エステローンで多額の借金地獄に!エステローンを無理なく返済・解決する方法

福谷陽子
元弁護士
監修記事
Img_1552275484

 

返せると思って組んだエステローンを返済できそうにありません!

200万円も借金があって困っています…

このような話は珍しくありません。エステローンは消費者金融の借金と同じように、15~18%の利息がつくことがほとんどです。銀行系のカードローンと比較しても、毎月の返済額が高くなってしまいます。

 

しかし、そのことを知らずにサロンにすすめられるままエステローンを組んでしまう方も多く、返済によって苦しい生活を強いられる人も多いようです。

 

実は、エステローンは解約ができますし、法的な制度によって減額することもできます。

 

この記事では、

 

  • エステローンで借金地獄に陥る仕組み
  • エステローンの解約方法
  • エステローンを減らす方法

 

などについてお伝えしているので、エステローンの仕組みを知らないまま契約してしまい困っている方に読んでもらえれば幸いです。

 

エステローンの返済で

お困りのあなたへ

エステローンの返済でお困りの方はこれ以上無理に返済せず、弁護士司法書士といった消費者トラブルや借金問題の解決が得意な専門家へ相談しましょう。返済しなくて良くなるケースもありますし、返済が必要な場合でも解決可能です。

 

専門家への依頼では、以下のようなことが望めます。

  1. 業者との交渉を任せられる
  2. 解約などの必要な手続きをしてもらえて問題を解決できる
  3. 催促・取り立てを最短即日で止められる
  4. 債務整理が必要な場合、あなたに最適な方法を提案してくれる
  5. 返済が必要な場合、返済計画を一緒に考えてくれる

クーリングオフによりローンをまったく支払わなくて良くなる可能性もありますし、どうしても支払わないといけないときには債務整理することで、エステローンを効果的に減額・免除できます。

 

ひとりで悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。

電話相談無料、着手金無料、匿名相談可能

平日19時以降の相談OKの事務所も多数掲載

※相談=依頼ではないので安心

無料相談できる専門家を

あなたの地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

エステローンで借金地獄に陥る仕組み

導入で説明した通り、エステローンは高額な利息が付く一種の借金です。以下では、エステローンの仕組みを解説します。

 

甘い誘惑にのって簡単に契約してしまう

サロンの勧めにのってしまい、高額なエステローンを組んでしまう方は沢山います。

 

特に学生や若い女性は、美容に興味が高く分割なら返済できそうと、利息や自身の収入を考えず組んでしまうことも多いようです。

 

娘22歳学生がエステのローンを母音だけでクレジット会社2社と契約を結ばされ3年間で毎月24,000円約85万円のローンを組みました。

 

(引用:エステのローン地獄に困っています|教えて!goo)

 

友達がバイトの先輩に誘われて無料体験のエステに行きその場で契約を結んだようです。私が知っていることは、30万円の美顔機(詳しくは知りません)と月1回の美顔エステで、ローンを組んで毎月1万円ずつ払うやつみたいですが、友達は騙されているのでしょうか?

 

(引用:二十歳の友達がエステで60万円・・・普通?|教えて!goo)

 

分割すればするほど返済総額が増える!

エステローンを組むと、15~18%という法律で定められている上限金利に近い利息が付くことがほとんどです。これは、信販会社や消費者金融から借り入れをするときと同程度です。

 

また、分割回数が増えれば増えるほど最終的に支払う利息額は高くなるため、エステで多数回の分割ローンを組んでしまうと、支払えなくなってしまう利用者も少なくありません

 

以下では、実際にエステローンでどれくらいの利息が付くのかを説明します。

 

実際に最終返済額にどのくらいの差が出るの?

エステローンが銀行系のカードローンと比較して、いかに高額であるかを解説します。

 

下図は、エステ独自のローン(年利18%)と銀行系のカードローン(年利13%)で付く利息を比較したものです。

 

 

あくまで概算ですが、100万円のローンを36回の分割払い(利率18%)で組んだ場合、エステローンでは54万円もの利息が付いてしまいます。

 

他方、年率13%の銀行系カードローンでは39万円の利息で済みます。エステ独自のローンの方が15万円も多くなる計算です。返済が苦しいときは以下のように対応しましょう。

 

返済できない場合の対処法1|エステローンを解約する!

エステローンは解約できます。利用期間が1ヶ月を超え、ローンの総額が5万円を超えるエステローンは、クーリングオフの対象です

 

途中解約の方法には、クーリングオフ(全額返金)と、サービス開始後の解約(中途解約)の2つがあります。

 

クーリングオフ(全額返金)をする場合

クーリングオフは、契約自体をなかったことにできる手続きです。エステ契約の場合、契約後(書面交付後)から8日以内であればクーリングオフによって契約を解除し、支払ったお金を全額返金してもらえます。その場合債務整理の必要はありません。

 

クーリングオフは法律上、書面で申請する必要があります。記載すべき内容は以下の通りです。

 

 

 

ご自身でクーリングオフ通知書を作成した場合、送る前に弁護士チェックをもらいましょう。記載内容に不備があると、期待する効力を得られないで支払い義務が残ってしまう可能性があるからです。

 

不安があるなら弁護士に書面を作成してもらうのが安心です。契約後8日しか期間がないので急いで弁護士に相談に行きましょう。

 

▶「相談料無料の弁護士事務所を探す

 

クーリングオフをするときの注意点

エステの契約時に何かしらの商品も併せて購入した場合は、未開封のままにしておきましょう。

 

開封してしまうと、クーリングオフできなくなる可能性があります。

 

サービス開始後に解約をする場合(中途解約をする場合)

契約から8日以上経った場合は、クーリングオフはできませんが、特定商取引法により中途解約が可能です。

 

中途解約の処理は、基本的には契約条項に従うことになりますが、エステの場合は以下のような違約金がかかるのが通常です。

 

【サービス開始前】

  • 2万円前後

【サービス開始後】

2万円もしくは未使用サービス料金の10%に相当するいずれか低い方に既に受けたサービスの料金を足した金額

 

例:総額30万円のエステローンをサービス開始後に解約する場合
まず、「未使用サービス料金の10%」の金額を以下のように計算し、2万円より低いかどうか調べます。
ここでは実際のサービス利用はないものとして計算します。

 

【計算式】

30万円×10%=2.7万円

 

違約金は、2万円もしくは未使用サービス料金の1割のどちらか低い方に「既に受けたサービスの料金」(要するに初期費用)を足した金額なので、この場合は、2万円に「既に受けたサービスの料金」(初期費用)を足した金額が違約金になります。

 

なお、初期費用については、契約時に明確に説明しなければならないこととされていますので、契約書を確認してください。

 

エステ会社がクーリングオフや中途解約に応じてくれない場合の対処法

万が一、エステ会社がクーリングオフや中途解約に応じてくれなかったら、弁護士など消費者被害に対応してくれる専門家に相談しましょう。

 

具体的な対処方法をアドバイスしてもらえますし、弁護士に代理でクーリングオフや中途解約の通知交渉をしてもらうことも可能です。


多くのケースではこれらの方法で解決できるでしょう。一人で悩んでいると、クーリングオフの期間が過ぎてしまいますし、サービス利用によって中途解約費用も高額になってしまうおそれがあるので、早めに相談するのが得策です。

 

エステのローン返済でお困りの方へ

クーリングオフできず、中途解約をしても高額な費用が発生し、エステのローン返済が必要になっても法的な借金解決手段である債務整理で解決できます。

 

ただし、いきなり債務整理を推奨されてもわからないことが多いでしょう。

 

そんな方はまず、女性によくある質問とその回答を確認した上で、お気軽に専門家への無料相談をご利用ください。

 

よくある質問とその回答を確認する≫

返済できない場合の対処法2|債務整理(さいむせいり)する

債務整理とは、支払が困難な債務について、利息をカットしたり返済日を調整したり、借金の一部または全部を免除したりできる手続きです。

 

借金を払えなくなった人が、債務整理によって生活を再建するケースは多く、エステローンを払えない場合にも債務整理で解決できます。

 

債務整理のメリットや利用条件などは、以下で紹介しています。

 

エステローンを債務整理するメリット

エステローンを債務整理すると、借金の残り全部又は一部を免除してもらえます。

 

上述した通り、エステローンは利息が高く返済額が高額になるケースも多いので、このメリットは大きいでしょう。

 

また、支払日の調整という交渉も可能です。この場合、返済日に焦ってお金を用意する必要がなくなります。

 

また、支払日や期間の調整も可能です。この場合、返済日に焦ってお金を用意する必要がなくなりますし、期間を延ばすことで月々の返済額が低下して楽に支払えるようになります。

 

下表の通り、債務整理には、任意整理(にんいせいり)個人再生(こじんさいせい)自己破産(じこはさん)などがあります。

 

任意整理は債権者との交渉であり、後の2つは裁判所を使った法的手続きです。

 

債務整理の種類

減らせる借金額

任意整理

ローン、借金の利息・遅延損害金をカットできる

個人再生

ローンや借金総額を最大10分の1まで減らせる

自己破産

すべての借金を免除

してもらえる

 

債務整理の種類別におすすめできる人を紹介

それぞれの債務整理手段に向いている人は、下表の通りです。

 

債務整理の種類

おすすめの人

任意整理

  • 2~3年でエステローンを含む借金を完済できそうな方
  • 収入に比してローンや借金が過大でない方

個人再生

  • エステローンを含む借金が多額な方
  • 財産をなくしたくない方
  • マイホームを残したい方

自己破産

  • 将来的に返済見込みがない方(無収入、エステローン以外にも多額な借金があるなど)
エステのローン返済でお困りの方へ

エステの高額なローン返済にお困りの方には、法的な借金解決手段である債務整理を検討されることをお勧めします。

 

ただし、いきなり債務整理を推奨されてもわからないことが多いでしょう。

 

そんな方はまず、女性によくある質問とその回答を確認した上で、お気軽に専門家への無料相談をご利用ください。

 

よくある質問とその回答を確認する≫

債務整理で借金を大幅に減額できる可能性があります。

債務整理とは、借金返済を続けるのが難しい方のための、法律で認められた救済制度です。

消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのリボ払いなどの借金を大幅に減額することができます。

実際に借金はいくらぐらい減る?

実際に支払いがどのぐらい減るのかというと
例えば、金利18%で150万円を借りていて、毎月4万円を返済している場合

 

【減額前】
月々の返済額:4万円
利息を含む総返済額:217万円
※小額でも追加で借入した場合、総返済額はもっと増えます。

 

【減額後】
月々の返済額:2.5万円
利息を含む総返済額:150万円

 

月々の返済額は1.5万円、総返済額は67万円も減らすことができます。

 

ちなみに、上で紹介した【減額前】の利息を含む総返済額217万円は、毎月きっちり返済して、追加での借入を一切行わない場合の金額です。

 

毎月返済しながらも、ついついお金が足りなくなって、少ない金額でも追加で借りてしまうことがありませんか?

 

その場合は、完済までもっとお金がかかりますし、そもそも完済できずに利息を払い続けるなんてことになりかねないので、減額できる金額(利息分)はもっと増えます。

 

債務整理にもいくつか種類がある

債務整理にもいくつか方法があって、上の減額例は『任意整理』という方法を利用した場合の例です。

 

『任意整理』は、あなたの代わりに弁護士や司法書士が金融期間と交渉して、今後支払う利息をカットして、元本の金額だけを返済できるようにする手続きです。交渉によっては利息だけでなく、元本の金額の一部を減額してもらえることもあります。

 

『任意整理』の他にも、収入が大きく減ったり、働けなくなった方には、借金の総額を8割ほど減らせる『個人再生』借金をゼロにする『自己破産』等の方法もあります。

 

どの方法でも弁護士や司法書士があなたの代わりに手続きをしてくれるので、面倒な手間や複雑な手続きはありません。

 

あなたの状況に応じて、ベストな方法を選ぶ必要があります。自分で判断するのは難しいと思いますので、債務整理・借金問題が得意な弁護士・司法書士に相談して、あなたに最も合う方法を見つけましょう。

 

費用はかかるが、損することはない

債務整理の手続きは弁護士・司法書士に依頼することになりますが、依頼費用がかかります。

 

費用がかかると戸惑ってしまうと思いますが、借金が減った金額以上に依頼費用がかかることはありませんので、あなたが損することはありません。

 

また依頼する前に費用がいくらかかるか提示されるので、その金額を確認した上で依頼するかどうか決めることができます。

 

今手持ちのお金がなくて費用が払えなくても、分割払いや後払いに対応している事務所がほとんどですので、その点も安心してください。

 

まずはお近くの事務所に無料相談しよう

まずは、お近くの事務所に以下3点を無料相談して、債務整理すべきか確認してみましょう。

 

・借金を減額できるか?いくら減らせるか?
・どの債務整理の方法が一番合うのか?
・費用はいくらぐらいかかるのか?

 

当サイト債務整理ナビでは、全国の事務所からお近くの事務所を簡単に探すことができます。借金問題の解決が得意な事務所のみを掲載しているので、どの事務所に相談してもOKです。

 

まずは、以下からお住まいの都道府県を選んで、無料相談しましょう。今すぐにお話できない方はメールがおすすめです。

 

もちろんあなたの都合やプライバシーを配慮しますので、安心して相談してください。

「エステローンを返済・解決する方法」のまとめ|困ったら弁護士へ相談を

 

エステローンに苦しんでいる方は、早めにクーリングオフや中途解約をしましょう。そうすれば支払いをしなくて良くなったり支払い額が大幅に減額されたりします。


それでも支払えなければ債務整理をすれば解決できます。


クーリングオフ、中途解約、債務整理、何をするにも法律の専門知識と対応が必要です。

 

お一人では対処仕切れないので早めに弁護士や司法書士に相談してみてくださいね。


特にクーリングオフには期間制限がありますし、中途解約も早ければ早いほど減額率が高くなる可能性があるので、できるだけ早めに動くのがポイントです。


専門家に相談すれば、嘘のように簡単に解決できるケースも少なくありません。
 
また、今後、エステローンのような高額な利子が付く借金を作らないように注意してください。対策としては、契約内容をよく確かめる、サインや捺印は慎重に行うなどがあります。


一人で悩まず専門家の力を借りてエステローントラブルを解決しましょう。

 

 

エステローンの返済で

お困りのあなたへ

エステローンの返済でお困りの方は、これ以上無理に返済せず、弁護士司法書士といった借金問題の解決が得意な専門家へ相談しましょう

 

専門家への依頼では、以下のようなことが望めます。

  1. 業者との関係を断ち切れる
  2. 催促・取り立てを最短即日で止められる
  3. あなたに最適な債務整理を提案してくれる
  4. 返済計画を一緒に考えてくれる

債務整理することで、エステローンを減額・免除できます。ひとりで悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。

 

電話相談無料、着手金無料、匿名相談可能

平日19時以降の相談OKの事務所も多数掲載

※相談=依頼ではないので安心

無料相談できる専門家を

あなたの地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

【借金減額】今すぐ督促電話をとめて、返済期日を伸ばし、負担を大幅に減らす方法!

借金をしていてプレッシャーに感じるのは支払い期日ですよね。

もし滞納してしまったら督促状が家に届いて家族にバレる、電話が会社までくるのではないか。

そんな辛い思いをしていませんか?

でもご安心ください。

督促から解放される方法、債務整理ならいますぐ請求をストップし、借金を減額することができます。

この記事の監修者
福谷陽子
元弁護士
京都大学法学部卒。在学中に司法試験に合格後、約10年間弁護士として稼働。法律事務所を開設し、債務整理や管財案件にも積極的に取り組む。後に法律専門ライターに転身し、多様な法律記事の執筆・監修を行う。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
借金問題に関する人気コラム
借金問題に関する新着コラム