パチンコで借金!パチンコ依存から抜け出す方法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
777-728x403

パチンコにのめり込みすぎて、借金を抱えてしまった人でも合法的に解決することができます。2018年に財務局に寄せられた相談のうち323件は、借金原因がパチンコを含めたギャンブルでした。

 

パチンコで借金を作ってしまったことに後悔しているのであれば、債務整理することでやり直すことができるでしょう。

 

この記事では、パチンコでできた借金でお悩みの方に知って欲しい、正しい借金問題の解決方法をご紹介します。

 

パチンコの借金でお悩みのあなたへ

パチンコでできた借金を相談するのは後ろめたいかもしれません。ですが、できるだけ早い段階で弁護士司法書士といった借金問題の解決が得意な専門家に依頼することが解決への近道です

 

専門家への依頼では、以下のようなことが望めます。

  1. 業者との関係を断ち切れる
  2. 催促・取り立てを最短即日で止められる
  3. あなたに最適な債務整理を提案してくれる
  4. 過払い金が見つかる可能性がある
  5. 将来分の利息をカットできる
  6. 返済計画を一緒に考えてくれる

借金原因で専門家が怒ることはありません。ひとりで悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。

 

無料相談できるの弁護士・司法書士一覧

休日・19時以降の相談に対応できる事務所が見つかる!

※相談=依頼ではありません

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

パチンコで借金をすることのリスク

それでは少し観点を変えてみて、パチンコで借金をすることでどのようなリスクが待っているのでしょうか?すでに周知の内容でもあるでしょうが、このままパチンコを続けることの危機感を持っていただくためにもまとめてご説明します。
 

他の生活に支障が出始める

パチンコで借金をすると、仕事・家族・友人関係などのほかの生活にも影響が出てき始めます。家賃が払えなくなる、職場に催促の連絡が入る、友人からの信頼を失うなどの様々な支障が出てくることが考えられるでしょう。
 

支払いが滞るとブラックリストに載る

パチンコで借金を作ってしまい、その返済や他での支払いなどの支払いが滞ってしまうと、ブラックリストに載ってしまうことも考えられるでしょう。ブラックリストに載ってしまうと、以下の事態が考えられてきます。
 

ローンが組めなくなる

借金が返せなくなりブラックリストに載ってしまうと、まず今後5~10年間ローンが組めなくなります。ローンが組めないことにより、住宅や車などの高額な買い物が難しくなってきてしまいます。
 

借り入れができなくなる

また、ブラックリストに載ってしまうと、新たな借金(借り入れ)ができなくなります。これは、パチンコから半ば強制的に離れられるきっかけとも捉えられますが、大抵の人は下記の周りの人や闇金などからお金を借りるなどのほかの手法に移って行ってしまいます。
 

闇金に手を出してしまう

パチンコで借金を作ってしまい、他から借りられないからと闇金にまで手を出してしまうと非常に危険です。違法な金利と取り立てで債権者を苦しめます。絶対に手を出さないようにしてください。
 
またパチンコの場合、他から借金できなくなった人物を狙ってパチンコ店の周辺で、1日限りの融資をしている「ギャンブル融資」という違法な融資をしている人物(元暴力団や闇金業者などが多いです)がいます。
 
その日の軍資金数万円を1日2~3割の利息で貸し付けるのです。例えば2万円借りて2万5千円返すような感じです。パチンコに依存してしまっている人で他から借金できない方にとっては、「喉から手が出るほど欲しいお金」ですし、上記のように「勝って返せばいい」という発想になってしまいます。
 
しかし、負けてその日中に返済ができなくなってしまうと、1日経つごとに金利がドンドン増えて行ってしまいます。たかだか数万円が数日後には数十万円となっていってしまいます。
 

周りの人からの信用を失う

また、正規の金融機関から借金ができなくなると、職場の人や友人などから借金をしようと考える人もいるでしょう。人によっては「返してくれるなら・・・」と、毎回貸してくれる人もいるでしょうし、「こちらもパチンコに勝ったり給料日が来たら返しているから」と、関係性が築けているかのように思っているかもしれません。
 
しかし、はっきり言うと、病気や失業などのやむを得ない形での借金に比べて、パチンコなどのギャンブルでの借金はその人やコミュニティからの信頼度は非常に低くなります。職場で重要な仕事を任せてもらえなかったり、家庭崩壊の原因の一つにもなりかねません。
 
結果的に人間関係が上手くいかなくなり、パチンコ中心の人間関係が形成されて、パチンコをしている事が一番の楽しみになり、これまたパチンコから抜け出せなくなってしまう原因になります。

パチンコでできた借金の正しい解決方法

すでにパチンコによる借金があり結構な金額で悩んでいる方は、法律にのっとって借金問題を解決する「債務整理」を考えてください。パチンコで作られた借金であっても、債務整理は可能です。以下にその方法を簡単に説明し、詳細リンクを添えておきます。
 

任意整理

裁判所を通さずに、債務者(借金をしている人)と債権者(お金を貸した人)が法律に基づいて話し合いをして、和解を進めていく方法です。この任意整理を専門家に依頼することで、本人の代わりに交渉、借金の減額手続きを全て行ってもらえます。(参考:「任意整理のデメリットとメリットの正しい知識まとめ」)
 

個人再生

住宅ローンを除く借金の総額が5,000万円以下の債務者が、借金の20%(最低100万円)を3年で分割返済をすると、残りの80%は免除される、という制度です。借金に悩まされている人の再生を図るという観点から、個人再生と呼ばれています。また、個人再生の手続きは借金を減らすだけでなく、住宅を守ることが出来るという特徴があります。(参考:「個人再生を利用する手順と借金を大幅に減らす完全ガイド」)
 

自己破産

所有している財産(持ち家や車等)を処分しても返済のメドが立たないことを裁判所に認めてもらい、借金をゼロにしてもらう制度であり、借金返済がどうしても困難なときに利用する最終手段です。

 

ただし、ギャンブルが原因で作った借金は、自己破産をしても免責にならない可能性があるので要注意です。もしも自己破産を行うのであれば、依存症治療に取り組んでいる、人生をやり直そうとしている等の意思表示をしっかりと示さないといけません。

 

尚、自己破産をした場合には、官報(国が発行している新聞)に氏名が掲載され、数年間は自動融資カードローンを含むローン全般やクレジットカード、及びカードによるキャッシングが利用できなくなります。(参考:「自己破産とは|自己破産の方法と破産後の生活の完全ガイド」)

 

4つの質問で無料診断できます!

ウイズユー司法書士事務所債務整理は、借金を減額・免除することができます。まず、あなたの借金がどのくらい減額できそうか、無料診断してもらいましょう。

 

無料診断をはじめる

 

パチンコ依存症から脱出する方法

このようにパチンコで借金をしている方、借金を考えたことがある方というのは大なり小なりパチンコに対する依存があるといえます。借金を返済するためにも、そして今後パチンコで借金を作らないためにも、きっぱりとパチンコから足を洗うことが最善の方法です。
 

徐々にパチンコから離れていくイメージ

パチンコ依存から脱出しようと言われると、「きっぱりパチンコ止めてやる!」と、意気込む人もいます。しかし、そういう人に限り、しばらくしてちょっとしたストレスや誘惑に簡単に負けてしまいます。
 
ダイエットでいうリバウンドみたいなものです。より確実にパチンコから離れていくには、ある程度の長い期間(半年~1年程度)を設けて徐々に離れていくことがおすすめです。
 

別の趣味や価値観を見つける

まずはパチンコ以外の趣味を見つけましょう。そしてその趣味に費やす時間のウェイトを増やしていきます。趣味がないという方もいるでしょうが、その場合、パチンコをしていなかった学生時代の趣味を思い出してみてください。
 
スポーツなどの体を動かす趣味はおすすめです。また、ゲームなどの趣味も借金のリスクがない分まだ良いです(最近の課金ゲームは射幸心を煽るギャンブル性もあるので注意が必要です)。
 
また、グルメに興味を持ち「パチンコに1万円使うのならば、これだけ美味しいものが食べられる」という価値観を持ったことで狂った金銭感覚を平常に直すことが出来、パチンコもやめることが出来たという人もいます。
 

無理のない程度の制限を設ける

それと同時に、毎月のギャンブルに使う金額の上限を設けておきましょう。「勝った月は多く使ってもいい」などとしていると結局管理が甘くなりますので、毎月変わらない金額を上限にします。
 
また、パチンコをする日を「第二第四土曜日だけ」や「7が付く日だけ」という風に日数制限をしてもいいでしょう。
 

別の口座を作る

それと同時に口座を新しく作り、その口座からは自分で下ろせないようにしておけば、パチンコをするために口座から引き出すといった行動そのものを、物理的に防ぐことが出来ます。
 
これで、パチンコにより生活費の滞納を防ぐこともでき、お金の管理も少しずつできていけるようになります。だからと言ってカードキャッシングを行ってパチンコを行っていては元も子もありませんので要注意です。
 

身近な人に監視してもらう

少しプライドが邪魔をしてしまうかもしれませんが、最初のうちは家族やパチンコ以外での身近な人にお金の使い方や、休日の過ごし方を少し気にしてもらうと、成功率も高まります。
 
本当にパチンコから手を引きたいのであれば、「いつまでにはパチンコから足を洗う」「新しい趣味を見つける」「借金を返済する(いくらためる)」などと周りの人に宣言してみてもいいでしょう。
 

専門家に相談する

自分の意思だけではどうにもならない場合もあります。でも、恥ずかしくて知人にも相談することが出来ない…そんな時は、専門家を頼りましょう。

借金返済の専門家

すでに借金がある方は口述しますが債務整理をすることで、借金を整理することができます。しかし、借金を作ってしまった原因であるパチンコに対する依存を克服しないと、減らした借金が結局元に戻ってしまいますので、専門家に頼りきりではなく、あなたはパチンコから離れていく努力をしてみましょう。


依頼することが出来る専門家は、主に弁護士、司法書士になります。それぞれの得意分野も相場も異なるので、まずは無料相談を行ってみるのが良いでしょう。

 

ギャンブル専門のカウンセラー

ギャンブル依存症のケア専門のカウンセラーもたくさんいます。借金をしてまでパチンコを続けるのは病気なのだという自覚をしっかりと持ち、長期的にケアしていくことが大切です。
 
ぱちんこ依存問題相談機関 リカバリサポート・ネットワーク(050-3541-6420)
精神保健福祉センター(最寄りのセンターを検索できます)
ギャンブラーズ・アノニマス(ギャンブルからの回復を目指す人が集う自助グループ)
上記のような相談機関もあるので、利用してみて下さい。

 

まとめ

いかがでしょうか。たかがパチンコと思うことなかれです。パチンコは依存度も高く、一度借金をしてしまうと、取り返しのつかない事態にもなりかねません。これまでいくら負けたではなく、これからいくら負けないかが重要です。パチンコ店に行かなければ、一円も負けることはありません。

お金と時間の面において、「パチンコよりも大切なもの」が出来れば、少しずつでもパチンコから離れていくことが出来るかと思います。本記事が、自身とパチンコとの関係を改めて考えるきっかけになったならば幸いです。

パチンコの借金でお悩みのあなたへ

パチンコでできた借金を相談するのは後ろめたいかもしれません。ですが、できるだけ早い段階で弁護士司法書士といった借金問題の解決が得意な専門家に依頼することが解決への近道です

 

専門家への依頼では、以下のようなことが望めます。

  1. 業者との関係を断ち切れる
  2. 催促・取り立てを最短即日で止められる
  3. あなたに最適な債務整理を提案してくれる
  4. 過払い金が見つかる可能性がある
  5. 将来分の利息をカットできる
  6. 返済計画を一緒に考えてくれる

借金原因で専門家が怒ることはありません。ひとりで悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。

 

無料相談できるの弁護士・司法書士一覧

休日・19時以降の相談に対応できる事務所が見つかる!

※相談=依頼ではありません

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
借金問題に関する人気コラム
借金問題に関する新着コラム
  • 借金が200万を超える場合、完済のためには計画立てた上で返済手続きを進める必要があります。しかし、なかには自力完済が困難なケースもあり、そのような場合は債務整理などにて負担軽減できます。この記事では、借金が200万ある場合に取るべき対応を解説します。
  • ご自身もしくは家族・恋人に2000万円の借金があっても悲観することはありません。正しい手続きを踏むことで、計画的に借金を返すことも夢ではないのです。この記事では、借金2000万円を返済する2つの方法についてご紹介します。
  • 自分の都合で作ってしまった借金は、家族に言えないものです。しかし、そのような借金を放置しておくと、家族関係にヒビが入ってしまったり離婚のきっかけになったりします。しかしご安心ください。家族に言えないままでも、借金問題を解決できる可能性があります。
  • 借金問題は早いうちに対処しておかなければ、家庭崩壊へと繋がる危険性もあります。自力での完済が難しい場合は、速やかに債務整理を行うのが良いでしょう。この記事では、「自分の借金で家庭が崩壊しそう」「家族の借金で家庭が崩壊しそう」な場合にできることをご紹介します。