【800万円→160万円】占いサイトや飲食費の借金を個人再生により脱却した例

個人再生
40代
女性
会社員
借金の理由
占いサイトと飲食費
債務整理前
借金総額
800万円
月々返済額
15.0万円
借り入れ社数
10社
借金の期間
10 年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
800 万円
減額できた月々返済額
15.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円

依頼前の状況

ご相談者様は、仕事のストレスから占いサイトを利用することで安心を得ていました。占いサイトは安いものではなく1時間利用すると1~3万円がかかるようなものでした。安くはないものとはわかっていながら安心を得てまた仕事に行くために数日おきに利用するということを繰り返してしまいました。
また、ストレスから外食の機会も増えてしまい、給与では不足する分をカード利用でしのいでいました。
ご依頼者様の給与が比較的高額であったため、クレジットカードは申し込めば何枚も作成でき気づけば10社から借りては返すを繰り返していました。
住宅ローンも支払いながらの返済を続けてきましたが、少しずつ返済を滞納するようになってしまい、これ以上ご自分で返済を続けることができないと判断されてご相談にいらっしゃいました。

依頼内容・対応と結果

現在の占いサイトの利用状況や外食の利用状況、住宅ローンの返済計画表を一緒に確認しながら丁寧にお話をお聞きしました。自己破産も考えられる借入額でしたが、自己破産では住宅を失ってしまうこと、比較的収入が多いことから継続して返済して行くことも可能であるということから、住宅は維持しつつ、借金総額を減額できる、個人再生の手続きを選択することにいたしました。
ご依頼後すぐに受任通知を各会社に送り督促と返済を止めつつ、住宅ローンは従来通り支払い続け住居は守るという生活が始まりました。
裁判所の手続きは通常通り6か月以上かかりましたが、再生計画が認可され、住宅を維持しつつ、借金額を減額し、無理のない範囲で3年払いでの返済をスタートさせることができました。
今では、ストレスと占いや飲食で解決していた生活から、運動により解決を図るという方向に転換し、借金から追われる日々も卒業し、前向きに進むことができるようになりました。

個人再生のそのほかの解決事例
借金の理由
病気
債務整理前
借金総額
300万円
減額できた借金総額
300 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円
借金の理由
住宅ローン
債務整理前
借金総額
360万円
月々返済額
10.0万円
借り入れ社数
4社
借金の期間
8年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
260 万円
減額できた月々返済額
7.0 万円
債務整理後
借金総額
100万円
月々返済額
3.0万円
借金の理由
主に教育費
債務整理前
借金総額
600万円
月々返済額
8.0万円
借り入れ社数
6社
借金の期間
5年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
480 万円
減額できた月々返済額
4.6 万円
債務整理後
借金総額
120万円
月々返済額
3.4万円