奨学金の保証人になるリスクと責任

73c3b5e02f7e9bd95c0df5491ac650d1

「奨学金の保証人になって欲しい」とあなたの姪や甥、孫から言われた場合でも簡単に承諾せず、リスクを把握した上で承諾しなければなりません。

 

2016年では、奨学金を理由に自己破産した全体の約45%は、本人ではなく連帯保証人や保証人でした(参考:朝日新聞)。

 

このことからも、奨学金の保証人になるリスクを把握しないとのちのち後悔することになります。この記事では、そのようなことにならないために、あらかじめ知っておくべき保証人のリスクや責任、請求された場合についてご紹介します。

 

4つの質問で無料診断できます!

ウイズユー司法書士事務所債務整理は、借金を減額・免除することができます。まず、あなたの借金がどのくらい減額できそうか、無料診断してもらいましょう。

 

無料診断をはじめる

 

奨学金の保証人になるリスクと責任

奨学金の保証人になるリスクと責任とはいったい何でしょうか。

保証人になるリスク

奨学金の保証人になる最大のリスクは、奨学金が返済されなかった場合、残りの奨学金を一括請求されることです。それにより、あなたの生活が大きく変わってしまうことです。

 

冒頭でもお伝えした通り、自己破産することになるかもしれません。

 

保証人の責任

残りの奨学金を一括請求されるといいましたが、実は保証人の前に連帯保証人が請求されることになります。請求の流れとしては、

  1. 本人
  2. 連帯保証人
  3. 保証人

となります。また、連帯保証人の場合、残りの借金を全額支払わないといけませんが、保証人の場合半額で済みます。また、保証人には請求を拒む権利があり、実質返済を回避できる可能性があるのです。

 

保証人への請求は回避できる?半額になる?

保証人への請求は、拒否することができ、返済額の残りの奨学金の半分でよいのです。ここでは、なぜそのようになるのかについて解説します。

催告の抗弁権と検索の抗弁権により拒否することができる

保証人には催告の抗弁権と検索の抗弁権によって貸主からの請求を拒むことができます。催告の抗弁権とは、仮に保証人へと支払を促す内容が来たとしても「本人や連帯保証人からきちんと催促してください」と、一度拒むことができます

 

それでも返済されない場合、もう一度保証人へと請求が行くと思いますが、今度は検索の抗弁権によって「本人や連帯責任者の財産を差し押さえて何とかしてください」と、拒む権利があります。

 

この場合、本人や連帯保証人は自分の甥や姪、兄弟姉妹の親族であることがほとんどでしょうが、検索の抗弁連を使うことにより、本人、連帯保証人の財産が差し押さえられるか、保証人であるあなたが返済するかは家族間で一度話し合ったほうが良いでしょう。

 

保証人の返済額は半額になる? 分別の利益とは

例えば保証人が2人ついているという場合、債権者から奨学金の未返済分を請求されても、各保証人に返済義務があるのは、その半分です。

 

このことを『分別の利益』といい『保証人』が複数いる場合、支払うべき金額をその人数で等しく分割することが認められています

 

他方、連帯保証の場合は『分別の利益』が認められていません。そのため、連帯保証の場合は何人保証人がいようが、各保証人は債務全額について等しく支払い義務を負います

 

リスクを回避する唯一の方法

保証人のリスクを避けるには、奨学生本人に『機関保障』をすすめるのもひとつの方法です。

 

これは、公益財団法人日本国際教育支援協会が保証人となってくれる制度で、奨学金の額に応じて、月々数千円の保証料が発生します。

機関保障を受ける注意点

保証料について

4年間、奨学金を利用した場合、総額で数十万近くの保証料を支払うことになります。

また、保証料は月々の奨学金から差し引かれる形で支払われるため、実際に受け取る奨学金が通常より低額になってしまいます。

 

奨学生本人の支払いが免除されるわけではない

日本国際教育支援協会が保証してくれるからと言って、奨学生本人が支払いを免れられることではありませんし、返済が滞れば、奨学生本人への請求・差し押さえが行われます。

 

まとめ

奨学金の保証人になるリスクを承知の上でサインしないと後悔する可能性があります。また、保証人になったからには、奨学生本人の返済状況を定期的に気に掛けることが重要です。

 

もし、奨学金の返済を請求されているが、返済が苦しい場合、債務整理が得意な専門家に相談ください。

 

奨学金の返済を請求された保証人の方へ

奨学金の返済を請求された場合、全額を求められても支払わずまず専門家に相談ください。また、返済が厳しく自己破産するしかないと思っている場合でも、弁護士・司法書士に相談することでより最適な債務整理をご提案します。 

無料相談できるの弁護士・司法書士一覧

休日・19時以降相談の可能な事務所も多数掲載中!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
借金問題に関する人気コラム
借金問題に関する新着コラム