過払い金で借金を完済し、手元にもお金が戻った事例

任意整理
40代
男性
会社員
借金の理由
交際費
債務整理前
借金総額
320万円
月々返済額
12.3万円
借り入れ社数
3社
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
320 万円
減額できた月々返済額
12.3 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円

依頼前の状況

約20年前、交際費に充てるため大手消費者金融のA社から30万円の借り入れを行ったというご依頼者さま。
その後も預貯金を引き出す感覚で飲食代や交際費のため借入を続け、ご相談時には6社、合計約320万円の総額に至りました。また、月の支払いは12万3千円と高額になり、独身であったことから支払いを続けることができました。
しかし、ご結婚されることを機会に「返済の負担を減らしたい」とお考えになり、弊所へご相談いただきました。

依頼内容・対応と結果

弊所では、まず月の返済額を減額するために過払金の有無を調査。

解決のポイントは「借金の負担が減らせるか」という点でした。
結果、取引期間の長い会社が多いこと、6社のうち、3社については返済が終了していたことから過払金が戻ってくるということが分かり、また、残りの3社には利息制限法で引き直し計算を行った結果、大幅に債務額が減少することが判明。

3社から取り戻した過払金を、残りの3社へ返済に充てることで借金を完済。なお、ご依頼者様は合計155万円が手元に戻り、解決に至りました。

任意整理のそのほかの解決事例
借金の理由
病気になった時の休職中の生活費と治療費
債務整理前
借金総額
360万円
月々返済額
15.0万円
借り入れ社数
6社
借金の期間
6年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
0 万円
減額できた月々返済額
8.4 万円
債務整理後
借金総額
360万円
月々返済額
6.6万円
借金の理由
収入の減少による生活費
債務整理前
借金総額
550万円
月々返済額
20.0万円
借り入れ社数
7社
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
0 万円
減額できた月々返済額
10.0 万円
債務整理後
借金総額
550万円
月々返済額
10.0万円
借金の理由
営業する際、かなりお金を使い込んでしまった
債務整理前
借金総額
430万円
月々返済額
11.5万円
借り入れ社数
4社
借金の期間
10年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
0 万円
減額できた月々返済額
5.8 万円
債務整理後
借金総額
430万円
月々返済額
5.7万円