更新日:

任意整理中の制限一覧と注意点まとめ

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
任意整理中の制限一覧と注意点まとめ
注目
任意整理でお急ぎの方へ
Cta ballon icon
何度でも
相談無料
Vertical line
Cta bill icon
後払い
分割払いOK
Vertical line
Cta calender icon
夜間・土日
相談OK
任意整理の無料相談先を探す
Cta magnifying glass icon
任意整理の
無料相談先を探す
※一部事務所により対応が異なる場合があります

任意整理中には「クレジットカードが持てない」「ローンが組めない」など、幾つか制限が設けられています。

今回の記事では、任意整理中に「何ができて」「何ができなくなるのか」を主にまとめていきたいと思います。

任意整理を検討中の方へ

任意整理は直接債権者と交渉をする手続きです。

そのため任意整理を円滑に進めるためには、弁護士選びが重要になります。

任意整理が得意な弁護士を探している方には、ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)がおすすめです。

ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)には、任意整理が得意な弁護士事務所を多数掲載しております。

さらに初回相談無料や電話相談、夜間対応が可能な事務所などを探すこともできます。

まずは下記から、あなたのお悩みをご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
任意整理に強い弁護士を探す

任意整理中の制限一覧

任意整理では手続後の返済期間も3年~5年と長期間に及ぶので、月々の返済は楽になります。

しかし、この任意整理中には様々な制限(行えないこと)が設けられることになります。以下に、この制限についての詳細を記載していきましょう。

ブラックリスト状態の5年間は制限がかかる

債務整理を行うと、個人信用情報機関に事故情報として記録されることになります。この状態のことをよく「ブラックリストに載った状態」と表現されています。

≪債務整理を行った場合の事故情報登録期間≫

  • 自己破産:5~10年
  • 個人再生:5~10年
  • 任意整理:5年

任意整理の場合はこの5年が経過するまでは、新規カード発行やキャッシングを含め、お金を借りるという行為そのものが行いにくくなります。

しかし裏を返せば、それ以外に影響は全くありません。

クレジットカードの発行が出来ない

クレジットカード会社は、利用者に対する適正な審査&与信判断(相手先の財務状況などに基づき、融資の可否を判断すること)のために、最低ひとつは個人信用情報機関に加盟しており、その個人信用情報機関を見れば過去の債務状況や延滞状況など様々なことがわかるようになっています。

クレジットカードは「信用」の上で成り立つものですから、クレジットカード会社側は、債務整理によって自社に不利益を与えかねない人のリストを判断基準にし、信用に値するという判断がなされない場合は、当然審査落ちという結果に繋がってしまいます。

クレジットカードを持ちたい人への代替え案

カードで決済を行う方法は確かに便利ですが、クレジットカードを使用することは出来ません。しかしデビットカードならば、個人信用情報機関を使った審査がないので問題なく使用することが出来ます。

デビットカードは普通のクレジットカードと使い方は同じですが、銀行口座に必要な残高がなければ買い物ができない仕組みになっています。

もちろん、通販やカード支払い限定の買い物も行えます。

奨学金の連帯保証人になることが出来ない

個人信用情報機関に登録され、その情報が共有されることで保証人適格を欠くと判断され、審査に通らない可能性が高いです。

各種ローンを組むことが出来ない

銀行ローン、住宅ローン、おまとめローンなど、様々なローンがありますが、これも同様に“お金を前借りする仕組み”つまり借金をすることと同義語になります。

債務整理を行い自己情報が掲載されている人というのはそれだけお金に困っているということですから、このような“お金を貸しても返済の保証がない人”に対しては貸す側も首を横に振るしかなくなるのです。

任意整理中の制限が許容できる方は任意整理を検討しましょう

借金問題でお悩みの方で、上記でお伝えしたような任意整理中の制限を問題なく受け入れられる方は、任意整理を本格的に検討されることをおすすめします。

まずは専門家への無料相談を行うことで、具体的な解決のステップを踏みましょう。

任意整理中でも借り入れが出来る可能性もゼロではない

借り入れは絶対出来ない、ということではありません。条件が合い、借り入れ可能な業者が見つかれば、可能性はかなり薄いですが0%ではありません。

借り入れ可能な条件

まず、お金を借りる上での最低条件として、以下が挙げられます。

  • 18歳以上できちんと働いていること
  • ブラックになってからの返済はきちんと行っていること
  • 連絡を取り合えること

この条件を満たすことに加え、自分に有利な審査基準の金融業者をリサーチし、そこから借り入れを行うことがポイントになります。

借り入れ可能な業者

金融業者の中には審査基準で職種や勤務期間を問わないところがあります。こういった審査基準を設けている金融業者の中には、ブラックリストの人でも中堅クラスの会社なら審査に通ることができる可能性があります。

大手の消費者金融ではなく比較的審査基準が甘い「街金」(まちきん)と呼ばれる中小の消費者金融に絞って探してみると良いでしょう。しかし、借金をしたことで任意整理を行っているわけですから、また新たに借り入れを行うようなことは、本当に緊急時以外は極力避けるようにしましょう。

任意整理中の人が気をつけるべき注意点

様々な制限を設けられる中で、任意整理中の人はどのような点に気をつけるべきか、以下にまとめました。

審査に通らないからと言って理由をしつこく問わない

「なぜ審査が通らないの?」「納得できるように理由を教えてほしい」などと、クレームのような電話をかけるようことはやめましょう。

コール先の社内データベースに“ブラック扱い”として登録されてしまいます。

そうなった時点で、仮に審査に通過できる状態になったとしても、カード発行やキャッシングはほぼ100%不可能となってしまいます。

借り入れを行いたい一心で収入偽装をしない

借り入れの際、申込書を作るにあたり、多少多めに年収を記載しても金融機関にはバレないだろうと考える人は多くいます。

しかし、年齢や勤務している会社のランク、勤続年数などを聞けばだいたいの年収は分かってしまいます。

嘘を書いたということで信用がなくなるわけですから、その後も当然お金を貸してくれなくなります。

複数のキャッシング会社に申し込まない

通常、カードローンの申込をすると、個人信用情報機関を通じて、すぐに審査担当者が確認することができます。

他社でも貸してもらえなかった・規制を超えて使用する可能性がある・貸し倒れのリスクがあるなどの理由で審査に落ちる可能性がさらに高くなります。

闇金から借り入れを行わない

債務整理を行ったことで、カードの発行や借り入れに制限を設けられた人を対象に、違法金利でお金を貸し付ける業者がいます。

この業者は「闇金」(やみきん)と呼ばれ、一度でもお金を借りてしまうと恐ろしい取り立てに遭うことになりますので、絶対に借り入れを行わないようにしましょう。

これから任意整理を検討すべき人

今ある借金をどうにかしたい、でも自分が行うべき債務整理の方法がわからない、という人はたくさんいるかと思います。

そこで、以下に任意整理に向いている人の特徴をまとめてみました。

借金額が少ない

任意整理では、自己破産のように借金をゼロにすることも、借金額を大幅に減額することは出来ません。

したがって、ローン残額がそのまま残ってしまうことのほうが多いです。すると、多額の借金がある場合にはその全額の支払いが必要になるので、手続後の残債の返済が困難になります。

任意整理を利用すると、利息の支払いはカット出来ますが、元本が大きすぎると利息だけのカットでは整理しきれないことになります。よってもともとの借金額が少ない人に向いています。

最低限の返済能力がある

任意整理後には、冒頭に記述したとおり債権者に対して返済が残るので、その返済資金が必要になります。

よって、全くの無収入の場合などには任意整理を利用することは出来ません。同様に、生活保護の場合には、生活保護費から借金返済することが禁じられていますので、やはり任意整理を利用することが出来ません。

尚、年金受給者やアルバイト生活の場合は任意整理が可能で、任意整理後の返済は必ずしも自分の収入でなくてもかまいません。例えば専業主婦であっても、夫の給料から返済することも可能です。

車のローンがある|保証人になっている

車のローンがある場合に自己破産や個人民事再生などの債務整理手続きを利用すると、ローン会社に車が引き上げられてしまいます。

また、実家の両親に保証人を頼んでいる場合など、その保証人つきの借金を債務整理すると、債権者は保証人に対して請求をするので保証人に迷惑がかかってしまいます。

この点、任意整理なら対象とする債権者を選ぶことが可能なので、車のローン会社や保証人つきの借金を外して手続きすることが出来るのです。

したがって任意整理であれば所持している車を守ることが出来ますし、保証人に迷惑をかけることを避けることも可能です。

まとめ

現在、日本には200~300万人もの人が、借金問題で悩んでいると言われ、その中には自殺や夜逃げをする人もおり、専門家に相談して借金の整理をする人はほんの一部といえます。

しかし、その人の借金額や返済能力に合わせて行える解決方法がたくさんあります。まずは無料相談からでも、専門家に借金の相談を行ってみると良いでしょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債務整理で
任意整理に強い弁護士を探す

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 
 ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)では、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
Office info 202306051503 77971 w220 【メール・LINE予約24H受付中】司法書士法人ホワイトリーガル

全国対応】【ご相談・着手金0円|返金保証制度◎|特別割引制度◎「依頼して良かった」と感謝のお声を沢山いただいております◆経験豊富な先生が、あなたの代わりに借金問題を1日も早く解決!≪24年間で26,200件の解決実績≫

事務所詳細を見る
Office info 202206101545 19741 w220 【全国対応】立川支店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
Office info 202206101545 19741 w220 【全国対応】池袋本店 アディーレ法律事務所

【全国65拠点以上】【法律相談実績90万人以上】【周りに知られずに相談OK】はじめの一歩は弁護士への無料相談!あなたの街のアディーレに、何でもお気軽にご相談ください

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険をご存知ですか?

いつ起きるかわからない法的トラブル。弁護士費用の準備はできていますか?

答えがNoの方、ベンナビ弁護士保険が役立ちます。

Cta_merci

弁護士への依頼費用は数十万~数百万円かかりますが、ベンナビ弁護士保険(月2,950円)に加入しておくことで、弁護士費用の補償が受けられます。

  • 保険料は1日あたり約96円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

補償対象となる家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月590円(2,950円÷5人)。労働問題、ネット誹謗中傷、近隣トラブルなど様々な法的トラブルに対応しています。

補償内容、付帯サービスをまとめた資料の請求はWEBから。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

任意整理に関する新着コラム

任意整理に関する人気コラム

任意整理の関連コラム

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたをベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)の弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事はベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ債務整理(旧:債務整理ナビ)に掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。