借金問題を弁護士に依頼する判断基準と費用と選び方

~いざという時の備えに~債務整理コラム

 > 
 > 
 > 
 > 
借金問題を弁護士に依頼する判断基準と費用と選び方
キーワードからコラムを探す

借金問題を弁護士に依頼する判断基準と費用と選び方

B60445e71dc06c607ec97de7f1ed041a-728x485

借金問題を弁護士・司法書士に無料相談
▶▶▶関東/九州/関西/東海/北海道/東北/北陸.甲信越/中国.四国

借金問題で悩んでいる方は、「弁護士に相談・依頼する」という選択肢をとることで合法的に借金を減らすことができます。彼らは法的観点から債権者(貸主)と話し合ったり、法制度を利用することで、返済額を圧縮したり、返済方法で譲歩を引き出してくれるので、とても頼もしい存在です。

そこで、借金の問題を弁護士へ相談しようと思っている方に知っておいてほしい知識をご紹介していこうと思います。
 

借金のお悩みは弁護士・司法書士にご相談下さい!

借金は債務整理をすることで大幅に減らすこともできます。しかし、債務整理といっても様々な方法もあり、それに応じた知識・経験が必要になってきます。【債務整理ナビ】では、債務整理が得意な弁護士・司法書士のみを掲載しています。借金でお困りの方は、まずはそれら専門家に相談することをおすすめします。相談料無料の事務所も多いので、まずは気軽に相談しましょう。
 

▶▶債務整理が得意な弁護士・司法書士に相談する

   

 

借金問題を弁護士はどのようにして解決してくれるのか?

まず、初めに弁護士に依頼すると借金問題をどのように解決してくれるのでしょうか。色々な解決方法がありますが、各々の解決方法の特徴と、参考ページを載せましたので、ご自身に合った解決方法を検討してみて下さい。

 

個人再生

個人再生とは、裁判所を介して財産を保有したまま借金額を減らすことができる手続きです。返済残高を最大90%まで減らすことができますが、残った借金はおおよそ3年以内で完済しなければなりません。もっとも、裁判所が再生計画を認可し、かつ債権者の承認が得られなければ借金を減額することはできません。

弁護士は手続きの代理人を行ってくれるため、手続きを無事完了させたい方は、弁護士へ依頼するべきです。財産は残したいが、法的に大幅な借金減額を望んでいる方は個人再生を検討してみましょう。

 

任意整理

任意整理は、債務者(借主)と債権者(貸主)が任意で話し合うことで、返済期間や返済額、利息などを調整していく借金問題の解決方法です。個人でも可能ですが、”任意”によるものなので、一般個人(しかも債務者本人)からの交渉に応じてくれる債権者は少ないでしょう。

代理人として弁護士を立てることで、債権者と直接交渉を行なってくれます、また、任意整理を弁護士に依頼すると「受任通知」が各債権者に送られます。それまでの取り立てや請求が直ちにストップするので、依頼者が借金からの圧迫を一時的に解決してくれます。借金の解決方法としては最もポピュラーなものです。

 

過払い金請求

過去にグレーゾーン金利で利息を払っていた方は、過払い金が発生している可能性がアあります。この場合、過払い金の返還を求め、これと相殺することで借金を減額することが可能です。主に2006年より前に消費者金融から借入を行い、かつ継続的に返済を続け、完済から10年以内の方が対象となります。

過払い金請求は個人で行うこともできますが、弁護士に依頼することで賃金業者への交渉の代理人を行ってくれるため、手続きが早く終わる上に、高い返還額が見込めます。

 

 

闇金問題

借金を返す当てがないあまり、違法な貸し付けを行う闇金に手を出してしまい、精神的に追い詰められている方もいるでしょう。闇金業者の貸付業務は完全に違法なので、法的には食い止めることは可能です。しかし、闇金業者は姿をくらまし、実態が付きづらいため、対処するノウハウと根気も必要となります。

弁護士によっては、闇金問題に注力しています。闇金業者からの取り立てに苦しんでいる方は、闇金問題に特化した弁護士に相談してみましょう。

 

自己破産

自己破産という言葉は聞いたことがあるでしょう。詳しい内容は省きますが、簡単に言うと、「住宅や車などの高額な財産(約20万円以上)を処分して、代わりに税金等一部債務以外の借金の返済義務を免れる手続き」になります。

個人で行うことも可能ですが、不適切な手続遂行の結果、免責許可が降りなければ借金は免除されません。弁護士に依頼すれば、安心して手続きを任せることができます。借金額が大きく、どうしようもできない状況の方は自己破産をしましょう。

 

特定調停

借金問題を抱えている方の中には、弁護士に依頼せず個人で解決したい方もいるでしょう。特定調停は、簡易裁判所の調停委員が間に入りながら、債務者と債権者が話合いをすることで、借金を減額する方法です。

弁護士に依頼する必要もない上に、申立費用が低額なため、気軽に利用することができます。しかし、仲裁に入る調停委員は、借金問題に特化した弁護士ではない上に、債務者の味方ではありません。そのため、満足のいく結果が得られないこともあるので、特定調停を利用する方はよく検討しましょう。

参照:「特定調停を行うメリットやデメリットなどの基礎知識まとめ

 


債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す
 

 

借金問題を依頼する際の弁護士と司法書士との違い

弁護士だけでなく司法書士へ借金問題を依頼することを検討する方も少なくないと思います。弁護士と司法書士のどちらに依頼するべきなのかを確かめるために、両者の違いを確認していきましょう。

 

費用面で見れば司法書士が安い

まず、弁護士費用と比べて司法書士費用の相場は低額です。そのため、費用だけでみれば司法書士に依頼した方がお得な感じがしますが、弁護士と比べて司法書士が受任できる業務には制限があります。

 

司法書士は代理人になれない

まず、司法書士は債権者との交渉の代理人や、法定代理人になることができません。そのため基本的には、裁判所への申立書類の作成などが司法書士に依頼することができる業務になります。しかし、認定司法書士に限り、債権者との交渉や法定の代理人を任せることができます。

 

司法書士は140万円以上の案件は受けられない

しかし、140万円未満の経済的利益では代理人を任せることはできません。ここでいう経済的利益とは、減額可能な借金の額や、返還が見込める過払い金の額です。つまり、多額の借金がある場合は、そもそも依頼できないことも覚えておきましょう。


債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す
 

 

借金問題を弁護士に依頼するメリット・デメリット

次に、借金問題を弁護士に依頼するメリット・デメリットをお伝えします。

 

弁護士依頼のメリット

法的な解決方法を提案してくれる

個人だと借金問題に対してどう解決していいのか分からず、かえって状況が悪くなることもあります。その点、債務整理が得意な弁護士は最適な借金返済方法を提示してくれます。

債権者との交渉がスムーズになる

債務整理は債権者と直接交渉することが多いので、この時点で弁護士がいれば法的根拠を持って交渉を行なってくれます。場合によっては、その後の生活も立て直しも安易になるでしょう。

書類作成も代行してくれる

特に裁判所を介する自己破産や個人再生は、書類の作成等が面倒です。個人で行なうと、手間と期間がかかり、結果的に挫折してしまうこともあります。

「お金がないのだから自分でできる分は自分でやろう」という精神は大切ですが、難しいことは専門家に任せて、自分ができる事(空いた時間でパートをするなど)をしたほうが、結果的に時間的にも金銭的にもプラスなことが往々にしてあります。

 

弁護士依頼のデメリット

費用がかかってしまう

借金問題を弁護士に依頼するデメリットは、「費用がかかる」です。そもそもお金が無い状況を解決させようとしているのに、弁護士費用でさらにお金がかかってしまえば元も子もありませんね。しかし、借金の減額分を弁護士費用が下回れば結果的にプラスですし、すぐに費用を払えない方に対して、分割払いや成果報酬(減額分の何%など)といった方法を取っている弁護士も多くいます。

下記で弁護士費用に関しては詳しく記載しますので、弁護士依頼を考えておられる方は、読み進めていきましょう。
 


債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す
 

 

借金問題を弁護士に依頼した場合の費用

弁護士

それでは、借金問題を弁護士に依頼した場合の、弁護士費用について解説していきます。まず、普遍的な弁護士費用の内容を解説し、後半では、上記でご説明した解決方法ごとの費用相場をご紹介します。

 

相談料

相談料は、弁護士に借金問題を相談した際に、時間あたりに発生する費用です。一般的に30分~1時間で5,000~10,000円が相場となっていますので、相談前に料金表を確認しましょう。

借金問題に関しては相談料が無料の事務所が多い

借金問題を弁護士に依頼する方も多くは、そもそも費用を用意する余裕がないため、借金問題に関して相談料を無料にしている事務所も増えてきていると言われています。無料相談をうまく利用してみて下さい。

 

着手金

着手金とは、弁護士に依頼すると決めたときに発生する金額です。着手金は、結果が望むものになってもならなくても支払うこととなりますので、しっかり吟味して弁護士を選んだうえで依頼を決定させましょう。

弁護士や案件によっては着手金を貰わずに、成果報酬のみで依頼を受けてくれる場合もあります。そのため、依頼する前に、弁護士事務所の料金形態はよく確認してください。

 

実費

実費は、依頼後にかかった、書類作成料、交通費、裁判費用などになります。実費は着手金に含まれていたり、そもそももらっていない弁護士もいますので、こちらも依頼する前にしっかりと確認してください。

 

報酬金

報酬金とは、債務整理で減額した、もしくは回収した金額に応じて発生する費用です。着手金と成果報酬金の両方の費用が発生する弁護士事務所もありますが、着手金なしで成果報酬金だけの弁護士事務所もいます。

どちらがお得かは一概に言えませんが、トータルでどれくらいの費用がかかるのか事前に見積もりを出してもらうといいでしょう。

 

柔軟な支払い方法を取っている弁護士もいる

このように弁護士費用は安くありません。案件内容や借金額によって費用は変わりますが、合計して大体20~50万円程度が弁護士費用の相場と言われていて、「お金が無いのにそのような金額支払えるわけがない」と思うことは自然なことです。

借金を減らすために弁護士に依頼して、弁護士費用を払うために再び借金してしまったら意味がありません。そこで、分割払いなどに対応している事務所もあります。また、成果報酬のみで、回収額の○%が弁護士費用となる弁護士事務所もいます。費用の支払い方法もしっかりと考えるようにしましょう。

 

自己破産での弁護士費用相場

自己破産での弁護士費用の相場は20~40万円程度です。

 

個人再生での弁護士費用相場

個人再生での弁護士費用の相場は20~50万円程度です。また、個人再生を個人で行っても「個人再生委員」への報酬が25万円程度かかる場合がありますので、初めから弁護士に依頼するほうが賢明かと思います。

 

任意整理・過払い金請求での弁護士費用相場

任意整理や過払い金請求の弁護士費用相場は、借入先の数(1社2~5万円の着手金)や、成功報酬での金額で左右されることが多いので一概に言えません。事務所ごとでしっかり確認してみましょう。
 


債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す
 

 

弁護士費用を払う余裕がない場合は法テラスを利用する

もし弁護士費用を用意することができないのであれば、法テラスの利用を検討しましょう。法テラスを介して弁護士費用を立て替えてもらうことが可能だからです。立て替えた弁護士費用は、案件完了後に法テラスへ分割で支払うことになります。

また、弁護士費用の立て替えは所得が少ない方が対象になりますが、詳しくは「法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ」へ相談してみましょう。

 

借金問題を弁護士に依頼する前に確認してくべきこと

続いて借金問題について弁護士に相談する前に確認しておきたいことについて確認していきましょう。

 

借金の状況

まず、弁護士へ相談する前に、現在の借金の状況、収支の状況を確認してください。借金の額や、収入によって解決方法が異なるためです。借入額や借入期間を各借入期間ごとにまとめておくことをオススメしますが、以下の項目に分けて整理するといいでしょう。

  • ・借金総額、これまでの返済額(わかる範囲で)
  • ・借入先の社名や件数(分かる範囲で)
  • ・借り入れ年数
  • ・おおよそどのような要望があるのか(完済したい、取り立てをストップしてほしいなど)
  • ・費用感(予算や支払い方法の希望)

 

過払い金の発生の有無

また借金問題を弁護士に依頼する前に、過払い金が発生していないか確認してください。個人再生や自己破産を介して借金を整理すると過払い金が戻ってこないためです。

過払い金は、利息制限法で定められた法的金利を超えた金利の利息を返済することによって発生する可能性があります、2006年の最高裁判例が出るまでは多くの賃金業者が利息制限法を超える貸付業務を行っていました。

そのため、2006年以前に借入をしていた方は、過払い金が発生しているかもしれません。過払い金の計算方法について詳しくは「過払い金計算方法|過払額がすぐに分かる引き直し計算の手順」を確認していただけたらと思いますが、弁護士に依頼することで計算を行ってもらえます。

 

ブラックリストへ掲載されるリスク

もし、過払い金の額が借金の残高以上の場合、過払い金と借金が相殺されるため借金の残高はゼロになります。反対に、借金の額が過払い金の額を上回る場合、任意整理、個人再生、自己破産などを介して借金を整理しなければなりません。

この場合、個人信用情報機関に個人情報(ブラックリスト入り)が掲載されることになりますが、一定期間を超えないと、新規での借入、クレジットカードの発行が難しくなります。そのため、弁護士に依頼する前にブラックリストに掲載されるリスクを検討しましょう。

【参考】

▶「ブラックリストに載る理由と消し方|ブラックリストの全知識

▶「信用情報(ブラックリスト)を回復させる為にやるべきこと

 

弁護士の賢い選び方とアドバイス

最後になりますが、弁護士依頼へのアドバイスを記述しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。また、費用がかからない無料相談を行なっている事務所もありますので、その場合も相談前の参考にしてみて下さい。

 

借金問題は借金問題を得意とする弁護士へ

まず、弁護士と言っても様々な種類がいます。離婚問題、相続問題、労働問題、刑事事件などそれぞれに弁護士の得意分野があるのです。仮に弁護士に知り合いがいても、その方が借金問題を得意としていなければ、望む結果にならないこともあります。

借金問題は、他人に話したくない内容でもあるので、「あの弁護士で借金が減った」などの知人の紹介も難しいかと思います。借金問題の弁護士探しは、広告や弁護士事務所のサイト、ポータルサイト等を見て借金問題の実績があるかなどを判断する方法が一番でしょう。

 

無料相談をうまく利用する

上記でお伝えしましたが、弁護士相談では費用が発生してしまいます。知り合いに弁護士でもいない限り、弁護士の良し悪しを判断することも難しいでしょう。そこで、無料相談をうまく利用することで優良な弁護士を見つけることも一つの手です。

無料相談してみた結果、親身に相談に乗ってくれたり、きちんとした対応をしてくれる弁護士に本格的に依頼しましょう。中には儲けさえ出ればいいと考えていたり、忙しすぎてしっかりとした対応ができない弁護士がいることも事実です。

 

料金形態をしっかり確認する

依頼する前段階の相談時に料金形態はきちんと確認するようにして下さい。上記で、弁護士費用の相場はお伝えしましたが、あくまで相場であって、料金形態は事務所によってまちまちです。

最初は安いと思っていたのに、依頼を進めるうちに実費などが重なり、結果的に高額な費用になり、再びお金に困ってしまわないようにしましょう。相談は迅速に行いつつも、費用面やその後の支払い方法や支払える可能性をしっかり考えて依頼を決めましょう。

 

弁護士は相性が重要

最後に、弁護士の良し悪しは依頼者との相性が重要になると言えます。借金解決後に再び借金を作らないように戒めを込め、ズバズバ言ってくれる弁護士もいれば、親身になってきめ細かい対応をしてくれる弁護士もいるでしょう。

どちらが良いとは一概には言えません。依頼者の性格にもよるからです。弁護士の経歴やメッセージ、または趣味などの人となりを見て判断しましょう。そのためにはやはり無料相談が有効です。


債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す
 

 

まとめ

いかがでしょうか。借金問題を解決するには、弁護士への依頼が有効です。唯一のデメリットでもある、費用面さえクリアできれば、依頼することをおすすめします。費用がすぐに用意できない人も多いでしょうから、その後の支払い計画を立てたうえで、しっかり任せられる弁護士に依頼しましょう。

まだ、弁護士依頼に気持ちが固まっていない方や、解決方法ごとの詳しい弁護士の内容を知りたい方は、以下のコラムも参考にされて下さい。

 

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

借金返済に関する新着コラム

借金返済に関する人気のコラム


借金返済コラム一覧へ戻る