2019.6.18

任意整理の減額シミュレーション|任意整理でいくら減額できる?

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
Pixta_48214277_s
「任意整理」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「任意整理」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Consult_btn

任意整理をすることで、最終的に支払う金額や毎月の返済額を減額することが可能です。この記事では、実際にどのくらい減額できるのかシミュレーションを行いました。

 

任意整理は、原則3~5年で返済することになりますが、交渉によっては5年以上の返済でも可能です。ただし、自身の収入と比較して返済に5年以上かかる場合は、併せて個人再生もご検討ください。

 

任意整理は、いま手元にお金がなくても行えます

弁護士費用を支払いえないと考えて、任意整理を含めた債務整理に踏み切れない方も多いですが、いま手持ちのお金が少ない、ほとんど無い場合でも依頼することは可能です。分割払いや後払いに対応している事務所も多いので、まずは費用のことも含めて弁護士に『無料相談』をしてみましょう。

分割払い・後払い対応可能な弁護士を探す

相談料無料・匿名相談OKの事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

いくら減額する?任意整理の返済シミュレーション

任意整理をすることでどのくらい返済できそうかシミュレーションを行いました。ただし、あくまでシミュレーションであり結果をコミットするものではないので、ご留意ください。

 

借金100万円の場合

【A子さんの借金状況】

  • 借金の残高が1社から100万円
  • 借り入れ利率:15%
  • 返済期限:3年(36回)

 

A子さんは、ストレス解消に買い物を繰り返すようになり、ついにキャッシングを利用するようになってしまいました。借金総額が100万円で、利率が15%の場合、3年で完済することになると毎月約3万4,000円を返済に充てなければなりません。また、利息を計算すると最終的な返済金額は124万7,934円です。

 

任意整理をすることで、利息分の24万7,934円をカットした上に、返済期間を5年に延ばすことで毎月の返済額を約1万6,000円まで減額させることが可能です。

 

【任意整理をすることで】

返済総額:124万7,934円→100万円

毎月の返済額:3万4,000円→1万6,000円

借金200万円の場合

【B太さんの借金状況】

  • 借金の残高が2社から100万円ずつ合計200万円
  • 借り入れ利率:15%
  • 返済期限:3年(36回)

 

B太さんは、会社の付き合いに参加しなければならず、次第に生活が苦しくなり、2社から借りては返す行為を繰り返していましたが、いつの間にか借金が200万円までふくれてしまいました。

 

2社からの借金合計200万円3年で完済するとなると、利率が15%の場合、毎月の返済額は約6万9,000円となり、最終的な返済金額は249万5,868円です。

 

任意整理をすることで、利息分の49万5,868円をカットした上に、返済期間を延ばし5年で返済できるようにすれば、毎月の返済を約3万円まで減額できますし、交渉し6年にできれば、毎月の返済額を約2万8,000円まで減らすことができます。

 

【任意整理することで】

借金総額:249万5,868円→200万円

毎月の返済額:6万9,000円→3万円(6年なら2万8,000円)

任意整理の費用相場

任意整理でかかる各費用相場についてまとめました。

任意整理にかかる費用

任意整理は裁判所を介しませんので、費用としては紙代や切手代などの細かい実費のみです。ただし、任意整理は債権者(お金を貸した人)と交渉しなければなりません。

 

より良い結果を得るには、弁護士・司法書士に代理交渉してもらうことが必要不可欠です。そのため、任意整理の費用とは、基本的に弁護士・司法書士への費用になります。弁護士や司法書士の費用には、「相談料」「着手金」「報酬金」「実費(手数料)」といったものがあげられます。

 

弁護士・司法書士費用の内訳

費用内訳について解説すると、以下の通りです。

 

  • 相談料…相談時に発生する費用を指します。無料の事務所も多くあります。
  • 着手金…任意整理の業務を弁護士や司法書士が受任した段階で発生します。
  • 報酬金…任意整理が終わった後、減額できた利息の何%といったような形で弁護士や司法書士に支払うお金のことです。
  • 手数料…任意整理における書類の取り寄せ費用・交渉のための交通費や、弁護士や司法書士が任意整理のために使った経費などを、着手金や報酬金の他に設定する場合があります。

 

では、具体的な費用相場を紹介します。

弁護士に依頼した場合の費用

弁護士に任意整理を依頼した際の着手金・報酬金の相場は次の通りです。

 

着手金

着手金は、1社ごとに平均2~4万円が相場となっております。しかし、返済額が多額であったり、交渉が難しかったりする場合には相場よりも高い着手金を必要とすることもありますので、弁護士にお問い合わせください。

 

報酬金

報酬金の相場は減額された額の10%が相場となっております。しかし、過払い金があった場合などの報酬は20%が相場となってきますので、まずは弁護士とご相談いただくことをおすすめいたします。

司法書士に依頼した場合の費用

司法書士に任意整理を依頼する場合には、一般的には弁護士よりも報酬金が少なくなることが多いです。これは、司法書士が、140万円以下の民事事件までしか扱うことが出来ず、弁護士よりも司法書士の方が扱える業務が狭いことが原因の一つとして考えられます。

 

ただし、任意整理の場合、弁護士と業務内容がほとんど変わりませんので、相場は弁護士と同じです。

任意整理の相談から解決までの流れ

任意整理の相談から解決までは以下のような流れで進みます。

弁護士・司法書士に相談

債務整理ナビ」より最寄りの弁護士・司法書士を探します。1社ごとの借り入れが140万円を超えている場合は弁護士へご相談ください。合計が140万円を超えていても、各借金額が140万円をしたまわっていれば、司法書士にも相談できます。

 

相談時には3点セットが必要

弁護士や司法書士に相談をする際には、「身分証明書」「任意整理をしたいクレジットカードやキャッシュカード」「印鑑」が必要です。

依頼後は「受任通知」の送達で催促がストップ

専門家に任意整理を依頼すると、その後の催促がストップします。弁護士や司法書士が任意整理の代理を受任すると、今後の窓口は専門家である弁護士や司法書士になります。

 

そのため、交渉などはすべて専門家が行うことになりますので、支払い催促や交渉などはすべて窓口である専門家とのやり取りとなります。任意整理をしたいご本人に支払い催促や交渉の日程調整などが直接来ることはありません。

弁護士・司法書士が交渉

弁護士や司法書士が任意整理の代理を受任すると、その後の窓口は弁護士や司法書士になります。そのため、分割払いの回数や、利息の減額、今後の支払い計画などはすべて専門家である弁護士や司法書士が交渉を行うことになります。

 

そのため、ご本人が直接やり取りをすることはございません。事前に専門家との打ち合わせを行っていく段階で、どれだけの返済能力があるのか、任意交渉での希望を専門家にお話しいただき、交渉は専門家にお任せください。

3~5年で弁済開始

任意整理を行うと、今までの借入金や遅延金を分割で返済していくことが一般的です。

相手が応じるか否か次第ではありますが、基本的には3年(36回払い)となりますが、交渉次第では5年以上(60回払い)の支払いもできます。

 

しかし、あまり返済期間が長いとそれだけ精神的な負担になりますので、3~5年で弁済できるような返済計画がベストでしょう。

 

任意整理の場合、返済計画も任せることができますが、毎月いくら支払いたいなどの希望があれば、弁護士・司法書士にご相談ください。

まとめ|借金額が多い人は個人再生も検討する

任意整理により相手と妥結できれば、通常は3~5年の間で債務を分割返済していくことになりますので、月々の返済計画が立てやすく、手続きも非常に楽なのが特徴です。

 

そもそもの債務が大きい場合には、任意整理を行っても月々の返済計画が立てられない場合もあります。その場合には、負債の額を減らすなどの方法が可能な個人再生を検討する必要があります。

 

この手続きでは、任意整理に比べて時間と手間がかかりますが、任意整理よりも大きな効果を得ることが出来る可能性もあるため、任意整理か個人再生かは負債の額月々の返済可能額などを踏まえて検討する必要があります。

任意整理は、いま手元にお金がなくても行えます

弁護士費用を支払いえないと考えて、任意整理を含めた債務整理に踏み切れない方も多いですが、いま手持ちのお金が少ない、ほとんど無い場合でも依頼することは可能です。分割払いや後払いに対応している事務所も多いので、まずは費用のことも含めて弁護士に『無料相談』をしてみましょう。

分割払い・後払い対応可能な弁護士を探す

相談料無料・匿名相談OKの事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
任意整理に関する人気コラム
任意整理に関する新着コラム