将来利息を全額カット

任意整理
40代
女性
介護職
借金の理由
コロナの影響で家計の収入が激減、借り入れに頼る生活に。
債務整理前
借金総額
250万円
月々返済額
7.6万円
借り入れ社数
4社
借金の期間
5 年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
20 万円
減額できた月々返済額
3.6 万円
債務整理後
借金総額
230万円
月々返済額
4.0万円

依頼前の状況

コロナの影響で家計の収入が激減、夫のボーナスも支給されなくなり、住宅ローンの支払も困難になった。そのため、消費者金融からの借り入れで生活費をまかなっていました。
借り入れが増えるにつれて、返済してもなかなか元金が減らず、借り入れも止めることができない状況であったため、返済を続けているのに借金総額が変わらないご状況でした。

依頼内容・対応と結果

「返済を続けているのに、借金が減っていかない。月々の負担が減るものであるならば減らしてほしい」とご相談をいただきました。
住宅ローンもあることから、任意整理が最適と判断しました。債権者と返済金額を交渉したところ、将来の利息をカットし、100万円以上の利息の減額に成功。
毎月の返済額も、長期分割払いとすることで、借金を返済しながら、毎月の生活に安心を持つことができるようになりました。

任意整理のそのほかの解決事例
借金の理由
-
債務整理前
借金総額
77万円
月々返済額
0.0万円
借り入れ社数
2社
借金の期間
9年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
77 万円
減額できた月々返済額
0.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円
借金の理由
転職による収入減と引っ越し費用
債務整理前
借金総額
180万円
月々返済額
7.0万円
借り入れ社数
4社
借金の期間
5年0ヶ月
減額できた借金総額
0 万円
減額できた月々返済額
3.9 万円
債務整理後
借金総額
180万円
月々返済額
3.1万円
任意整理
任意整理で損害金支払いをなくした事例
30代
男性
元会社員
借金の理由
体調不良により辞職、損害金の支払いができなくなってしまった
債務整理前
借金総額
400万円
月々返済額
15.0万円
借り入れ社数
4社
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
250 万円
減額できた月々返済額
12.5 万円
債務整理後
借金総額
150万円
月々返済額
2.5万円