カードローンの返済方法と利息の負担を減らすための知識

~いざという時の備えに~債務整理コラム

 > 
 > 
 > 
 > 
カードローンの返済方法と利息の負担を減らすための知識
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2018.7.10
借金返済 弁護士監修記事

カードローンの返済方法と利息の負担を減らすための知識

Building3-1-1

カードローンは審査条件が緩く、コンビニのATMで返済できる便利なサービスですが、計画的に返済を行わないと元金がなかなか減らず高額な利息を支払うことになってしまいます。

 

この記事では、計画的な返済を行うために必要なカードローンの返済方法や返済方式、効果的に完済するために必要なこと、返済に困ったときの対処方法を紹介します。

 

カードローンの基本的な返済方法

まずは、カードローンの基本的な返済方法を紹介します。

 

ATM

最も一般的な方法は銀行やコンビニに設置されたATMで返済する方法ですね。手数料として100~200円が発生しますが、コンビニのATMは利便性が高く、時間を選ばず返済できます。

 

ネットバンキング

ATMまで行って振り込む手間を惜しむのであれば、ネットバンキングを利用すればインターネット上で返済できます。カードローンを提供する銀行と、ネットバンキングを提供する銀行が異なる場合は、手数料が高くつくので、ネットバンキングを利用する場合は、ご利用のカードローンと同一の銀行のネットバンキングを利用しましょう。

 

口座引き落とし

口座引き落としを利用すると、決められた返済額が、毎月決められた日に口座から引き落とされます。払い忘れもなく、延滞料などの無駄なお金を払うことも避けられます。

 

 

カードローンの返済方式

カードローンの利用者は、毎月決められた金額を返済しなければなりません。

 

毎月の返済額は、

  • 元金均等返済
  • 元利均等返済
  • リボルビング方式

のうち、いずれかの返済方式によって算出します。以下、各返済方式の内容について確認していきましょう。

 

元金均等返済

元金均等返済は、返済回数が決められていて、返済額が返済残高に応じて変動する返済方式です。返済を重ねるごとに返済額が少なくなります。

 

元利均等返済

元利均等返済は、返済回数が決められていて、返済額が一定の返済方式です。返済額が一定であるため利用者の負担が少ない返済方式ですが、その分、返済総額が高くなります。

 

リボルビング方式

リボルビング方式とは、上限額以下であれば、何度でも借入することができる返済方式です。

リボルビング方式は複数種類に分類できます。各リボルビング方式の特徴については以下でまとめました。

 

元利低額リボルビング方式【返済額:一定の金額】

元利低額リボルビング方式は、毎月の返済額が一定であるリボルビング方式です。返済の負担が少なくなりますが、元金の減りは遅くなります。

 

元金定額リボルビング方式【返済額:一定の金額+利息】

元金定額リボルビング方式は、『一定の金額+利息』が返済額になるリボルビング方式です。元金から一定の金額を減らすことができるため、返済計画が立てやすくなります。

 

《例》固定額5,000円、金利15%、借入残高10万円
返済額=5,000円+10万円×15%/12ヶ月=6,250円

 

元利定率リボルビング方式【返済額:借入残高×〇%】

元利定率リボルビング方式は、借入残高に一定の割合をかけた金額が返済額になるリボルビング方式です。

 

《例》借入残高10万円、一定の割合5%
返済額=10万円×5%=5,000円

 

元金定率リボルビング方式【借入残高×〇%+利息】

元金定率リボルビング方式は、『借入残高×一定の割合+利息』が返済額になるリボルビング方式です。

 

《例》借入残高10万円、一定の割合5%、金利15%
返済額=10万円×5%+10万円×15%/12ヶ月=6,250円

 

残高スライド定額方式

残高スライド定額方式は、借入残高に応じて返済額が段階的に設定されているリボルビング方式です。

 

 

カードローンで借りたお金をなるべく早く完済するためには?

カードローンは利用者にとって便利な反面、計画的に利用しなければ元金がなかなか減らなくなります。以下、カードローンで借りたお金を効果的に返済する方法を紹介します。

 

借入前に返済計画を立てる

カードローンで効果的に返済するためには、カードローンで借入をする前に、返済の計画を立てましょう。そのためには、毎月、支払うことができる返済額と、いつまでに返済したいのか(返済期間)をはっきりさせる必要があります。

 

カードローンによっては、公式サイトを介して返済額、返済期間のシミュレーションができます。ご利用のカードローンの公式サイトでシミュレーションができたらやってみましょう。

 

《例》三井住友銀行の場合

引用:返済シミュレーション|三井住友銀行

 

また、返済計画に関して、以下の記事も参考にしてください。

 

【関連記事】
借金返済計画|効果的な返済方法のまとめ

 

返済は給料日直後に行う

計画どおりに返済できる自信がない方は給料日直後に返済しましょう。先に返済を済ませておけば、延滞のリスクを避けることができるからです。

 

延滞をすると延滞日数と借入残高に応じて遅延損害金が課されます。遅延損害金の金利は、通常の借入よりも高く設定されていることが多いので延滞は避けるべきです。

 

また、カードローンによっては返済日を指定できるので、指定できる場合は給料日直後に返済日を指定しましょう。

 

余裕があるときは繰り上げ返済する

返済日に決められた額の返済を行うことを約定返済(やくじょうへんさい)と呼び、返済日に関係なく臨時返済することを繰り上げ返済と呼びます。

 

繰り上げ返済をすると返済期間が短縮される上に返済総額も減るので、生活に余裕のある月は積極的に繰り上げ返済をしましょう。

 

参考:繰り上げ返済とは?リスクを回避した上でメリット大で効果的な利用方法

 

 

返済が困難な場合の対処方法

先ほどお伝えしたとおり、返済が遅れると遅延損害金が課されます。延滞が続くとさらに以下のリスクがあります。

 

  • カードローンを強制解約される
  • 信用情報機関に個人情報と事故情報が掲載されるため、借入やクレジットカードの発行が難しくなる(▷詳細)
  • 『借入残高+遅延損害金』の全額を一括で請求される
  • 差押えを受ける(▷詳細)

延滞はなるべく避けるべきですが、中には返済が難しい方もいるでしょう。

 

ご利用のカードローンの金融機関へ相談する

もし支払いが難しいと感じたらご利用のカードローンの金融機関の相談窓口へ相談しましょう。

返済の意思を見せれば負担の少ない返済方法を提案してくれるかもしれません。

 

債務整理を検討する

もし相談しても返済の負担が減らない場合は債務整理を検討しましょう。債務整理とは、交渉や裁判所を介して返済の負担を減らす手続きです。

 

債務整理は、大きく任意整理、個人再生、自己破産の3つに分類できます。

 

  • 任意整理:返済の負担を減らす目的で金融機関と返済方法に関して交渉すること
  • 個人再生:裁判所を介して借金の減額、減額後の借金の返済プランを立てるための手続き
  • 自己破産:裁判所を介して借金そのものを全額免除するための手続き

※リンクをクリックすると詳細へ飛びます。

 

どの方法が適しているのかは、借金、収入の状況によって異なります。

 

自身に合った借金問題の解決方法を知りたい方は「債務整理とは|メリット・デメリットをわかりやすく解説」を参考にしてください。

 

また、弁護士に相談すると過去の事例や専門知識を元に、相談主に最適の解決方法を提案してもらえます。無料相談を実施している法律事務所もありますので、一度、弁護士に相談してみるのもよいでしょう。

 

まとめ

カードローンは使い勝手がいいサービスですが、計画的に利用しないと後で自分の首を絞めることになります。計画的にカードローンを利用する上で本記事を参考にしてくださいね。

 

この記事を監修した法律事務所

Thum_umezawa
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

借金返済に関する新着コラム

借金返済に関する人気のコラム


借金返済コラム一覧へ戻る