【負債総額1億6660万円→0円】取引先の倒産を機に経営が悪化…誠意ある姿勢もあり面積が認められた事例

法人(会社)破産
60代
女性
法人代表者
借金の理由
資金繰りの悪化
債務整理前
借金総額
16660万円
月々返済額
10.0万円
借り入れ社数
49社
減額できた借金総額
16660 万円
減額できた月々返済額
10.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円

依頼前の状況

建具の販売業をしていた相談者さま。

取引先の倒産を機に、資金繰りが悪化してしまい、ヤミ金融・ファクタリング業者からの借入れをしてしまったことで、執拗な督促を受けており疲弊されていました。

依頼内容・対応と結果

相談者さまと借金とを切り離すべく、破産手続を選択しました。

そして、まずは取り立てを止めさせました。受任後しばらくは相手方の執拗なクレームや嫌がらせが当事務所へ行われていましたが、当事務所がご相談者の盾となり、迅速に申し立てを行いました。

相手側からの理不尽な要求を諦めさせるとともに、申立後は管財人に協力し、誠実な協力の姿勢も評価され免責されています。

法人(会社)破産のそのほかの解決事例
借金の理由
会社の破産手続きと同時に、代表者個人の連帯保証が発生したため
債務整理前
借金総額
1100万円
月々返済額
0.0万円
借り入れ社数
3社
借金の期間
5年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
0 万円
減額できた月々返済額
0.0 万円
債務整理後
借金総額
1100万円
月々返済額
0.0万円
法人(会社)破産
法人と代表者の同時破産
40代
男性
借金の理由
事業資金等
債務整理前
借金総額
2000万円
月々返済額
0.0万円
借り入れ社数
11社
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
2000 万円
減額できた月々返済額
0.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円
借金の理由
事業資金
債務整理前
借金総額
3100万円
月々返済額
40.0万円
借り入れ社数
7社
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
3100 万円
減額できた月々返済額
40.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円