> 
 > 
 > 
ソフト闇金とは|ソフト闇金の実態と巧妙な手口
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2018.5.28

ソフト闇金とは|ソフト闇金の実態と巧妙な手口

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二
監修記事
Unnamed-1

ソフト闇金とは、基本は闇金融と同じように違法な行為を行っているものの、闇金のような脅迫まがいの取り立てはなく、利用者に優しく接しているスタイルを取っている集団です。

 

しかし、行政へ賃金業としての登録を行っておらず、違法な金利で貸し付けを行なっている賃金業者という意味では闇金と遜色はありません。

 

貸金業法が改正されたことをきっかけに闇金業者が問題視されるようになりましたが、インターネットなどで情報が簡単に探せる時代で、形を変えて登場してきたのが、今回ご説明する「ソフト闇金」です。

 

借金問題を弁護士や司法書士に依頼するメリット

  • 「生活が苦しく借金を減らしたい」
  • 「業者からの取り立てで精神的に追い込まれている」

そんな時は、弁護士や司法書士など借金問題の専門家に依頼することをオススメします。また専門家への依頼には、以下のようなメリットがあります。

  1. 貸金業者からの督促がストップする
  2. 借金を減額/整理するための適切な方法を提示してくれる
  3. 手続き上の書類作成などを代行してもらえる
  4. 過払い金があるかどうか調査してもらえる

【債務整理ナビ】では、お住まいの地域や相談内容から弁護士/司法書士を探すことができます。

相談料が無料の事務所も多数掲載していますので、まずは気軽に相談してみましょう!

 

 

ソフト闇金とは

優しい対応で利用者を安心させながらも、違法な金利で貸付業務を行う賃金業者がソフト闇金です。厳しい取り立てや脅迫めいた請求はないことから利用者も安心しがちですが、実態としては違法な金利で貸し付けている闇金には変わりありません。

 

ソフト闇金の特徴

みなさんは「闇金」と聞くとどのようなイメージをされますか?

  • ・返済できないと自宅や職場にまで取り立てに来る
  • ・脅迫めいた取り立て
  • ・夜中に催促の電話がかかってくる
  • ・トイチ(10日で1割の金利)などの高い金利
  • ・ガラが悪い人(怖そうな人)達からの対応、やり取り

などのイメージがありませんか?

 

もちろんこのような闇金も実在しますが、行政から闇金業者への厳しい取り締まりを受け、新たに登場したのがソフト闇金です。ソフト闇金には以下のような特徴があります。

 

  • ・利用者に親身な対応をする
  • ・返済が遅れそうな場合少しの融通は効かせてくれる
  • ・闇金と比べて取り立てが厳しくない​

 

警察からの取り締まりを逃れるために、ソフト闇金では、旧来の闇金業者と比べると利用者への対応がソフトです。

参考:闇金の全て|闇金の手口と絶対にお金を借りてはいけない理由

 

融資の対象

しかし、ソフト闇金が融資の対象にしている層は、闇金と変わらず、一般の消費者金融で借入できない方を対象に貸付業務を行っています。

 

そのため、

  • ・総量規制を超えている方
  • ブラックリストに掲載されている方
  • ・専業主婦
  • ・自己破産した方

 

など一般の消費者金融では借入できない方も、借入可能な場合が多いです。また、勤務先へ在籍確認を行うため、無職の方は借入が難しいと言われています。

 

 

 

ソフト闇金も結果的には違法

上記のように「利用者に親身」「優しい」「取り立てがない」ことから、利用者もソフト闇金は、「良心的だ」などと錯覚しがちですが、それは大間違いです。

 

利息をよく見てみると完全に違法

ソフト闇金の業者の利息やご利用方法などをよく見てみると、どの業者も高金利で貸付を行っていることがわかります。

 

具体的に言うと

 

10日間で利息20

7日周期で30%の利息

 

などがありますが、年利20%を超える貸付金利は刑事罰の対象であるため、これは完全に違法な金利です。

 

闇金業界では、トイチ(十日で一割の金利)、トサン(十日でで三割の金利)などの言葉がありますが、ソフト闇金も金利に関しては闇金となんら変わりありません。

 

現にCMで見るような大手消費者金融は最大年利18%を相場に守っています。

 

ソフト闇金の年利

上記のソフト闇金の金利を年利に直してみると、なんと「年利730%」と「年利1,564%」になります。

 

  • ・20%×365日/10日間=730%
  • ・30%×365日/7日=1,564.2%

 

もし1年間返せなかった場合

仮に10万円を借りていたとして、1年間返せなかったとします。年利730%だと、利息だけで73万円に膨れ上がり、年利1564%では、156万4千円です。では、この156万4千円の利息が次の年も払えなかったとします。

 

すると、2年目には2,446万円まで利息が膨れ上がってしまうのです。

 

返済がされないようであれば手のひらを反すこともある

もちろん、そのような事態になる前にソフト闇金はなにかしらの対処はするでしょう。考えられる方法が以下の通りです。

 

急に手のひらを返したように厳しい態度になる

返ってこないと分かると、急に手のひらを返して、厳しい取り立てなどを行う業者も少なくありません。

 

こうなると闇金業者と何ら変わりはありません。

 

ソフト闇金からお金を借りました

取り立てが酷いです

電話が本当に鬼のようにかかってきます

引用:yahoo!japan知恵袋

家族や職場にまで連絡が及ぶようになる

こちらも闇金の手口と変わりませんが、「家族には知られたくない」という利用者の弱みに付け込み、第三者への連絡などを取って脅していきます。

 

別のソフト闇金業者から借りさせる

ソフト闇金業者同士横のつながりがあることもあり、A社に返せないと分かると、B社に利用者の個人情報を渡し、B社からお金を借りさせて、そのお金をA社の返済に充てるという、仕組みを裏で取っていることもあります。

 

そうなると、借りている人は借りては返す借金地獄のルーティンが出来上がってしまいます。

 

闇金で借りたお金は返済する必要はない

ソフト闇金で借りたお金は、法的に返済する必要はありません。そもそも闇金業者は、賃金業として行政へ登録を行っていないケースが多く、また金利も明らかな暴利であって公序良俗に反するため闇金業者との賃金契約は絶対的に無効だからです。

 

もし、返済をしてしまった場合は、返済したお金は、取り戻す権利が発生しますが、個人からの請求には応じないでしょう。この場合、弁護士や警察に相談することをオススメします。

 

 

 

危険なソフト闇金の見分け方

いくら闇金と比べて柔軟に対応してくれるといっても、ソフト闇金からの借入が危険なことには変わりません。「ソフト闇金」と名乗っていても、業者によっては過激な取り立てをする業者もあると言われていますが、こちらでは、危険なソフト闇金の見分け方をご紹介します。

 

ブラックリストでも融資可能・即日融資OKという触れ込み

ソフト闇金を考える方は、正式な消費者金融や銀行からの借り入れを断られている方が多いでしょう。

 

正式な消費者金融では「総量規制」や「信用情報」によって利用者を厳密に審査しますが、ソフト闇金では、審査に落ちた人をターゲットに、「ブラックリストでも借りられる」「審査が甘い」などの言葉で、借入を促します。

 

短い返済期間と高い金利

「お客様のために」や「借りられない人のために」などと綺麗ごとが書かれていますが、料金システムをよく見てください。上記で説明したように、ソフト闇金は、高金利で貸付をしています。

 

ソフト闇金の業者にとっても、多重債務者や低所得の方をターゲットにしているため、「お金が返ってこないリスク」は高いでしょう。

 

しかし、高金利で貸付することで、一部の返済をする利用者から、お金が回収できれば、その分のリスクをカバーすることはできます。

 

会社情報が載っていないもしくはでたらめな住所である

通常、インターネット上で商売をする場合、「運営者情報」がサイト内のどこかに掲載されています。しかし、ソフト闇金の業者は自身が違法行為をしている自覚があるため、運営者情報の開示はほとんどされていません。

 

仮にあったとしても、代表者名も住所もでたらめであることが多く、同じワードで検索しても全く関係ない人物や、関係ない住所が出てくることが往々にしてあります。

 

電話でのやり取りは携帯電話から

ソフト闇金業者は、いつ警察から目を付けられるかも分からないため、事務所すら構えていないことが多いです。そのため、多くの場合、固定電話は引かずに、連絡のやり取りは携帯電話で行っています。

 

個人情報は他の闇金業者とシェアしている

ソフト闇金へ問い合わせ・申込にはリスクがあります。

 

問い合わせに用いた電話番号や、申込に記載した個人情報を業者側が保存しているからです。取得した個人情報は、脅しの道具として使用されたり、別の闇金業者へシェアされたりすることも考えられるので、こちら側の個人情報は開示しないように気をつけてください。

 

 

 

ソフト闇金を利用する前に考えてほしいこと

ここまでソフト闇金にかなり否定的にお伝えしましたが、ソフト闇金を検討されている方には、「他の金融機関から断られているけれども何とかしてお金が必要」という方が多いでしょう。

 

ソフト闇金の利用を考えています。

消費者金融での借り入れができない状態です。

親兄弟にも見放されているためお金を借りることが出来ません。

引用:yahoo!japan知恵袋

 

そこでお金の工面が厳しく悩んでいる方が検討するべきことを紹介していきます。

 

債務整理を行う

まず、ソフト闇金から借入する以外にお金を工面できない方は、債務整理を検討してください。債務整理は、今までの借金をリセットするための方法で、自己破産や個人再生などの方法があります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

参考:債務整理とは|任意整理・自己破産などのメリットとデメリット

 

借金返済計画を立てる

仮に債務整理などにより借金を減らしたとしても、もともと借金気質がある方も多いでしょう。「気付いたら再び借金が増えていた」というような事態に陥らないように以下のコラムも参考にしてください。

参考:借金返済方法|借金で悩む人が知っておくべき15の方法

 

借金の取り立てを何とかする

闇金から借金の取り立てを迫られて、精神的に追い詰められている方も少なからずいるでしょう。取り立てに悩まれている方は、以下のコラムを参考にしてください。

参考:借金の取り立てに対して債務者が取るべき3つの解決方法

 

正規の消費者金融から借り入れする

該当者は少ないかもしれませんが、大手消費者金融からの借り入れをせずにいきなりソフト闇金を検討されている方もいるでしょう。しかし、正式な消費者金融会社(サラ金)と言えリスクはあります。しっかりリスクを踏まえたうえで検討されて下さい。

参考:サラ金の実態とシステム|利用する前に考えてほしい4つの事

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか。ソフト闇金と聞くと、優しそうな印象を受けますが、その実態は違法であることに変わらず、利用者の破たんへの入り口です。ソフト闇金から借入するのではなく、現在の借金を整理するためにはどうすればいいのかをきちんと検討してください。

 

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

闇金問題に関する新着コラム

闇金問題に関する人気のコラム


闇金問題コラム一覧へ戻る