リボ払いの借金地獄を終わらせる方法|返済シミュレーションもチェック

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
Img_1547082248

「リボ払いの返済がいつまでたっても終わらない…」

「リボ払いの返済でどんどんお金が減っていく…」

 

このような方は珍しくありません。しかし、ご安心ください。この記事では、終わりの見えないリボ払いで困窮している方のために、

 

  • リボ払いの仕組み
  • リボ払いについて相談できる相手
  • 返済を終わらせる方法
  • 債務整理の内容
  • 債務整理を弁護士に依頼するべき理由
  • 弁護士に債務整理を依頼した事例

 

などをご説明しています。際限ないリボ払いを解決したい方は、ぜひご覧ください。

 

リボ払いの返済が終わらない理由

「長いことリボ払いの返済をしているのに、まだ終わらない…」。近年、このような方が増えています。特に、リボ払いの仕組みを知らずに利用してしまった方に多いようです。

 

リボ払いは、返済期間が長引くほど利息が高額になる『年利』というシステムを採っているため、このような事態が発生していると思われます。

 

リボ払いと年利についてご説明していきます。

 

リボ払いで利息が付く仕組み

リボ払いの『リボ』は『リボルビング』の略ですが、これはクレジットの利用形式の一つです。

 

利用者は、返済回数は決めずに、利用限度内でカードを使用でき、月々一定額、または残額に対する一定割合の額を返済します。その代わり、15%の年利(1年間で支払う利息の割合)がつきます。

 

年利は、分割払いの回数に応じて利息が高くなるシステムで、12回の分割払いをする際は利息の割合が最大になり、逆に一括で支払う際は、利息が最小になります。

 

さらに、利息は借り入れの額に比例するので、リボ払いでは高額な支払いを長期間に渡って分割しようとすると、莫大な利息がついてしまうのです

 

リボ払いでつく利息 

年利は、返済期間に比例して利息が高くなるシステムであることをお伝えしました。では、年利を採っているリボ払いでは、どれくらいの利息がつくのでしょうか。

 

下表は、年利が15%のリボ払いでは、返済月数に応じて利息が高くなることを示したものです。リボ払いの利息は、15÷(12ヶ月/返済月数)で求めることができます。

 

例えば、返済月数が6ヶ月だとすると、15÷(12ヶ月/6ヶ月)=7.5%の利息がつきます。

 

返済月数

利息

1ヶ月

1.25%

2ヶ月

2.5%

3ヶ月

3.75%

4ヶ月

5%

5ヶ月

6.25%

6ヶ月

7.5%

7ヶ月

8.74%

8ヶ月

10%

9ヶ月

11.25%

10ヶ月

12.5%

11ヶ月

13.75%

12ヶ月

15.0%

 

リボ払いで10万円の買い物をした場合の恐ろしいシミュレーション

リボ払いの危険性を理解するために、10万円の商品を12ヶ月に渡って分割払いをする場合を考えてみましょう。この場合、以下の通り利息がつき、返済額が激変します。

 

【利息額】

100,000(商品の代金)×{15÷(12/12)}(利息の計算式)=15,000円

 

【返済金額】

100,000(商品の代金)+15,000(利息)=1,15,000円

 

上述の通り、利息は借り入れの額に比例するので、もし100万円の借り入れを同じ条件で返済しようとすると、15万円もの利息がつくことになります。これではリボ払いの返済が終わらないのも無理はありません。

 

リボ払いへの対処は早ければ早いほどよい

高額なリボ払いの返済をしている途中で対処をしても、それまでに支払った利息は戻ってきません。そのため、早く対処しなければ損をしてしまいます。以下では、リボ払いについて相談できる相手をご紹介しますので、速やかに対応しましょう。

 

女性が安心して債務整理したいなら

費用以外にも債務整理にさまざま不安を感じているかと思います。なかなか踏み出しにくいでしょう。そんな人はまず、女性によくある質問を確認しましょう。

 

よくある質問を確認する≫

 

リボ払いの返済について相談できる相手

以下は、リボ払いについて相談できる相手です。ほとんどの場合、相談は無料でできるので、安心してご利用ください。また、相談時には、こちらを持参すると、具体的な解決策が見えてきます。

 

弁護士

弁護士は借金問題に精通している法律家なので、相談すれば適切なアドバイスをもらえます。また、相談時に正式に依頼をすることも可能です。

 

当サイトでも借金問題を手掛けてきた弁護士をご紹介しているので、お気軽にご相談ください。

 

司法書士

借金問題を相談できる法律家としては、弁護士のほかに司法書士も挙げられます。弁護士同様、相談時に正式に依頼することができます。依頼費は弁護士より安く設定していることが多いのもポイントです。

 

司法書士ではなく弁護士に相談したほうがいい場合

原則として、司法書士は借金が1社あたり140万円を超える案件には対応できません。もし1社からの借り入れが140万円以上あるなら、弁護士に相談しましょう。

 

 

法テラス

法テラスは『日本司法支援センター』の略称で、法律トラブルで困っている人を支援する国の機関です。一般の方も利用できます。

 

相談方法や受付時間は、法テラスの公式HPをご覧ください。

 

リボ払いの返済を終わらせる方法

リボ払いは早めに手を打ったほうがいいとお伝えしましたが、どのように対処すべきなのでしょうか。

以下では、過大な負担となっているリボ払いを解決する方法をご紹介します。

 

債務整理(さいむせいり)を行う

債務整理は過剰な借金を整理することです。債務整理には、任意整理個人再生自己破産があり、広義には過払い金請求も含みます。

 

債務整理は、リボ払いで困窮している方の多くが利用している借金削減方法です。

 

債務整理の詳細については、下記「債務整理(さいむせいり)でリボ払いの連鎖を打開」をご覧ください。

 

分割払いから一括払いに変更する

上記「リボ払いでつく利息」でも既述した通り、リボ払いは、返済期間が長くなるほど利息が高額になり、短くなるほど低額になります。

 

よって、分割払いから一括払いに変更すると、一回に支払う額は激増しますが、支払い後は高額な利息を支払わずに済みます。

 

変更を希望する場合は、カード会社に連絡してみてください。ただし、カード会社によっては、変更ができないこともあります。

 

毎月の返済額を大きくする

毎月の返済額を大きくすれば、返済期間を短縮できるので、支払う利息も小さくなります。返済額の変更を希望する場合も、カード会社に連絡してみましょう。ただし、カード会社によっては、変更できないこともあります。

 

繰り上げ決済をする

『繰り上げ決済』とは、毎月支払っている金額とは別に、利息を含まない元の金額(元金)の一部またはすべてを返済する方法です。元金を支払うと、その分返済期間が短縮するので、利息を減らすことができます。

 

低金利カードローンに切り替える

『低金利カードローンに切り替える』とは、低金利のカードローンから新規の借り入れを行い、リボ払いを完済する方法です。ネット系のカードローンは7~9%の低金利で利用できるため、リボ払いでついた利息を払い続けるよりも負担が軽くなるケースがあるでしょう。

債務整理(さいむせいり)でリボ払いの連鎖を打開

上記「債務整理(さいむせいり)を行う」でご説明しましたが、債務整理は過剰な債務を整理する方法であり、場合によっては借金を大幅に削減でます。

 

以下では債務整理について大まかにご紹介しています。ご自身にどの債務整理の方法が適しているか知りたい方は、弁護士に相談したり、債務整理の条件を調べてみたりしてください。

 

債務整理で減額できる借金

下の図は、各債務整理で減額できる借金を示したものです。

 

個人再生で減額できる借金は、借金の総額により異なってきます。過払い金請求は、払い過ぎた利息を返還してもらう手続きなので、手続きそのものに借金を減らす効果はありません。

 

債務整理のメリット・デメリット

下表は、各債務整理の主なメリット・デメリットです。

 

※1  住宅ローン特則とは、住宅ローンの返済を延期することで、それまで通り住宅を所有し続けることが可能になる制度です。

※2 官報(かんぽう)とは、国の公文書など公示事項を周知させるための機関紙で、氏名・住所・破産日・破産理由などが記載されます。しかし、一般の人が購読することはほとんどありません。

 

債務整理に不安を感じている方へ

費用以外にも債務整理にさまざま不安を感じているかと思います。なかなか踏み出しにくいでしょう。そんな人はまず、女性によくある質問を確認しましょう。

 

よくある質問を確認する≫

 

債務整理を弁護士に依頼するメリット

「債務整理を弁護士に依頼して大丈夫なの?」と心配される方もいるかもしれません。しかし、弁護士に依頼するほうが、個人で対応するよりもリスクが小さいだけでなく、多くのメリットが受けられます。主なメリットは以下3つです。

 

メリット①債務整理後のシミュレーションを提示してもらえる

弁護士は、あなたの借金額や収入から、妥当な債務整理を判断し、債務整理後の借金額や月々の返済額、返済期間などを見積もってくれます。

 

つまり、正確かつ・計画的に債務整理を行えるといえるでしょう。

 

メリット②債務を減らしてもらえる

弁護士は法律の知識とそれまでの経験を元に、可能な限り借金を削減できるように手続きを行います

 

例えば、債権者を上手に説得して債務を減らしたり、見過ごされがちな過払い金を見つけて借金と相殺させたりできるのです。

 

メリット③手続きをすべて任せられる

債権者との交渉や裁判所への書類の提出など、債務整理には、さまざまな法的手続きが伴います。

 

もし、債権者との交渉がうまくいかなければ、債務を減額してもらえなかったり、申し立てが受理されなかったりする可能性がありますが、弁護士に依頼すれば、その心配はありません。

 

以上を踏まえると、依頼費を払ってでも弁護士に依頼したほうが、総合的なメリットが大きくなると考えられるでしょう。

 

「依頼したいけど、依頼費が払えそうもない…」という方は、弁護士費用を抑える方法で、負担を軽くできないか検討してみてください。

 

債務整理を依頼される方は貧窮していることが多いので、弁護士が費用の分割払いや後払いに応じてくれるかもしれませんし、法テラスで依頼費を立て替えてもらう方法もあります。

 

高額なリボ払いを債務整理で解決した例

以下は、リボ払いで借金を作った方が、弁護士に任意整理や個人再生を依頼して、借金を激減させた事例2つです。

 

リボ払いの借金を債務整理で解決する場合、原則として自己破産の申し立てはできません。自己破産では、本人の過失で作った借金を免責することを『免責不認可事由』としているからです。ただし、裁判官が酌量して自己破産が認められるケースもあります。

 

参考:自己破産の免責不認可事由|裁判所

 

例①任意整理を依頼したケース

・債務者プロフィール

[年齢]26歳

[性別]女性

[借金を作った理由]ショッピング

[手取り月収]約24万円

 

・任意整理前の借金

[借金の総額]約270万円

[月々の返済額]約7.5万円

[完済見込み期間]約3年

 

・任意整理後の借金

[借金の総額]約51万円

[月々の返済額]約2万円

[完済にかかった期間]約2年

 

 

例②個人再生を依頼したケース

・債務者プロフィール

[年齢]40歳

[性別]男性

[借金を作った理由]浪費、収入のストップなど

[手取り月収]約30万円

 

・個人再生前の借金

[借金の総額]約400万円

[月々の返済額]約11万円

[完済見込み期間]約3年

 

・任意整理後の借金

[借金の総額]約100万円

[月々の返済額]約3万円

[完済見込み期間]約3年

 

 

上記はあくまでも一例であり、ご自身の借金が同様に削減できるとは限りません。削減できる債務は、利息の大きさや依頼する弁護士によっても変わってきます。ご自身の債務がどれくらい削減できるか知りたい方は、弁護士にご相談ください。

 

まとめ

リボ払いは、返済期間が長引くほど利息が高額になるシステムになっているため、多額の借金を作る利用者が急増中です。しかし、そのような方の多くが、債務整理によって借金を解決しています。

 

弁護士に債務整理を依頼すると、たいていは費用よりもメリットのほうが大きくなるので、依頼をおすすめします。現時点で依頼費が払えなくても、依頼費を分割・後払いにしたり、法テラスの立て替え制度を利用したりすれば、依頼ができるようになる可能性があるので、確かめてみてください。

 

借金には一人で対処しようとせず、的確なアドバイスをもらえる専門家に相談してみてください。悩みを吐き出すだけでも、気分が軽くなると思います。当サイトでは、借金問題について相談できる弁護士をご紹介しています。

 

 

債務整理をご検討している方へ

債務整理を個人で行う場合、業者と直接連絡をとったり、話し合ったりする必要があります。専門家への依頼することで、それらの負担を一任することが可能です。他にも、以下のようなことが望めます。

 

  1. 債権者(貸金業者など)からの催促や接触を禁止される
  2. あなたに最適な債務整理を提案してくれる
  3. 将来分の利息をカットできる
  4. 返済計画を一緒に考えてくれる
  5. 書類作成や交渉など依頼できる

※司法書士には、業務上の制限が設けられています。

借金原因は問いません。ひとりで悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。

債務整理が得意な専門家を探す

相談料無料休日相談可能・匿名相談OK

の専門家も多数掲載

北海道・東北

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東

東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木

北陸・甲信越

山梨新潟長野富山石川福井

東海

愛知岐阜静岡三重

関西

大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山

中国・四国

鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知

九州・沖縄

福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
借金問題に関する人気コラム
借金問題に関する新着コラム