【借金減額】今すぐ督促電話をとめて、返済期日を伸ばし、負担を大幅に減らす方法!

Img01
注目
債務整理でお急ぎの方へ
Cta ballon icon
何度でも
相談無料
Vertical line
Cta bill icon
後払い
分割払いOK
Vertical line
Cta calender icon
夜間・土日
相談OK
債務整理の無料相談先を探す
Cta magnifying glass icon
債務整理の
無料相談先を探す
※一部事務所により対応が異なる場合があります

借金をしていてプレッシャーに感じるのは支払い期日ですよね。

そんな辛い思いをしていませんか?

でもご安心ください。


督促から解放される方法、債務整理ならいますぐ請求をストップし、借金を減額することができます。

借金の総額が大幅に減る債務整理の仕組みとは?

債務整理は4つの種類に分かれていますが、いずれも借金の総額を大幅に減らす救済手段です。

債務整理の選び方は後ほどご説明いたしますが、どの手段を選んでも以下のメリットがあります。

債務整理をすべき理由
1、確実に借金の完済に近づく
2、借金額を全てなくす、または大幅に減らせる
3、取り立てが即日ストップする
4、誰にも知られない(自己破産のみ例外有)

債務整理はどの手法を選んだとしても、今後高利息で元本の減らない支払いを続けるよりも確実に借金を減らせる方法です。

借金から解放されるために1日でも早くすべき行動とは?

 

法定ギリギリに設定された利息をなぜ払い続けるのでしょう。


正直、高利息の借金を自力で返し続けることはデメリット以外なにもありませんし、病気や仕事の都合で返済が難しくなってしまう方に、高利息の悪条件で返し続けろというのも無茶な話です。

債務整理は、お困りの方を守る救済手段としてあるのです。

今すべき行動とは、一刻も早く借金を減らしてお金で苦しまない日常を取り返すことではないでしょうか。

そのためには1日でも早く、借金から解放される債務整理をおこなうことが大切です。

債務整理は国が定めた法律による、借金苦から脱出するための手続きです。


さらに、今1円も支払えない状況であっても、初期費用なしで進めることができるのです。

【債務整理】今、手元にお金がなくてもできる救済手段

債務整理は通常、弁護士や司法書士が行う手続きです。


法律の専門家に頼む=費用が高いというイメージがあり、債務整理に踏み切れない方も大勢いらっしゃるのが実情です。

借金を抱えて債務整理を検討しているのに、まず費用を払えといわれても難しいですよね。


でもご安心ください。

債務整理は初期費用が掛からないケースがほとんどです。
もちろん全てが無料というわけではありません。

1、無料相談
2、債務整理依頼
3、減額交渉
4、借入金額調整

といった手順を踏んで、初めて報酬を支払うことになる場合が大多数です。

※とはいえ、支払いに関して依頼先により異なりますのでしっかりチェックしましょう。

>>初期費用なしで債務整理できる事務所

返済を遅らせて猶予期間ができるのはなぜ?

借金をしていて一番苦しいのは毎月の返済期限が迫っているとき、返済できないときですよね。

でも大丈夫です。
債務整理をすれば支払いを半年間(平均の期間)ほどストップさせることができるのです。

なぜこんなにも返済を引き伸ばせるのか、一例として任意整理の流れを見ながらご説明していきます。

長期間にわたり借金返済を引き延ばせるのは、介入通知後は債務者に対して直接の取り立てを禁止するという法律上のルールがあるためです。

当然、介入するにあたり借金額を法にのっとり、見直しますから支払額が変化します。


だから、支払う金額も決定していない間、支払いがストップするのです。

この支払いストップ期間に利子が発生するかは交渉次第になることもあります。

>>交渉の上手い事務所を探す

債務整理の方法は借金額と返済能力で変わる?

債務整理には4つの方法があります。


どの方法があなたにとって最適なのか、下記で確認してみてください。

どの方法をとっても借金を大幅に減額できますし、長い期間ずっと借金返済を続けている場合は払いすぎた利息が戻ってくる可能性もあります。

債務整理はメリットが多い! 年間利用200万人超えの救済手段

債務整理と聞くとあまり良いイメージを抱かない方もいるかもしれません。しかし、債務整理は、法に基づいた正当な手続きです。

お金を借りる・貸すという契約に従い、毎月の返済をしているのですが、契約には解除権があります。

債務整理とは、一度契約内容を解除し、双方合意の上で新しい契約を結ぶ再契約なのです。(任意整理の場合)


また、任意整理以外でもそれぞれ国が認めている方法で、個人の負担が軽減できるよう定められています。

実際、非常に多くの方々が毎年利用している救済制度なのです。

【利用実績3万人超え】信頼できる専門家の選び方

債務整理を実際に進める際、一番重要なのはどの弁護士・司法書士事務所を選ぶかです。

・債務整理の専門家であること
・無料相談で真摯に対応してくれること
・どの方法が適しているか正しく判断してくれること
・毎月の支払い金額を調整してくれること

上記の条件を全て満たせる事務所が望ましいです。


しかし、1件1件相談をしていると時間がかかってしまいますし、債務整理を始めるのが遅くなればなるほど、より長い期間、借金返済で頭を悩ませることになります。

まして、いますぐ取り立ての連絡がくる状況なら、なおさら急ぎたいところです。

そこで活用いただきたいのが、簡単に近隣の優良事務所を探せる当サイト『債務整理ナビ』の専門家検索システムです。

国内最大級の債務整理サイト『債務整理ナビ』はご利用回数3万件を突破している実績があり、実績豊富な債務整理の専門家が在籍する事務所のみを掲載しています。真摯で迅速な対応の事務所が簡単に見つかると、多くの方にご満足いただいているからこその結果だと自負しています。

【即日対応】債務整理の専門家を選ぶ方法

探すのにかかる時間はたった30秒。


下の都道府県一覧から、

①あなたが希望する都道府県名をクリックし

②一覧の中から事務所を選び

③問い合わせボタンをクリックするだけです。(無料電話相談の場合)

電話相談無料、着手金無料、匿名相談可能

平日19時以降の相談OKの事務所も多数掲載

※相談=依頼ではないので安心

借金問題が得意な専門家を

あなたの地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

30秒程度の簡単な操作だけで、地域の専門家が、あなたの借金問題を解決するにはどの方法がベストであるかを教えてくれます。

債務整理を正式に依頼すれば、すぐに借金のプレッシャーから解放されます!

※借金額が一社当たり140万円を超える場合、司法書士の対応ができませんので弁護士への相談が必須です。

債務整理が得意な弁護士・司法書士はみなさん借金に理解のある方なので、恥ずかしさやみっともなさを感じる必要はありません。しっかりと丁寧に対応してくれるので安心して相談してみてください。

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 
 債務整理ナビでは、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
弁護士費用保険をご存知ですか?

いつ起きるかわからない法的トラブル。弁護士費用の準備はできていますか?

答えがNoの方、弁護士費用保険メルシーが役立ちます。

Cta_merci

弁護士への依頼費用は数十万~数百万円かかりますが、弁護士費用保険メルシー(月2,500円)に加入しておくことで、弁護士費用の補償が受けられます。

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

補償対象となる家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月500円(2,500円÷5人)。労働問題、ネット誹謗中傷、近隣トラブルなど様々な法的トラブルに対応しています。

補償内容、付帯サービスをまとめた資料の請求はWEBから。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。