考えるのは絶対にやめましょう

2:夜の仕事を無理に始める

ホストは未収の額が払えないことがわかると、夜の仕事を紹介し、返済を要求するケースも珍しくありません。なかには、ホストが風俗店から紹介料を受け取って収入を得ていることもあります。

しかし、借金を払えないことを理由に「風俗や売春をして稼いで来い!」と求められても、当然従う必要はありません。

あなたが明確に拒否しているのに、このような不当な要求を執拗に繰り返すような場合は、警察や弁護士への相談を検討したほうがよいでしょう。

下記で解説していきますが、夜の仕事に頼らなくても借金への対処法は存在します。返済を目的にそんな無理をする必要は決してありません。

3:闇金・SNSで知り合った人からお金を借りない

闇金とは、貸金業法の業規制を無視した、利息が法外に高い金貸業者のことです。借り入れに審査がなく誰でも容易に融資を受けられるので、未収の返済が難しくなった人にホストが紹介するケースがあります。

しかし、闇金は法外な利子が設定されているため、ホストへの返済はできても闇金業者への借金はどんどん膨らんでしまいまうでしょう。

また、闇金は暴力団と関与していることが多く、返済でトラブルがあると自分だけでなく、家族の身に危険が及ぶ可能性があるかもしれません。どんな理由があっても闇金からの借り入れは絶対に避けるようにしましょう。

また、ホストで借金を作ってしまった人を対象にSNSなどを通して個人が融資を持ち掛けたり、募集をしていたりします。

このような融資を「個人間融資」と呼んでいますが、闇金と同様に利息が高かったり、お金の見返りに性交渉などを要求する事件も多発しているため、絶対に手を出してはいけません。

甘い言葉で誘い魅力的なものに感じますが、借金の根本的な解決になりませんので、注意しましょう。

ホストの借金・ツケの返済期限が迫っている場合は弁護士や司法書士に相談

債務整理の手続きは借金をしている本人でも行えますが、お金を借りている相手との交渉が必要となったり、裁判所での手続きが必要となったりするため、現実的には難しいのが実情です。

そのため、債務整理は弁護士に依頼をして手続きを進めるのが基本になります。

弁護士に相談することであなたの状況に合った最善の対処法を提案してもらえますので、返せない借金にお悩みの場合はまず弁護士にご相談ください。

▶「借金問題の解決を得意とする弁護士を探す

弁護士はあなたの味方になってくれる

「ホストが原因で借金をしてしまいました…」こんなことを言ったら弁護士に怒られるのではないかと心配かもしれません。しかし、弁護士はあなたを怒ることはないですし、責めることもないのでご安心ください。

弁護士は借金が生じた状況を正確に把握するため、親身になって話を聞いてくれます。また、ホストやお店への対応も引き受けてくれるので、あなたの心強い味方になってくれるでしょう。

弁護士費用は分割・後払いも可能

債務整理を検討している人は、手元にまとまった現金がないケースが多いです。もちろん弁護士もそのことを把握しているので、費用の分割払いや後払いに応じてくれる弁護士事務所は多数あります

今手元にお金がないからという理由で、債務整理を諦める必要はありません。弁護士への相談依頼の際に費用の支払いについて確認しておいて、融通を利かせてくれる事務所から依頼先を検討してみてください。

借金原因がホストや浪費でも相談できます!脅迫的に取立てられたり風俗で働いたりする前に無料相談しましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
債務整理に強い弁護士を探す

母親・姉妹がホストにハマり借金した場合の対処法

これをお読みの方の中には、家族がホストにハマって借金してしてしまいお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

借金してまでホストに通う意味が解らないという人もいるでしょう。

ここではハマってしまう理由や母親や姉妹が借金でホストを作ってしまった場合の対処法について紹介します。

借金するほどホストにハマってしまう理由

ホストクラブは接客業ですので、どのような女性にも常に笑顔で優しく接してくれます。顔がよく優しく話を聞いてくれる異性を好きになってしまうのは自然なことです。

女性(客側)がその人を好きになってしまえば、普通の恋愛と変わりません。お金を心配するより「時間があれば会いたい」「無理してでも会いたい」気持ちが強くなり、通い詰めて行くようになります。

深刻なホストクラブ依存症になってしまう人は、自分がハマっているという自覚がなく、「恋人に会いに行っている」という感覚になってしまうのです。

ホストに夢中になってしまう人の特徴

ホストに夢中になる人の特徴として、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 男性への免疫がない
  • 他人からの頼みを断れない
  • 真面目であまり飲みにいかない
  • 何かに依存しやすい
  • 愛されたい気持ちが強い
  • 自分に自信がない
  • 承認欲求がつよい など

もちろん誰にも当てはまるわけではありませんが、初めて優しくされハマってしまう話もよくききます。

母親や姉妹にこのような傾向はありませんか。

母親や姉妹の借金を別の家族が返済する義務はあるのか

結論から述べると、母親や姉妹の借金を返済する義務は原則ありません。借金をしている本人以外の第三者に対して、借金の返済を要求することは法律で禁止されているためです。

(取立て行為の規制)

第二十一条 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

七 債務者等以外の者に対し、債務者等に代わつて債務を弁済することを要求すること。

【引用】貸金業法第21条

しかし借入先が闇金の場合、債務者本人の親族情報を調べて違法な取り立てをしてくる危険性がありますので、すぐに専門機関に相談することをおすすめします。

勝手に保証人にされていた場合の返済義務

本人の承諾なく、勝手に保証人されていた場合は、返済義務は原則発生しません。保証人契約は本人の同意がなくては成立しないと考えられているためです。

しかし、実印を無断で持ち出され契約書に押印された場合などは、契約が同意ではなかったことを証明するのが困難になりますので、注意しなければなりません。

無断で保証人にされていることが発覚した場合は、返済したり相手と交渉しようとせず、まずは弁護士に相談してください。

母親や姉妹のホスト通いをやめさせるには

ホスト通いをやめさせたい場合、まず母親や姉妹の借金の肩代わりをしてはいけません。借金があってもどうにかしてくれる人がいてしまうと、甘えてまたホスト通いを行う可能性があります。

ホスト通いをやめるには、依存症の治療を行っている病院にカウンセリングへ行かせるのも有効です。

自力でホスト通いがやめられないのであれば、それはれっきとした「依存症」であり、病的な状態と言っていいでしょう。

本人が行きたがらない場合は、代理の方が相談をしに行きましょう。どう対応すればいいのかアドバイスがもらえるだけでも大きな助けになります。

また、本人自身もホスト通いをやめたいと思っているのであれば、同様の悩みを抱えている人が集まる自助グループを頼ってみるのも一つの手です。

気持ちを理解し合える人と一緒に、共通の目的に向かうことができるため、独りで努力するよりもやめられる可能性が高くなります。

まとめ|借金・ツケの利子が高い場合

ホストの借金が返せない場合には、まずは率直に返済が難しいことを伝えて、どうやって返済していくべきか話し合いましょう

もしそのような話合いの中でホストから脅されて身の危険を感じたら、すぐに警察と弁護士に相談してください。

また、なかにはホストからの借金の利子が高いと思う人もいるでしょう。利息の上限は、「利息制限法」で規定されており、利息制限法は個人間の貸し借りにも適用されます。
そのため利息制限法を超える利息は違法・無効なので、超えた分については返還請求できます。

借金が高額で分割払いでも支払いが難しい場合には、法的な債務整理手続を利用して借金を減額する検討をおすすめします

場合によってはホストからの取り立てから解放されますし、借金生活からも抜け出しやすくなるでしょう。

借金問題は時間が経つにつれて、解決するのがどんどん難しくなっていきます。

「借金が返せなくてどうしたらいいかわからない」という状況にお悩みの場合は、なるべく早めに弁護士へご相談ください

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
債務整理に強い弁護士を探す

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 
 ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)では、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
Office info 202006091352 28791 w220 【八王子】弁護士法人ガーディアン法律事務所

【自己破産/法人破産】【相談実績約10,000件】【秘密厳守の法律相談/初回相談無料】【借金総額200万円以上の方】返済義務を無くしたい・自己破産を迷っている方、ご相談下さい。経験豊富な弁護士がお力となります

事務所詳細を見る
Office info 202206101545 19741 w220 【全国対応】立川支店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
Office info 202302061444 17711 w220 【全国対応】町田支店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険をご存知ですか?

いつ起きるかわからない法的トラブル。弁護士費用の準備はできていますか?

答えがNoの方、ベンナビ弁護士保険が役立ちます。

Cta_merci

弁護士への依頼費用は数十万~数百万円かかりますが、ベンナビ弁護士保険(月2,950円)に加入しておくことで、弁護士費用の補償が受けられます。

  • 保険料は1日あたり約96円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

補償対象となる家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月590円(2,950円÷5人)。労働問題、ネット誹謗中傷、近隣トラブルなど様々な法的トラブルに対応しています。

補償内容、付帯サービスをまとめた資料の請求はWEBから。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

借金問題に関する新着コラム

借金問題に関する人気コラム

借金問題の関連コラム

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたをベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)の弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事はベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)に掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。