【522万円⇒104万円まで減額】個人再生の手続により安定した生活を取り戻した事例

個人再生
40代
女性
借金の理由
生活費の補てん、ギャンブル
債務整理前
借金総額
522万円
月々返済額
10.0万円
減額できた借金総額
418 万円
減額できた月々返済額
10.0 万円
債務整理後
借金総額
104万円
月々返済額
0.0万円

依頼前の状況

10年にわたって、生活費の補てんのほか、パチスロを中心とするギャンブルでの浪費を繰り返し、気がつけば500万円を超える借金を負ってしまった40代女性からのご依頼。

毎月の返済額は10万円を大きく超えており、生活が破綻寸前な状況でした。

依頼内容・対応と結果

家族に迷惑をかけたくないと一時期は離婚も考えたそうですが、当弁護士が個人再生手続を申立て、借金を大幅に減額し、しかも分割での支払いとなり、安定した生活に戻ることができました。

個人再生のそのほかの解決事例
借金の理由
転職による減収、ギャンブル、飲食
債務整理前
借金総額
3900万円
月々返済額
35.0万円
借り入れ社数
11社
借金の期間
10年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
820 万円
減額できた月々返済額
20.0 万円
債務整理後
借金総額
3080万円
月々返済額
15.0万円
借金の理由
住宅ローン
債務整理前
借金総額
360万円
月々返済額
10.0万円
借り入れ社数
4社
借金の期間
8年0ヶ月
不動産の有無
あり
減額できた借金総額
260 万円
減額できた月々返済額
7.0 万円
債務整理後
借金総額
100万円
月々返済額
3.0万円
借金の理由
競艇
債務整理前
借金総額
250万円
月々返済額
5.9万円
借り入れ社数
6社
借金の期間
5年0ヶ月
不動産の有無
なし
減額できた借金総額
150 万円
減額できた月々返済額
3.1 万円
債務整理後
借金総額
100万円
月々返済額
2.8万円