闇金問題の相談を専門家に依頼すべき理由と相談事例まとめ

~いざという時の備えに~債務整理コラム

 > 
 > 
 > 
 > 
闇金問題の相談を専門家に依頼すべき理由と相談事例まとめ
キーワードからコラムを探す

闇金問題の相談を専門家に依頼すべき理由と相談事例まとめ

S_yamikinsoudan

借金問題を弁護士・司法書士に無料相談
▶▶▶関東/九州/関西/東海/北海道/東北/北陸.甲信越/中国.四国

闇金から借り入れをしてしまい、多重債務に陥っている場合、弁護士などの専門家に相談することで早期解決を図ることが出来ます。闇金業者は、年利20%を遥かに超える違法な貸付(参考:グレーゾーン金利)を行っているのが通常であり、また、当然貸金業登録もしていない違法な集団です

参考:闇金とは|闇金の手口と絶対にお金を借りてはいけない理由

闇金問題を抱えている人の悩みはそれぞれだと思いますが、今回の記事では闇金問題に関する相談先や、相談事例、闇金問題に特化した専門家の選び方について説明していきます。

借金のお悩みは弁護士・司法書士にご相談下さい!

借金は債務整理をすることで大幅に減らすこともできます。しかし、債務整理といっても様々な方法もあり、それに応じた知識・経験が必要になってきます。【債務整理ナビ】では、債務整理が得意な弁護士・司法書士のみを掲載しています。借金でお困りの方は、まずはそれら専門家に相談することをおすすめします。相談料無料の事務所も多いので、まずは気軽に相談しましょう。
 

▶▶債務整理が得意な弁護士・司法書士に相談する

 

 【目次】
闇金問題の相談件数は減少するも被害額は据え置き
闇金業者の検挙率と状況
闇金問題はどこに相談するべき?
消費者生活センター
法テラス
警察
法律の専門家
闇金問題の相談でよく寄せられる質問
そもそも闇金とはなんですか?
高金利の貸金業者から20万円を借りてしまい、その後業者から「今月中に元金の25万円を支払え」と言われた。
お金を借りようと思った先が怪しいのでやめると言ったら借りてもいないのにキャンセル料を請求された。
職場に電話がかかってくるのを止められませんか?
専門家へ依頼したら闇金からの嫌がらせを受けないのか不安です
闇金に返済する必要はないと言われていますが本当でしょうか?
闇金にすでに支払ってしまったお金は返ってきませんか?
専門家へ依頼すると費用はどれくらいかかりますか
闇金問題が得意な専門家を探す場合のポイント
1:料金表示が明確か
2:過去の解決実績が多いこと
3:アフターフォローが充実しているかどうか
4:着手までの時間が短いこと
闇金被害に付け入る詐欺業者に気を付ける
まとめ

 

闇金問題の相談件数は減少するも被害額は据え置き

消費者生活センターが集計したデータによると、闇金業者を利用したことによるトラブルや被害に関する相談件数は、年々減少傾向にあることがわかります。


表:消費生活センターに寄せられた多重債務の相談件数

年度 2010 2011 2012 2013 2014 2015
相談件数 72,423 45,580 38,658 32,192 30,956 24,175

参考:寄せられた相談件数の推移


表:消費生活センターの相談件数から警察庁が調査した闇金関係の相談件数

相談時期 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年
相談件数 1,797 1,605 1,418 1,453 1,282

参考:平成26年中における生活経済事犯の検挙状況等について


名称未設定 1

相談件数の減少自体は、ひとえに警察の継続的な取り締まりや、ヤミ金融対策が、被害拡大の抑制につながっていると考えて良いとは思いますが、消費生活センターの相談件数の減りと、闇金に関する相談件数の減少率には必ずしも比例しているわけではありません、現に平成25年は増加してしまっていますので、まだまだ闇金業者とのトラブルには気をつけないといけません。

 

闇金業者の検挙率と状況

警察の継続的な取り締まりが、被害拡大の抑制につながっていると思いますが、闇金問題が全て解決したわけではないので、闇金に関するトラブルには気をつけないといけません。現に、ヤミ金融関連事犯に関する検挙事件数と、検挙人員は、平成25年と比べて増加しています。

  平22 平23 平24 平25 平26
検挙事件数 393 366 325 341 422
無登録・高金利事犯 307 254 190 168 151
ヤミ金融関連事犯 86 112 135 173 271
検挙人員 755 666 470 523 558
無登録・高金利事犯 646 539 315 337 258
ヤミ金融関連事犯 109 127 155 186 300
検挙法人数 11 14 6 12 9
無登録・高金利事犯 9 10 2 7 5
ヤミ金融関連事犯 2 4 4 5 4

参考:平成26年中における生活経済事犯の検挙状況等について

 

闇金問題はどこに相談するべき?

では、現在、闇金トラブルを抱えている方は、どこに相談するべきなのでしょうか。

 

消費者生活センター

まず、消費者生活センターでは、闇金トラブルへの対応方法について電話で相談することができます。最寄りの相談窓口は、「消費者生活センター」から探してください。

 

法テラス

法テラスでは、闇金トラブルで利用できる法制度の相談や、弁護士の紹介などをしてもらうことが可能です。公式サイトでは法律のトラブルに関するQ&Aも設けられていますが、詳しくは「相談窓口|法テラス」からご確認ください。

 

警察

過剰な取り立てなどに遭われて困っている方は、警察に相談するのも一つの手段ですが、事件性が低いと判断された場合、警察は対応してもらえないでしょう。しかし、闇金業者へお金を返済した場合、金銭被害により警察は事件として取り扱ってくれるかもしれません。

警察が事件として動いてくれる場合、振込先の業者の口座を凍結し、凍結した口座から被害者へ返金します。しかし、業者から先にお金を引き落とされている可能性もあるので、口座に残金がなければ、お金は返ってきません。

参考:「相談総合窓口|警察本部

 

法律の専門家

弁護士や司法書士など法律の専門家へ相談するのもありでしょう。闇金業者への対処方法も教えてもらえますが、業者にお金を振り込んでしまった場合の対処方法についても相談することができます。警察に相談しても振込先の口座に残金がなかったために、解決できなかった場合でも、法律の専門家に依頼すれば、業者へ返金の交渉を代理で行ってくれます。

 

闇金問題の相談でよく寄せられる質問

続いて闇金問題に関して、よくある質問をまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

 

そもそも闇金とはなんですか?

闇金(やみきん)とは、貸金業としての登録を行わずに違法な高金利を取り、さらには悪質な手口で利用者から金銭の回収を目論む業者のことを示します。携帯電話、ダイレクトメール等を介して、多重債務者へ高金利の貸付や、滞納者への厳しい取立を行うのが特徴です。

 

闇金業者の基本的な知識

闇金の手口

闇金のターゲットになりやすい人の特徴

闇金と消費者金融の違い

闇金の行う悪質な取り立て例

ソフト闇金とは?

 

高金利の貸金業者から20万円を借りてしまい、その後業者から「今月中に元金の25万円を支払え」と言われた。

闇金融に対する返済、返還請求等に関することは弁護士や司法書士に相談されるのが最も賢い選択です。もし相手方が自宅に来て、暴行、脅迫などの言動があった場合には、すぐに110番通報して下さい。
参考:福岡県県警

 

お金を借りようと思った先が怪しいのでやめると言ったら借りてもいないのにキャンセル料を請求された。

正式な契約を交わさない状態で、キャンセル料金の要求に応じる必要はありません。勤め先、実家、自宅、携帯電話先の関係者に迷惑をかけてしまう可能性があるので、なるべく個人情報を教えないようにしましょう。

また、できるだけ早いタイミングで専門家へ相談することをおすすめします。

 

職場に電話がかかってくるのを止められませんか?

司法書士または弁護士などの法律事務所に依頼することで、闇金からの迷惑電話は止めることが可能です。勤務先への連絡や、暴力を介した取立行為は賃金業法21条で禁止されているので、取立がエスカレートする前に専門家へ相談しましょう。

 

専門家へ依頼したら闇金からの嫌がらせを受けないのか不安です

嫌がらせを恐れていては、ヤミ金と縁を切ることはできません。報復が怖いと思い込ませるのもヤミ金の手口です。なるべく早くトラブルを解決するためにも、専門家へ相談しましょう。

 

闇金に返済する必要はないと言われていますが本当でしょうか?

闇金業者の多くは、行政へ賃金業として登録していない上に、違法金利で貸付業務を行っているため、闇金業者との賃金契約自体が無効なケースが多いです。そのため、闇金から借りたお金は、ほとんどの場合、法的に返済する必要はありません。

 

闇金にすでに支払ってしまったお金は返ってきませんか?

法的に返済する必要がないため、闇金業者へ支払ったお金は、返金を請求する権利があります。しかし、闇金業者の多くは、事務所の所在地を明かしていないことが多いため、返金してもらうことは難しいでしょう。

そのため、業者へお金を支払った方は、弁護士や司法書士などの専門家へ相談することをオススメします。

 

専門家へ依頼すると費用はどれくらいかかりますか

闇金問題に関する専門家費用の相場は、1社につき約5万円です。相談料が無料の法律事務所もあるので、お悩みの方は、無料相談を活用してみましょう。


闇金問題が得意な弁護士・司法書士に相談する
 

 

闇金問題が得意な専門家を探す場合のポイント

では、最後に闇金問題を専門家へ依頼する上で、専門家を選ぶポイントについて紹介していきます。

 

1:料金表示が明確か

闇金問題は、専門家費用が算出しづらい分野ですが、案件が解決した後に、高額な費用を請求されないためにも、依頼前にどれくらいの費用がかかるのかは把握しておくべきです。そのため、相談の段階で、費用の見積もりを出してもらえる法律事務所へ依頼することをオススメします。

 

2:過去の解決実績が多いこと

また、闇金問題に関する経験が多い事務所を選ぶべきです。ホームページなどを介して、過去の経歴や解決してきた事件数などを元に、実績を確かめるといいでしょう。

 

3:アフターフォローが充実しているかどうか

一度闇金でお金を借りた人は他の業者にも情報が渡っている可能性がありますから、問題が解決した後の生活もフォローをしてくれる事務所を選ぶと良いでしょう。

 

4:着手までの時間が短いこと

できるだけ早く事件を解決できることも重要です。そのため、相談からなるべく早く案件に着手してもらえる事務所を選びましょう。

 

闇金被害に付け入る詐欺業者に気を付ける

弁護士、司法書士の資格を持っていないのに、闇金の被害者をターゲットに、闇金問題への解決業務や相談を行っている違法業者があります。違法業者に依頼しても、不要な費用を請求されるだけで、問題が解決することはないので、専門家へ依頼する際は、資格の有無を確認しましょう。


闇金問題が得意な弁護士・司法書士を探す
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。闇金業者は存在自体が違法な集団です。金利も取り立ての方法も返済期限も全てがデタラメな方法で行われています。闇金業者からの被害者を減らすためにも、被害に遭われた方のトラブルを解決するためにも、今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

弁護士・司法書士があなたの借金返済をサポート


債務整理では、債権者と交渉する任意整理や法的に借金を減額する、個人再生や自己破産などがあります。また、過去の過払い金がある方は、過払い請求を行うことも可能です。

ただ、どれもある程度の法的な知識や交渉力が必要になってきます。債務整理をしたくてもなかなか踏み切れないあなたを債務整理ナビの弁護士・司法書士がサポートいたします。

編集部

本記事は債務整理ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債務整理ナビに掲載される記事は弁護士・司法書士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

借金返済に関する新着コラム

借金返済に関する人気のコラム


借金返済コラム一覧へ戻る