免責不許可事由に該当する行為があったが、裁量免責を獲得した事案

自己破産
30代
男性
借金の理由
生活費、投機・転売行為費用など
債務整理前
借金総額
800万円
月々返済額
28.0万円
借り入れ社数
5社
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
800 万円
減額できた月々返済額
28.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円

依頼前の状況

800万円の負債を抱えていた相談者は、自己破産を希望していた。しかし、高額の投資・転売などの行為があったため、免責不許可事由が認められてしまった。

依頼内容・対応と結果

裁判所・破産管財人へ適格に情報が伝わるように、複雑な投資行為の説明を丁寧に行った。裁量免責獲得にあたっては、「債権者への積極的な情報提供」「債務者の真摯な反省」は非常に重要であるため、本件でもそうした観点で弁護活動を行った。結果としては裁量免責を獲得、また同時に発生していた過払い金の回収にも成功した。

自己破産のそのほかの解決事例
借金の理由
生活費
債務整理前
借金総額
300万円
月々返済額
6.0万円
借り入れ社数
5社
借金の期間
3年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
300 万円
減額できた月々返済額
6.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円
借金の理由
ギャンブル
債務整理前
借金総額
400万円
月々返済額
17.0万円
借り入れ社数
6社
借金の期間
10年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
400 万円
減額できた月々返済額
17.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円
借金の理由
家族の生活費、自分のギャンブル、リボ払い
債務整理前
借金総額
530万円
月々返済額
9.0万円
借り入れ社数
6社
借金の期間
10年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
530 万円
減額できた月々返済額
9.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円