任意整理後も住宅ローンを利用したい方必見!審査で通るには?

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二
監修記事
Old_house_hires
「任意整理」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「任意整理」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Consult_btn
任意整理後は、住宅ローンを一生利用できないってホント?

いいえ、そんなことありません!

 

ただ、5年程度は信用情報機関に事故情報として登録されてしまう(いわゆるブラックリスト入り)ため、その間に新規の借入れやクレジットカード発行、ローンを組むことができなくなります。

任意整理後も住宅ローンを利用する方法はあります。この記事では、任意整理後の住宅ローンについて詳しくご紹介します。

 

任意整理を検討している人は、この記事を読むことで誤解が解け、安心できるのではないでしょうか。

 

無理なく借金を返済しませんか?

任意整理は、日常生活に影響を与えません。そのため、貯金をしながらでも借金を返済することができます。

まずは、収入状況などを債務整理の専門家にご相談ください

 

任意整理を検討中の方へ

借金の返済を少しでも負担に感じたら、できるだけ早い段階で弁護士司法書士といった借金問題の解決が得意な専門家に依頼することが解決への近道です

 

専門家への依頼では、以下のようなことが望めます。

 

  1. 業者との関係を断ち切れる
  2. 催促・取り立てを最短即日で止められる
  3. あなたに最適な債務整理を提案してくれる
  4. 過払い金が見つかる可能性がある
  5. 将来分の利息をカットできる
  6. 返済計画を一緒に考えてくれる

 

借金原因は問いません。ひとりで悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。

分割払い・後払い対応可能な弁護士を探す

相談料無料・匿名相談OKの事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【注目】1社からの借金額が140万円以下なら、司法書士への相談がお得!

まずは、無料相談をご利用ください

任意整理と住宅ローンの関係

まずは、任意整理と住宅ローンの関係についてご説明いたします。

 

任意整理後は5年程度は住宅ローンを利用できない

最初にもお伝えした通り、任意整理後は5年程度ですが住宅ローンを利用することができません

 

また、このような情報は共有されますので、どこの住宅ローンでも、基本的に審査で落とされてしまいますので、ご注意ください。

 

現在住宅ローンを利用中の場合

任意整理の対象とする借金を自分で選択することができます。

 

この場合は住宅ローンだけを任意整理の対象から外すことで、持ち家は手放さずに借金だけを減額することができます。

 

任意整理を検討中の方へ

任意整理をすることで、今後の利息をカットし、業者からの催促に怯えることのない返済を実現できます。

また、債務整理の中でも1番規制が少ないため、任意整理後の生活に大きな影響を与えることはありません。

どのくらい楽になるのか、まず弁護士への無料相談でお尋ねください。

住宅ローンの審査とは

住宅ローンは、事前審査と本審査の2段階で融資するか、しないかを判断します。

 

1.事前審査(仮審査)で基準を超えているか判断される

事前審査として、以下のような項目が申込先金融機関で審査されます。

 

  • 住宅ローンを申し込んだ本人の年収、勤務先、勤続年数
  • 本人の信用情報(いわゆるブラックリスト)
  • 各種公共料金や年金などの未払い・滞納の有無
  • 借入時年齢、返済負担率、担保評価
  • 本人の健康状態(団体信用生命保険加入の必要がある場合)

 

任意整理をした方は、基本的にこの段階で融資不可として、審査に落ちるでしょう。ただし、会社によって何を基準に融資の可否を判断しているかは公表されていません。

 

2.本審査で返済能力をチェックされる

本審査では、主に支払い能力を破断しています。こちらも会社によって何を基準に判断しているかは公表していません。

 

ただ、任意整理後5年以内の場合、一定の貯金や収入があっても融資されない可能性もあり得ます。

 

任意整理を検討中の方へ

任意整理をすることで、今後の利息をカットし、業者からの催促に怯えることのない返済を実現できます。

また、債務整理の中でも1番規制が少ないため、任意整理後の生活に大きな影響を与えることはありません。

どのくらい楽になるのか、まず弁護士への無料相談でお尋ねください。

任意整理後に住宅ローンを組むためのポイント

住宅ローンを組むためのポイントをご紹介していきます。

 

1.頭金を充分準備する

頭金を多く積むと、審査に通りやすい傾向があるようです。一括で支払えるだけの貯蓄や金銭的な体力があることが重要になるといえます。

 

住宅ローン審査の際に重要な判断の目安のひとつとなるのが、融資比率返済比率です。

 

①融資比率

購入したい住宅や建物の価格に対してどの程度の借入をするかの割合を示したものです。

 

例えば、5,000万円の住宅を頭金として2000万円、住宅ローン3,000万円で購入した場合の融資比率は、3,000万円÷5,000万円×100 = 60%になります。

 

一つの目安として融資比率は80%以下だと優良顧客と言われています。つまり、頭金を20%用意できれば、審査を通る可能性がそれだけ高くなることになります。

 

②返済比率

年収(税込)に対して、住宅ローンを年間に返済する割合を示した数字になります。例えば、年収800万円(税込)の方が、月の返済で15万円のローンを組んだ場合、年間返済額は180万円となります。

この場合、返済比率は180万円÷800万円×100=22.5%になります。

返済比率は低ければ低いほど収入に余裕ありとして見られます。返済比率の目安は25%未満であれば良いとされているため、住宅ローン返済は税引き前の年収の4分の1相当が良いのではないかと思います。

 

2.債務整理した会社とは違う銀行を利用する

任意整理後は、任意整理をした金融期間とは関係のない銀行口座を開設して、貯蓄をしておくことがちょっとしたコツになります。

 

住宅ローン検討する際はその口座を利用することで審査通過率が上がるケースもあります。

 

逆に同じ金融機関へのローン申請は、5年を経過していても厳しいことがありますので、避けるのが賢明でしょう。

 

3.審査のゆるい金融機関を利用する

一般的に審査が比較的緩いと言われている金融機関を利用するのも手です

 

新生銀行と楽天銀行は銀行系の中でも比較的審査が緩い傾向にあり、実際にパートやアルバイトでも継続した収入があれば審査が通るケースがあるようです。

特定の銀行がどのグループに所属するのかを把握しておくことで、今後の住宅ローンの扱いが有利に動くこともあります。

 

ただ、審査のゆるい金融機関は、金利が高いケースがほとんどですので、金利は絶対に確認するようにしましょう。

 

4.家族の他の人名義にする

配偶者や家族の金融事故は住宅ローンの審査に影響しません。

 

そのため、家族の中に正社員として安定収入がある方がいれば、住宅ローンの名義をその方に移すことも有効です。

 

一概にどの程度の安定収入があれば審査に通るのかは明確ではありませんが、収入や勤務先の情報を参考にしているのであれば、少なくとも自分よりは返済能力があると判断されるはずです。

 

5.任意整理後5年以上経ってから個人信用情報を開示する

住宅ローンの審査落ち履歴を残してしまうと、その後に他の金融機関で審査を通すのが難しくなることがあるので、住宅ローンの申込み前には個人信用情報を開示しておきましょう。
 

信用情報機関では「本人開示制度」というものがあり、自分がどのように登録されているのかを確認することができます。

 

信用機関名

概要

開示方法

KSC
(全国銀行協会)

銀行系カードローン等の事故情報などが記録される信用情報機関

郵送のみ

JICC
(日本信用情報機構)

消費者金融系の事故情報などが記録される信用情報機関

窓口、電話、郵送など

株式会社CIC

クレジットカード系の事故情報が記録される信用情報機関

窓口、郵送、インターネット

 

つらい月々の返済にお悩みの方へ

任意整理をすることで、今後の利息をカットし、業者からの催促に怯えることのない返済を実現できます。

また、債務整理の中でも1番規制が少ないため、任意整理後の生活に大きな影響を与えることはありません。

どのくらい楽になるのか、まず弁護士への無料相談でお尋ねください。

まとめ

住宅ローンも、一度落ちてしまったらその後永久に利用できないものではありません。一定期間を経て改めて審査を申し込めば、住宅ローンを組める場合もあります。

 

もちろん、任意整理の対象とした金融機関以外の住宅ローンを利用することが大前提となりますが、諦めずに的を絞って審査に申し込むことがお勧めです。

 

早く借金を完済したい・

利息を増やしたくない方へ

借金の返済を少しでも負担に感じたら、できるだけ早い段階で弁護士司法書士といった借金問題の解決が得意な専門家に依頼することが解決への近道です

 

専門家への依頼では、以下のようなことが望めます。

 

  1. 業者との関係を断ち切れる
  2. 催促・取り立てを最短即日で止められる
  3. あなたに最適な債務整理を提案してくれる
  4. 過払い金が見つかる可能性がある
  5. 将来分の利息をカットできる
  6. 返済計画を一緒に考えてくれる

 

借金原因は問いません。ひとりで悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。

分割払い・後払い対応可能な弁護士を探す

相談料無料・匿名相談OKの事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【注目】1社からの借金額が140万円以下なら、司法書士への相談がお得!

まずは、無料相談をご利用ください

 
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
任意整理に関する人気コラム
任意整理に関する新着コラム
  • この記事では、東京や神奈川、福岡など、全国に点在する任意整理の無料相談窓口をご紹介しています。また、任意整理のメリット・デメリット・依頼をおすすめする理由、弁護士に依頼する場合の費用、流れ、その他の債務整理についてもご説明していますので是非ご覧ください。
  • 任意整理は弁護士に相談・依頼することで実務上あなたが行うことはほとんどありません。この記事では、もっと詳しくメリットや費用についてご紹介します。
  • 任意整理後に滞納してしまった場合は、まず債権者に連絡しましょう。そうしないと一括返済を求められることがあります。この記事では、任意整理後に滞納した際に起こること、任意整理後に延滞しそうな場合・任意整理後に返済が困難になったときの対処法などをお伝えしています。
  • 任意整理をしても、基本的に賃貸契約することはできますが、できないケースもあります。この記事では、任意整理後に賃貸契約ができないケース、賃貸契約以外で気をつけること(制約)、弁護士・司法書士に依頼するメリット・依頼費について解説しています。