> 
 > 
 > 
任意整理(にんいせいり)完全ガイド|利用条件やメリットを解説!
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

任意整理(にんいせいり)完全ガイド|利用条件やメリットを解説!

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二
監修記事
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3%e8%87%aa%e5%8b%95%e4%bf%9d%e5%ad%98%e6%b8%88%e3%81%bf_
「任意整理」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「任意整理」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Consult_btn

任意整理(にんいせいり)は、債権者(お金を貸している貸金業者や金融機関)に対し、「金利をカットし残った借金を3~5年で返済する」という内容で和解し、無理なく返済できるように調整する債務整理のことです。

 

任意整理をすることで、何もせずに返済を続けるより、返済金額を減額できるのです。

 

任意整理は、

同居する家族にバレたくない

少しでも借金の負担を減らしたい

毎月の返済額を調整したい

 

そんな人に特におすすめの債務整理です。

 

また、手続きのなかで「過払い金(※)」を発見し、借金を大幅に減額できたり、完済した上で、貯金を作れたりする可能性があります。過払い金があるかどうかは、「過払い金があるかもしれない人」をご覧ください。

 

この記事では、任意整理について誰でもわかるように解説します。

 

※過払い金(かばらいきん)

利息制限法の上限(15~20%)を超えて払い過ぎていた利息のことです。返還請求することができます(過払い金返還請求)。

 

苦しい毎月の返済にお悩みの方へ

任意整理をすることで、もっと負担を軽くすることができます。専門家へ相談するのに、費用などでお悩みの方は、実際の費用相場や安く抑える方法を把握しておきましょう。

任意整理は、いま手元にお金がなくても行えます!

弁護士費用を支払えないと、任意整理を含めた債務整理に踏み切れない人も少なくありません。

しかし、いま手持ちのお金が少ない、ほとんど無い場合でも依頼することは可能です

まずは費用のことも含めて弁護士に『無料相談』をしてみましょう。

分割払い・後払い対応可能な弁護士を探す

相談料無料・匿名相談OKの事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

1社ごとの借り入れ額が140万円以下の場合、司法書士へ相談することで費用が抑えられます!

 

任意整理とは? 任意整理をする4つのメリット

任意整理をすることで、以下のようなメリットが期待できます。

 

ここでは、それぞれについて詳しく解説します。

 

1:返済期間中の利息を免除できる

返済期間中の利息の免除は、任意整理をすることの最大のメリットです。債権者との協議がまとまれば、弁護士や司法書士が案件を受任した段階から借金を完済するまでの利息が免除されます

 

では、利息を免除するとどのくらい負担が軽くなるのでしょうか。

 

利息免除でどのくらい返済額が変わる?

一例として、任意整理しない場合とした場合で、どのくらい返済額が変わるのか計算してみました。

 

 

あくまで概算ですが、返済する場合としない場合では、確実に返済額に差が出ます。実際にどのくらい差が出るかは、弁護士もしくは司法書士への相談で聞くことができます

 

2:遅延損害金を免除できる

任意整理では、利息以外にも発生している『遅延損害金』の免除も期待できます。

 

遅延損害金とは、期日までの返済が間に合わなかった場合に生じる罰金です。返済に困っている人のなかには、遅延損害金が高額になってしまい、ますます返済が難しくなったという人もいるでしょう。

 

任意整理では、そのような遅延損害金を免除できないか、もしくは減額できないかを交渉します。

 

3:手続き後の借金の返済方法を変更できる

任意整理をすることで、毎月の返済額や送金先が変わることもあります。

 

現状の収支に合わせ、毎月の返済額を減らすことで、無理なく返済を続けることができます。本来の返済期間より長期になってしまっても、利息はカットしてありますので、借金が増えることはありません

 

また、弁護士や司法書士に依頼した場合、手続き後の振り込み先が債権者ではなく、弁護士や司法書士の事務所の口座になるケースがほとんどです。これは、送金代行サービスといい、以下のようなメリットがあります。

 

  1. 債権者と直接連絡を取らないで済む
  2. 振り込み回数・金額などの間違いをなくせる
  3. 借入先が複数あっても振り込みが1回で済む
  4. 支払えない事情がある場合、すぐに相談できる

 

これにより、精神的にも負担が軽くなるでしょう。

 

4:過払い金が発見できる

任意整理では、業者と交渉する前に、『引き直し計算(ひきなおしけいさん)』というものが行われます。

 

引き直し計算とは、取引を開始した日から現在までの利息を、利息制限法で定められた上限金利である15~20%で計算し直すことです。

 

これにより、払い過ぎた利息を発見した場合、過払い金として請求することができます。過払い金はそのまま借金返済に充てられ、借金を減額することが可能です。また、過払い金が借金額より多い場合は、あなたの手元に戻ってきます。

 

苦しい毎月の返済にお悩みの方へ

任意整理をすることで、もっと負担を軽くすることができます。専門家へ相談するのに、費用などでお悩みの方は、実際の費用相場や安く抑える方法を把握しておきましょう。

任意整理ができる人とは?

任意整理は、裁判所を通さない簡易な手続きですが、誰でも利用できるわけではありません。ここでは、任意整理ができる人、おすすめの人についてご紹介します。

 

なお、債務整理の方法は、諸々の事情を考慮して決めるため、必ずしも任意整理が最も適した方法になるわけではありません。あなたに合った債務整理方法を見つけるためには、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

 

任意整理が適切な場合

任意整理はあくまで『完済』を目的とした債務整理ですので、以下のような人でなければ利用するのは難しいでしょう。

 

  1. 継続的な収入がある人
  2. 最長でも5年(60回)の支払いで完済できる見込みのある人

 

ただ、高額な借金をしていても過払い金がある場合は、返済の見込みが出てくることもあり得ます。

 

任意整理がおすすめの人

任意整理がおすすめの人についてご紹介します。ただ、実際にはさまざまな事情を考慮して決定しますので、あくまで目安として参考にしてください。

 

上記の適切な場合に当てはまる人

基本的に、継続的な収入があり、完済できる見込みがある人には、まず任意整理をおすすめします。

 

過払い金があるかもしれない人

過払い金がある可能性が高い人ほど、任意整理をおすすめします。過払い金がある人が任意整理をすることで借金を大幅に減額できるかもしれないからです。

 

過払い金の対象となる可能性が高いのは下図のような人です。

 

保証人をつけた債務が存在する人

保証人がついた借金を債務整理してしまうと、保証人に対し一括請求がいくリスクがあります。保証人に大きな迷惑がかかり、人間関係が悪化してしまうかもしれません。

 

しかし、任意整理であれば債権者を選ぶことができるため、保証人つきの借金を債務整理の対象から外すことができます。

 

そのため、保証人つきの借金の利息をカットすることはできませんが、ほかの借金の負担を軽くできた分、返済がしやすくなります。

 

任意整理の流れ

任意整理は基本的に下図のような流れで進みます。なお、債務整理は弁護士や司法書士へ依頼するケースがほとんどですので、ここでは弁護士・司法書士に依頼することを前提に流れについてご紹介します。

 

 

受任通知とは、債務整理が始まると弁護士や司法書士から送られる書類で、これにより債権者からの取り立てを法的に禁止することができます

 

その後、差し引き計算を行い、業者と交渉し、これがまとまれば任意整理の手続き自体は終了となり、その後返済が開始されます。弁護士や司法書士に依頼した場合、実務的に自分で何か行うことは、基本的にありません

 

流れについてもっと詳しく知りたい方はこちら『任意整理の流れとは』をご参照ください。

 

苦しい毎月の返済にお悩みの方へ

任意整理をすることで、もっと負担を軽くすることができます。専門家へ相談するのに、費用などでお悩みの方は、実際の費用相場や安く抑える方法を把握しておきましょう。

ほかの債務整理と任意整理の比較

債務整理には任意整理のほかに、自己破産(じこはさん)や個人再生(こじんさいせい)があります。ここでは、任意整理と比較しながら任意整理についてご紹介します。

 

ちがい1:任意整理はほかの債務整理より時間がかからない

任意整理は、債務整理のなかで唯一、裁判所を介さない手続きになります。そのため、最短で2ヶ月程度で手続き自体が終了します。また、必要書類も少なく、裁判所へ出廷する必要もありませんので、手間も一番かかりません

 

ちがい2:任意整理はほかの債務整理より費用がかからない

裁判所を利用しないため、申立て費用や予納金も必要ありません。そのため、個人再生や自己破産より安価で行うことができます。

 

任意整理を依頼した場合の弁護士や司法書士への費用は事務所によって異なりますが、相場としては以下の通りです。

 

 

傾向として、司法書士費用のほうが弁護士費用と比較して安くなります。ただし、1社ごとの借り入れ額が140万円を超えている場合、司法書士には依頼できませんのでご注意ください。

 

ちがい3:任意整理は手続き後のデメリットが少ない

任意整理はほかの債務整理と比べて、手続き後のデメリットがほとんどありません。強いて挙げれば、手続き後に新規借入できるまでに5年かかるということです。

 

一方、個人再生や自己破産はそれ以上長い期間、借入が規制されますし、ほかにもデメリットが発生します。

 

ちがい4:任意整理は日常に影響を与えない

任意整理では、家や車を残すことができます。その上、デメリットもほとんどありませんので、一番生活に影響を与えない債務整理といえるでしょう。

 

ほかの債務整理と比較して、同居する家族や周囲の人にも秘密にしておきやすい債務整理でもあります。

苦しい毎月の返済にお悩みの方へ

任意整理をすることで、もっと負担を軽くすることができます。専門家へ相談するのに、費用などでお悩みの方は、実際の費用相場や安く抑える方法を把握しておきましょう。

まとめ

任意整理は、借金を無理なく完済するための債務整理です。

 

  1. 毎月の返済額を調整したい
  2. 返済しているのに一向に減らない
  3. 同じ債権者と取引をしており過払い金が発生しているかもしれない

 

などと感じた場合、『任意整理』を検討してみることをおすすめします。借金問題は放置し続けると、利息のせいで借金額が多くなったり、精神的な負担になったりします。また、収入が変化して返済が難しくなると、個人再生や自己破産でないと解決できなくなるかもしれません。早期に動くことをおすすめします。

 

任意整理は、いま手元にお金がなくても行えます!

弁護士費用を支払えないと、任意整理を含めた債務整理に踏み切れない人も少なくありません。

しかし、いま手持ちのお金が少ない、ほとんど無い場合でも依頼することは可能です

まずは費用のことも含めて弁護士に『無料相談』をしてみましょう。

分割払い・後払い対応可能な弁護士を探す

相談料無料・匿名相談OKの事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

1社ごとの借り入れ額が140万円以下の場合、司法書士へ相談することで費用が抑えられます!

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

任意整理に関する新着コラム

任意整理に関する人気のコラム


任意整理コラム一覧へ戻る