借金の返済が困難になり、返済額を減額した事例

任意整理
30代
女性
主婦
借金の理由
生活費
債務整理前
借金総額
320万円
月々返済額
5.0万円
借り入れ社数
3社
減額できた借金総額
303 万円
減額できた月々返済額
4.0 万円
債務整理後
借金総額
17万円
月々返済額
1.0万円

依頼前の状況

結婚をきっかけに退職し、専業主婦をしていたご相談者様。
夫の収入のみでは生活費が足りなかったことから、クレジット会社・消費者金融など合わせて3社から借入を行い、夫には内緒の借入で生活費の不足分をまかなっていました。そうした状態のなかで、返済ができない月は別の会社より借り入れを行い返済を行うなどして対応しておりました。
しかし、2010年6月以降の「総量規制」の影響により、新たな借り入れができなくなってしまったことで返済が困難となり、弊所へご相談に来られました。

依頼内容・対応と結果

ご相談を頂いた際の総負債額は約320万円、毎月の返済額は約5万円でした。
そのため、
・債務額の減額・長期分割を行うこと
・どれだけ毎月の返済額を減らせるか
という点がポイントとなりました。

債務額を減額できるのかを検討するため、引き直し計算を行いました。
その結果、
・A社:128万円⇒36万円
・B社:118万円⇒19万円の過払い
・C社:0円
となることが分かり、総額は約320万円より17万円に大きく減少する形となりました。

また、A社に対して、粘り強く長期分割払いにする交渉を継続。
その結果、約1年半の分割払いが認められるとともに、毎月のご返済額は約1万円にまで減額となりました。

任意整理のそのほかの解決事例
借金の理由
-
債務整理前
借金総額
67万円
月々返済額
0.0万円
借り入れ社数
1社
借金の期間
9年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
67 万円
減額できた月々返済額
0.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円
借金の理由
生活費
債務整理前
借金総額
240万円
月々返済額
10.0万円
借り入れ社数
5社
借金の期間
20年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
240 万円
減額できた月々返済額
10.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円
借金の理由
-
債務整理前
借金総額
77万円
月々返済額
0.0万円
借り入れ社数
2社
借金の期間
9年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
77 万円
減額できた月々返済額
0.0 万円
債務整理後
借金総額
0万円
月々返済額
0.0万円