> 
 > 
 > 
任意整理後にクレジットカードやローンの審査は通る?延滞は可能?
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

任意整理後にクレジットカードやローンの審査は通る?延滞は可能?

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二
監修記事
Img_1544415472
「任意整理」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「任意整理」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Consult_btn

任意整理から約5年間は、基本的にクレジットカードの作成や車や住宅などのローンの組み立てなどが事実上困難となります。ただし、クレジットカードに関しては作成できるケースがあります。

 

この記事では、任意整理後の生活で知っておくべきこと、任意整理後に返済を延滞するリスク、延滞しそうな場合の対策などを解説しています。任意整理を検討している方は必読です。
 

任意整理後の生活で知っておくべきこと

 

任意整理では、通常、現在および将来にわたって支払う『将来利息』と呼ばれる利息をカットすることで債務を削減できます。借金の元金までは通常は削減できません。削減した債務は、3~5年かけて返済していきます。

 

しかし、債務を削減できる一方で、いくつかの制約も受けます。以下は、任意整理後に受ける制約です。

 

クレジットカードの作成・利用ができなくなる

任意整理をすると、約5年間、信用情報機関にご自身が債務整理をしたことが記録されます。俗に言うブラックリストへの登録です。信用情報機関に情報が登録されている約5年間は、カード会社の審査が通らないので、新しいクレジットカードを作成したり、既存のクレジットカードを作成したりすることができなくなります。

 

注意点ですが、ブラックリストへ登録されるのは、債権者と和解した後です。そのため、和解まで時間がかかると、ブラックリストに登録されるのが遅れるので、その分長く制約を受けます。

 

任意整理後もすぐにカードを作れる可能性がある

基本的に、信用情報機関に登録されている約5年間は、クレジットカードを作成することができません。しかし、審査基準が甘いクレジットカード会社のカードなら作成できる可能性があります。また、利用時に口座から直接引き落とされるデビットカードであれば、審査が不要ですので作成することができます。

 

任意整理後にカードを作成できるケースについては、以下の記事で解説しています。

 

【関連記事】債務整理後もクレジットカードが作れるケースと気を付ける事

 

新規の借り入れができなくなる

信用情報機関に情報が登録されている約5年間は、貸金業者の審査に通らないため、新たに借り入れをすることができません。

 

各種ローンの組み立てができなくなる

信用情報機関に情報が登録されている約5年間は、審査が通らないので、ローンの組み立てができません。ローンを組みたいならば、5年後に向けて貯金をするなどの準備をしましょう。

 

ローンを組めるように貯金をする

5年が経ち、信用情報機関からご自身の情報が削除されれば、審査が通るのでローンを組めるようになります。登録されている5年間は、安定した収入を得たり、ローンの頭金を貯金したりして、ローンを組むための準備をしておきましょう。

 

連帯保証人になれない可能性がある

信用情報機関に情報が登録されている約5年間は、連帯保証人の審査に通らない可能性があります。借金を返す適性を欠くとみなされるからです。ただし、必ずしも連帯保証人になれないわけではないので、連帯保証人になりたい場合は申請をしてみるとよいでしょう。

 

携帯や保険の契約はできる?

携帯電話の契約自体はできますが、端末を分割で購入することはできません。分割購入は、借金をするのと同じであるので、審査に通らないのです。

 

保険に関しては、分割払いのタイプでも加入できます。保険は借金とはみなされないからです。

 

就職への影響はある?

任意整理をしたからといって、就職に影響が及ぶことはありません。企業は信用情報機関の情報まで調べることは通常はないからです。

 

任意整理後に支払いを延滞することのリスク

任意整理後に支払いを延滞すると、期限の利益喪失のリスクが生じます。

 

債権者と債務者の間で和解契約を結ぶ際は、支払い義務を怠った場合、分割払いではなく、残債務を一括返済することなどが取り決められます。そのため、債務者はせっかく分割払いを認めてもらえても、返済を延滞すれば残債務を一括で返済しなくてはいけません。
 

返済を延滞しそうになったら

任意整理の返済期間は、3~5年と長丁場です。したがって、途中で何らかの事情により、返済ができなくなることも考えられます。そのような場合はすぐに以下2つの処置を取りましょう。

 

債権者・弁護士に連絡する

任意整理後に返済を延滞しそうになったら、すみやかに債権者・弁護士に連絡して善後策を協議してください。何も連絡しないまま延滞するのは最悪です。

 

延滞を避けるためには弁護士に依頼するのがベスト

弁護士に任意整理を依頼すれば無理のない返済計画を立ててもらえるので、返済を延滞するリスクを減らせるかもしれません。

 

依頼するメリットについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

 

【関連記事】任意整理を弁護士に依頼するメリット|相談事例と解決までの流れ
 

まとめ

任意整理後は信用情報機関に5年ほど情報が登録されることで、クレジットカードが作成できなくなったり、ローンが組めなくなったりするなどの制約を受けます。この5年間は制約を解くことはできませんが、カード会社によってはクレジットカードを作ることができます。また、ローンの頭金を貯金しておくと、制約が解かれたときにローンを組みやすくなります。

 

あなたの債務が削減され、生活が楽になることを祈っています。

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

任意整理に関する新着コラム

任意整理に関する人気のコラム


任意整理コラム一覧へ戻る