督促状と催告書の違い|督促状が届いた方の正しい対処法

~いざという時の備えに~債務整理コラム

 > 
 > 
 > 
 > 
督促状と催告書の違い|督促状が届いた方の正しい対処法
キーワードからコラムを探す

督促状と催告書の違い|督促状が届いた方の正しい対処法

Ef81f50ce711effa5b118dd8e150f529-728x515

借金問題を弁護士・司法書士に無料相談
▶▶▶関東/九州/関西/東海/北海道/東北/北陸.甲信越/中国.四国

督促状(とくそくじょう)とは、料金の未払いや借金の返済を催促するための手紙のことです。公共料金や税金、ローンや借金などの支払いが滞り、督促状が自宅に届いたことのある方も少なくないかと思います。

その、督促状を放置していると最終的にどのような事態に陥ってしまうのでしょうか。また、督促状が届いたらどのような対応をするべきでしょうか。今回は、そのような督促状に関する疑問を解説していこうと思います。
 

借金のお悩みは弁護士・司法書士にご相談下さい!

催告書をこのまま無視し続けると、差し押さえや一括請求などをされてしまう可能性があります現在の口座残高や手持ちで事足りるようでしたら直ちに支払うべきですが、借金があり支払いが困難であれば、債務整理(借金問題解決)のプロに一度ご相談下さい!あなたの借金見直しや債権者との交渉で目の前に直面している問題を解決させていきます。
 

▶▶債務整理が得意な弁護士・司法書士に相談する

借金問題を弁護士・司法書士に無料相談
▶▶▶関東/九州/関西/東海/北海道/東北/北陸.甲信越/中国.四国

 

督促状は返済を促す手紙

冒頭でもご説明したように、督促状とは、支払い・返済催促のための手紙です。本来支払われるべき料金などが期限内に支払われていな、口座に残高がなかった場合、まず督促状という形で自宅に送られてくることが一般です。

封筒には「重要」と書かれているため受け取った人は「何があったんだ」と、少し戸惑ってしまうでしょう。しかし、督促状は支払いを迫る債権者の第一の手段でもあるため、そこまで臆することでもありません。
 

督促状は請求書のようなもの

督促状は、「何らかの理由で期限に料金が支払われていなかったので、記した期間までに入金してくださいね」といったニュアンスの、改めて送られる請求書のようなものです。つまり、その期間内に改めて入金をすれば問題はありません。
 

督促状の例文

補足として、実際に送られてくる督促状の文例をご紹介します。細かい部分は作成者である債権者によってまちまちでしょうが、以下の要点が含まれています。

 

初期段階の優しい文面

督促状の例 初期

①催告書でもビジネス文で書かれていることがほとんど(※だからと言って油断して無視しないように)

②以前、いつ請求したのかが記載

③請求金額の記載

④支払期限の記載

⑤支払い方法の記載(支払い用紙が同封されていることもあります)

⑥行き違い入金による配慮の文面(もし、先に入金していたら送り先に確認を取りましょう)

⑦連絡先(封筒に記載されていることもあります。「足りない」「期限に遅れそう」な場合は、早い段階で連絡をしましょう)
 

督促状に数回応じないと厳しい文面に

督促状の例文 次期
⑧「重要」といった、一大事を思わせる雰囲気が表される

⑨文面が厳しくなる

⑩「急いで」というニュアンス垣間見える

⑪「払わなければ○○しますよ」という文面が追加されることも
 

督促状と催告書の違い

督促状と似たものに「催告書(さいこくしょ)」というものがあります。同じく未払い金を催促する書類としては変わりませんが、ニュアンス的に催告書のほうの迫り方が厳しくなります。
 

督促状と催告書の大きな違いは内容証明

もう一点、督促状と催告書には大きな違いがあり、催告書は内容証明郵便で送られてくることが多くなっています。内容証明郵便とは、「誰が誰宛に、どのような内容でいつ出したのか」ということを郵便局が公的に証明してくれます。

内容証明郵便には2つの効果があり、1つは、催告書を受け取った人物が「え?そんな書類届いていませんよ」と、白を切っても、この内容証明郵便によって確実に届いていると証明することができます。

もう一点が、内容証明郵便には時効を止める効果があるということです。というのも、借金や税金の請求には時効があります。つまり、このまま債務者が「支払いに応じない」を突き通して時効が成立してしまえば、債権者が請求できなくなってしまいます。

そのような事態を防ぐために、内容証明郵便を送ることにより、時効までの残り日数がまたゼロからカウントされるようになります。
 

催告状には法的手段もやむを得ないという内容も書かれている

上記で触れましたが、催告書には督促状よりも請求をきつめに迫る内容で書かれていることが多く、文面には「法的処置をもっての請求」などと、書かれている場合もあります。こうなると差し押さえなどがいつ行われてもおかしくないような状態になります。詳しくは「督促状を放置していた場合の末路」で解説します。

参考:

督促状が届いた場合の対処法

それでは、実際に督促状が届いている方への対処法を解説していきます。
 

まずはきちんと期限内に支払うこと

上記で触れたように、督促状は「請求書」にも近い意味合いがあります。つまり、督促状内で指定されている期限内に指定の料金を支払えば、なんの問題もありません。「お金が足りない」という方以外は、直ちに応じるようにしましょう。
 

支払えない場合も真摯に対応する

そうは言っても、支払いが滞る、口座に残高がないということは、「直ちに支払えるだけのお金を持っていない」ということも十分に考えられるでしょう。上記のように、督促状はまだ初期段階の優しい文面です。

記載されている連絡先に「○○の理由で支払えていません。」と真摯に連絡を行い、対処法を仰ぐことで、場合によっては分割支払いや支払期限の猶予などの打開策を提案してくれることもあります。
 

一番やってはいけないのが「無視する」こと

支払えないからと言って、無視をすることが一番マズイことです。知らんふりをしてもいずれ催告書や最終勧告などによって確実に滞納、未払い分は回収されますし、場合によっては法的手段も使われます。

さらには請求先からの心象も悪くなります。債務者の未払い金がどうしようもないくらい膨れ上がり、ついに「何か方法はないでしょうか?」と、後々になって言ったとしても、相手からしてみれば「なぜ早く相談しなかったのか」となり、強制的に法的手段が取られることも考えられます。
 

全く身に覚えのない督促状には注意

上記で「無視はダメだ」と言いましたが、実は、詐欺の手法でもある「架空請求」では、督促状で送られてくることもあります。本当に全く身の覚えのない督促状が届いた場合、この場合は基本的に無視して下さい。
 

※さらに巧妙化する手口も

しかし、近年詐欺の手口は巧妙化してきており、詐欺グループが裁判所に申請し、実際に「裁判所」からの督促状が来ることもあります。この場合、まず本当に実在する裁判所、本当に申請されているのかを確認してください。「全国の裁判所一覧

詐欺グループが裁判所を装った通達であれば無視しても問題ありませんが、実際に詐欺グループから裁判所に申請されていたとすれば、「督促異議の申立」などの対応を取らなくてはなりません。「法務省:架空請求の注意喚起」をご覧の上、消費者センターや弁護士に相談されて下さい。
 

督促状を放置していた場合の末路

ここまで、「督促状の無視はいけませんよ」ということをお伝えしてきたので、放置する方もそこまでいないと思いますが、万が一督促状を放置してしまったらどのような末路が待っているのでしょうか。

あくまで一般的な流れで、例外もありますが、以下のような事態に陥ることが考えられます。いずれにせよ早めの対応が必要となります。
 

文面が厳しくなり催告書も届くことがある

何通か送られてくる督促状に応じないと、それに応じて文面も厳しくなり、催告書が送られ、法的処置をにおわせる内容が書かれるようになります。例として
 

督促状

「お願い。○○料金○○円の支払いが確認できませんでした。お手数ですが○日までに、指定の○○までにお支払いをお願いしたいと存じます。」

督促状

「重要。○日の請求書について、再三にわたりご請求申し上げておりますが、責任のある返答もなく、本日に至るまでご入金いただいておりません。至急○日までにお支払いいただけますよう再度お願い申し上げます。」

催告書「~なお、○日までにご入金の確認が取れない場合には、不本意ながら法的手段も検討せざるを得ません。ご了承いただきたくお願い申し上げます。」


といったように、どんどん文面も厳しくなっていき、法的手段を取られることも十分に考えられます。法的手段とは、訴訟や差し押さえの申請のことです。
 

期限の利益の喪失になることも

ローンなど事前に契約を結び、分割払いで支払いを行っていた料金を滞納すると、「期限の利益」を喪失する可能性も出てきます。期限の利益とは、簡単に言うと分割払いの権利のことで、それを失うと一括払いで請求される危険性も出てきます。

期限の利益の喪失に関しては以下のコラムをご覧ください。

最悪の場合差し押さえや競売に

再三の督促状や催告書に応じなかった場合、いよいよ法的手段も取られかねません。その方法としてあるのが、給料や財産の差し押さえです。それでも、債権を回収できない場合、住宅や車が競売にかけられ、その資金で補填されます。そうなってしまうと最悪です。

事前に「法的手段を取りますよ」と匂わせるものの、実際には具体的にいつ履行されるのかは明記されません。理由として、日時が決まっていると、債務者が逃亡したり、財産を隠す恐れもあるからです。

給料差し押さえに関しては以下のコラムをご覧ください。

税金の場合

国に納める税金の場合、一般的な銀行、企業などから届く督促状と少し変わります。大きな違いとして、税金未納の督促状が作成されてから10日以降、未納者からの連絡・納税がなければ法律上の差し押さえが可能となります。

つまり、税金などに関しては、最初の督促状から財産の差し押さえの危険性もあり得るということです。しかし、実際にすぐさま差し押さえがされることは少なく、履行までの期間も管轄の市区町村によって違います。

ただ、繰り返しますが、国からの督促状は、差し押さえの危険性も考えられますので、早い段階での対応をしてください。

まとめ

いかがでしょうか。督促状は、未払い・滞納での初期段階のお知らせです。真摯に対応することにより、大きな問題には発展しませんので、早い対応をしてください。

万が一借金などにより支払いが困難な場合、借金を整理する債務整理という方法も検討して下さい。

 

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

任意整理に関する新着コラム

任意整理に関する人気のコラム


任意整理コラム一覧へ戻る