借金50万を返済する方法とは?無理なく返すためのコツを解説

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
借金50万を返済する方法とは?無理なく返すためのコツを解説
注目
借金減額でお急ぎの方へ
Cta ballon icon
何度でも
相談無料
Vertical line
Cta bill icon
後払い
分割払いOK
Vertical line
Cta calender icon
夜間・土日
相談OK
借金減額の無料相談先を探す
Cta magnifying glass icon
借金減額の
無料相談先を探す
※一部事務所により対応が異なる場合があります

借金が50万円は決して少ないお金ではありません。利息が18%の場合、毎年利息だけで約9万円を支払っていくことになります

利息分の9万円があったら、リッチなご飯も食べられますし、コスメや美容、洋服など自分の好きなことがもっとできるようになります

借金50万円を返済できず何年も借入と返済を繰り返していたり、毎月の支払いを減額したいと考えているのであれば、利息や借金が増える前に弁護士に相談しましょう。

借金理由がどのようなものであっても弁護士が怒ることはありませんので安心してください。

この記事では、50万円の借金を一刻も早く返す方法や弁護士に依頼して解決できた事例を紹介します。

一刻も早く借金を完済したい方へ

借金は利息をカットできるだけで、利息が20%の場合は約9万円の返済を減額できます

家族や友達に内緒で借金を完済したい人は、今すぐ弁護士・司法書士に無料相談してください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
債務整理に強い弁護士を探す

50万円~100万円の借金を返済できた事例

ここでは約50~100万円の借金を返済できた事例を紹介します。

【収入0円】借金65万円を返済!さらに手元に43万円がもどってきた事例

9年間、1社から借入を行っていた方が借金を減額できないか司法書士に相談された事例です。

相談者に収入はありませんでしたか、差し引き計算をしたところ過払い金が発覚。

借入先と交渉することで過払い金を獲得し、67万円を返済できた上に、43万円を手に入れられました。

司法書士の費用も手に入れたお金から支払うことができ、借金問題を解決できました。

借金77を完済した上に50万円戻ってきた事例

相談者は消費者金融2社から9年にわたり77万円を借入れていました。

差し引き計算をすることで、77万円を減額できた上に50万円を獲得することに成功。

今後の支払が一切不要になりました。

借金50万円を一刻も早く返済する方法

借金50万円を一刻も早く返済するにはどのようなことをすべきでしょうか。ここでは、4つの方法を紹介します。

現在の家計(支出)を見直す

借金がこれ以上増やさないように、まずは支出を見直しましょう。

特に毎月支払う固定費の見直しは重要です。特にスマホ代や保険金は見直すことで数千円減額できる可能性があります。

また、今まで我慢や計算せず好きなだけ買い物をしていたり、交際費に使っている人は、一度家計を見直し友人との付き合いも制限することが重要です。

自分では、家計を見直せないのであれば市区町村の無料相談などでFPなどに相談してみましょう。

返済計画を作成して着実な返済を行う

50万円といえども、借金をした以上は返済計画をつくりましょう。

金融機関から借りた場合、毎月の返済額とその内訳を表にして渡してくれるはずです。その通りに返していけば、必ずゴール(完済)にたどり着くことができます。

自分の収支に合わせ、多く返済できるときは多く返済し元本を減額していくことが重要です。

年収や一時的な収入を増やす

できるだけ早く借金を返したい人は、節約などで支出を減らすとともに、年収や収入を増やしていくことも検討しなければなりません。

副業が許されている会社に勤めているのであれば、積極的に副業をしましょう。

コンビニ、飲食店、建設業は、深夜や早朝の働き手を探しており、なかには時給1,200円を超えるところもあります。

体力に自信がない場合、自分の経験をお金に変えることができます。例えば、ライティングスキルやデザイン作成のスキルなどがあれば、ネットを通じて副業することも可能です。たとえそのようなスキルがなくても、データ入力ができれば仕事を受けれます。

また、収入を増やすにはフリーマーケットのアプリなどで持ち物を売る方法もあります。

まずは自分に合う方法で、借金の月々の返済分だけ副業する、というルールをつくってみてはいかがでしょうか。

債務整理で借金を減額させる

どうしても返済が難しい人は、債務整理で借金を減額する方法をおすすめします。

また、すでに借金の返済を滞納しており、何度も催促の連絡や手紙をもらっている人にも債務整理がおすすめです。

消費者記入からの催促を無視し続けてしまうと、最終的に会社に給与差し押さえを通告されるなど周囲にバレてしまう可能性があります。

滞納してしまい、返済できない場合はすぐに弁護士や司法書士に相談しましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
債務整理に強い弁護士を探す

借金50万円におすすめな債務整理とは

債務整理とは、貸主(お金を貸す業者や人)と協議したり裁判所の手続きを利用して、借金の額を減らしたりなくしたりする方法です。

債務整理の3つの種類

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの方法があります。

任意整理・個人再生・自己破産の違い

 

  • 任意整理:借金が減る額は小さいが、手続きが簡便
  • 個人再生:借金が大幅に圧縮されるが、裁判所を通す
  • 自己破産:裁判所を通し免責してもらう方法。職種によっては仕事にも支障が出る可能性がある

上記の通り、一長一短に見えますが、法的手続を履践したことによる不利益は実際はあまりありません。

▶「債務整理でおすすめの無料相談窓口|専門家を選ぶ6つのポイント

借金50万円なら任意整理がおすすめ!

借金50万円を減額する場合、収入やその他の事情にもよりますが、一定の収入があるのであれば、まず「任意整理」を検討しましょう。

任意整理は、消費者金融と交渉し利息をカットし、返済期間を延ばしてもらうことで毎月の返済金額を減額できます。

また、任意整理をする際の差し引き計算で過払い金を発見できれば、完済できた上に手元にお金が残る可能性もあります。

任意整理は手続きは簡単ですが、これは弁護士・司法書士に依頼した場合です。自分で行うとなると消費者金融と交渉しなければなりません。

任意整理でどの程度減額できるのかについては、弁護士や司法書士に相談しましょう。

弁護士・司法書士に借金減額を依頼

弁護士・司法書士であれば「あなたの状況に最も適した債務整理」を提案してくれます。

まとめ|借金50万円は無理せず完済できる

借金50万円は、借金100万円「よりはまし」な状況です。しかし借金50万円は、すぐに借金100万円になる可能性が大きいです。借金の返済が苦しくなると、新たな借金で凌ごうとしてしまうからです。

よって、借金が100万円になる前に解消する方法に乗り出しましょう。

借金問題を得意とする弁護士事務所は、無料相談を受け付けています。まずは専門家に相談することが、借金50万円を解決する第一歩となるでしょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
債務整理に強い弁護士を探す

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 
 ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)では、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
Office info 202006091352 28791 w220 【八王子】弁護士法人ガーディアン法律事務所

【自己破産/法人破産】【相談実績約10,000件】【秘密厳守の法律相談/初回相談無料】【借金総額200万円以上の方】返済義務を無くしたい・自己破産を迷っている方、ご相談下さい。経験豊富な弁護士がお力となります

事務所詳細を見る
Office info 202206101545 19741 w220 【全国対応】立川支店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
Office info 202302061444 17711 w220 【全国対応】町田支店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険をご存知ですか?

いつ起きるかわからない法的トラブル。弁護士費用の準備はできていますか?

答えがNoの方、ベンナビ弁護士保険が役立ちます。

Cta_merci

弁護士への依頼費用は数十万~数百万円かかりますが、ベンナビ弁護士保険(月2,950円)に加入しておくことで、弁護士費用の補償が受けられます。

  • 保険料は1日あたり約96円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

補償対象となる家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月590円(2,950円÷5人)。労働問題、ネット誹謗中傷、近隣トラブルなど様々な法的トラブルに対応しています。

補償内容、付帯サービスをまとめた資料の請求はWEBから。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

借金問題に関する新着コラム

借金問題に関する人気コラム

借金問題の関連コラム

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたをベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)の弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事はベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)に掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。