賢い借金返済方法を解説!自分でできる節約法と法的な減額方法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
1 min 728x314

賢い借金返済方法は大きく分けて2つあります。

1つは、日ごろの生活を見直して自力で徐々に返済する方法。

もう1つが、第三者(弁護士・司法書士)などを使って、債務整理を行い強制的に返済額を減らす方法です。

借金問題がなかなか解決しない方にとって、現実的におすすめできる方法としては、債務整理を行った上で日ごろの生活を見直す方法です

ただ、『できるだけ自身の力で返済したい』人もいるでしょう。

この記事では、賢く効率的に借金を返済する方法を順番にご紹介します。

  1. 借金返済する前に必ずすべき3つのこと
  2. 毎月の借金返済にかかる負担を減らす
  3. 賢い返済のために見直すべき日常生活のポイント
  4. 弁護士・司法書士を介して賢く借金返済する方法

それぞれ、特徴やメリット・デメリットがありますので、ご自身に合った借金返済方法を試してみてください。

毎月の借金返済がつらい

返済が難しい

お悩みのあなたへ

・返済しても借金が一向に減らない…

・借金をできるだけ早く返済したい…

・業者からの取立で、精神的につらい…

・できるだけ借金を減額したい…

・闇金業者からお金を借りてしまった…

このような悩みは【債務整理】をすることで、間違いなくあなたの負担を減らすことができます。

また、債務整理をしたことは基本的に周囲へ知られることはありません

まずは、あなたに最適な債務整理手段を見つける必要があります。専門的な知識がないと判断が難しいので、弁護士司法書士への無料相談をオススメします。

借入額が140万円以下なら司法書士、借入額が140万円以上なら弁護士へ無料相談してみてください。

賢い返済をするために必ずする3つのこと

返済する前に、まずここで紹介する3つのことを行っていただくことで、無理なく計画的な返済が実現できるでしょう。

現在の借金の状況を把握する

まずは現在の借入状況についてまとめることが最初の手順です。各借入機関における、借入残高、最低返済金額、金利について書き記してください。

借入状況を明確にしなければ返済への目標が立てづらいからです。

例えばですが、3社から借入を行った場合、以下のように記してみましょう。

 

借入残高

金利

返済金額

利息

A社

30万円

15%

5,000円

3,750円

B社

60万円

12%

1万円

6,000円

C社

50万円

14%

1万円

6,666円

請求書が見当たらないなど借入状況が分からない方は、借入機関へ直接連絡し、取引履歴を取り寄せたいことを伝えましょう。

自分の収支を把握する

そして次に行って欲しいことがご自分の収支のバランスを知ることです。借金がなかなか減らない人の多くに、お金の管理が苦手な傾向が見られますが、給料日までにお金を残しておくことができません。

収支のバランスを知る事で、自分を客観視することができるため、今後の浪費癖などを治すためにも効果的です。

また、収支のバランスを知るためには、月々の生活費を把握する必要があります。一般的な会社員であれば、ボーナスや昇給を除いて収入が変動することはあまりないためです。

家計簿の作成

月々の生活費を知る上で、家計簿に支出先を全て書き記すことが一番、効果的でしょう。また家計簿を作成する際には、固定費(家賃、光熱費など節約しづらい費用)、変動費(遊興費など節約できる費用)に分けて書き記してください。

今はスマホのアプリやエクセルでも家計簿を作成できる時代なので、とにかく自分でやりやすく、持続できる方法で収支を把握しておきましょう。

収入に対する生活費の割合が高い

月々の生活費がどれくらいなのかがわかれば、月々、返済に回せる額がわかると思いますが、借金の返済方法について悩んでいる方の多くが、収入に対して生活費が占める割合が高いと思います。

そのため、きちんと返済ができていない方が多いと思いますが、そこで家計簿で記した変動費から節約できそうな場所を見つけた上で、節約した場合の生活費を割り出してください。

借金返済計画を立てる

節約ができた場合の生活費と、収入の差額分は、月々の返済金額の上限です。この返済金額の上限を元に、毎月の返済金額、返済期間、利息を定めた返済計画書を作成してください。作成する際は、エクセルなどを使用すると作成しやすいでしょう。

賢く返済する方法を知りたい方へ

借金をより賢く、負担を減らし返済していきたい人は、まず債務整理の専門家に無料相談することをおすすめします。

毎月の借金返済にかかる負担を減らす

毎月の負担を減らすことは、無理のない借金返済につながります。また負担が減ることで、返済のモチベーションを保ちやすくなるでしょう。

ここでは、返済の負担を減らすための方法についてまとめました。

高金利または残高の少ない借入先から返済する

多重債務者の方は、高金利の借入先や残高の少ない借入先から優先して返済するようにしましょう。金利の高い借入先は、返済金額に対して利息が占める割合が高いため、返済金額が低額な内は元金が減りません。

利息の負担を減らすためにも、金利が高い借入先から返済してください。

そして残高が少ない借入先を優先すべき理由は、金利は借入残高が低いほど高くなるので利息の負担を減らすことができるからです。また、返済先が一つ減ることで精神的な負担を減らすこともできます。

繰り上げ返済の利用

繰り上げ返済とは毎月、決められた返済とは別に返済を行うことです。予定より先に借入残高が減ることで、将来的に返済する利息を安く抑えることができます。

節約をやりくりしていく中で、節約が上手くいった、ボーナスが入ったなど、生活費に余剰金が生まれ、お金に余裕のある月ほど、繰り上げ返済を利用してください。

おまとめローンの利用(借金の一本化)

利息の負担を減らすためにおまとめローンを利用するのも一つの方法になります。

おまとめローンとは多重債務者の方が、おまとめローンのサービスを提供している金融機関から、借金の返済を立て替えてもらうことで借入先を一本にするためのサービスです。

借入金額に比例して金利は安くなりますが、借入先が一つになることで1社あたりの借入金額が増えるため、結果的に金利が安くなり利息の負担が少なくなります

利用際の注意点

しかしながら、おまとめローンの利用にはいくつかデメリットがあります。

例えば、「返済総額が増える」、「金利が安くならない場合がある」などです。おまとめローンを利用することで、金利が安くならない、利息の負担が重くなってしまったら利用する意味がありません。

そこで、おまとめローンの業者を選ぶためにはなるべく金利の低い業者を選ぶことが必要です。

金融機関への相談

意外に思う方も多いと思いますが、借入先の金融機関は債務者にとって借金返済の相談先として最適な場所です。

金融機関にとっても返済を済ませて欲しいと思うため、親身に対応してくれるでしょう。

相談する際には、現在の状況では返済を続けていくのが難しいため、返済期間や月々の返済金額について負担を軽くしてもらえるように話を持ちかけてみてください。

また、返済の意思を見せた上で、現在の収入と借金の状況からどのように返済をしていくのかを提案すると金融機関も応じてくれるかもしれません。

交渉は弁護士に依頼する方が効果的(任意整理)

個人で相談するのが不安な方は、弁護士を介して金融機関へ交渉するのも返済の負担を軽くする意味では効果的です。

弁護士を通して交渉できる内容としては、「過払い金発生による借金の減額」、「将来利息の免除」、「遅延損害金の免除」などがあげられます。

また返済期間は3~5年で話がまとまることが一般的です。ただ、弁護士が介入すると、信用情報機関に事故情報が登録されますので、そのようなデメリットも踏まえた上で相談・依頼しましょう。

賢い返済のために見直すべき日常生活のポイント

賢く返済するには、負担の収支や返済日、カード、口座などを見直す必要があります。ここでは、見直すべき重要なポイントについてご紹介します。

日常の収支を見直す

節約の基本ではありますが、日常の収支の見直しは重要です。参考として、家計コンサルタントの横山光昭さんという方が提唱している『家計の黄金比率』をご紹介します。

あなたの月収の手取りを元に、この割合と比較してみてください。浪費している部分を発見できるはずです。

銀行口座自体を見直す

借金をされている方に限りませんが、お金を管理している銀行口座自体をしっかり管理できていない人が多いといえます。

例えば、いざ口座からお金を出そうと思って「あれ?何処かから引き落とされている」と、残高不足になった経験をしたことがありませんか?

出ていくお金、入ってくるお金、そして残すお金がごちゃごちゃになっているのです。著者のおすすめは違う銀行口座を複数持つことです。

「給料が振り込まれる口座」「引き落としがされる口座」「お金を貯めておく口座」を分けておくことで、非常に管理がしやすくなります。

カードの枚数や借入先を見直す

クレジット利用できるカードを複数所持していると、たとえ1枚を上限まで使用しても、他のカードが利用できてしまうため、浪費に歯止めが利かなくなります。

カード破産』という言葉もあるくらいです。返済中は、これ以上利用しないように、できれば持たないようにし、持ったとしても1枚に留めるようにしましょう。

1日の上限金額を見直す

月々の生活費を事前に定めておいても、月末頃にはギリギリかもしくはそれ以上の出費がかさんでしまうことはよくあります。

来月のことよりも今日どうしたいか、目先のことで頭がいっぱいになるからです。そこで月々の生活費から、1日に使用できる上限金額を決めましょう。

目安としては1日あたり500円~1000円、財布に決めた金額以上は入れないようにすると実行に移しやすくなります。

返済日を見直す

給料日前に生活費がギリギリにならないためにも、返済は給料日後にすぐ行ってください。先に返済を行っておけば、残りの給料の残高で生活を強いられるからです。

その他返済可能額を増やすためには

多額の借金完済のためには長期的な視点が必要であることや第一歩として日常生活の中での収支の見直しから始めるべきことは上記のとおりです。

このような日常生活の小さな事柄から改善する以外の方法として次のような事項の見直しを検討してはいかがでしょう。

家計における固定費を削減しよう

家計の支出を見直せば、毎月どんなに頑張っても固定で出ていく費用があることに気づくでしょう。

たとえば、家賃・通信費・水道光熱費といったもので、このような費用のことを家計に関する用語で「固定費」と呼んでいます。

例えば、家賃が比較的高いところから安いところに転居すれば、それだけで固定費は相当程度抑えられます。

また、家賃の高い地域では日用品や食品の物価も高くなりがちなので、家賃を下げることは生活費全般のコストを抑制する効果があるかもしれません.。

削減だけでなく収入を増やすという選択

ここまで、生活にかかる費用を削減する方法を中心にお伝えしてきました。

しかし、生活していくにはある程度のコストがかかることはやむを得ないため、削減だけでは限界があることも事実です。

もちろん、削減可能な支出を減らすことは大事ですが、収入を増やすことも同時に考えるべきでしょう。

収入を増やす方法の一つとして副業が考えられます。もちろん、会社の就業規則等で副業が禁止されている場合も多いため、副業をする場合は会社の所定のルールに従って行うべきでしょう。ただ、社内規定で副業が禁止されていても、あらゆる副業ができないというわけではありません。もし、契約上副業をしても問題がないかを慎重に判断したいのであれば、弁護士への相談も検討しましょう

親族からの支援

借金の返済で苦しむケースの多くは利息の返済が精一杯で元本の返済が間に合わないということが原因です。

借金は元本が減らなければ利息が発生し続けるため、いつまで経っても返済が終わらないという状況に陥ってしまいます。

もし親族等からまとまった援助を受けることができるのであれば、まずその支援を受けて元金まで一括返済してしまうことも検討に値します。親族間の借入れであれば利息等を取られることは少ないと思いますので、貸金業者への返済負担よりも幾分の負担軽減が見込めるかもしれません。

賢く返済する方法を知りたい方へ

借金をより賢く、負担を減らし返済していきたい人は、まず債務整理の専門家に無料相談することをおすすめします。

弁護士・司法書士を介して賢く借金返済する方法

利息が高額だったり、収入に大きな変化があったりしたことで、自力での完済が難しい方は、専門家を介して借金を整理しましょう。

借金の整理方法(債務整理)には、任意整理、個人再生、自己破産があり、以下のような特徴があります。

個々の借金、収入の状況によってどの方法を選択すべきか異なるため、以下でそれぞれの手続きの特徴について紹介していきます。

任意整理

上記でも簡単に触れましたが、任意整理とは、弁護士や司法書士を付け債権者と任意、つまり話し合いで借金返済の期間や額を交渉していくことです。

手続き、交渉は専門家が行うので費用が掛かります。しかし、任意整理によって借金返済が完全に終了するとは言えません。

任意整理によって、首が回らない状況を脱出した後も、地道に借金返済していきます。

個人再生

個人再生とは、裁判所を介して借金のいくらかを計画的に返済していくことで、大幅に借金を減らす手段で、最大90%まで減らすことが可能です。多額の借金に困っている方は、個人再生という方法も検討されて下さい。

また、住宅などの財産も残すことができるため、リスクも比較的に少なめです。しかし、保証人がいる場合、保証人に借金の催促が行きますし、個人再生をすると5年以上借り入れができない状態となります。

手続きや条件も複雑なので気軽には行えませんが、住宅をお持ちでお子さんや配偶者などの家族がいる方で、借金に困られている方は、個人再生を検討されてもいいでしょう。

自己破産

自己破産は、裁判所に申請し免責許可を得ることで、残った借金全額(税金は対象外)の支払いを免除できる制度です。この場合も、保証人がいる場合、そちらへ借金の請求が行きますし、さらには住宅や車などの大きな財産も失うことになります。

このことから、本当に借金でどうしようもできなくなってしまった方の最終手段とお考えください。確かに、借金の支払い義務から逃れられますが、その分のリスクも多くあります。それらを踏まえたうえで自己破産を検討されて下さい。

債務整理はちょっと嫌だ…という考え方は改めませんか?

債務整理の3つの手続きについてお伝えしましたが、「債務整理をするのはちょっと嫌だな…」と思っている方も多いと思います。

このような考えをもっている人がよく考えていることと、どのように考えると良いかについて見てみましょう。

ブラックリストになるから嫌だ…という考え方

債務整理をすると、ブラックリストに情報が登録されてしまいます。

この状態となると金融機関から信用力が乏しいと評価されてしまい、新たな借り入れができなくなるので、消費者金融や銀行から新規でローンを受けることは難しくなりますし、クレジットカードを新規発行することも難しくなります。

もちろん、このような状態が不便であることは間違いないですが、新規借入ができないということは新たな借金をする可能性がなくなるという意味でもあります。そのため、債務整理は、一度財務状況を立て直しつつ、新たな借金をしない生活にシフトチェンジする機会であるというポジティブな見方もできます。

なお、このような状態は永続的に続くものではなく、一般的には5~10年程度が経過すると情報が更新されて抹消されると言われています。そのため、一度自己破産してブラックリスト入りしても、時間の経過により新規借入等ができる状態に戻ることもできます。そのため、自己破産後にきちんと生活を立て直して、それなりに安定した収入をあげられるようになれば、将来的に住宅ローンを組むなどして持ち家を買うことも可能です。

自己破産は人生の終わり…という考え方

未だに自己破産なんかすると人生が終わってしまう…と考えている人がいるかもしれませんが、全くの誤解です。自己破産はあくまで経済的な破綻状態から、新たな経済活動を可能にする状態に再スタートする制度であり、人生が終了するような制度ではありません。

確かに、自己破産者の情報は官報に掲載されますし、法律上の一定の資格制限もあります。しかし、官報を逐一チェックしている人間はごくごく少数ですし、資格制限も破産手続が終了するまでの一時的なものです。そのため、これらが日常生活に影響することはほとんどありません。

自己破産は決してネガティブな制度ではなく、社会生活を再スタートするポジティブな制度であることを理解しましょう。

債務整理で借金を大幅に減額できる可能性があります。

債務整理とは、借金返済を続けるのが難しい方のための救済制度です。

消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのリボ払いなどの借金を大幅に減額することができます。

実際に借金はいくらぐらい減る?

例えば、金利18%で150万円を借りていて、毎月4万円を返済している場合

【減額前】
月々の返済額:4万円
利息を含む総返済額:217万円
※小額でも追加で借入した場合、総返済額はもっと増えます。

【減額後】
月々の返済額:2.5万円
利息を含む総返済額:150万円

などのように、月々の返済額や、総返済額を減らせる可能性があります。

債務整理にもいくつか種類がある

上の減額例は『任意整理』という手続きを行った例です。

『任意整理』とは、あなたの代わりに弁護士や司法書士が金融機関と交渉して、今後支払う利息をカットし、元本の金額だけを返済できるようにする手続きです。交渉によっては利息だけでなく、元本の金額の一部を減額してもらえる可能性もあります。

『任意整理』の他に、収入が大きく減ったり、働けなくなった方には、借金総額を8割ほど減らせる『個人再生』借金をゼロにする『自己破産』等の方法もあります。

どの方法でも弁護士や司法書士があなたの代わりに手続きをしてくれるので、面倒な手間や複雑な手続きはありません。

弁護士・司法書士と相談して、あなたの状況に応じて、ベストな方法を選びましょう。

費用がいくらかかるかよく確認する

債務整理の手続きを弁護士・司法書士に依頼した場合、依頼費用がかかります。

依頼前に費用がいくらかかるかよく確認し、減額できる借金以上に依頼費用がかかる場合には、依頼を見合わせるなどの判断をしましょう。

今手持ちのお金がなくて費用が払えなくても、分割払いや後払いに対応している事務所が多いため、状況に応じて事務所を選びましょう。

まずはお近くの事務所に無料相談しよう

まずは、お近くの事務所に以下3点を無料相談して、債務整理すべきか確認しましょう。

・借金を減額できるか?いくら減らせるか?
・どの債務整理の方法が一番合うか?
・費用はいくらぐらいかかるか?

当サイト債務整理ナビでは、全国の事務所からお近くの事務所を簡単に探すことができます。借金問題の解決が得意な事務所のみを掲載しているので、どの事務所に相談してもOKです。

まずは、以下からお住まいの都道府県を選んで、無料相談しましょう。今すぐにお話できない方はメール相談がおすすめです。

もちろんあなたの都合やプライバシーを配慮しますので、安心して相談してください。

まとめ

借金返済方法は様々な方法がありますので、ご自身に合った借金返済方法から始められてください。また、一度借金を返済しても、再び借金をしないとは限りません。

当記事で紹介した節約に関するノウハウは、今後も日々の生活で取り入れていってもらいたい内容です。

毎月の借金返済がつらい

返済が難しい

お悩みのあなたへ

・返済しても借金が一向に減らない…

・借金をできるだけ早く返済したい…

・業者からの取立で、精神的につらい…

・できるだけ借金を減額したい…

・闇金業者からお金を借りてしまった…

このような悩みは【債務整理】をすることで、間違いなくあなたの負担を減らすことができます。

債務整理をしたことは基本的に周囲へ知られることはありません

まずは、あなたに最適な債務整理を見つける必要があります。ご自身では難しいと思いますので、弁護士司法書士への無料相談をオススメします。

借入額が140万円以下なら司法書士、借入額が140万円以上なら弁護士へ無料相談してみてください。

弁護士費用保険をご存知ですか?

いつ起きるかわからない法的トラブル。弁護士費用の準備はできていますか?

答えがNoの方、弁護士費用保険メルシーが役立ちます。

Cta_merci

弁護士への依頼費用は数十万~数百万円かかりますが、弁護士費用保険メルシー(月2,500円)に加入しておくことで、弁護士費用の補償が受けられます。

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

補償対象となる家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月500円(2,500円÷5人)。労働問題、ネット誹謗中傷、近隣トラブルなど様々な法的トラブルに対応しています。

補償内容、付帯サービスをまとめた資料の請求はWEBから。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
借金問題に関する人気コラム
借金問題に関する新着コラム