累計相談数 38,000 件超
累計サイト訪問数 1,000 万人超
※2020年5月現在

15ページ目/《広島》債務整理・借金減額が得意な弁護士・司法書士

利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。

6件の債務整理・借金減額を得意とする弁護士・司法書士が該当しました

▼ さらに条件を指定する

【全国対応/無料相談】弁護士法人東京スタートアップ法律事務所 Link icon

営業時間外

東京都
弁護士
  • Sys tel icon電話相談可能
  • Sys fee icon初回の面談相談無料
  • Sys cal icon休日の相談可能
Icon train2 最寄駅:【全国対応しております】
Icon calender2 定休日: 無休
【何度でも相談無料】【夜間・土日対応】《借入先が3社以上の方》経験ある弁護士チームが対応●無理のない返済プランの提案●任意整理1社:2万円~●弁護士費用の分割払い可●毎月の返済を減らしたい方、ご相談を

【全国対応/無料相談】弁護士法人東京スタートアップ法律事務所 Link icon

営業時間外

東京都
弁護士
  • Sys tel icon電話相談可能
  • Sys fee icon初回の面談相談無料
  • Sys cal icon休日の相談可能
Icon train2 最寄駅:【全国対応しております】
Icon calender2 定休日: 無休
《借入先が3社以上の方》【毎月の返済額を少なくしたい方】任意整理1社:2万円~●ご相談は何度でも無料●夜間土日の対応●借金問題を抱えた際は、秘密厳守の無料相談をご利用ください。
市区町村で弁護士・法律事務所を絞り込む
6 件の 債務整理・借金減額を得意とする 弁護士・司法書士が該当しました
211212件を表示

広島県の一世帯あたりの借金は568万円。全国平均を大幅に下回る

2014年に実施された全国消費実態調査では、広島県の一世帯あたりの負債残高が568万円、47都道府県中26位であることが発表されました。全国平均が700万円であることから、132万円下回っています。

 

また、1位の東京都と比較すると379万円もの差が生じており、首都圏と地方都市とでは大きな隔たりがある状況です。

 

同じ中国地方の都道府県をみてみると、1位:岡山県637万円、2位:広島県568万円、3位:鳥取県527万円、4位:山口県514万円、5位:島根県406万円で、広島県は2番目に負債額が多いことがわかります。

 

広島県の借金を底上げする土地代

そして、この負債残高を底上げしているのは、住宅購入に関わる費用です。


なかでも、住宅購入費用に影響が大きい土地代についてみてみると、広島県は中国地方の中で1番高騰している現状がみえてきます。

 

中国地方内の順位は、1位:広島県52,000円/㎡、2位:岡山県29,400円/㎡、3位:山口県26,100円/㎡、4位:島根県22,500円/㎡、5位:鳥取県20,600円/㎡と続き、広島県は2位以下に大差をつけての1位です。

 

地方中枢都市の広島市を有することが、広島県の土地代の高騰につながっていることが想定されます。

 

 

広島県民の年間収入は679万円で全国26位。1位から135万円下回る

広島県民の年間収入額をみてみると、679万円で47都道府県中26位となっています。


この数値は、1位の東京都と比較すると135万円、全国平均からは27万円下回る結果となり、首都圏と地方都市の経済格差を感じさせる結果となりました。

 

中国地方内の順位をみてみると、1位:島根県699万円、2位:鳥取県683万円、3位:広島県679万円、4位:山口県676万円、5位:岡山県657万円で、広島県は中位に位置しています。

 

しかし、1位の島根県と比較すると新卒初任給ほどの差が開いており、広島県民の生活に大きなゆとりはないことが伺えます。

 

広島県民の貯蓄額は1,202万円。堅実な生活が垣間見える

さらに、広島県民の貯蓄額をみてみると1,202万円で、全国平均を23万円上回る結果となりました。
年間収入が全国平均を下回っているなか、消費を抑え堅実に貯蓄を積み重ねている様子が垣間見えます。

広島県民は家具や寝具にお金をかけている

続いて、広島県民の1ヶ月あたりの支出状況をみてみると、家具や寝具にかける支出が多いことがわかりました。

 

一般家具の項目では1,679円で47都道府県中1位に位置づけ、全国平均の580円から2倍以上高い数値となりました。


中国地方の他県と比較しても、非常に大きな差が生じていることがわかります。

 

また、寝具に関しても高い数値で、1位:岐阜県1,655円、2位:三重県1,290円に次いで、1,2643円で3位となりました。


こちらも同じく、中国地方各県とは大きく差が開いており、広島県民が自宅での過ごしやすさを重視している様子が数字に表れた形です。

 

 

広島県民の自己破産者に関する情報

以下では、日本弁護士連合会・消費者問題対策委員会から公表された「2014年破産事件及び個人再生事件記録調査」における無作為に選出された50人の情報を見ていきます。

 

本資料を見ると、広島県の自己破産者が1番多い年代は、15人を記録している50歳代で、全国的に1番高い割合を占める40歳代を5人超える形となりました。

 

広島県民の自己破産者50人中12人が無職

さらに、広島県民の無作為に選出された自己破産者50人の職業をみてみると、無職が12人で最多となっています。


全国平均では1位:正社員、2位:非正規社員に次ぎ、3位に位置する無職ですが、広島県は上位2位を抑え込み1位となりました。


2位には生活保護受給者が位置づけており、こちらも全国平均を上回る割合です。広島県の自己破産者は、何らかの理由で仕事を失ってしまったり、生活に困窮し生活保護を受給していたりする人たちの割合が多いことが見受けられます。

 

 

広島県民の自己破産者の負債額1位は100~200万円

広島県の無作為に選出された自己破産者50人の負債額をみてみると、100~200万円が最多で、全体の18%を占めており、比較的少額で自己破産に至った人が多いことが示されています。

 

広島県では、無職や生活保護受給者の自己破産者が多いことは先述しましたが、その影響が数字に表れていることが想定できる状況です。

 

一方で、3位には2000~3000万円、4位には4000~5000万円が位置づけており、広島県民が負債額には大きな幅があります。

 

 

広島県で債務整理・借金減額が得意な弁護士・司法書士をお探しの方へ

広島県で借金返済にお悩みの方は、早い段階で弁護士事務所や司法書士事務所へ相談にいくことをおすすめします。

 

現時点で完済の見通しがたっていない、それどころか来月の返済もできないかもしれないという状況ならば、時間が経てばたつほどに状況は苦しくなる一方です。

 

自己破産以外にも、任意整理や個人再生などで、借金を減額できる可能性もあります。一歩踏み出すことで、あなたの借金問題解決につながるかもしれません。