一般の主婦が借金をする理由と借金を解決する方法のまとめ

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
S_takebe160224080i9a0482_tp_v

借金問題と聞くと、フリーターなど非正規雇用者を連想される方が多いのではないでしょうか。

 

しかしながら意外にも主婦の方で、複雑な借金問題を抱えている女性も多くいると言われています。

今回の記事では、一般の主婦の方々が、なぜ借金をしてしまうのか、その原因と、借金問題を抱えた主婦へ向けに借金の解決方法について紹介していきます。

債務整理に不安を感じている方へ

費用以外にも債務整理にさまざま不安を感じているかと思います。なかなか踏み出しにくいでしょう。そんな人はまず、女性によくある質問を確認しましょう。

 

よくある質問を確認する≫

 

主婦が借金をする理由とその目的

冒頭でもお伝えしましたが経済的に圧迫されていない家庭に限らず、一般的な家庭における主婦が借金をする例も少なくありません。その主な原因として、主婦ならでは抱えている問題や、彼女たちが置かれている環境が背景にあります。
 

主婦が自由に利用できるお金は限られている

主婦の方にも色々な女性がいると思われますが、専業主婦の女性や、パートタイムで働いている女性など、彼女たち自身の収入が少ない場合が多いです。そのため自由に使えるお金も限られていて、それをストレスに感じる主婦の方も少なくありません。

しかしながら収入が少ないまたは収入のない専業主婦が自分の名義で借入できる借金はかなり限定されているため、「総量規制のない銀行カードローン」か借入限度額の低いクレジットカードに限定されてきます。

基本的にカードローンは借主の返済能力に応じて契約の内容が決まりますが、業者側も所得の少ない主婦などを対象に貸付をする場合、貸し倒れになるリスクを補完するために高金利で貸し付けることが一般的です。
 

生活費の穴埋めをする目的での借金

では一体、主婦の方たちは何を目的として借金をするのでしょうか。その理由の一つに、生活費の穴埋めをする目的で借金を重ねていることを理由にあげている主婦の方が多くいます。

多くの家庭では、主婦の方がお金の管理をしていて、収支を合わせるためにも、主婦はお金の出し入れに敏感にならなければなりません。

子供のいる家庭はとくに、子育てにお金がかかります。子供の衣類や学費、食費など、家計のやりくりをするために色々な工夫を強いられている主婦の方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、そういった家計の収支を合わせることに神経質になるあまり、足りない生活費の穴埋めとして借金をしてしまう主婦が多くいるみたいです。
 

暇を持て余しているためのショッピング利用

また旦那さんが昼間、仕事に行っている専業主婦の方の多くが、外にでる機会が限られてきます。子供がいない専業主婦の方になると特に、旦那さんが家に帰ってくるまでの間、一人きりで時間をつぶさなければなりません。

実は、借金をする専業主婦の多くに、一人でいる時間が長いことから生じる孤独感から、借金を重ねてしまう主婦の方がいます。
 

ブランド物や洋服などによる浪費

その借金の使い道の一つとして、ブランド物や化粧品、洋服を必要以上に買い込むケースがめずらしくありません。日頃、溜まっているストレスを発散する目的で、お金を使いすぎてしまう例は主婦に限らずよくある話ですが、一度、浪費癖がつくとなかなか生活水準下げることができなくなります。

その結果、多重債務者になる方は多く、主婦の方で高額な借金を抱えてしまう場合もこのケースが多いようです。
 

パチンコやギャンブルへの依存

また借金の使い道として、パチンコやギャンブルへつぎ込む主婦の方も多くいます。一人でいる時間が長い専業主婦にとって、依存性が高く長時間を過ごすことができるパチンコなどのギャンブルは、最適なのかもしれません。
 

 

主婦が借金をすることによる生じるリスク

では主婦が借金をすることで起こりうるリスクについて解説していきます。
 

主婦では手におえない借金を抱えるリスク

そもそも自分で返せる範囲のお金であれば、借金をしても問題はありません。しかしながら、主婦の方が利用できるカードローンの多くは、ネットでの申し込みが可能であったり、ATMでお金の出し入れが自由など利便性の高いものが多いです。

そのような利便性の高さから、借金に対するハードルが下がっていったため、多額の借金を抱えてしまう主婦の方は少なくありません。主婦の方が借金をする場合、そもそも自由に使用できるお金が限られているため、返済に回せるお金も限られてくるでしょう。
 

返済を借金で穴埋め(自転車操業)

主婦の方が利用するカードローンの多くが、上限金額以内であれば自由に借入することが可能であり、月々、固定の返済金額(3000円~10000円)が定められています。

固定の返済金額は低く設定されているため通常は、これより多くの金額を返済しますが、浪費癖が抜けなくなった主婦の方は、固定の返済金額ですら返すことが難しくなるでしょう。

返済が厳しくなると、返済をするためにカードローンから、また新たに借入れをして返済をしますが、返済のために借入をするのは本末転倒です。しかしながら、多重債務者になる方の大半は、返済のために新たに借入を繰り返し、債務者のこのような状況を自転車操業と呼びます。
 

借入限度額を超えるため借入先を増やす

しかしながら、主婦の方が利用できるカードローンの上限金額は低く設定されているため、この返済方法は長くは続きません。そのため、借入限度額を超えた場合、また新たな借入先を増やすことで、その返済の穴を埋めていきます。

多重債務者になる主婦の方の多くが、返済のために借入を繰り返すことで多重債務者になる場合が多いのが事実です。
 

離婚の原因へ繋がるリスク

そして主婦の方が借金をするリスクとして、離婚の原因になり得ることもあげられます。冒頭でもお伝えした通り、旦那さんに内緒で借金を抱えてしまう主婦の方が多いのが事実です。後々、奥さんの借金が発覚した場合、旦那さんに知らないところで借金をしていたことに愛想をつかすのも無理はありません。

債務整理に不安を感じている方へ

費用以外にも債務整理にさまざま不安を感じているかと思います。なかなか踏み出しにくいでしょう。そんな人はまず、女性によくある質問を確認しましょう。

 

よくある質問を確認する≫

 

主婦の借金に関する実例やブログ

参考までに借金で苦労している主婦の方の実例、ブログの紹介をしていきます。現在、借金で悩んでいる主婦の方にとって励みになると同時に有益な情報が含まれているかもしれません。
 

「絶対完済!!30代主婦の借金返済記」

クレジットカードのリボ払いで、大量の買い物したことで増えていった借金、初めてのパチスロで儲けたことをきっかけにパチスロにはまったことで作った借金を作ったOL主婦が、借金と向き合いながら返済していくブログです。

日常生活をベースに借金の返済方法を開拓していく様子が見どころのブログですが、頑張っている様が多くの借金に苦しむ主婦の方の心に響くと思います。 
 
参照:「絶対完済!!30代主婦の借金返済記
 

「借金返済50歳主婦の知恵袋」

お手軽にお金の引き落としができるカードローンの利便性から、生活費の不足分を補うためにいつの間にか200万円の借金を抱えてしまった50歳の主婦の方のブログです。

借金についてのトラブルや悩みごとが現実的に語られている内容ですが、主婦に限らず借金を抱えた方なら共感できる内容になっていると思います。
 
参照:「借金返済50歳主婦の知恵袋
 

「隠れ貧乏主婦の借金返済ブログ」

ヤンキー系のママ友に誘われたパチンコで勝った3万円に味をしめたことをきっかけに、パチンコにはまったため夫の貯金はおろか、300万円の借金を抱えてしまった主婦の倹約の日々を綴ったブログです。

旦那さんに借金の存在がバレないか読んでいるこちらもヒヤヒヤさせられる内容になっておりますが、リアルな借金の残高を伝えてくれるため読んでいて応援したくなってきます。
 
参照:「隠れ貧乏主婦の借金返済ブログ
 

借金癖を持つ主婦が改善するために必要なこと

できることなら、多額の借金を抱える前に、借金が原因で離婚をする前に、どうにかしたいものです。そこでまだ手遅れになる前の方が、借金問題を改善するための方法について触れていきたいと思います。
 

浪費癖の改善|月々の支出を減らす

まず当たり前ですが、借金を返済していくためには月々の支出を減らしていかなければなりません。
 

浪費癖であることを自覚する

そのために最初に行うべきことは浪費癖を改善することであり、浪費癖を自覚するところから始めます。自覚をするためにも、浪費癖が激しい人の特徴をチェックリストにまとめました。
 

  • 自尊心が低い

  • 几帳面で真面目である

  • 給料日前後の金使いが荒い

  • ブランド物が好き

  • ギャンブル依存症

  • 飲み歩きが好き


上記のリストに2つか3つ以上該当する場合、浪費癖である、または浪費癖になる素質が人ということになります。
 

 

家計簿の作成

浪費癖であることの自覚ができたら、次に家計簿を作成しましょう。主婦の方なら大半は、家計簿を作成していると思われますが、家庭用の家計簿とは別に、個人用の借金返済のための家計簿を作成することをオススメします。
 

支出先に優先順位を作る

家計簿を作成する目的としては、無駄遣いを減らすことですが、いきなり生活水準を下げることは困難でしょう。そのためには家計簿で作成した支出のリストから、優先順位をつけてください。

その優先順位の中から、順位の低いものから支出を減らしていくと徐々に生活水準を下げることができます。また、1日で使用可能なお金の上限を設けることも浪費癖を改善するために効果的です。なお家計簿を作成する上でレシートの保管は忘れないでください。

 

 

月々の収入を増やす

次に借金を返済するためには、月々の収入を増やすことが大切ですが、専業主婦の方など働いていない期間が長かった人にとっていきなり仕事に就くのは負担が大きいと思います。
 

パートタイムでの勤務

そのためまずは週3日の1日4時間以上から働くなど、ご自分の負担になり過ぎない範囲で働き、仕事に慣れてきたら徐々にシフトを増やしていくのがオススメな働き方です。

時間が余っていることが原因で借金をする専業主婦の方も多いですが、余計なことを考える時間が減る分、浪費癖が減っていくでしょう。
 

扶養に入っている場合の注意点

また、注意点としては、主婦の方の大半が旦那さんのお扶養に入っていると思いますが、パートタイムでも年収103万円を超えると扶養控除が受けることができません。そのため、扶養から外れないためにも、年間103万円以内に収まるように働きましょう。
 

夫に内緒で借金を減額するには任意整理が最適

夫に内緒で借金をしている主婦の方は、できれば旦那さんに気づかれないまま、借金を返済したいと思っていると思います。しかしながら自分で手におえない借金の額によっては、収入を増やしても支出を減らしても、借金は減りません。

そこで旦那さんに気付かれずに借金を減額する方法(債務整理)として任意整理をオススメします。
 

夫に内緒にするために任意整理が最適な理由

借金減額する方法として、個人再生や自己破産という方法もありますが、任意整理が旦那さんに内密で借金を減額するために何故、最適なのでしょうか。
 

賃金業者・裁判所からの郵便が来ない

その理由の一つとしては、任意整理は裁判所を介さず、法律の専門家が直接、債権者(賃金業者)と交渉するための手続きだからです。個人再生や自己破産のような債務整理は、通常、裁判所を介すため手続きを進めていく上で、裁判所から家に書類が郵送されてしまいます(弁護士に依頼すれば郵送されません)。

しかしながら、任意整理はあくまで債権者(賃金業者)との交渉のみで借金の減額が行われるため、裁判所から書類が郵送されることがありません。また、専門家へ依頼した段階で、賃金業者からの支払いの督促がくることがなくなり、賃金業者からの郵便は全て専門家が受け取ってくれます。

郵便物を介して、旦那さんが、奥さんの借金の存在を知るケースが多いですが、任意整理は、借金に関わる郵便物を避けることができるため、旦那さんに内緒で借金の減額をすることが可能です。
 

住宅ローンを対象から外すことが可能

また任意整理は、交渉する債権者を選ぶことができます。個人再生や自己破産では全ての債権者を債務整理の対象に含まれるため、住宅ローンも含まれます。

住宅ローンが債務整理の対象に含まれてしまえば、住宅は抵当にかけられますが、一緒に同居している旦那さんが、そのことに気づかないことはまずありえないでしょう。任意整理は、債権者の対象から住宅ローンを外すことができるため、その様な心配をする必要がありません。

個人再生においては住宅ローン特則を介して、住宅ローン減免することは可能ですが、条件が厳しく、また住宅の資産価値を計るために住宅にまつわる情報を裁判所に提出しなければなりません。
 

夫の給与明細・口座が必要ないこともある

主婦の方が、自己破産をする際に、裁判所へ旦那さんの給与明細・口座などを提出する必要があります。給与明細や口座を旦那さんに内緒で持ち出すのはさすがに難しいでしょう。

しかし任意整理では、あくまで借金を減額したい主婦の方と、専門家の間の契約で行われるため、依頼主が専門家への費用をまかなえるのであれば、旦那さんの給与明細の提出が求められないこともあります。
 

任意整理が借金へ与える効力

では任意整理が借金へどのような効果を与えるでしょうか。通常の任意整理は、専門家を介して、「過払い金発生による借金の減額」や、「減額後の借金の返済期間(3~5年間)」、「返済期間中の利息の免除」、「遅延損害金の免除」について交渉が行われます。(参照:「任意整理が借金に対してもたらす効果」)

遅延損害金:返済の延滞により生じる罰金。借入残高、延滞日数、金利に比例して高額になる。

過払い金とは、不当な金利で返済してしまった余分な利息であり、任意整理において過払い金の額に応じて借金を減額することができ、カードローンにおいて、2007年以前のキャッシング利用者の方に過払い金が発生している可能性が高いです。

またカードローンの利息が高額なあまり、返済しても元本が減らない主婦の方も多いと思いますが、返済期間中の利息を免除してもらえることで、総額で支払う利息を安く抑えることができます。

債務整理に不安を感じている方へ

費用以外にも債務整理にさまざま不安を感じているかと思います。なかなか踏み出しにくいでしょう。そんな人はまず、女性によくある質問を確認しましょう。

 

よくある質問を確認する≫

 

専門家費用を用意できない専業主婦が借金を整理するためには

もし専門家費用を工面するのがどうしても難しいと主婦の方が取るべき行動についてまとめました。
 

金融機関へ返済方法を交渉する

まずは、個人で借入先の金融機関へ返済方法の負担を減らす交渉をするのも一つの手です。最初は相談という体で窓口に行かれることをオススメしますが、金融機関側も親身に相談に乗ってくれるでしょう。

専門家が交渉した場合と比べると得られる効果は少なくなりますが、「返済の猶予」、「利息免除」で対応してもらった例もあります。
 

特定調停

裁判所の手続きになりますが、費用が工面できない主婦にとって特定調停を利用するのも一つの手段です。

特定調停とは、裁判所が指定した調停委員の仲裁の元、債権者(賃金業者)と話し合いを行うための手続きであり、調停委員が債権者との間を取り持つため専門家に依頼する必要がないため、裁判所への申立費用以外、費用がかかりません。

また、「過払い金発生による借金の減額」、「将来利息の免除」、「遅延損害金の免除」、「返済期間が3年」など任意整理と同様の効果が期待できます。

しかしながら、債権者側の同意の元に手続きが成立するため、任意整理と同様の効果が得られる確証はない上に、債権者が同意しなければ手続きは成立しません。また、裁判所の手続きであるため、自宅に特定調停の通知が郵送されるため、夫へ借金の事実を知られるリスクはあります。
 

法テラスの法律扶助制度を利用する

法テラスの法律扶助制度とは、法律の専門家費用を工面できない人が専門家費用を法テラスに立て替えてもらうための制度です。

また法律扶助制度を介して、専門家費用の内の着手金の減額、成功報酬金の免除などを受けることができますが、家計内の所得が低いことが条件になるため、扶養者(旦那さん)の収入が一定基準を上回っていた場合、利用することができません。

利用条件など詳しくは「民事法律扶助の利用」にて確認してください。
 

多額の借金を抱えた場合の解決策

もし任意整理をしても借金の解決ができないほどの借金を抱えている場合、旦那さんに内緒で借金問題を解決するのは不可能です。
 

旦那さんへの相談

そのため、まずは自分の手に負えないことが判明した段階で、旦那さんに借金の相談をすることから始めましょう。借金問題は後回しにするほど、問題が複雑になるため早めに借金の問題を打ち明けることが大切です。
 

借金返済方法を検討する

相談する上で、どのように借金を返済していくのか二人で話し合うことが必要ですが、旦那さんの収入と奥さんの収入を合わせて借金の返済が可能であるのなら、それに越したことはありません。

もし二人の収入を合わせても借金が返済できないのであれば個人再生と自己破産を検討しましょう。
 

個人再生

個人再生は、裁判所を介して借金を減額し、減額後の借金の返済計画をたてるための手続きです。借金の金額に応じて減額できる借金の額が高額になりますが、任意整理と異なり全ての債権者が個人再生の対象になります。

しかしながら、住宅ローンに関しては、住宅ローン特則を用いることで債務の対象から外すことが可能です。
 


▶▶個人再生が得意な弁護士・司法書士に相談する
 
 
 
 

 

自己破産

個人再生を用いても、借金問題を解決するのが難しい場合は、自己破産をするしかありません。自己破産は、裁判所の許可がおりれば全ての借金が免除されますが、その代わり手持ちの資産は没収されます。

住宅に関しても自分の名義でなかったとしても、処分される可能性が高いことからも、自己破産は借金を解決するための最終手段です。
 


▶▶自己破産が得意な弁護士・司法書士に相談する
 

 

 
 
 

 

まとめ

主婦の方が抱える借金の問題は様々ですが、問題を自覚した段階でできるだけ早く対処することをオススメします。

 

今回の記事を介して、主婦の方々が借金問題の解決する上で参考にしていただけたら幸いです。

 

 

【借金減額】今すぐ督促電話をとめて、返済期日を伸ばし、負担を大幅に減らす方法!

借金をしていてプレッシャーに感じるのは支払い期日ですよね。

もし滞納してしまったら督促状が家に届いて家族にバレる、電話が会社までくるのではないか。

そんな辛い思いをしていませんか?

でもご安心ください。

督促から解放される方法、債務整理ならいますぐ請求をストップし、借金を減額することができます。

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
借金問題に関する人気コラム
借金問題に関する新着コラム