【約4670万円⇒0円】元夫の事業資金の連帯保証債務を全額免責した事例

自己破産
40代
女性
借金の理由
東日本大震災による事業の悪化
債務整理前
借金総額
4670万円
減額できた借金総額
4670 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円

依頼前の状況

Aさんの夫は、金融機関から総額1400万円の融資を受け、Aさんが連帯保証を受けました。
その後、東日本大震災の影響で事業が立ち行かなくなり、夫はAさんの知らない所で、融資を受けるようになりました。
Aさんは、夫の金銭管理などに不信感を覚えるようになり、離婚。
連帯保証から外れるとのことでしたが、督促は止まらず、債務者からストーキング行為を受けるなど、精神的に疲弊してしまいました。
Aさんは多額の請求を解決したいと思い、当事務所へご相談されました。

依頼内容・対応と結果

Aさんにお話をお伺いし、遅延利息を含めた負債額は4500万円を超えていることがわかりました。
元夫がAさんを勝手に、連帯保証人としていた行為について、金銭消費賃貸書の偽造や、その書類の有効性を争ったとしても、解決は難しい状態でした。
Aさんとも相談を重ね、結果、破産手続きで解決を図ることにしました。結果、問題なく免責許可が下されました。

自己破産のそのほかの解決事例
借金の理由
家族の生活費、自分のギャンブル、リボ払い
債務整理前
借金総額
530万円
月々返済額
9.0万円
借り入れ社数
6社
借金の期間
10年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
530 万円
減額できた月々返済額
9.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円
借金の理由
生活費
債務整理前
借金総額
600万円
月々返済額
10.0万円
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
600 万円
減額できた月々返済額
10.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円
借金の理由
浪費
債務整理前
借金総額
400万円
月々返済額
10.0万円
減額できた借金総額
400 万円
減額できた月々返済額
10.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円