差押えを受けていた依頼者について破産申立てにより取立てを免れた事案

個人再生
50代
男性
サービス業
借金の理由
生活費、保証
債務整理前
借金総額
950万円
月々返済額
13.0万円
借り入れ社数
9社
借金の期間
10 年0ヶ月
減額できた借金総額
950 万円
減額できた月々返済額
13.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円

依頼前の状況

銀行預金98万円全額について預金債権差押さえを受け、当事務所に相談。

依頼内容・対応と結果

速やかに破産申立てをするとともに差押命令の中止申立てを行い、債権者による取立てができないようにした。
破産手続きは3か月程度で終了したが、申立時に保有していた現金15万円のほか、預金98万円のうち予納金20万円を除く78万円等を自由財産として認めてもらい、生活費として利用できるようにした。

個人再生のそのほかの解決事例
借金の理由
転職による減収、ギャンブル、飲食
債務整理前
借金総額
3900万円
月々返済額
35.0万円
借り入れ社数
11社
借金の期間
10年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
820 万円
減額できた月々返済額
20.0 万円
債務整理後
借金総額
3080万円
月々返済額
15.0万円
借金の理由
住宅ローン
債務整理前
借金総額
360万円
月々返済額
10.0万円
借り入れ社数
4社
借金の期間
8年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
260 万円
減額できた月々返済額
7.0 万円
債務整理後
借金総額
100万円
月々返済額
3.0万円
借金の理由
競艇
債務整理前
借金総額
250万円
月々返済額
5.9万円
借り入れ社数
6社
借金の期間
5年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
150 万円
減額できた月々返済額
3.1 万円
債務整理後
借金総額
100万円
月々返済額
2.8万円