累計相談数 48,000 件超
累計サイト訪問数 1,080 万人超
※2021年4月時点
ホーム > 債務整理とは? > 過払い金請求とは?

過払い金請求とは?

過払い金請求の基本をわかりやすく解説します。

過払い金請求は払い過ぎた
利息を返還してもらう手続き

過払い金請求とは、借金返済において返す必要のないお金まで余計に返済してしまった分(=過払い金)を返還してもらうよう、貸金業者に請求する手続きのことです。

過去に「グレーゾーン金利」という法律の抜け穴の金利帯で、貸金業者が貸付けを行っていたことが、過払い金の主な発生原因です。現在は法改正によりグレーゾーン金利はなくなって過払い金請求は払い過ぎた利息を返還してもらう手続きいますが、この金利帯で支払った利息分については、過去にさかのぼって返還請求が可能となっています。
貸金業者に対する過払い金請求は個人で行うことも可能ですが、具体的な過払い金額の算出(引き直し計算)には知識が必要です。そのため、引き直し計算から業者への請求まで代理で行ってくれる弁護士・司法書士に依頼するのが一般的です。弁護士・司法書士から請求してもらうことで、業者側が速やかに対応してくれることも期待できるでしょう。

過払い金請求ができる人の条件

過払い金請求ができるのは、過去にグレーゾーン金利での借入れがあった人です。また、完済から時間が経つと時効となってしまうので注意が必要です。条件をまとめると以下となります。

2010年6月17日以前に借り入れを開始した場合
借金を完済してから10年以内の場合

※2020年4月1日以降に完済した場合、「権利を行使することができることを知ったときから5年間」のどちらか早いほうが時効となります。ただし、どちらが適用されるかは取引内容により異なるため、詳細は弁護士・司法書士事務所にお尋ねください。

過払い金請求の条件の詳細を見る

過払い金請求の
メリット・デメリット

メリット
返還額がそのまま収入になる
借金を完済している、または返還された過払い金によって完済できる場合、基本的にブラックリストには載らない
デメリット
特になし(借金を完済している、または返還された過払い金によって完済できる場合)
過払い金が返還されても借金が残る場合、ブラックリストに載ることがある
過払い金請求のメリット・デメリットの詳細を見る

過払い金請求で返還される
金額の計算方法

以下のシミュレーターを使って、過払い金請求をした場合にどのぐらいの金額が返還されるか計算できます。

借入総額 必須   万円
返済期間 必須  年  ヶ月
利率 必須   %
お住まいの地域必須

免責事項

1.債務整理ナビが、作成・提供する過払い金シミュレーター(以下、「本計算機」といいます)の計算結果は、あくまでも目安の金額であり、実際の計算とは大幅に異なる可能性があります。

2.債務整理ナビは、本計算機にて提供する情報等に関して、その正確性、確実性、有用性、最新性等のいかなる保証も行うものではありません。したがって、本計算機にて 提供する情報等に関連して、本計算機をご利用のお客様または第三者が損害を被った場合においても、債務整理ナビは一切の責任を負担いたしません。

3. 本計算機をご利用の方は、上記1および2の内容をご承諾いただいたものとみなしますので、ご了承ください。

過払い金請求の費用相場

過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼した場合、請求先の数によって費用が変動します。

※費用は目安で、事務所により異なります

内訳 金額
基本費用 1社あたり5~6万円
成功報酬 回収金額の10~25
過払い金請求の費用の詳細を見る

過払い金請求の解決事例

過払い金請求の解決事例は以下からご覧いただけます。

過払い金請求の解決事例を見る

過払い金請求でよくある質問

過去の明細書がなくても大丈夫ですか?

問題ありません。貸金業者は過去の取引履歴を開示する義務があり、弁護士・司法書士が開示請求も代行します。ただし、自分で過払い金請求を行う場合は、開示請求も自分で行う必要があります。

過払い金請求の必要書類を見る
業者が請求に応じない場合は?

必要に応じて訴訟を提起し、裁判を通じて過払い金の請求をします。その際の代理人も弁護士・司法書士が務めてくれます。

過払い金請求訴訟の詳細を見る