財産を保全しつつ、従業員が被る不利益を最小限にできた事例

法人(会社)破産
40代
男性
会社経営
借金の理由
売上の減少
債務整理前
借金総額
51000万円
借り入れ社数
78社
借金の期間
20 年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
51000 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円

依頼前の状況

30名を超える従業員を抱え、事業を行っていたが、数年間営業赤字を計上。
メインバンクと相談しながら事業再生の努力をしたものの奏功せず、従業員の給料の支払いができなくなった。

依頼内容・対応と結果

会社の財産を保全しつつ、一部を処分して申立て費用を確保した上、従業員へ解雇予告手当を支払った。
未払給与は未払賃金立替払制度の利用をサポートするなど、従業員が被る不利益を最小限にするよう努めた。
債権者との間でも大きな混乱を招くこともなく、破産申立てを行い、スムーズに破産管財人に業務を引き継ぐことができた。

法人(会社)破産のそのほかの解決事例
借金の理由
事業資金
債務整理前
借金総額
3100万円
月々返済額
40.0万円
借り入れ社数
7社
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
3100 万円
減額できた月々返済額
40.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円
借金の理由
事業
債務整理前
借金総額
2000万円
月々返済額
20.0万円
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
2000 万円
減額できた月々返済額
20.0 万円
債務整理後
借金総額
万円
法人(会社)破産
法人と代表者の同時破産
40代
男性
借金の理由
事業資金等
債務整理前
借金総額
2000万円
月々返済額
0.0万円
借り入れ社数
11社
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
2000 万円
減額できた月々返済額
0.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円