自己破産をする4つのデメリットと破産者の生活へ与える影響

~いざという時の備えに~債務整理コラム

 > 
 > 
 > 
 > 
自己破産をする4つのデメリットと破産者の生活へ与える影響
キーワードからコラムを探す
2016.7.13

自己破産をする4つのデメリットと破産者の生活へ与える影響

Hasan-728x536

借金問題を弁護士・司法書士に無料相談
▶▶▶関東/九州/関西/東海/北海道/東北/北陸.甲信越/中国.四国

自己破産は、裁判所から認められると背負っているすべての借金(税金以外)の返済義務を免れる事ができる債務整理の1つの方法です。しかし、自己破産にはデメリットも多く、まさに借金でどうしようもできない人の最終手段であり、諸刃の剣でもあります。

今回の記事では、借金でどうしようもない状態に陥り、自己破産を考えている方が、自己破産を行なう前に絶対に知っておいてもらいたいデメリットと、自己破産を行なうべきかどうかの判断基準、また、自己破産以外の債務整理の方法についても解説していきます。
 

借金のお悩みは弁護士・司法書士にご相談下さい!

借金は債務整理をすることで大幅に減らすこともできます。しかし、債務整理といっても様々な方法もあり、それに応じた知識・経験が必要になってきます。【債務整理ナビ】では、債務整理が得意な弁護士・司法書士のみを掲載しています。借金でお困りの方は、まずはそれら専門家に相談することをおすすめします。相談料無料の事務所も多いので、まずは気軽に相談しましょう。
 

▶▶債務整理が得意な弁護士・司法書士に相談する

借金問題を弁護士・司法書士に無料相談
▶▶▶関東/九州/関西/東海/北海道/東北/北陸.甲信越/中国.四国

 

自己破産とは

自己破産とは、裁判所を通して借金の返済義務を免除してもらう手続きの事です。実は自己破産には2つの申立が必要で、破産の申し立てと免責(借金を帳消しにするための手続き)の許可の申し立てを併せて行います。免責の許可が降りることではじめて借金が免除になります。

同時廃止と管財

更に、免責の手続きには「同時廃止」と「管財」の2種類あります。

  • 同時廃止:資産を持っていない人のための手続き
  • 管財:ある程度の資産(車や家、貯金など)を持っている人、または免責不許可事由(ギャンブルなどで負債を抱えて原因に問題がある)に該当する人のための手続き

没収された資産は債権者たちへ配当されますが、どのように配分していくのか、手間がかかるためこの手続きは面倒です。同時廃止の手続きの場合ですと配当する財産を、そもそも持ち合わせていないため、管財よりも免責確定までの流れがスムーズに運びます。

絶対に知っておくべき自己破産のデメリット

それでは、自己破産のデメリットをお伝えしていきます。自己破産は免責が認められると、借金の返済義務から逃れられる救済処置です。その分大きなデメリットもあり、これらデメリットを認識したうえで自己破産を行なわなくてはなりません。

家族へ迷惑がかかる

自己破産をすることで、その借金の取り立てが家族へ向かうことはありません。しかし家族が連帯保証人になっていたら話は別です。債権者には連帯保証人に取り立てる権利が生じるので、家族に迷惑をかけることになります。

また車など没収するに値する資産と見なされるものが、自己破産する人の名義で購入してあった場合、家族共有で使用していたとしても自己破産の手続きを行う際に没収されてしまいます。結果として家族に迷惑をかけるかもしれません。

クレジットカードが利用できなくなる

自己破産を行うと、個人信用情報機関のブラックリストに名前が登録されます。ブラックリストから名前が削除されるまでに約5~7年間はかかるため、その間はクレジットカードの利用はできません。クレジットカード以外にも、その期間中は新しく借金やローンが組めなくなります。

就ける職業に制限がかかる

破産の手続きが始まると、免責許可の決定が確定するまでの間、以下の職業につけません。

  • 弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士などの士業
  • 質屋、古物商
  • 生命保険外交員
  • 宅地建物取引主任者
  • 警備員

この期間の仕事をどうするかが問題ですが、免責が決まれば上記の職に復職することは可能です。

財産が没収される

自己破産をする多くの人が同時廃止の手続きにおいて、免責をしてもらうのが一般的です。しかし所有する貯金や所有物が資産と見なされた場合、管財として処理されるため資産は没収されます。これは自己破産の大きなデメリットと言えるでしょう。

資産と見なされる例としましては以下の物が挙げられます。

  • 現金にして99万円を超える場合
  • 預貯金残高が20万を超える場合
  • 不動産(ローン残高が2倍に満たない評価額の場合)
  • 退職金(見込み額が160万円を超えた場合)
  • 保険の解約返戻金が20万円を超える場合

20万円を超える貯金に関しては、現金が99万円に満たないのであれば、現金に換金した方が資産として見なされないため得策です。また資産として見なされる基準は裁判所によって異なります。

自己破産にまつわる誤解

自己破産について世間一般的な誤解があります。一部では以下のようなことも自己破産のデメリットとして言われていますが、単なる誤解であるとここで言い切ります。

会社や学校など周りの人に知られてしまう

破産をすると戸籍に名前が載るため、世間の人に破産の事実がばれてしまうという俗説がありますが、戸籍に名前が載ることもなければ周りの人たちに知られることはほとんどありません。自己破産をすると官報に氏名住所が掲載されますが、官報を読む人は滅多にいないので知られるリスクはほぼないです。

選挙権がなくなる

選挙権は、20歳以上の日本国民に誰にでも平等に与えられた権利です。そのため自己破産の有無は関係なく、選挙権がなくなることはありません。また自己破産しても選挙に立候補することもでき、当選すれば議員になることも可能です。

家を借りられない

自己破産をしても家を借りられないことはありません。個人信用情報機関のブラックリストに名前が載るため、保証会社を通して家を借りる場合、審査が通らないことがあります。またローンが組めなくなるため、家や車の購入は困難になるかもしれません。

海外旅行に行ってはいけない

自己破産をしても海外旅行に行くことはできます。パスポートに自己破産の情報が記載されることがないうえ、出入国の審査の際に自己破産について問われることはありません。ただし、破産手続きを進めている最中は、所在地を離れるために許可が必要になるため、その期間は海外旅行に行くのは難しいでしょう。

自己破産するメリット

ここまで自己破産に関するデメリットを挙げてきましたが、自己破産のメリットも見てみましょう。

全ての債務の支払い義務が免除される

免責が確定した段階で借金は免除されるため、債権者は給料の差し押さえや、取りたてができなくなります。一部例外があるケースがありますが、詳しくは「免責が認められたのに借金が残る」の項目を確認してください。

この特徴は自己破産の最大のメリットと言えるでしょう。借金でどうしようもできない状況に陥り、債務者が夜逃げや自殺などの最悪な判断をしてしまわない為にも自己破産の制度があります。

ある程度の財産は残すことができる

デメリットでお伝えしましたが、自己破産では財産が没収されることになります。しかし、自己破産の手続きが完了した後でも、生活するためには衣食住のためにある程度の財産は必要になります。そのためにも没収すべき資産と見なされない範囲で財産を残すことができます。

自己破産によって住む場所も、今後の生活費も何もかも奪われるということは誤解で、最低限生活していけるだけの財産は残すことができるので安心してください。

自己破産すべきかどうかの判断基準

denta

 

それでは、実際に自己破産をすべきかどうかの判断基準を見てみましょう。借金を解決する方法は自己破産だけではなく、他の方法を取ることができます。ぜひご自身の状況と照らし合わせてみて、自己破産すべきではない人に当てはまるようでしたら、他の方法を試してみても良いでしょう。

自己破産すべきではない人

 

まずは、自己破産すべきではない人の特徴からご説明していきます。もし、どれかに当てはまるようでしたら、デメリットの多い自己破産からではなく別の債務整理の方法を試してみても良いでしょう。各債務整理方法について詳しくは下記の「自己破産以外の債務整理の方法」をご覧ください。

自宅や車などの高額な財産を所有している

デメリットでお伝えしましたが、自己破産は高額な財産を没収されることになります。現在高額な財産を持っていない方は、そこまで影響は大きくないでしょうが、自宅や車を持っていて自己破産することにより、車を使った仕事、送り迎え、又は引っ越しなどの影響が考えられる方は、極力自己破産は避けたほうが良いと考えます。

では、どのような方法を取ればいいのかと言うと、「個人再生」という方法があります。個人再生は自己破産と同じく裁判所を介する債務整理の方法ですが、高額な財産を残したまま大幅に借金を減らすことも可能です。

5年以内の返済の目処がある

自己破産のデメリットは上記でもお伝えした通りです、しかし、それでも自己破産をする人は、到底返済できないような額の借金を抱えていたり、失業などにより返済の目処が立たないような方が行います。

もし、現在の月々の返済は苦しくても返済期間を仮に5年に延ばして計算してみたら、何とか返済の目処が立つような方は「個人再生」や「任意整理」と言った方法を取ることをおすすめします。

2010年以前に消費者金融などから借り入れをしていた

自己破産を考えるほど借金が膨らんでいる方は、ずいぶん昔から借り入れを続けている人も少なくないでしょう。2010年以前に消費者金融から借り入れをしていた方は、グレーゾーン金利により過払い金が発生しているケースが考えられます。

過払い金とは、それまで多く払いすぎていた金利の事で、請求することで返還することが可能です。過払い金の平均額は100万円を超えると言われており、返還された過払い金を先に借金返済に充てることもできるでしょう。

自己破産すべき人

それでは、上記に当てはまらなかった人で、以下の内容に当てはまるようでしたら自己破産も考えていいでしょう。下記の「自己破産をするための手順」も併せてご覧ください。

財産がほとんどない人

自己破産のデメリットでも非常に影響が考えられる、財産の没収ですが、没収されるべき財産がない場合、自己破産をしても大きな影響が及ばないと考えられます。

返済の目途がたたない人

今後借金返済の目処が立たない方は、他の債務整理の方法を取ってみても、債権者や裁判所から認められないことが十分に考えられるでしょう。それもそのはず「返済できるか分からないのですが、返済期間を延ばしてくれませんか」と交渉しても応じてくれないことは想像できるでしょう。

自己破産をするための手順

それではまず、自己破産すべき人に当てはまり、自己破産しか解決方法も残されておらず、デメリットについても認識できている人はこちらを読んでください。実際に、自己破産の申し立てから、免責が確定するまでの一般的な手続きの流れをご説明します。

一般的な手続きの流れ

  1. 1:受任:弁護士に依頼をします。

  2. 2:受任通知の発送:弁護士を介して債権者へ向けて通知を発送します。

  3. 3:破産申立・免責申立:破産の手続きと免責の申し立てを行うために、裁判所に必要書類を揃え申し立てます。

  4. 4:破産審尋:申し立て日から約1ヶ月後に行われる破産の手続きに関する面談を裁判官と行います。

  5. 5:破産手続き開始決定:手続きをすべきか決まり次第、破産手続きが開始します。この際、同時廃止か管財かの手続きに分かれます。

  6. 6:破産管財人の選任(管財の場合):破産管財人(所有している財産の分配を決定する人)を選任したら、破産管財人と打合せを行い必要な資料を提出します。

  7. 7:債権者集会・免責審尋(管財の場合):手続き開始から2,3か月後に債権者会議にて、免責すべきかどうかを検討します。

  8. 8:免責審尋(同時廃止の場合):破産手続き開始決定通知書が送られてくるので、手続きの完了後、約2ヶ月に免責の面談が開かれます。

  9. 9:免責決定:面談が終わり次第、免責決定書が送られてきます。

  10. 10:免責確定:約2週間後に免責が確定し自己破産の手続きは完了です。

弁護士や司法書士に依頼する場合の費用をどうするか

手続きをするためには、書類の制作や裁判官との面談など法律的な知識が問われます。弁護士や司法書士に依頼するのが一般的ですが、自己破産をする多くの方は多重債務者であり、依頼する費用を工面できるのかが難しいところです。

自己破産や免責の手続きが始まると、借り入れができなくなります。費用を工面するために隠れて借り入れをした場合、免責の際に不利になります。費用をまかなうために、弁護士費用を立て替えてくれる法テラスや、分割払いが可能な弁護士事務所もあるので、そちらの利用をオススメします。

自己破産しても免責を受けなければ借金が残る

自己破産をしても、免責を認められなければ借金はチャラにならないため意味がありません。もちろんこの場合、借金の支払いが続くうえに破産者です。免責が認められない条件を「免責不許可事由」といい、その例として以下のケースが挙げられます。

  • 資産を隠していた場合
  • ギャンブルなどによる借金
  • 借金の額をごまかしていた場合
  • 免責申し立ての前に免責を受けていた場合(7年以内)
  • 財産の引き渡しの拒否(破産管財人を妨害)
  • 一部の債権者にのみ返済していた場合

解決方法

もし、上記の例の中で、心当たりがある方は担当の弁護士や司法書士の方に相談しましょう。実際に免責不許可事由と見なされた場合でも、免責を受けたケースはあります。申し立ての際の書類の文面や面談の場で、いかに更生の余地があることを認めてもらうことです。

裁判官への心象をよくする内容については弁護士と念密に打合せすることが必要になります。

免責が認められたのに借金が残るケース

免責が認められたのに、返済の義務が残る借金(非免責債権)があり、以下の場合に該当します。

  • 税金
  • 養育費、婚姻費用
  • 故意、過失により不法行為による損害賠償
  • 故意に隠していた借金
  • 罰金

自己破産以外の債務整理の方法

ご紹介した自己破産のデメリットを考えると、「自己破産すべきでない人」に当てはまった方は極力自己破産を避けたいところです。そこで以下の3つの方法いずれかを試してみて下さい。

過払い金請求

2010年以前に消費者金融から借り入れをしていた方は、過払い金が発生している可能性も考えられます。過払い金請求することにより、その金額を現在の借金返済に充てることも可能です。

【過払い金請求】コラム

任意整理

任意整理とは、債権者との話し合い(交渉)によって、元金のみの返済や返済期間の延長などを取り、月々の借金返済の負担を軽減させるものです。多額の借金があり、返済の目処が立っていない方は、難しい内容ですが、5年以内での返済の目処が立つようでしたら、デメリットの少ない任意整理を検討してみる余地はあります。

個人再生

個人再生は、自己破産と同じく裁判所を介して借金額を減額する制度ですが、自己破産では没収されてしまう高額な財産を手元に残すことができます。持ち家や車などの高額な財産を持っていて、それがなくなってしまうと影響が出るようでしたら(というより、出ない人は少ないでしょうが・・)、個人再生も検討してみて下さい。

まとめ

自己破産は、借金の返済義務から免れることができますが、それに反して大きなデメリットもあります。現在、多額の負債を抱えている方で自己破産を検討されている方は、今回の記事を参考にしていただけたらと思います。

 

 

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

自己破産に関する新着コラム

自己破産に関する人気のコラム


自己破産コラム一覧へ戻る