> 
 > 
 > 
賢い借金返済方法を解説!自分でできる節約法と法的な減額方法
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

賢い借金返済方法を解説!自分でできる節約法と法的な減額方法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
1-min-728x314

 

借金を抱えている方は、借金返済の方法を探し求めているかと思いますが、どうすれば効果的に借金を返済できるのか見つけることは難しいと思います。

そこで効果的な借金返済方法を見つけてもらうために、借金を完済するために必要な手順、借金返済方法を実践するために必要な支出の抑え方や、返済の負担を減らす方法、についてまとめました。

それぞれ、特徴やメリット・デメリットがありますので、ご自身に合った借金返済方法を試してみてください。


 

借金問題の無料相談なら弁護士や司法書士に相談して解決!

  • 「生活が苦しく借金を減らしたい」
  • 「業者からの取り立てで精神的に追い込まれている」

そんな時は、弁護士や司法書士など借金問題の専門家に依頼することをオススメします。また専門家への依頼には、以下のようなメリットがあります。

  1. 貸金業者からの督促がストップする
  2. 借金を減額/整理するための適切な方法を提示してくれる
  3. 手続き上の書類作成などを代行してもらえる
  4. 過払い金があるかどうか調査してもらえる

【債務整理ナビ】では、お住まいの地域や相談内容から弁護士/司法書士を探すことができます。相談料が無料の事務所も多数掲載していますので、まずは気軽に相談してみましょう!

相談料無料の弁護士・司法書士一覧

借金問題の解決が得意な専門家を探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 

 

日常的にできる借金返済方法

まず、借金返済方法を大きく2つの種類に分けたいと思います。1つは、日ごろの生活を見直して自力で徐々に返済する方法。もう一つが、第三者(弁護士・司法書士)などを使って、強制的に返済額を減らす方法です。
 
まずは、生活を見直すことにより借金返済する方法を紹介していきますが、そのためには全体の流れを踏む必要があります。そこで借金返済にあたり必要な手順について説明していきます。
 

1:現在の借金の状況を把握する

まずは現在の借入状況についてまとめることが最初の手順です。各借入機関における、借入残高、最低返済金額、金利について書き記してください。借入状況を明確にしなければ返済への目標が立てづらいからです。

例えばですが、3社から借入を行った場合、以下のように記してみましょう。
 

 

借入残高

金利

返済金額

利息

A社

30万円

15%

5000円

3750円

B社

60万円

12%

1万円

6000円

C社

50万円

14%

1万円

6666円

 
請求書が見当たらないなど借入状況が分からない方は、借入機関へ直接、取引履歴を取り寄せてください。
 

2:自分の収支を把握する

そして次に行って欲しいことがご自分の収支のバランスを知ることです。借金がなかなか減らない人の多くに、お金の管理が苦手な傾向が見られますが、給料日までにお金を残しておくことができません。

収支のバランスを知る事で、自分を客観視することができるため、今後の浪費癖などを治すためにも効果的です。また、収支のバランスを知るためには、月々の生活費を把握する必要があります。一般的な会社員であれば、ボーナスや昇給を除いて収入が変動することはあまりないためです。
 

家計簿の作成

月々の生活費を知る上で、家計簿に支出先を全て書き記すことが一番、効果的でしょう。また家計簿を作成する際には、固定費(家賃、光熱費など節約しづらい費用)、変動費(遊興費など節約できる費用)に分けて書き記してください。

今はスマホのアプリやエクセルでも家計簿を作成できる時代なので、とにかく自分でやりやすく、持続できる方法で収支を把握しておきましょう。
 

収入に対する生活費の割合が高い

月々の生活費がどれくらいなのかがわかれば、月々、返済に回せる額がわかると思いますが、借金の返済方法について悩んでいる方の多くが、収入に対して生活費が占める割合が高いと思います。

そのため、きちんと返済ができていない方が多いと思いますが、そこで家計簿で記した変動費から節約できそうな場所を見つけた上で、節約した場合の生活費を割り出してください。
 

3:借金返済計画を立てる

節約ができた場合の生活費と、収入の差額分は、月々の返済金額の上限です。この返済金額の上限を元に、毎月の返済金額、返済期間、利息を定めた返済計画書を作成してください。作成する際は、エクセルなどを使用すると作成しやすいでしょう。

また、生活費の節約方法については以下で詳しく解説してきます。
 
参照:「【借金返済計画】借金完済までの6つのステップ
 

借金返済方法を実践するために必要な支出の抑え方




返済金額を増やすためには、支出を減らすべきだと説明しましたが、言うは易しでも生活水準を下げることは容易ではありません。そこで、借金返済のために必要な支出の抑え方についてまとめました。
 

支出に優先順位をつける

節約と一口に言っても、自分のプライベートな時間の楽しみを節約のために全て無くしてしまうのはあまり健全ではありません。そこで家計簿にまとめた支出を優先順位ごとに並びかえてみることを、まずはオススメします。

何となく惰性で買った物など、特に意味を持たない出費など、優先順位の下位になる物から削っていきましょう。
 

コンビニには入らないようにする

何となく衝動買いしたくなるお店の最たる例がコンビニです。コンビニはあるとついつい入りたくなりがちですが、商品の陳列を含めお客さんの購買意欲をそそる仕組みになっております。ジュースを買うだけのつもりがパンやスナック菓子も一緒に買ってしまうことはよくある話です。

出費を抑えるためにはコンビニに入らないようにしましょう。
 

習慣となっている無駄使いを減らす

「借金は大きな出費のせいだ」と、思われている方も多いでしょうが、実は毎日の無駄使いがじわじわとあなたの財布を蝕んでいることも考えられるでしょう。例えば、毎日缶コーヒーを1本飲んでいたとします。すると120円×30日=3,600円で、月に3,600円の出費です。
 
もし、朝と帰りで飲んだのなら7,000円です。水道代や電気代くらいなら賄えてしまいますね。「コーヒーを飲まないとどうしても仕事にスイッチが入らず、その影響は甚大だ」であれば考え物ですが、借金を抱えているのであれば、この辺の日ごろの無駄使いから見直してみるのが良いでしょう。
 

食費を抑える

特に一人暮らしをされている方は、食費が高くなりがちな傾向があります。朝は軽食、昼は外食、夜も外食となってしまうと、1日2,000円近く食費を使ってしまっていませんか?もしこの食費を半分近くに抑えられれば月に1~3万程度抑えることが可能です。

それを借金返済にも充てられるでしょう。最も効果的な方法は「自炊」です。自炊をすることにより1日の食費を1,000円未満にすることも十分可能です。調理器具がない方は、最初に出費がかかりますが、長期的に見れば全然取り返せます。
 

特売の宣伝文句には気を付ける

また、自炊する場合、スーパーで買い物をする機会が増えると思いますが、買い溜めしすぎないように気を付けてください。特売の謳い文句につられて、つい予定にはなかった出費がでる場合がありますが、買い物のリストにない物はいくら特売品でも買わないようにしましょう。
 

賃料を減らす

これは限られてきますが、月の出費で大きなウェイトを占めているものに、月々の家賃があります。勤務地などの問題もありますが、実家で生活を送れる状態なのに賃貸を借りていて、借金をされている方は、一度実家に帰ることも考えていいでしょう。
 
借金を返すまで実家で暮らし、賃料に充てていたお金をそのまま返済に回し、借金を返済しきったところで再度出発をしても良いでしょう。家賃は大きな金額になるため、この方法が取れるか場合、非常に効果的です。
 

その他の出費を減らす

その他に、ダメだと分かっていても使っているお金がありませんか?例えば、お酒やたばこ、ギャンブル、買い物など一種の依存症に近いものと言えます。簡単に断ち切れるものではありませんが、断ち切った後は借金返済も進みますし、無いと生活できないものではありません。

自身の心身共に好影響になることも考えられるでしょう。
 
【参照】
▶「ギャンブル依存症の実態とギャンブル依存症を克服する方法
▶「買い物依存症を克服して借金も完済するための手引き
 

銀行口座を整理する

借金をされている方に限りませんが、お金を管理している銀行口座自体をしっかり管理できていない人が多いといえます。例えば、いざ口座からお金を出そうと思って「あれ?何処かから引き落とされている」と、残高不足になった経験をしたことがありませんか?
 
出ていくお金、入ってくるお金、そして残すお金がごちゃごちゃになっているのです。著者のおすすめは違う銀行口座を複数持つことです。「給料が振り込まれる口座」「引き落としがされる口座」「お金を貯めておく口座」を分けておくことで、非常に管理がしやすくなります。
 

1日の上限金額を定める

月々の生活費を事前に定めておいても、月末頃にはギリギリかもしくはそれ以上の出費がかさんでしまうことはよくあります。来月のことよりも今日どうしたいか、目先のことで頭がいっぱいになるからです。そこで月々の生活費から、1日に使用できる上限金額を決めましょう。

目安としては1日あたり500円~1000円、財布に決めた金額以上は入れないようにすると実行に移しやすくなります。
 

返済は給料日後にすぐ行う

給料日前に生活費がギリギリにならないためにも、返済は給料日後にすぐ行ってください。先に返済を行っておけば、残りの給料の残高で生活を強いられるからです。
 

相談料無料の弁護士・司法書士一覧

借金問題の解決が得意な専門家を探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 

毎月の返済の負担を減らす方法

月々の返済金額が高額である、利息が高額で返済しても元金が減らないなど、返済に対する負荷が大きいと借金を返済するモチベーションを保つのが難しいでしょう。そこで返済の負担を減らすための方法についてまとめました。
 

高金利または残高の少ない借入先から返済する

多重債務者の方は、高金利の借入先や残高の少ない借入先から優先して返済するようにしましょう。金利の高い借入先は、返済金額に対して利息が占める割合が高いため、返済金額が低額な内は元金が減りません。

 

利息の負担を減らすためにも、金利が高い借入先から返済してください。

そして残高が少ない借入先を優先すべき理由は、金利は借入残高が低いほど高くなるので利息の負担を減らすことができるからです。また、返済先が一つ減ることで精神的な負担を減らすこともできます。
 

繰り上げ返済の利用

節約をやりくりしていく中で、節約が上手くいった、ボーナスが入ったなど、生活費に余剰金が生まれる月も出てくると思いますが、お金に余裕のある月ほど、繰り上げ返済を利用してください。繰り上げ返済とは毎月、決められた返済とは別に返済を行うことです。

予定より先に借入残高が減ることで、将来的に返済する利息を安く抑えることができます。
 
参照:「繰り上げ返済とは|リスクを回避した上での効果的な利用方法
 

金融機関への相談

意外に思う方も多いと思いますが、借入先の金融機関は債務者にとって借金返済の相談先として最適な場所です。金融機関にとっても返済を済ませて欲しいと思うため、親身に対応してくれるでしょう。

相談する際には、現在の状況では返済を続けていくのが難しいため、返済期間や月々の返済金額について負担を軽くしてもらえるように話を持ちかけてみてください。

また、返済の意思を見せた上で、現在の収入と借金の状況からどのように返済をしていくのかを提案すると金融機関も応じてくれるかもしれません。
 

交渉は弁護士に依頼する方が効果的(任意整理)

個人で相談するのが不安な方は、弁護士を介して金融機関へ交渉するのも返済の負担を軽くする意味では効果的です。弁護士を通して交渉できる内容としては、「過払い金発生による借金の減額」、「将来利息の免除」、「遅延損害金の免除」などがあげられます。

また返済期間は3~5年で話がまとまることが一般的です。ただ、弁護士が介入すると、信用情報機関に事故情報が登録されますので、そのようなデメリットも踏まえた上で相談・依頼しましょう。
 

相談料無料の弁護士・司法書士一覧

借金問題の解決が得意な専門家を探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

おまとめローンの利用

利息の負担を減らすためにおまとめローンを利用するのも一つの方法になります。おまとめローンとは多重債務者の方が、おまとめローンのサービスを提供している金融機関から、借金の返済を立て替えてもらうことで借入先を一本するためのサービスです。

借入金額に比例して金利は安くなりますが、借入先が一つになることで1社あたりの借入金額が増えるため、結果的に金利が安くなり利息の負担が少なくなります。
 

利用際の注意点

しかしながら、おまとめローンの利用には幾つかデメリットがあります。「返済総額が増える」、「金利が安くならない場合がある」などです。おまとめローンを利用することで、金利が安くならない、利息の負担が重くなってしまったら利用する意味がありません。

そこで、おまとめローンの業者を選ぶためにはなるべく金利の低い業者を選ぶことが必要になります。おまとめローンを利用方法について詳しくは、以下の記事を参考にしてください。
 
【参照】
▶「借金を一つにまとめたい人が知るべき手続き方法とリスクまとめ
▶「おまとめローンのデメリットとキャッシング一本化のリスク
▶「借金を一本化することのメリットとデメリット
 

借入が高額な人のための法的な借金返済方法

上記の方法を試しても利息が高額なあまり元金を減らすことができず、完済までのらちが明かない方は、法律的な手段を介して借金を整理しましょう。

借金の整理方法(債務整理)には、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求がありますが、個々の借金、収入の状況によってどの方法を選択すべきか異なるため、以下でそれぞれの手続きの特徴について紹介していきます。
 

任意整理

上記でも簡単に触れましたが、任意整理とは、弁護士や司法書士を付け債権者と任意、つまり話し合いで借金返済の期間や額を交渉していくことです。手続き、交渉は専門家が行うので費用が掛かります。しかし、任意整理によって借金返済が完全に終了するとは言えません。

任意整理によって、首が回らない状況を脱出した後も、地道に借金返済していきます。
 
【関連記事】任意整理のデメリットとメリットの正しい知識まとめ
 

個人再生

個人再生とは、裁判所を介して借金のいくらかを計画的に返済していくことで、大幅に借金を減らす手段で、最大90%まで減らすことが可能です。多額の借金に困っている方は、個人再生という方法も検討されて下さい。

また、住宅などの財産も残すことができるため、リスクも比較的に少なめです。しかし、保証人がいる場合、保証人に借金の催促が行きますし、個人再生をすると5年以上借り入れができない状態となります。

手続きや条件も複雑なので気軽には行えませんが、住宅をお持ちでお子さんや配偶者などの家族がいる方で、借金に困られている方は、個人再生を検討されてもいいでしょう。

【関連記事】個人再生のメリットとデメリット|後悔しない為に知るべき事
 

自己破産

自己破産は、裁判所に申請し免責許可を得ることで、残った借金全額(税金は対象外)の支払いを免除できる制度です。この場合も、保証人がいる場合、そちらへ借金の請求が行きますし、さらには住宅や車などの大きな財産も失うことになります。
 
このことから、本当に借金でどうしようもできなくなってしまった方の最終手段とお考えください。確かに、借金の支払い義務から逃れられますが、その分のリスクも多くあります。それらを踏まえたうえで自己破産を検討されて下さい。

【関連記事】自己破産とは|自己破産の方法と破産後の生活の完全ガイド
 

過払い金請求

過払い金請求とは、今まで借金していた金融機関に多く払いすぎていた利息分を算出し、それを返済してもらうことで、現在の借金額を減らしたり、借金返済に充てる方法です。

特に2010年以前に大手を含め、金融機関から借金をしていたことがある方はこの方法も考えてみてください。過払い金が発覚し、弁護士や司法書士の協力を得ることでほとんどのケースで過払い金が返ってきます。

専門家の依頼料も成功報酬を取っているところがほとんどで、費用倒れすることも滅多にありません。
 
参照:「過払い金請求|利息の計算と返還手続き・専門家選びの全手順
 

 

まとめ

いかがでしょうか。借金返済方法は様々な方法がありますので、ご自身に合った借金返済方法から始められてください。また、一度借金を返済しても、再び借金をしないとは限りません。

当記事で紹介した節約に関するノウハウは、今後も日々の生活で取り入れていってもらいたい内容です。

 

相談料無料の弁護士・司法書士一覧

借金問題の解決が得意な専門家を探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

借金問題に関する新着コラム

借金問題に関する人気のコラム


借金問題コラム一覧へ戻る