【820万円⇒164万円まで減額】個人再生手続により住宅を残しつつ減額を叶えた事

個人再生
40代
男性
借金の理由
住宅ローン
債務整理前
借金総額
820万円
月々返済額
10.0万円
減額できた借金総額
656 万円
減額できた月々返済額
10.0 万円
債務整理後
借金総額
164万円
月々返済額
0.0万円

依頼前の状況

家族3人と父親で同居するためマイホームを購入し、共同して住宅ローンを返済していたところ、父親が急逝された方からのご依頼でした。

住宅ローンを支払いながら生活のために借金を重ね、気がついた時にはその借金が800万を越えていました。

依頼内容・対応と結果

状況をお伺いしたところ、会社員で安定した収入があり、マイホームを残したいという強い希望があったことから、当弁護士が個人再生手続きをご提案し、その結果、820万円あった借金が164万円まで減額され、マイホームも手放さずに済みました。

個人再生のそのほかの解決事例
借金の理由
生活費
債務整理前
借金総額
1200万円
月々返済額
8.0万円
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
960 万円
減額できた月々返済額
1.3 万円
債務整理後
借金総額
240万円
月々返済額
6.7万円
個人再生
800万円の借金を160万円に減額
30代
男性
会社員
借金の理由
浪費
債務整理前
借金総額
800万円
月々返済額
10.0万円
借り入れ社数
9社
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
640 万円
減額できた月々返済額
7.3 万円
債務整理後
借金総額
160万円
月々返済額
2.7万円
借金の理由
主に教育費
債務整理前
借金総額
600万円
月々返済額
8.0万円
借り入れ社数
6社
借金の期間
5年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
480 万円
減額できた月々返済額
4.6 万円
債務整理後
借金総額
120万円
月々返済額
3.4万円