> 
 > 
 > 
弁護士の無料法律相談ガイド【電話やメールで匿名相談可能】
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

弁護士の無料法律相談ガイド【電話やメールで匿名相談可能】

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
134_re

 

なんらかの法律トラブルを抱えてしまった場合に、そのトラブルを弁護士に相談しようかどうか迷う人はたくさんいます。

 

迷う理由として

  • 「弁護士はハードルが高い」
  • 「弁護士に頼んで大ごとにしたくない」
  • 「無料相談とはいってもお金がかかりそう」 など

こういったお悩みがたくさんあるでしょう。

 

ただし、弁護士のサポートがないと解決しないようなトラブルの場合は、ためらう必要はありません。特に借金問題の場合は、ご自身だけでは解決しがたいものです。債権者がいる以上、自分一人の問題ではないので、法的な手続きを早急に行うことが重要です。

 

正式に依頼する・しないはともかくとして、弁護士への無料相談はいいことずくめです。もちろんそれでよい弁護士に出会い正式に依頼を行ってサポートを受けることができれば、問題解決へのスピードアップにもなります。

 

本記事ではその詳細についてお伝えしていきます。

 

 

 

無料法律相談に対応した弁護士・法律事務所が探せる

『弁護士ナビシリーズ』

『弁護士ナビシリーズ』は、離婚問題や刑事事件などの分野から、それぞれの分野を得意とする弁護士を探せるサイトです。掲載弁護士・法律事務所には無料相談に対応している場合も多いので、あなたが相談したい分野に注力している弁護士がみつかります。

※『ちょっと聞きたいだけ』という場合は、法テラスへの相談がおすすめです。

相続弁護士ナビ相続問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】遺留分請求財産使い込み返還遺言書の作成相続放棄の手続き、その他相続トラブル全般に対応。『初回面談料無料』『土日・祝日対応』の事務所も多数掲載。

離婚弁護士ナビ

∟ 離婚問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】慰謝料(増額・減額)、財産分与、親権獲得、その他調停・裁判

債務整理ナビ

∟ 借金減額・過払い金減額交渉が得意な専門家がみつかる

【対応内容】過払い金請求、任意整理、自己破産、個人再生など

交通事故弁護士ナビ被害者向け

∟ 交通事故の問題解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】慰謝料の増額請求、示談交渉、後遺障害、過失割合など

刑事事件弁護士ナビ加害者向け

∟ 逮捕された場合の弁護が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】痴漢・わいせつ、詐欺、傷害、薬物、窃盗、暴行、殺人など

IT弁護士ナビ

∟ ネットの誹謗中傷削除や開示請求が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】掲示板・SNSの情報削除、風評被害、名誉毀損など

債権回収弁護士ナビ

∟ 借金・売掛金の回収など債権回収が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】売掛金、残業代、家賃、養育費・慰謝料、キャンセル代など

労働問題弁護士ナビ

∟ 労働問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】未払いの残業代請求、不当解雇、雇い止めなど

総合検索サイト『あなたの弁護士』

∟ 得意分野や『着手金0プランあり』『初回相談料が無料』など、幅広い内容で弁護士を探せる。

【対応内容】不動産トラブル行政事件医療問題その他の法律問題全般に対応。

 

 

 

弁護士へ無料相談する前に知っておくべきこと

弁護士にも得意分野があることを知っておく

弁護士は法律問題を解決する専門家ではありますが、どの弁護士も満遍なくすべての法律に詳しいというわけではありません。特定の業界に携わってきた経験や知識が深いほど、同じ土俵で戦った場合に、得意としない分野での弁護士に比べて発揮される力が大きく違います。

 

そのため、相談したい分野の専門知識をもった弁護士を探して相談することが最も重要になります。

 

債務整理の場合(借金問題を得意としている)

借金問題の解決を弁護士に相談するのであれば、なるべく債務整理が得意な弁護士を探したほうがよいでしょう。事務所を検索したら、その事務所のホームページに債務整理の実績が掲載されているかどうかを調べましょう。掲載されている実績が多ければ多いほど信頼できます。

 

 

無料相談の方法は電話やメールでもよい

弁護士も内容を詳細に把握してからでないと、正確な意見は言えないかと思いますが、それでも「直接会って話すのはちょっと抵抗がある…」という人は、電話やメール、FAXでも無料相談を受け付けてくれるケースがあるのでそちらを利用しましょう。

 

直接会いにいかなくては相談にも乗ってもらえないと思っている方も多いですが、電話でちょっと聞くだけでよいという場合は、弁護士に電話で聞いてしまうのもよいでしょう。

 

事案の概要メモを作成しておくとよい

弁護士に見せるものではないので体裁を気にする必要はありませんが、悩んでいる事案について状況を紙に書き出しておきましょう。実際に弁護士を前にして相談を行っていると、緊張したり頭が真っ白になったりして、上手く話せない人が多いです。

 

しかしそういった状態では、弁護士側でも正しい法律判断ができません。

 

また、話す内容は当然事実に基づいたものになりますので、時系列などもはっきりしていた方が信ぴょう性も高く弁護士側の理解もスムーズです。無料相談であっても時間制限を設けている場合が大半なので、時間を無駄にしないためにもこういったメモ書きは重要になります。

 

証拠書類の収集

当事者ではない弁護士は、話だけでは依頼者の言うことが事実かそうでないかの判別をすることができません。事実であるという裏付けを証拠として提出する必要性があります。

 

このような証拠を持参すれば、弁護士側でより確度の高い見通しを立てることができるでしょう。

 

行政書士等との比較検討

弁護士でなくても、司法書士や行政書士も問題解決のサポートをしてくれます。しかし各々の業務は似て非なるもの。弁護士に相談した場合と、司法書士や行政書士に相談した場合とで具体的にどのような違いがあるのかを以下にまとめてみました。

 

弁護士は法律事務全般の業務を行える

弁護士は司法書士や行政書士とは違って、業務内容は法律事務の全般とされています。司法書士や行政書士の業務内容も弁護士は一通り行うことができますので、専門家を頼るのであれば弁護士に相談しておくことで、のちのち無駄な時間が発生することもないでしょう。

 

 
 
弁護士
司法書士
行政書士
目的の価額が140万円を超える場合
訴訟(裁判)の代理人
×
×
交渉の代理人
×
×
争いに関する法律相談
×
×
 
目的の価額が140万円以下の場合
訴訟(裁判)の代理人(地方裁判所)
×
×
訴訟(裁判)の代理人(簡易裁判所)
×
交渉の代理人
×
争いに関する法律相談
×

以下の債務整理の費用に関する記事も参考にしてみてください。

 

【関連記事】

 

 

 

 

弁護士への無料相談で解決できることは?

以下に弁護士が解決できることを例としてまとめたので参考にしてください。トラブルを細分化し出すとキリがないので挙げきれませんが、もちろん以下の一覧になくても基本的に弁護士には何でも相談できます。

 

債務整理・借金問題の解決

債務整理は、借金を返せない場合に法的に債務を減らす方法のことですが、その際の債務者との交渉、借金をどれだけ減らせるのかといったことを相談できます。

 

弁護士に相談できること
  1. 借金が返済できない
  2. 借金を減らしたい
  3. 破産手続きをしたい
  4. 破産状態かどうかを調べたい
  5. ギャンブルや浪費が原因で借金した場合でも破産できるかを知りたい
  6. 住宅ローンのみ払って住宅を残したい
  7. 過払い金を取り返したい
  8. 過払い金があるか知りたい
  9. 過払い金で他の借金を返済したい
  10. 過払い金で住宅ローンを返済したい
  11. ヤミ金の取り立てから解放されたい など

参考:借金が返せない人の為の3つの解決策と借金を返さないリスク

 

交通事故による示談・慰謝料請求

交通事故の被害に遭った際、通常は自賠責保険や任意保険がかかった治療費や慰謝料を補償してくれますが、慰謝料には自賠責基準、保険会社内部基準、弁護士基準と複数の基準があります。

 

中でも弁護士基準は裁判をした場合に得られる金額水準であり、自賠責保険や保険会社の提示する金額よりも高めに設定されています。

 

弁護士に依頼した場合、慰謝料は基本的には弁護士基準に基づいて請求することになりますので、その点だけを見ても交通事故分野における弁護士の存在は頼もしい存在と言えるでしょう。

 

弁護士に相談できる内容
  1. 交通事故に遭ったのでどうにかしてほしい
  2. 過失相殺の争い方を知りたい
  3. 後遺症が残ったのでどうすべきか知りたい
  4. 通院慰謝料の計算をしてほしい
  5. 保険会社の提示に納得できないのでどうにかしてほしい
  6. 保険会社の提示が妥当な金額かを調べたい
  7. 交通事故によって亡くなった人の相続問題を解決してほしい
  8. 交通事故の刑事事件の弁護、交通事故の示談交渉をしてほしい

参考:交通事故の慰謝料問題を弁護士に頼むメリットとデメリット

 

離婚問題|慰謝料・親権・養育費の請求など

離婚に伴う慰謝料や財産分与などの金銭問題や、子供の親権、DV・モラハラに離婚請求など、1人では解決できないような場合に、弁護士が間に入って交渉をしてくれます。

 

また、浮気や不倫による証拠集めに関してもサポートしてくれるでしょう。

 

弁護士に相談できること
  1. 離婚するべきか、離婚が得か損かを教えてもらい、得する方を選びたい
  2. 離婚を嫌がる夫や妻に離婚を納得してもらいたい
  3. 離婚したいという夫や妻に対して離婚したくないと法的に対抗したい
  4. 離婚する上での妥当な条件を知りたい
  5. 養育費を確保したい
  6. 未払い養育費を請求したい
  7. 浮気の証拠を掴みたい
  8. 親権を取得したい
  9. 子供を連れ戻したい など

参考:離婚調停を弁護士に頼むと最短かつ有利に終わる7つの理由

 

遺産相続|遺言書作成・遺留分・相続放棄の相談

生前に遺言書を作りたい場合や、被相続人が死亡した後に遺言書が出てきてその内容に納得できない、自分には1円も遺産が入ってこない状況になっている、あるいは相続財産に借金しかない場合の対策など、相続トラブルに悩まれている場合でも、弁護士のサポートを受けることができます。

 

弁護士に相談できること
  1. 遺言作成に関して教えてもらいたい
  2. 誰かにだけ遺産を渡したい
  3. 誰かには遺産を渡したくない
  4. 故人の面倒をみたので多く遺産をもらいたい
  5. 誰が相続人か分からないので戸籍の調査をしてほしい など

参考:相続の全知識|手続き・順位・相続トラブルを回避する全手順

 

労働問題|残業代請求・不当解雇・パワハラ問題の相談

労働問題でよくあるのが残業代が支払われないという問題です。

 

他にも不当に解雇されたり、職場の上司などにパワハラ・セクハラを受けているなどもあります。近年は過労死などの問題も注目されるようになってきたので、こういった問題で悩んでいる方にとっても、弁護士は心強い味方になってくれるでしょう。

 

弁護士に相談できること
  1. 未払い残業代を請求したい
  2. 突然解雇されたのでどうすればいいか知りたい
  3. 上司によるパワハラ、セクハラをやめさせたい
  4. 同僚数人で会社に対して集団訴訟を起こしたい など

参考:労働問題に強い弁護士へ相談|労働問題弁護士ナビ

 

刑事事件|冤罪・傷害事件・窃盗など

もしあなたが傷害事件などを起こして逮捕されてしまった、あるいは逮捕されそうな場合は、弁護士の出番です。

 

あなた自身のことでもよいですし、あなたの家族が逮捕されてしまった場合でも、弁護士は必要以上に重い罪とならないよう、最善の道を探してくれます。

 

弁護士に相談できること
  1. 被害者と示談交渉をしたい
  2. 勾留に対する準抗告、執行停止をしたい
  3. 保釈してほしい
  4. 接見禁止をやめてもらいたい など

参考:刑事事件弁護士ナビ

 

消費者被害|出会い系詐欺・マルチ商法・オレオレ詐欺など

日常的に活用しているサービスで詐欺に引っかかってしまった場合や、訪問販売、マルチ商法に騙されてお金を払ってしまうなど、日常トラブルに関することも弁護士に相談することで解決できる可能性があります。

 

最近はネットストーカーなども増えてきていますので、ますます弁護士に相談すべきケースは増えていると思われます。

 

弁護士に相談できること
  1. マルチ商法に引っかかってしまった
  2. 詐欺に遭いお金を支払ってしまった
  3. ワンクリック詐欺業者に電話をして振り込んでしまった
  4. ストーカーが誰なのか突き止めたい など

参考:あなたの弁護士|弁護士が回答する無料法律相談Q&A

 

 

信頼できる弁護士の選び方

弁護士なら誰でもいいやと深く考えずに依頼してしまうと、納得のいく結果が得られないといったリスクがあります。やはり問題解決のためには、信頼できる弁護士を選ぶことがとても重要です。ここでは、信頼できる弁護士を選ぶ上でのポイントを解説していきます。

 

ホームページの文章が分かりやすい

法律に関する単語、内容は難しいものです。しかしそれを一般の人にも分かるような言葉でホームページに記述しているところは、依頼する側の目線に立ってくれていると言えます。相談中もこちらの理解度に合わせて丁寧に説明してくれるでしょう。

 

親身になって話を聞いてくれる

もちろん、弁護士にとって、依頼者の話を聞くのは『仕事だから』行うことではありますが、すべてを義務的に済ませるのではなく、そこに心があるかどうかで結果にも関係してきます。ただ話を聞くのではなく、質問をしてくれるかどうかも重要です。

 

弁護士費用を明確にしてくれる

弁護士に正式に依頼をするとなると、当然お金がかかります。それにはいくらかかるかをきちんと話してくれる弁護士を選びましょう。10万円の請求をするのに100万円の費用がかかるのであれば、わざわざ弁護士に依頼することはないでしょう。

 

弁護士費用を明確にしない弁護士は、このような依頼者の心理を考えていないと言えます。

 

契約書をきちんと作ってくれる

弁護士費用を口頭で明確にしてくれても、それを書面で確認できなければ、本来味方であるはずの弁護士と揉めてしまうという最悪のケースに発展しかねません。

 

依頼者の気持ちを汲み取り、親身になって相談に乗ろうとしている弁護士であれば、契約書などの重要書面はしっかり作ってくれます。

 

服装や身だしなみ、事務所の雰囲気などがよい

実際に弁護士事務所に対面の相談に行く場合ですが、事務所の雰囲気や弁護士の服装などもよく見ておきましょう。そういったところに弁護士の考え方や仕事ぶりが表れます。

 

人を不快・不安にさせるような服装や、清潔感のない事務所で仕事をしているような弁護士では、依頼しても満足のいく結果は得られないかもしれません。

 

まとめ

上記のように、弁護士にはいろいろな分野について相談ができます。相談料について抵抗がある場合は、無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

 

無料相談の結果、弁護士に依頼することになった場合には、基本的には弁護士が交渉窓口となり、弁護士の報告や指示に従って案件処理を進めることになります。

 

そのため、依頼者は自ら解決のために奔走したり、相手と交渉する必要がなくなり、メンタルの面でも実生活の面でも負担が軽くなるでしょう。

 

 

無料法律相談に対応した弁護士・法律事務所が探せる

『弁護士ナビシリーズ』

『弁護士ナビシリーズ』は、離婚問題や刑事事件などの分野から、それぞれの分野を得意とする弁護士を探せるサイトです。掲載弁護士・法律事務所には無料相談に対応している場合も多いので、あなたが相談したい分野に注力している弁護士がみつかります。

※『ちょっと聞きたいだけ』という場合は、法テラスへの相談がおすすめです。

相続弁護士ナビ相続問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】遺留分請求財産使い込み返還遺言書の作成相続放棄の手続き、その他相続トラブル全般に対応。『初回面談料無料』『土日・祝日対応』の事務所も多数掲載。

離婚弁護士ナビ

∟ 離婚問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】慰謝料(増額・減額)、財産分与、親権獲得、その他調停・裁判

債務整理ナビ

∟ 借金減額・過払い金減額交渉が得意な専門家がみつかる

【対応内容】過払い金請求、任意整理、自己破産、個人再生など

交通事故弁護士ナビ被害者向け

∟ 交通事故の問題解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】慰謝料の増額請求、示談交渉、後遺障害、過失割合など

刑事事件弁護士ナビ加害者向け

∟ 逮捕された場合の弁護が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】痴漢・わいせつ、詐欺、傷害、薬物、窃盗、暴行、殺人など

IT弁護士ナビ

∟ ネットの誹謗中傷削除や開示請求が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】掲示板・SNSの情報削除、風評被害、名誉毀損など

債権回収弁護士ナビ

∟ 借金・売掛金の回収など債権回収が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】売掛金、残業代、家賃、養育費・慰謝料、キャンセル代など

労働問題弁護士ナビ

∟ 労働問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】未払いの残業代請求、不当解雇、雇い止めなど

総合検索サイト『あなたの弁護士』

∟ 得意分野や『着手金0プランあり』『初回相談料が無料』など、幅広い内容で弁護士を探せる。

【対応内容】不動産トラブル行政事件医療問題その他の法律問題全般に対応。

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム


その他コラム一覧へ戻る