過払い金請求を弁護士に依頼する際に返還請求が得意な弁護士の選

~いざという時の備えに~債務整理コラム

 > 
 > 
 > 
 > 
過払い金請求を弁護士に依頼する際に返還請求が得意な弁護士の選び方
キーワードからコラムを探す

過払い金請求を弁護士に依頼する際に返還請求が得意な弁護士の選び方

Legal-man-728x486

過払い金を弁護士・司法書士に無料相談
▶▶▶関東/九州/関西/東海/北海道/東北/北陸.甲信越/中国.四国

過払い金の返還請求を、弁護士などの専門家に依頼しようと考える方も多くいらっしゃると思います。過払い金について相談できる専門家には、弁護士の他に司法書士がいますが、司法書士は、過払い金が140万円以下の場合に限った依頼しかできないといった事情があります。

その点、弁護士であれば金額の制限なく解決のための方法をとってくれますし、もし裁判となった場合でも交渉や訴訟の手続きを代わりに行うことも可能です。

他にもいくつか理由はありますが、実際に弁護士に依頼するとどんなメリットがあるのか気になりますよね。そこで今回は、あなたが弁護士への依頼を検討している際の参考にして頂ければ幸いです。

専門家への相談で過払い額が分かる!

過払い金請求がまだの方は相談料無料の事務所も多いので専門家に一度相談してみることをおすすめします。相談することで自身の具体的な過払い額を知ることができるでしょう。また、過払い金請求の時効が近づいています。繰り返しますが、過払い金請求がまだの方はすぐに専門家に相談してください!
そもそも過払い金って何?というかたは下記の内容を参考にしてみてください。

【関連記事】

 【目次】
過払い金の返還請求を弁護士に依頼するメリット
1:概ね希望額で返還されやすい
2:交渉や過払い金の計算などの事務処理を任せられる
3:借金の事実を家族や友人には秘密にしてもらえる
過払い金請求を弁護士に依頼すべき人
過払い金発生の対象者
複数の消費者金融からの借り入れがある方
借金の金額が大きい方
時効が近づいている方
過払い金請求が難しくなる金融機関
過払い金の返還請求を弁護士に依頼するデメリットは費用
相談料
着手金
解決報酬金(成功報酬)
過払い金報酬
減額報酬
弁護士費用を抑えるコツ
過払い金請求を弁護士に依頼する際に見るべきポイント4つ
①過去に問題を起こした事務所ではないこと
②過払い金返還請求の知識が豊富なこと
③過払い金返還請求の実績が豊富か
④ホームページで過払い金についての記事があるか
弁護士と司法書士の違いとは
弁護士と司法書士の業務内容の範囲の違い
司法書士より弁護士に依頼するべきシチュエーション
まとめ

過払い金の返還請求を弁護士に依頼するメリット

過払い金請求を弁護士に頼むメリットについてご紹介していきます。

1:概ね希望額で返還されやすい

弁護士に依頼をすれば賃金業者に対してスムーズに過払い金の返還ができます。自分で過払い金請求をすると、消費者金融やクレジットカード会社によっては、低い和解金を提示されることがあります。 

2:交渉や過払い金の計算などの事務処理を任せられる

弁護士に依頼をすれば面倒な事務処理を全て任せられるのが強みです。自分で過払い金請求をする場合は以下の手続きをする必要があります。

  • 取引履歴開示請求
  • 過払い金の計算
  • 請求内容の確定
  • 返還請求に伴う交渉
  • 裁判所への訴状の提出手続きや出頭

裁判所の手続きを自分で行うと知識も必要ですし、慣れない作業だと時間はかかるでしょう。弁護士に過払い金の返還請求手続きを頼めば、煩わしい手続きからは全て開放されるというメリットがあります。

3:借金の事実を家族や友人には秘密にしてもらえる

弁護士に過払い金請求の依頼をすれば借金の事実を家族や友人などに知られないように配慮をしてもらえます。仮に自分で過払い金請求を行った場合、金融業者や裁判所からの書面は自宅に届きますので家族の目に触れてしまう可能性が高いです。
(関連記事:自分で過払い金請求をする全手順と自分で行うデメリット)

[注目] どんな時に借金問題を弁護士に依頼すべき?

過払い金請求を弁護士に依頼すべき人

当記事では、過払い金請求を弁護士へ依頼の検討をされている方に向けて情報を載せています。下記の項目に当てはまる人は、過払い金請求を弁護士に依頼することを検討してみてください。

過払い金発生の対象者

弁護士に依頼する前に過払い金が発生しているかの確認をしましょう。過払い金請求できるのは、「利息制限法以上の金利による利息を支払った人」が対象です。

利息制限法で定められている金利は15%~20%と定められていて、この金利を超える支払いをしていた人は過払い金請求の対象となります。

具体的にいうと、

  • 消費者金融などから5年以上お金を借りている
  • 2010年以前から借り入れをしている
  • 18.0%以上の金利で借り入れたことがある
  • 借金完済から10年が経過していない

といった方が過払い金請求の対象です。詳しくは下記をご覧ください。

(関連記事:過払い金の対象となる人に共通する9つの特徴)

複数の消費者金融からの借り入れがある方

複数の消費者金融から借り入れをしている場合、それぞれの金融機関に過払い金請求を行う必要があります。過払い金請求は自分でもできますが、書類の作成・引き直し計算・業者との交渉など1社だけでも多大な労力が必要です。

複数の過払い金請求をすると疲れてしまい、仕事などにも影響が及ぶことも考えられますので、自分で請求するのではなく弁護士へ依頼したほうが賢明だと言えます。
(関連記事:消費者金融への過払い金請求の手順と各消費者金融の特徴まとめ)

借金の金額が大きい方

100万円以上の借り入れをしていたなど、借金を多くしていた人は弁護士へ相談しましょう。過払い金の額が大きいと、弁護士に依頼した場合と自分で過払い金請求を行なった時では返還額に開きが出る可能性が高いです。また過払い金の額が大きければ弁護士へ依頼することで回収額も増えることが考えられます。

時効が近づいている方

過払い金の時効は借金の完済から10年です。2020年頃にはほとんどの過払い金債権は時効になるため、過払い金が請求できそうな方はなるべく早く過払い金請求を行いましょう。

弁護士に依頼をすれば過払い金請求の手続きをスムーズに行えるため、時効が成立する前に手続きを済ませることができます。

過払い金請求が難しくなる金融機関

倒産などで過払い金請求が難しいと評判がある金融機関においても同様です。金融機関が倒産手続きに入ると過払い金の返還が難しくなるため、手遅れになる前に弁護士へ相談しましょう。

(関連記事:過払い金は10年以上経っても請求可能|完済した借金への請求)

[注目] どんな時に借金問題を弁護士に依頼すべき?

過払い金の返還請求を弁護士に依頼するデメリットは費用

弁護士に過払い金請求を依頼するのにほとんどデメリットはありません。ただ唯一あげるとしたら費用がかかるというのがデメリットといえます。

相談料

弁護士への相談料は1時間5,000円〜10,000円が相場です。しかし、最近では相談料を無料にしてくれる法律事務所も多いので、相談料が無料の事務所から検討してみましょう。

着手金

着手金とは、弁護士に最初に依頼をする時にかかる費用のこと。法律事務所によって異なりますが、着手金は業者1社につき0~3万円が相場です。

解決報酬金(成功報酬)

解決報酬金とは、過払い金の返還が決まった時に支払うお金のこと。法律事務所によって支払う金額は異なりますが0~3万円が相場です。 
(関連記事:過払い金請求の成功報酬を安く抑えるための知識のまとめ)

過払い金報酬

過払い金を回収した時にかかる費用で請求方法によって値段が変わります。交渉で20%・訴訟で25%かかるのが相場です。

減額報酬

借金が残っている状態で過払い金請求をする場合には、過払い金報酬ではなく減額報酬を支払います。法律事務所によって違いますが減額できた借金の10%が報酬として請求されることが多いです。
【関連記事】

弁護士費用を抑えるコツ

弁護士費用を抑えたいなら着手金・解決報酬が無料の法律事務所を探しましょう。仮に3社から過払い金請求をすると着手金だけで6~9万円ほどかかります。

少しでも費用を抑えたいなら依頼したい法律事務所はどんな項目にどれだけお金がかかるのかを事前に把握してください。
 (関連記事:過払い金請求の費用|弁護士や司法書士費用を最小に抑える方法)

過払い金請求を弁護士に依頼する際に見るべきポイント4つ

弁護士にはそれぞれ得意分野があります。依頼をするなら過払い金請求が得意な弁護士を選びたいですよね。もし裁判などになった場合は弁護士の質に差がでますので、過払い金請求が得意な弁護士を見分けるポイントを下記の内容を参考に選んで頂ければと思います。

①過去に問題を起こした事務所ではないこと

大前提ではありますが、問題のある事務所に依頼をしてはいけません。過払い金請求の分野に関しては、「儲かる・簡単」なことから悪徳な法律事務所が参入しています。

悪徳な法律事務所は、依頼料が異常に高い・弁護士との相談時間が数分しかないなどといった特徴があり、勝手に和解を進めるといったトラブルの原因になりますので注意しましょう。

②過払い金返還請求の知識が豊富なこと

弁護士の多くは過払い金返請求に対する知識は持っていますが、貸金業者によっては取引の分断(※1)・訴外和解(※2)・第三者弁済(※3)といった様々な争点を主張してくるツワモノもいます。

過払い金請求についての知識がある程度ないと対応は難しく、貸金業者の提示を飲まざるをえないということもありうるでしょう。知識のある・ないを判断するのは難しいので複数の法律事務所に相談に行き比較してみましょう。

(※1)取引の分断

お金を借りて1度完済してから、もう1度借り入れをする。完済後の取引に借りた場合と新たに借り入れをした場合の取引を一連の取引のしないこと。

(※2)訴外和解

訴訟手続外での和解(示談)のこと。訴外和解をした場合に貸金業者からスムーズな支払がない場合、別途訴訟提起が必要です。

(※3)第三者弁済

貸金業者と契約していない第三者が借りたお金の返済をしていたケースのこと。契約者ではない人がお金の返還をしていたことにより契約者は過払い金請求ができないよという主張を貸金業者はしてくることがあります。

③過払い金返還請求の実績が豊富か

過払い金返還請求事件を多く扱ってきたかどうかはとても重要です。単純な件数だけではなく、貸金業者からどれぐらいの金額を取り返したのかという点も重要で参考すべきポイントと言えます。ホームページで貸金業者からどの程度の割合で回収しているか、今まで取り返した金額を参考にしましょう。

④ホームページで過払い金についての記事があるか

過払い金請求が得意な法律事務所は、ホームページで過払い金についての記事を公開しています。弁護士へ相談に行く前に1度ホームページに記事があるのかを確認しましょう。

[注目] どんな時に借金問題を弁護士に依頼すべき?

弁護士と司法書士の違いとは

ここまで、過払い金請求を弁護士に依頼すべき理由について記述してきました。他の法律の専門家、司法書士に依頼するとどうなるでしょうか。弁護士と司法書士の違い・依頼する判断の基準について解説していきます。

弁護士と司法書士の業務内容の範囲の違い

弁護士に依頼するより、司法書士に依頼した方が費用を安く抑えることができます。しかし司法書士は、委託できる業務に制限があるため、確実に過払い金請求をしたい人は最初から弁護士に依頼をしましょう。

司法書士が扱える案件は、「紛争の目的価額」には140万円以下と決まっていますが、対応できる仕事は相談と書類作成のみで交渉や訴訟の代理人にはなれません。認定司法書士だと140万円以下の案件なら、相談と書類作成はもちろん、交渉と訴訟の代理人になれます。

 

業務内容

弁護士

司法書士

過払い金が140万円超える案件

相談・書類作成

×

交渉・訴訟

×

過払い金が140万円以下の案件

相談・書類作成

交渉・訴訟

△(認定司法書士に限る)

(関連記事:過払い金請求を司法書士に頼むメリットと依頼時の費用相場)

司法書士より弁護士に依頼するべきシチュエーション

司法書士より弁護士に過払い金請求を依頼した方がいい場合は以下の2つです。

  • 請求先の過払い金が140万円を超える場合
  • 請求先の経営が傾いている場合

上述した通り、司法書士は過払い金の請求金額が140万円を超える案件を取り扱えないので、請求先の過払い金が140万円を超えるなら弁護士に依頼しましょう。

また経営が不安定な賃金業者へ過払い金請求をするなら弁護士に依頼をしてください。経営が傾いていると、交渉で返還される金額が少ないため返ってくるお金の多い裁判で請求することになります。

140万円以下の案件でかつ第一審で解決する場合は、簡易裁判所で行われるため認定司法書士に訴訟の代理人を委託することは可能です。しかし、経営が不安定な貸金業者は第一審の判決後、上訴してきます。

第二審以降では、地方裁判所以上で裁判を行うため、認定司法書士では訴訟の代理人になれません。そのため、経営が傾いている賃金業者が請求相手の場合は、弁護士へ依頼しましょう。

[注目] どんな時に借金問題を弁護士に依頼すべき?

まとめ

いかがでしたでしょうか。過払い金の請求を弁護士に依頼する場合の参考になれば幸いです。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

専門家の選び方に関する新着コラム

専門家の選び方に関する人気のコラム


専門家の選び方コラム一覧へ戻る